第12回久留米植木まつり

テーマ:

福岡県久留米市の百年公園は、

平成元年に市制百年を記念して建設されました。

 

 

その百年公園で2月28日まで

第12回久留米植木まつりが開催されています。

 

久留米市田主丸の造園業は、江戸時代元禄年間に始まり、

300年の伝統をもち、田主丸は全国有数の

苗木の産地となっています。

 

 

その久留米市の27業者が松、梅、ツツジ、サツキなど

約1000種、1万本の苗木を展示販売しています。

 

私が訪れたとき、ちょうど枝垂梅が真っ盛りでした。

 

 

私が欲しかった「金のなる木」や「ハートの木」は

ありませんでしたが、

「ボケ」の花が見頃になっていました。

 

 

 

ペタしてね

AD

靖國神社「遊就館」に奉納された

89式15糎加農砲についてです。

 

靖国神社の一角に遊就館が建っています。

 

遊就館の名は、「荀子」勧学篇

「君子は居るに必ず郷を擇び、

遊ぶに必ず士に就く」に由来しています。

 

玄関ホールには、C56型31号機関車の他、

零式艦上戦闘機、89式15糎加農砲、

96式15糎榴弾砲などが展示されています。

 

 

(現地解説板より)

昭和4(皇紀2589)年に制式化された火砲で

開脚式装輪砲架を持ち、長距離、

大威力を誇った。

移動には砲身、砲架をそれぞれ8トン

牽引車で運搬した。

この砲は、沖縄の戦闘において独立重砲兵

第百大隊(横須賀で編成)が使用し、

首里付近の陣地から嘉手納の飛行場を

制圧する等軍砲兵の骨幹として活躍した。

砲身をえぐり脚を穿った多数の弾痕は

激戦の跡を生々しく物語っている。

戦後洞窟陣地から発掘され、

沖縄の米軍博物館に、復帰後は那覇の

陸上自衛隊で展示されていた。

日本に現存する唯一の十五加であり、

重砲兵の記念碑として

平成5年4月、重砲十五加顕彰奉納会

から奉納されたものである。

 

 

独立重砲兵第100大隊

第32軍第5砲兵司令部隷下の

独立重砲兵第100大隊(大隊長・河村秀人中佐)は、

89式15糎加農砲8門を擁して沖縄戦に臨みました。

洞窟を利用した陣地に砲を隠匿し、

弾道の低伸性や長射程を生かして

神出鬼没の不規則砲撃を行い、

また首里からアメリカ軍制圧下の

嘉手納飛行場に対しても砲撃を行うなど

玉砕に至るまで2ヶ月に渡り活躍しました。

 

 

加農砲

口径に対する砲身長が長く、

高初速・長射程で大重量と大口径です。

現代は榴弾砲の長砲身化により、

榴弾砲とカノン砲の区別は無くなっています。

 

 

英霊が玉砕した地で、今は傍若無人な

基地反対運動が展開されています。

ハングル文字のチラシも多いとか。

また、何でも基地反対活動の日当は2万円とか、

5万円とかいう話もあります。

 

私も仕事を辞めて、参加しようかな。

 

でもどこからお金が出ているのだろう?

 

 

遊就館

http://yusyukan.yasukuni.jp/

 

 

ペタしてね

AD

靖国神社の一角に遊就館が建っています。

遊就館の名は、「荀子」勧学篇

「君子は居るに必ず郷を擇び、

遊ぶに必ず士に就く」に由来しています。

 

玄関ホールには、零式艦上戦闘機や

C56型31号機関車、89式15糎加農砲、

96式15糎榴弾砲などが展示されています。

 

 

(現地解説板より)

泰緬鉄道C56型31号機関車

この機関車は昭和11年日本車両で製造され、

石川県七尾機関区を走行していた機関車である。

大東亜戦争において90両が南方に徴用されたが、

タイで活躍し、この31号機は、

泰緬鉄道の開通式に参加した機関車である。

戦後は、タイ国有鉄道で使用され、

昭和52年に引退することになったが、

泰緬鉄道建設に関係した南方軍野戦鉄道隊

関係者が拠金してタイ国有鉄道から譲り受け

昭和54(1979)年、靖國神社に奉納された。

 

