京都駅の靴磨き屋さんの一人言

全国的にも本当に珍しくなった町の靴磨き屋さん・・・
今となっては“風前の灯”と言われながら、祖父の代より60年近く
ここ京都駅の構内で営業しています。


テーマ:

話題のポケモンGOが22日より日本でも登場。

先行した海外での反響を受けながら、満を持した配信となりました。

当日、30代と思しきサラリーマン風の男性が入店。

客席に着くなり「もう三匹Getした」と、得意げな表情。

そのままスマホを作業中の私に向けると

「ワッ!おじさんの背中の辺りにも1匹いる」と、ハイテンション。

何やら背後霊がまとわりついていそうで複雑な気分でしたが、お客様はご満悦。


http://pic.prepics-cdn.com/yukari03/13933639.gif




翌朝の早朝(つまり昨日)、いつものように東本願寺に参拝に行った帰り、

烏丸通り沿いにある京都ヨドバシの前では開店前にもかかわらず長蛇の列が・・・

新しいソフトの発売日だろうか?

見慣れた光景ではあるけれど、全員が座ってスマホの画面とにらめっこ。

少し、異様な雰囲気。

駅構内やホームでは歩きスマホに注意を喚起するアナウンスが普段より多かった。

スマホユーザーではない私は、この流れに乗ることができませんが、別に飢餓感はありません!


http://pic.prepics-cdn.com/yshion/7930136.gif







 京都駅靴磨き店への道案内は
 この看板をクリックしてください




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




さよならパヨク/青林堂

¥1,296
Amazon.co.jp



「パヨク」の語源は“パーフェクト左翼”から来ているそうですが、それならば“パーフェクト右翼”だって同じ略称になるのではないかとの突っ込みが入りそうです。

これまでの反戦平和や平等主義。

最近では集団的自衛権の阻止、反原発運動等に見られるような反政府的な主張が風前の灯になっていくような世相において、冷戦後の敗者復活に一縷の望みを託す悪あがきのような主張や行動を劣化左翼と称し、これを総じて“パヨク”と命名されているようです。

左派や共産主義のマイナスイメージとは距離をとり、自称「リベラル勢力」との位置づけをしていた民進党(旧民主党)も、先の参院選や只今展開中の東京都知事選での日本共産党との連携により、パヨク度は増している。

本書は、元アイドルタレントであった千葉麗子氏(以降チバレイ)が、東日本大震災によってもたらされた第二の故郷である福島の惨状にも拘らず、原発推進を放棄しない理不尽な国家の姿勢に疑問を施し、当時国会前で盛んに行われていた反原発運動に触発され、参加するようになってからの顛末を綴った思想遍歴書といえるものです。

もともとはっきりとした政治思想的な立脚点を持たなかったチバレイである。

純粋な気持ちから原発の再稼働反対を同じ志を持つ仲間と市民運動として訴えているだけであったのに、この運動にはその後、ある政治勢力の影が忍び寄ってくるのを感じるまでに時間は要しなかった。

元アイドルのチバレイは、有名であるがゆえに運動の中心として祭り上げられていた。

しかし、この運動の趣旨がラップや沖縄民謡を踊ったり、運動の場で配布されているチラシに赤旗新聞が忍び込ませてあったり等の特定政党色が強まるにつれ、自分の思い描いていた方針とかけ離れ、ついに壇上から

“やってられるかい” 

とマイクを投げ捨て、“ちゃぶ台返し”を決行したのである。

立ち去るチバレイの背中に向かって発せられるのは予想通り“裏切者”と合唱する罵声の嵐であった。

この時、チバレイの孤独な心の葛藤と、この場から離れるという決行を促した勇気に、賞賛の気持ちを送らざるをえないのだ。

自分の考えを押し殺してでも、予定調和を重んじる私のようなオッサンの心のドラを大きく鳴り響かせた。

団塊世代の思想的背景をイメージして一括りにするのは、反論もあるでしょう。

しかし、彼らが学生時代、左翼運動が盛んだったり、極左暴力集団が起こした事件が70年代中ほどに続いたのも確かです。

そんな彼らが下火になった左派的な思想を総括せずに社会人となった者の中に、マスコミ関係者に多くいるらしいのです。

遠い昔の郷愁を駆り立てるように若者をけしかけパヨク化し、増長させるこのような大人たちの罪は、決して軽くはないと思います。

チバレイは

未来ある若者よ、パヨクの「馬鹿者」になるな

と強く訴えます。

ここには最近、何かと話題になるヘイトスピーチに関連する正邪逆転の実態を詳らかにされており、これを知ると大手マスコミが垂れ流したり、あえてこの問題の核心や実相に触れようとしない態度に、怒りを覚えるのは素直な感情ではないでしょうか?




反原発運動ですっかりパヨっていたころのチバレイ






その後、右翼に合流した最近のチバレイ




心にゆとりができたのか、すっかりイイ女になっています。






 京都駅靴磨き店への道案内は
 この看板をクリックしてください

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前哨戦の参院選も終わり、いよいよ正念場である東京都知事選の幕が切って落とされました。

と、言われてもおかしくないくらい注目を集めている戦いが始まります。

さて、参院選の総括ですが、予想通り自民党の大勝でした。
しかし、ある人に言わせると“大勝ではあるけれど圧勝とまでは言えない”とのことでした。

御存じの通り、全国で32ある1人区で、自民党は21勝11敗。
現職の閣僚が二人も落選し意外にも苦戦を強いられていたのが判ります。

一方、大負けしたとはいえ、この現象が野党連合の総体的な選挙結果に意気消沈せず、一筋の光明を得たようで、さっそくそれは都知事選への発奮材となり、昨日の鳥越俊太郎氏の擁立へと繋がっているようにも見えます。

それにしても昨夏の国会議事堂前で行われていた、安保法制反対のドンチャン騒ぎは、いったい何だったんでしょうね

政治への関心が若者にまで広がっているとして大手マスコミを中心にプロモートされていた学生団体SEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)

賢明な新有権者は、当初より安っぽけないマスコミの論調に振り回されることなく、賢明な選択をしたようです。

これも、ネット時代を反映しているのか・・・






 京都駅靴磨き店への道案内は
 この看板をクリックしてください

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。