走ったり休んだりのEvery Day!

運動オンチな主婦がひょんなことから走り始めたのは2006年秋。家事と仕事の合間に走っている日々です。

◇2012年のレース◇

3月 名古屋ウィメンズマラソン 4時間6分

4月 ハセツネ30K DNF

4月 かすみがうらマラソン 4時間15分

5月 STY 22時間33分

6月 サロマ湖ウルトラマラソン 12時間34分

8月 奥武蔵ウルトラマラソン DNF

9月 信越五岳 21時間36分

10月 日本山岳耐久レース 18時間23分

11月 神流マウンテンラン&ウォーク 7時間35分

11月 大阪マラソン 3時間58分

12月 ホノルルマラソン DNS


◇2013年のレース◇

3月 伊豆トレイルジャーニー

4月 UTMF

6月 八ヶ岳スリーピークス

7月 北丹沢12時間山岳耐久レース

8月 CCC

10月 日本山岳耐久レース

11月 神流マウンテン ラン&ウォーク

11月 大田原マラソン

12月 武田の杜






テーマ:

すっかりブログをほったらかしてます汗
去年の11月に出場したOMM JAPAN RACEのことを書いて、下書き保存してあるの
で、近々アップします。

いつのまにか2015年も2月になってて、節分も過ぎてて、今年はどうしようかなぁっ
て考えたので忘れないように、ちゃんとできるようにここに書いておきます。

去年はUTMFとCCCにはずれて、すっかりモチベーションが下がって、日々の練習量も
激減ガーン
山には行くけれど、トレランより登山が楽しくて、のんびりモードばかり。
そんな感じなのでもちろん走力大幅ダウン。
もともと遅いのにさらに遅くなっちゃいました。

がんばったのは剱岳登頂と信越五岳完走だけかも。
信越を完走できたのは今思えば奇跡だわ・・・。

そんなぐだぐだな2014年でしたが、2015年の私は違いますよ!たぶん・・・。
新年早々、本命レースのひとつだったCCCに落選してがっかりしましたが、もうひとつの本命レースUTMFに向けて今年はがんばりますよ~。
今年の目標はとにかくUTMF完走!その次にダイエット&体幹強化と地図読み力アップ。
そのためにまずは走行距離を延ばすことと筋トレをやること。
走行距離を延ばすだけでは走力アップにはつながらなくて、スピード練習などもしなくちゃということでOSJのチームSOTAにも加入しました。
もちろん初級クラスですが。
見た目が怖いトレーナーがいることで有名な某ジムにも通おうと思ってます。

すべてはUTMF完走のために。
あーでもくじ運が悪い私。はずれたらどうしましょえーん
その時は来年のCCC完走までがんばればいいよね。

UTMF完走したら、来冬はいっぱい雪山いこうっと。
もちろん今年は夏山にもいっぱい行きますよ~。

こんな私ですが、トレラン友達のみなさま、練習、おつきあいください。
あとお山友達のみなさま、いっぱいお山登りに行こうね!

去年とはちょっと違うゆきを今年もみなさま、よろしくお願いします太陽




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も残り2ヶ月。
残りのレースはOMM JAPAN RACEのみとなりました。

今年はUTMFとCCCの抽選にはずれ、モチベーションが下がってしまい、練習量が激減。
山には行ったけれど、のんびりハイキングが多かったし、ロードをあまり走らず走行距離も例年の6割くらい。
体重は増えちゃうし、このままトレラン引退か・・・とまで考えるほどに。
でも、がんばっている友達の姿を見ると私ももう一度、がんばってみようかと思い直してみたり。

とこんなぐだぐだな私ですが今年1番の勝負レース信越五岳トレイルランニングレース2014走ってきました!
最後から5番目、女子では2番目、21時間57分36秒での完走です汗




ゴールのゲレンデの上にたどり着いた時、MCの「あと3分です!」という声が聞こえました。
「あ~、間に合った。」とうれしかったなぁ↑


2年ぶりの信越、ずっとレースで結果がだせないできている私は、信越を走るにあたって、秘かに心に決めていたことがありました。
今回の信越を完走できなかったら、来年のUTMFにエントリーするのはやめようということ。


5:30にスタート。
スロースターターな私はいきなりの登り坂とかちょー苦手。
すぐに歩いちゃう。
応援団の間を通り抜けて、少し先で応援していたセカマスに「もうバテてるよ。」と言われるくらいへとへと。
風邪ひいてるからと言い訳したけれど、実はこれはいつものことガーン


2Aでサポートのみんなに会った時、一番遅かったけれど、タイム的には予定通り。

斑尾山の登りはそんなにつらくない。
まだ序盤だからね。
3Aまで、下りは足を使わないように、控えめに駆け降りる。

3Aで「次は得意の関川だよ。」と声をかけてもらい、楽しい気持ちで関川へ。




2年前は登りも下りに見えた関川。
今年はそこまでのミラクルはなかったけれど、それなりにがんばって走った。
ここを走らないと完走はないから。
やっと辿り着いた宴会隊の施設エイド、しば漬けとなしがおいしかったなぁ。
感謝感謝です。