 

よくぞ無事に戻ってこれた、

長い間、お疲れ様と言いたいです。

 

 

次ぎは真実の泰緬鉄道の話、ちょっと長いよ~

 

ペタしてね

 

『泰緬鉄道の建設(1)─鉄道と軍隊─(24)』

荒木肇より引用

『戦場にかける橋』というトンデモ映画

1957(昭和32)年に英米合作の大作

『戦場にかける橋』が制作された。

翌年公開されるとたいへんな騒ぎになった。

アカデミー賞を総なめにしたこの映画は

主題歌の『クワイ河マーチ』でも有名になる。

 

舞台は大東亜戦争中のビルマ(現ミャンマー)

とタイ王国の国境だった。

日本軍はそこに鉄道を通そうとした。

投入されたのは英国、オランダ、オーストラリアなどの捕虜だった。

日本軍による国際(戦時人道)法を無視した捕虜の

就労強制が描かれ、加えて監視兵による虐待があった。

脱走騒ぎや日本軍指揮官との衝突。

異文化の衝突などもあり、

結局、日本軍技術将校の手には負えず、英国人将校

による設計がされ橋は完成する。

しかし・・・

といったストーリーだった。

 

ところがこの話が徹頭徹尾、フィクションだったのだ。

橋の姿も名称も、実際の場所も、英国人捕虜の話も

とことん空想の産物である。

原作者はフランス人のブールという人で

いまのベトナムあたりにいた人らしい。

それが思いつきで書いた空想小説が映画になり、

世界中に受け入れられた。

もちろんわが国でもたいへんな人気になった。

「史実ではない」と主張する人もいたが、

わが国もようやく『戦後は終わった』という

言葉が流行ったころである。

事実の解明より世界に追いつこうという気分が強く、

アカデミー賞総なめの権威にひれ伏してしまったというわけだ。

 

映像を見れば考証など必要もない。

日本の監視兵がもつ小銃は英国製のリー・エンフィールドだし、

監視塔から捕虜を睨む機関銃はビッカースの水冷である。

脱走も不可能な密林に囲まれた陸の孤島という設定だが、

現実の場所は平野部の端であり、

川を下れば人家が多いところである。

 

橋の正しい名称は『メクロン河永久橋』である。

架かっていたのはクワイ河ではなくメクロン河だったからだ。

ところが、現在ではどちらもその名称が変わっている。

理由は映画が大ヒットし、観光資源になったために

河の名前(メクロン河がクワイ河に)も橋の名前も

フィクションに合わせてしまったのである。

現地に行った友人によると、なんと橋のたもとにある

駅の名前は『リバー クワイ ブリッジ』だそうだ。

 

映画の橋は丸太を組み上げた木造であり、

その重量計算や構造計画が日本人技師

(技術将校)にはできなかったわけだが、

実際の橋はコンクリート橋脚の上にのったトラス鉄橋である。

仮設橋ではなく、永久橋であるから当然のことだ。

 

▼タイとビルマを結べ

1942(昭和17)年の12月、参謀本部

第3部長若松中将は南方軍の参謀を東京に呼びつけた。

18年の末に完成予定だったタイとビルマの

連絡鉄道の進捗状況を報告させたのだ。

 

南方軍ではすでに7月から見積もり資料を集め始め、

現地測量も終えて設計もできたところから工事を始めていた。

ところが、現地は山と谷が多く、周囲は密林である。

トンネルも掘れるようなところではなく、

勾配を少なくするために、

木を切りだし高く足場を組んでその上に

線路を通すような所が多かった。

その総延長は15キロにもなり、

全線は400キロにもなるが、

そのほとんどは周囲に人家もなかった。

おかげで労働力が集まらない。

 

しかも雨季になれば、小さな川だけでも

水位があっという間に上がった。

短いスコールがきただけで10メートルも

川面が上がってくる。

せっかく築いた基礎もあっという間に流されてしまう。

1000メートル級の山が連なるインドシナ山脈の

東側の中腹地域である。

道路もろくになく、開かれた土地もない。

建設資材を運ぶのも、集積するのも難しい。

工事現場への補給は建設したばかりの線路を

使うしかなかった。

 

