ぱんつぶ。

笹幸恵のブログ。

NEW !
テーマ:

陸軍歩兵第八聯隊の碑を見に行きましたが、

周囲を見渡すと、あれれ?

なーーーんか聞いたことがある名称の看板が。

 

大阪の方は「なんだ」と思うかもしれませんが、

そう、この地は「難波宮」の敷地内。

うへー、思いもかけぬ収穫!

 

というのも、思うところあって現在

考古学を勉強中。

授業に出てきたんでございます、難波宮が。

 

授業で教わっていなかったら、きっと

スルーしていたでしょう。

でも、これは良い実地研修になるぞ!と思い、

近代の戦跡めぐりから古代の史跡めぐりへと

一気に方向転換。

 

「難波宮」には、飛鳥時代につくられた

「前期難波宮(難波長柄豊崎宮)」と、

奈良時代に作られた「後期難波宮」があります。

「前期難波宮」は、その後の宮殿の先駆的存在。

古代宮殿の基本レイアウトになりました。

 

広場には、前期と後期の建物跡地がタイルなどで

敷き詰められてあります。

 

茶色いタイル部分は朝堂院(前期)の跡のようです。

 

こちらは後期の築地(塀)跡のようです。

 

築地の道路の先には、後期の大極殿!

大極殿とは、天皇がおわします場所で、

最も格式が高い場所です。

 

その北側に内裏があったのですが、

現在は中央大通りになっています。

 

大極殿の西側には、前期の八角形の殿舎が

ありました。

中央のこんもりした木がそれです。

楼閣といわれていますが、なぜ建てられたのか

わかっていないそうです。

 

こちらは大極殿から見た景色。

中央の木のあたりに、大極殿南門。


前期と後期がちょっとわかりづらいのですが、

いずれにしても、1300年以上前の宮殿跡があり、

そこに人々がいたであろうことを想像するだけで

ワクワクします。

 

さわやかな秋晴れ、畏れ多くも大極殿のど真ん中に

座って、日向ぼっこをしてみました。

 

(おわり)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。