{DF9853B2-0636-42AB-92C0-5CA16C231BBC}


ゴッホとゴーギャン展


Reality and imagination


愛知県美術館


わーい、行けた、行けた、行けた!



東京の都美館での展示をすっかり逃し、あーー見たかった、見たかったのにと悔やんでいたゴッホとゴーギャン。伊勢の帰りになんと名古屋で見られるとは!



病み上がりにゴッホはいかがなものかと思いつつ、勧めもあって朝一で行ってきまして、しかも松の内の日曜日に。当然ながらだいぶ混んでましたが、それでも後半戦はたっぷり見られて大満足。



ゴッホとゴーギャンが一時期同居していたのはまぁ周知の事実な訳で、その話を目にするたびに、よくあんなぶっ飛んだ鬼才と暮らせたなと、とゴーギャンに尊敬の念を抱いていたわけですが、なんだか今回ちょっとだけ2人の関係性が垣間見えた気がして。もちろん私の憶測に過ぎないんだけれど。



そりゃもうゴッホ先生のあの渦巻くような、若干目が回るほどのエネルギーって誰にも真似できないのは仕方のないことで。ただやっぱり根本、というか抱えているもんのすごく暗いのです、この方。天才って、すぐにでも心身ともに堕落できる負の世界と、狂ったようにピュアでキラキラしたクリアな世界のきわっきわを生きてる人が多くて。いわゆる統合失調症と紙一重なのか、むしろそうなのかわからないけれど、ゴッホの場合は、どうしても前者に引きずられやすいタイプにしか見えず。だから見ているだけでどでかい空に押しつぶされそうな麦畑のど真ん中でどこか身を捧げるように描き続けて、自分の頭にピストル向けるようなことをしでかせるわけで。



テーブルの上の玉ねぎの絵があって、どうやらそれ、精神を患い自ら危機感を持って入院した時に描いたのらしいのだけれど、この一枚だけはなんとか立ち直ろうとしているエネルギーが見えて、末路を知っている分、束の間の前向きさに切なさを覚えました。



それに比べてゴーギャンさん、どう見てもまともなんだなぁ。すんごくすんごく大きなイマジネーションと、人並外れたダイナミックな表現力を持ち合わせていても、根本が真面目なんだろうな、この人、と思わずにはいられない。なぜならば、横にゴッホの絵があったから、その違いが如実にわかる。どうやら私生活は荒れまくっていたようだけれど、そんなのね、根の真面目さとは結局関係ないわけで。本当に危ない天才は、中道を選んでバランスを取ろうとする感覚よりも、行き着くところまでいってしまいたい、どこか振り切った渇望に持っていかれることが多くて、ゴッホも例外にあらず。私生活荒らして自分のバランス取ろうとしてただけで、やっぱり前向きだと思うのです。こんなこと言ったら怒られそうだけど。



相反するものに惹かれ合うってよくある話だけれど、そこに変に歪んだ憎悪はなくて、お互いにお互いが大好きだったんだろうなぁって。破滅的な性格でありながら、死ぬほどピュアで居続けるゴッホを、ゴーギャンは羨ましくもスーパーリスペクトしていただろうし、ダイナミックに開いたマインドで表現するゴーギャンに、ゴッホは自分には描けない未来を見ていたのかもしれない。見解の相違で同居は解消したけれど、お互いへの愛はちゃんとあって。きっとゴッホが死んだ時、ゴーギャンめちゃめちゃ寂しかったと思う。彼の椅子とひまわりの絵を見てそう思わざるを得なかった。



ただね、涙が出そうになる程、胸の中にぐりんぐりん入り込んでくるのはやっぱりゴッホなんですよね。もうバラとかアーモンドとか恐ろしいほど美しい。人としての幸せとアーティストとしての幸せってなんなんだろうか、とちょっと混沌とした思いを抱えたまま美術館を後にいたしました。



あの、見事です、この企画展。こんなにまとめて二人が見られることって滅多にないと思う。私愛知県美さんの回し者でもなんでもないのですが、こんなにいい展示なかなかお目にかかれないので、声を大にして言いたい。



名古屋だけでなく、東海地方の皆様、是非是非是非足をお運びくださいませ。


{BC408A14-5B11-4E02-96EF-8E2173BC2D95}



こんな面白ソフトもございまして。やっちゃうよね、あったら。ちなみにトップ下の写真は、ゴッホの椅子とゴーギャンの椅子。お気に入りの椅子を椅子取りゲームのようにとられて、ギャン泣きしてる弟を横目にご満悦のお兄ちゃんがどくのを待って、撮ってもらいました。大人誰も座ってなかったけれど、そりゃ座るよね、あるんだもん。



どなたか、同じトライされる方お待ちしております。ふふふ。