▼それまでの情勢

支那事変を起こしたのは国民党政府の蒋介石である。

蒋介石は上海から始まる戦いに敗れ、

揚子江上流の重慶に逃れた。

これを支援したのは米英仏ソ連。

英米仏の3国は仏印と当時言われたフランス領

インドシナのハノイに物資を揚げた。

そこで鉄道に積みかえたり、河川の舟に載せかえたりして

雲南省や広西省に運んで行った。

 

1940(昭和15)年6月に

フランスはドイツに降伏する。

そこで日本陸軍はハノイ方面に進駐し、

雲南へのルートを遮断することに成功した。

これに対して英米の2国は英国領だった

ビルマ(現ミャンマー)のラングーン

(現ヤンゴン)に物資を揚陸し、

鉄道で雲南省近くに推進し、

そこからトラック便で重慶政権への援助を続けた。

インドからもトラックによる物資輸送もされた。

 

大東亜戦争開戦後、マレー半島を押さえた南方軍は

ビルマ攻略を計画した。

援蒋ルートを潰すためである。

1942(昭和17)年2月に第15軍によって

始められた攻略戦はまずラングーンを占領する。

続いて北方400キロメートルにあるマンダレーに向かった。

そこは鉄道、水路、道路が集まる要地だった。

そこから北東へ300キロメートル、

ミートキーナまでは鉄道があった。

しかし、その西側およそ150キロを走る

インド国境まではチンドウィン河の他には

ろくに交通手段はなかった。

 

第15軍は英印軍と蒋介石軍を圧倒し、

1942年の5月中にはほぼビルマ全土を支配した。

ところが米軍が太平洋各地で反撃を開始した

43年に入ると全土で英印軍の反攻も目立ってきた。

航空攻撃やゲリラ戦による損害が出始めた。

英印軍もまた約1年をかけてラングーンまで

南下する計画を立てていたのだ。

 

大本営はビルマを守るには兵力を増強し、

3個師団を基幹とする第15軍だけに任せず、

7個から8個師団が必要だろうと見積もっていた。

そのビルマ方面軍への補給もまた海上輸送だけでなく、

タイから鉄道輸送で補完しようとも考えていたのである。

その具体策が400キロメートルを超す泰(タイ)と

緬甸(ビルマ)を結ぶ泰緬鉄道だった。

 

▼工事始まる

完成期限は4カ月も短縮を命じられた。

1943(昭和18)年末どころか

8月一杯とされるようになった。

その代わり資材の支給などでは優先順位が上げてもらえた。

予備資材やダイナマイトは要求通りに用意された。

同時に鉄道の規格をゆるめることも認められる。

1日当たりの計画輸送量を半分に下げてもらえた。

技術とはそういうものである。

計画輸送量を減らせば、関連する施設、退避線やホームの規格、

準備資材や集積場所など、多方面の計画や工事が楽になる。

たとえば、機関車も貨車も軽くなる。

枕木の本数も減らせるし、基礎部分の強度も

下げられるので工事の負担も少なくなった。

 

さらに鉄道技術部隊の増員が認められたことも大きかった。

おかげで内地や満洲などの鉄道員の応召が増えた。

単純労働力も英米豪蘭などの戦時捕虜が使えるようになった。

本来、捕虜の使役は戦力を増強させるような作業には使えない。

しかし、この場合は間接的な輸送力増強がねらいだからいいだろうと、

いささか甘い見積もりもあったようだ。

 

担当部隊はタイ側からは鉄道第9聯隊、

ビルマ側からは第5聯隊が担当した。

他に鉄道技術者集団の第4特設鉄道隊がマレーから引き抜かれた。

さまざまな数字があるが、ビルマ人が9万人、

マレー人7万5000、英国人3万、オランダ人1万8000、

オーストラリア1万3000人というのが信じられるところである。

米国人はわずか700名ばかりという。

日本側は約1万5000名というところだった。

(もちろん諸説あって、現地人工夫7万、

連合国捕虜5万5000、日本軍1万の

合計13万5000人という著書もある)

 

