京都駅の靴磨き屋さんの一人言

全国的にも本当に珍しくなった町の靴磨き屋さん・・・
今となっては“風前の灯”と言われながら、祖父の代より60年近く
ここ京都駅の構内で営業しています。


テーマ:

 

フォークシンガーのなぎら健壱氏は“街歩きの達人”と称されているらしく

 

趣味のお散歩カメラや、酒場での出会いなどをエッセイにしたためたものが好評らしい・・・

 

それを紹介されている記事を読んで、私のお散歩カメラにも力が入ったものの、なかなか自由な時間を確保するのが相変わらず難しいです。

 

 

 

 

コテコテの大阪は、京都とは違った魅力あるスナップの宝庫で、カメラ片手に、いつも同じ場所を行ったり来たりするのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道頓堀が見える風景は“ザ・大阪”という感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インバウンドと呼ばれているのでしょうか

 

ひと頃より爆買いが落ち着いたとはいえ、アジアからの旅行者は目立っています。

 

堺筋に近いこの通りも、夜になると雑踏の中から日本語がほとんど聞けなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本橋の交差点で信号待ちをしている人

 

 

 

携帯とにらめっこしている光景を見るのは、いつ頃からだったのでしょう。

 

この先10年から20年も、歩きスマホは社会問題として解決されていないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板が中国語表記だけではなく、店員の呼び込みも全てそれに合わせています。

 

 

 

今となっては当たり前の光景ですが最初は驚いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

南へ下ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ残しのおでん?

 

 

 

 

 

 

 

このごみ箱は酔客に破壊されたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

至る所にゴミが散乱

 

 

こんな状態も、この街の風景に溶け込んでしまうのが大阪なのです。と言ってしまえば怒られるのかな

 

 

 

「痰壺」なんて暴言を吐いた元首相もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏通りには何とも言えない風情が漂いますが、夜になると酒場やラブホ街とは違って、漆黒の闇に包まれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び表通りに出ると、シャッターで閉ざされた店舗が目立ち、看板は色あせを通り過ぎて朽ちている。

 

 

 

 

 

このまま南の方へ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通天閣の入り口でも同じような光景が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この看板のある風景

 

 

 

いつまでも残っていてほしいと思いますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新世界界隈もこうして見ると幻のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意書きの効果はいかほどに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年時代、街には至る所にこのような風情がありました。

 

 

通学路にあった同種の映画館の前で、人目を気にしながらいつも凝視していたのを覚えています。

 

 

その時の興奮は、何日たってもこの身からはなれません。

 

 

 

 

 

今どきの子供はどうなんでしょう

 

 

 

うるさ型のPTAによって

貴重な体験を奪われた子供たちが哀れです。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉街によくある娯楽施設

 

 

 

前からあったかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンジャン横丁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このガードを通り抜けると

 

 

 

 

 

 

 

タイムスリップしたような景色が!!

 

 

 

 

 

少し歩いて再度環状線のガードを潜ると

 

 

 

 

 

いつの間にかこんなでかい娯楽施設ができてます。

 

 

 

ここは以前、短期間でつぶれてしまったテーマパークがあったところだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢の中で、こんな景色によく遭遇します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び裏通りから北上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷惑な話ですが、モノクロ写真の世界では退廃感を表現した作品になるのですから不思議。

 

しかし、落書きは犯罪です。

 

 

 

 

 

 

夜景を撮りたかったので時間を調整して再び難波付近へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再開発が進み、街の様子が一変しつつあるキタに比べ

ここミナミは、活気は残りつつも朽ち枯れて行くようなイメージがあります。

 

 

なぎら健一氏は、このような街の変貌の速さに、一家言あるわけではないけれど、ただ寂しいだけだと語っていました。

 

 

 

私も同感。

 

 

 

 

 

これからもコツコツと、お散歩カメラは続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 京都駅靴磨き店への道案内は
 この看板をクリックしてください

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今朝、ニュースサイトを観ていたら

「日本人でよかった」

謎のポスターを制作したのは神社本庁だった。

「モデルは中国人?」の声も

こんなタイトルに目が留まった。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/09/proud-of-japan_n_16501310.html



物議を醸しているのはポスターの女性の顔写真が、他の資料から中国人ではないかとのことですが、私が気になったのはそのキャッチコピーの方です。

最近、ある僧侶のブログで「日本で生まれてよかった」や、今回のように「私 日本人でよかった」などの言葉には、他の国を蔑むような差別の心が隠れているので注意を促すような内容が記されていた。

ドキッ 汗



いささかその発言や考えには抵抗があったけれど、それ以来平気で使っていたこのような愛国的と言えるような表現に、過敏な反応をしてしまっているのだから、僧侶という立場の方たちの発言の影響力や、責任の重さを改めて考えさせられるのでした。

これも差別語 あれも差別語 たぶん差別語 きっと差別語

多少字余りになりますが、松坂慶子「愛の水中花」の替え歌を口ずさんでしまいそうです。



 

 

 

 

 京都駅靴磨き店への道案内は
 この看板をクリックしてください

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

森友疑惑は、与野党を巻き込んであらぬ方向に波紋を広げているようです。

 

大スキャンダルに発展しそうな辻元清美議員に関する醜聞は、大手マスコミの扱いはあまりにも酷い。

 

報道しない自由の行使なのか、民進党への忖度なのか?

 

一連の流れは、昨日の「虎ノ門ニュース」での百田尚樹氏の解説(この日のゲストは千葉麗子)でまとめられていますので、時間の許される方は視聴してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 京都駅靴磨き店への道案内は
 この看板をクリックしてください

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。