相も変わらず日々ぼけたおしておりますが、本日も絶好調です。


私の作る料理って基本が野菜なのだけれど、炭水化物は玄米を合わせることが多くて。



まぁ二番手がお蕎麦。美味しいパンがあると、それに合わせたりもするんだけど、それもだいぶ稀な話。



最近は冷凍庫整理も兼ねてなので、いろいろ中身と相談しながらレシピを考えているのだけれど、珍しくイタリアンが食べたくなり。というかパスタね。



じゃ、冷凍庫にトマトソースあるし、鶏胸肉のソテーのトマト煮込みにして、横にジェノベーゼでも付け合わせようかしら。あとはそうねー、春菊茹でて野菜足そうかな。これ、うちだからできる贅沢レシピ。にんまり。



ただ、さっきも書いたように、私ほんとパスタとか作らないので、麺類全然なくならないわけですよ。で、それこそ最早数年選手だった、色とりどりの貝殻パスタくんがようやく前回でなくなったので、前にブルガリアフェアで買った全粒粉フジッリがようやくお目見え。わーい。ようやくだぜ。これ何年もつかしら。



オリーブオイルでニンニク炒めて取り出して、その油で胸肉に焦げ目だけつけてグリルに放り込み、じんわり火を通し。お次はその油でトマトソースを温めていたわけですが、なんだかいくらたってもトマトのとろみが出てこない。



おかしいなー、足りないのかなー、と足しても足しても水分蒸発するばかりで、なんだかソースにならず。



はて?



とりあえず生トマト1つ刻んで放り込み、煮立ててたらようやくソースっぽくなってきたので更にグツグツ。



パスタも茹で上がり、鶏も美味しそうに火が通ったので、さーて最後の仕上げと、



パスタソース用にニンニクを炒めて、横でソースの味見をすると



え、甘い。



いや、違う、甘すぎる。






これトマトじゃないじゃん!



もう一度味わってみて気づいた。トマトソースだと信じていたこの赤い氷は、前に凍らせておいたスイカのジュースでした。スムージーに入れようと思ってすっかり忘れてて、そのまま放置。で、今ソースに早変わり。





早変わってないし!



気づいた瞬間、もう笑いが止まらなくて、声を出して1人部屋で大笑い。まぁでも勿体無いし、鴨オレンジソースがあるくらいだから、そもそもトマトだってフルーツだし、酸味のあるフルーツソースにしてしまえと、バルサミコとローズマリーを投げ入れてごまかしに入ってみる。ふと横のフライパンを見たら



やべえ、ニンニク焦げてるし( )



仕方がないので黒焦げくんには撤退してもらって、なんとか使える子だけ生かし、ジェノベーゼソースで混ぜ混ぜ。



なんとなーくフルーツソースも落ち着いた感じがしたので、とりあえずお皿に盛ってみた。




{1DC09121-8290-4B25-9E52-BC30AA119E6C}


・鶏胸肉のソテー、フルーツバルサミコソース(要はスイカとトマト)

・全粒粉ブリッジのニンニクたっぷりジェノベーゼ

・春菊のナムル



いやー、フルーツソース、悪くないじゃないですか。もうちょい塩効かせた方がよかったかなぁ。でもフルーツソースってやっぱり油の強いものか、野趣の強いものの方が合う気がする。イノシシくんとか、鴨とか、鳩とか。私基本鳥は胸肉かささみが好きなので、さっぱりした肉にフルーツソースだとちょっと個性が強すぎるかも。



全粒粉パスタは、まさに全粒粉のかなりざらりとした食感。コクのある全粒粉がジェノベーゼソースとよく合いました。私は好きだけど、きっと家族に出したら味気ない、ダイエット食みたいと非難轟々だろうな、と思い。このソースもそろそろ使い切らないと作ったのいつだっけやばい。



功を奏したんだかなんだかわかりませんが、ぼけ倒しが産んだユニークなランチでした。たまにはこういうのもよいだわよ。ごちそうさま。



今1つの課題と格闘していて、私なりに明るく前向きにやってるつもりだったけれど、やっぱり気付かないうちに、色んなところに歪みが出ていて。



いや気付かないうちにじゃないな、途中から気付かないふりしてただけ。兆候はしっかり出てたもの。



どうしても、周りに気を回すしっかり者に見られがちですが、基本的にボケ倒しのすっとぼけだし、その本質を生き癖が邪魔してると気づいたのは、仕事を始めて数年してから。まぁもうぼけ倒しでいいや、と思えるようになったのなんて、ほんとここ5.6年。



でも、余裕がなくなると、今までの生き癖がでて、どうしても自分に厳しくしすぎるようで。久しぶりにワークショップに駆け込んで、愛のある8つの手に助けてもらいました。



最近体が冷えやすいなぁと思っていたけれど、頭と体の距離が離れていただけで、実は体はちゃんとあったかいみたいで。それを拾ってあげられてなかったと猛省。



山登りと一緒で、やればやるほど上が見えて、ハードルを上げられるので、登った分を見ようとしなくなるのが私の悪い癖。もう既にものすごくいい眺めかもしれないのに。



でもね、今の努力がきっと実になっていると信じたい。絶対に無駄じゃないと思う。



でもちょっとだけ今の高さからの眺めを楽しんでみようかなと。で、また山登りに戻ればよいのかも。眼下に広がる景色が醍醐味なのにね。普段の山登りだと稜線歩いて景色見るために山に行くのに、実人生で醍醐味忘れてどうすんのよっていう。



ちょっと深呼吸できた自分へのご褒美ランチのはずが、突然のスイカソースっていう、予想だにしないオチでした。



うける。



まぁ私らしいっちゃ私らしいが。


{C6CC8D56-CB28-49AD-B120-E24307EA3409}


こちらがスイカのソース。




なんかやっぱり色変よね。