2004-11-29

(野菜) カリフラワーのカレー風味マリネ

テーマ:サラダのレシピ
ちょっと給食のおかずみたい?

<カリフラワーのカレー風味マリネ>

材料:カリフラワー、たまねぎ、黄ピーマン、緑ピーマン
調味料:オリーブ油、酢、塩、砂糖
香辛料:キャラウェイ、胡椒、カレー粉

作り方

①小口に分けたカリフラワーと半割にして種子を抜いた黄ピーマンをさっと茹でる。この時、絶対に茹ですぎてはダメ。沸騰したら1~2分で良い。

②ボールにたまねぎのみじん切り、オリーブ油、塩胡椒、キャラウェイを入れる。

③黄ピーマンと緑ピーマンは千切りにしてカリフラワーととも②のボールに入れて和え、暫く置く。

④30~1時間漬け込んだら器に盛ってでっきあがりぃ~♪

キャラウェイを入れることで脱給食になります(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-28

(コラム) 今日の無駄遣い

テーマ:* 思うこと *
<魅惑のバッチャン焼き>

激しくそそられたリーメント の”アジアン雑貨”です。

見て見て!対象物がないからわからんだろうけど、ちぃ~~こいの。
昭和猫以来の興奮でした!
今、リーメントのHPを見たんだけど、まだアジアン雑貨、UPされてないし。
某サミットには一個もなくなったと言うのに(謎)
驚いているだろうなぁ・・・(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004-11-28

(コラム) ねちっりもっちりとしたモノ

テーマ:* 思うこと *
食べ物の好みの中で、まず第一にあげられるものが”味”だろう。そして次は”香り”もしかしたら”温度”なんてものもあげられるかもしれない。
そんな中で私がもう一つあげるとしたら”歯ごたえ”だ。
ボリボリ、サクサク、シャリシャリなんて景気良く音をたてるモノ。ふわふわと口どけの優しいモノ。そして登場するのが”ねっちりもっちり”だ。
私はこの歯ごたえがたまらなく好きだ。
ねっちりもっちりの中にはコシのあるおうどん、ベーグルやポンデケージョなどのパン類、半煮えみたいな白いパンなんかもいい。
マイブームの中にも書いた乾燥芋なんかもねっちりもっちりと言えよう。
九州の銘菓”朝鮮飴”や出来たてのカルカンも入れたい。
ねっちりもっちりからはずれるけど、歯に圧力がかかるグループの中に入るするめなんかも良い。

ねっちりもっちりはまた”しぎしぎする”と例えられる事がある。
もしかしてこれって正確な日本語ではないかもしれない。
1980年にニューヨークで食べたベーグルを家族に話した時、その感想として『プレッチェルのようなちょっとビールっぽい味で、歯ごたえがシギシギしてた』と言ったら、家中の人に物凄く正確に伝わったと自覚したけど、もしかしたら我が家の造語である可能性も高い。
シギシギの感覚は、焼きたてのバゲットを次の日に食べた時の耳、トレーに触ってる側、家では”底”と言うのだけど、そこを食べても味わえる。

ねっちりもっちりの中には各種ドライフルーツも含まれる。
乾燥あんずやドライいちじくなんかは特にねっちり度が高い。

お菓子の中にもねっちりもっちりは存在する。
昔懐かしいチューレット、その進化形としてハイチューキャラメルなんかもねっちりだ。
ゼリービーズの変化形のグミ、グミとハイチューの合体したぷっちょは最近のマイブームだ。

ねっちりもっちり党の私だけど、ピッツァはクリスピータイプが好きだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-11-27

(麺類) 冷製カッペリーニ

テーマ:パスタのレシピ
寒いんだけど、ある物で夕食ってなったら冷製カッペリーニになりました。

<冷製カッペリーニ>

材料:カッペリーニ(0.9mm)普通のスパゲティでもよし。トマト、たまねぎ、コーン缶、ツナ缶、ピーマン、大根、海老
調味料:醤油、酢、マヨネーズ、塩、胡椒、オリーブ油

作り方

①たまねぎをみじん切りにしてコーン缶と合わせマヨネーズ、塩胡椒で調味。
②大根おろしにツナ缶を合わせ、酢と醤油で調味
③トマトを大きめなみじん切りにする。
④海老を茹でて皮をむく。
⑤スパゲティを茹でて、茹であがったら少量のオリーブオイルでくっつかないようにする。
⑥お皿にスパゲティーを盛って、具をトッピングしてでっきあがり~♪

夏場に本気になって冷製カッペリーニを作る時には、セロリやオクラ、ホタテの缶詰なんかを入れて作ります。
ちょっと豪華にする時はカラスミをすって盛ったスパゲティーにかけると豪華で美味しいです(当たり前)
大きなボールでトッピング具材を全部混ぜ合わせてお皿に盛ってもいいです。
定番のトマト、これははずせませんが、あとの具になる野菜はある物、好きな物をどぉ~ぞぉ~♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-11-27

(麺類) 武蔵野うどん

テーマ:色々麺類
温かいつゆに冷水でしめたシコシコうどんをつけていただくつけ麺です。

<武蔵野うどん>

材料:豚の小間切れ肉、うどん、長ネギ、油揚げ
調味料:日本酒、醤油、ダシの素、砂糖

作り方

①お鍋にお湯が煮立ったら豚小間切れ肉を入れ、よくダシを取ります。
②日本酒、醤油、ダシの素、砂糖で調味。つけ汁なのでちょっと濃い目にします。油揚げを入れて味を馴染ませます。
③茹でたおうどんを水でしめたものをザルに盛ります。
④薬味として長ネギをそえて・・・椀に汁を入れてつけていただきます。

この辺り(練馬区)どくどくの食べ方のようです。
私の実家(都下)の方でもこの食べ方をするのでこっちで出された時にはとても親近感がわきました。
シンプルなおうどんなので、何かお惣菜と一緒に召し上がれ♪
温かい汁に冷水でしめたシコシコのおうどんが夏でも冬でも美味しいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。