ノンプラドック(バンコクからシンガポール

に向かう線路の1地点)とビルマのラングーンから

南下する鉄道の1地点タンザビアを結ぶ路線が計画された。

工事はその両地点から同時に始められた。

レールの長さは1本が10メートル、

国内のそれは30メートルだから急カーブなどにも

対応するためである。

ただし、ゲージはメーターゲージといわれた

1000ミリメートルだった。

 

工事用のレールや枕木を運ぶのは

ガソリンエンジン付きの牽引車である。

路外ではタイヤで走り、鉄路の上でも使える軽車両である。

今もその実物が埼玉県朝霞市の陸上自衛隊輸送学校

の校舎の前に復元されて保存されている(100式牽引車)。

 

工事は早ければ1日で1キロ進むことができた。

捕虜も監視する側もひどい環境の中で過ごした。

作業兵、監視兵も捕虜も、みんなテントで寝るしかなかった。

食事も野戦炊事であり、ほとんど米しかない。

衛生環境も劣悪というしかなかった。

 

それでも監視役の日本側の捕虜収容所の軍人たちは配慮した。

なかには豚を送って、捕虜にせめて

肉を食べさせようとした収容所長もいた。

対して工事作業を監督する日本軍人たちは

兵站からの給与なので、

ろくに副食などが送られてくることがなかった。

塩辛い漬物や、乾燥醤油や乾燥味噌などで

パラパラのタイ米を食べていた。

脚気症状を見せる者も多くいたが、

工事の完遂が重要視された。

 

飢えているのは監視役も捕虜も同じだった。

働く技術部隊の兵士も飢えていた。

そうした中で捕虜の逃亡を恐れ、

反抗にも目を配りながら勤務する監視兵は緊張の連続だった。

体罰が行なわれ、足蹴にされた、

殴られたという訴えが戦後多く出た。

おかげで戦争犯罪人に指定され裁判にかけられて

非業の死を遂げた日本軍将兵もいた。

しかし、殴る、蹴る、重量物をもたせるといった処罰は

日本社会全体にあったものである。

職人の徒弟や商家の小僧も先輩や師匠の暴力に

さらされていたのが実態だった。

それが外国人に対してだけ急に

態度が変えられるものではない。

 

▼工事手順のおおよそ

鉄道聯隊には建設隊があった。

これに技師や技術将校、技能下士官がつき、

測量を元にした計画を立てる。

航空写真を元に測量をしたのは

象に乗った軍属の測量隊である。

レールを敷設するルートや橋の位置を決める。

簡単な道路を造り、

資材を牛が牽く車やトラックで運びこんだ。

橋脚や積みあげる材木の基礎材のセット位置も決まる。

 

いざ工事開始となると建築隊には

軍属の身分で徴用されていた技術者が活躍する。

職人である。石工や大工、佐官、とび職といった人たちのこと。

基礎部分などの構築はお手の物だった。

とはいえ、急な増水があると上流から現地人が

材木を流したり、水流が強くなったりして

せっかくの工事がやり直しになることもある。

 

橋の工事はレールの延伸より先になる。

だからトラックや象による運搬が重要だった。

現地の牛車なども徴発された。

もちろん現地徴発は部隊付の経理将校が

支払いや交渉を担当した。

現地の象や牛などもタダで使うことはなかった。

戦後の誤解で軍隊は何でも現地人から

無償で取り上げたかのように理解する向きもあるが、

そんなことは決してしない。

逃げられたり、敵に協力されたりしたら大変な結果を招く。

 

ルートの中で鋼鉄製の橋が造られたのはただ1か所である。

それが映画で有名になった『クワイ河鉄橋』

ならぬ『メクロン河永久橋』だった。

また現地では『クウェイ河』と発音するらしい。

場所は前にも書いたように密林の中などではなく、

平野から山地にかかる奥地の入り口にあった。

 

英軍将校が指導助言したり、

設計に関わったりなどということはない。

鉄道第9聯隊の技術者たちが設計した。

鋼材はジャワ(インドネシア)から運んできた。

映画の中では最後に脱走した捕虜たちが

木造橋を爆破してしまうが、

そういう事実はなかった。

 

遊就館

http://yusyukan.yasukuni.jp/

 

ペタしてね

 

AD