4Aにはサポート隊はいなかったけれど、アクティ&いっちーが。
序盤からマメができそうで痛かった両足の親指をアクティにテープを貼ってもらったらすごく楽になりました。ありがとう音符



コスモスを横目に見ながら進みます。
林道の登りはほとんど歩いてしまったなぁ。
ここを走れるようにならないとだめだよね。
下りになってからはがんばって走った。


でも、なかなか吊り橋に着かない。
やっと吊り橋到着。ゆれる~。
そのあとはスイッチバックの急登。
登りきったところでゼッケンチェックがあり、5Aにコールされます。

その先の牧場もできるだけ走って、5Aへ。
牧場ではチェリーさんの熱烈応援が!




5AにはペーサーのJunくんが待っていてくれる!!!!!
予定では17:30に到着して18:00に出発だったけれど、できたら17:00くらいに到着したいと思っていた私。
でも、結局17:20くらいかな。
17:40には出発しようとJunくんやエディさんに言われたので、急いで着替えて、かおちんが作ってくれたカップラーメンなどを食べて、荷物を入れ替えて、ライトを装着。
ここからはJunくんが一緒にいてくれるという安心感と胃も足も大丈夫だったので、応援のみんなに「絶対、完走する!」と言って出発。
アクティが「完走する顔してるから大丈夫。」と言ってくれてうれしかった音符



6Aまでは2年前にかなり消耗してしまった黒姫山の登りと下り。
今回はそこまできついとは思わなかったけれど、すでに60km以上走っているから、やっぱりきつい。
黒姫山を過ぎれば8Aまで少し楽なエリア。
走れるところは走って、きついところは歩いて先へ進む。
ペーサーがいてくれるとおしゃべりしながら進めるから気が紛れて楽笑顔


8Aでまたアクティ&いっちーに応援してもらい、おそばを2杯も食べて、元気注入。
8Aを出るときは予定通りの時間だったから、このまま行けば完走できると思っていました。
が、この先の瑪瑙山の登りが・・・。
2年前も登っているから、ある程度きついことはわかっていた。
でも、今回は長かったなぁ。
最初の登りで石川さんに会って、「あと1.2kmだよ。」と言われた時、石川さんは今登っているこの登りが1.2kmだと言ったのに、勝手に瑪瑙山まで1.2kmだと勘違いした私たち。
当たり前だけれど、全然、瑪瑙山に着かない。
最後はゲレンデの横の急登だということは覚えていたけれど、進んでも進んでもゲレンデにならない。
かなり疲れているし、心はポキポキ折れて、時間がすごくかかってしまいました。
やっとの思いで瑪瑙山に到着した時はホッとしたなぁ。


でも、予定よりたくさん時間がかかってしまったのでゴールに間に合うか心配になってきた。
下りでは前の人をパスさせてもらい、走ります。
最後のウォーターエイドを過ぎると林道で、林道は8kmくらいあるから、遅くても1時間前には着かないと間に合わないかも。
でも、なかなか100kmの表示がでてこない。
走っても走っても100kmに着かない。
間に合わないかもと焦る。
やっと100kmの表示があったにこにこ♪


この時でどれくらい時間が残っていたのかな?
忘れてしまったけれど、とにかく急がないと間に合わない時間だった。
後ろから石川さんが走ってきた。
「間に合うよ。一緒に行こう!」と。


最後のウォーターエイドに着いた。
さくっと補給して、石川さんたちはまだいたけれど、すぐにJunくんと出発。


ここから林道。
時間内にゴールするにはとにかく走るしかない。
ゆるい下りや平坦は走れる走る女の子
でも、ゆるい登りになると走るのがきつい。
Junくんに「ゆっくりでも走って!」って言われたけれど、少し歩いちゃった。
でも、ほとんど走った。


自分ではキロ6くらいで走ってるつもりだったけれど、後でかかった時間を考えるとキロ8くらいかな。
ゴールで待ってるみんなが心配してるだろうなぁと思ったけれど、連絡する余裕もない。
ゴールまでどれくらいの距離が残っているのかわからなくて、制限時間に間に合うのか不安だったけれど、とにかく間に合うように走るしかない。


やっとスタッフがいる場所に。
「残り1.9kmですよ。」と言われた時、たぶん15分くらい残っていたのかな。
間に合うねとJunくんと喜んだゆきうきハート


残り1kmになり、ゴールの声も聞こえてきた!
ゲレンデの上に着いて、ふたりで駆け降りて、そしてゴールアゲ↑わーい




時計は21時間57分30秒を過ぎていました。

ぎりぎりだったけれど久しぶりの完走、本当にうれしかった。
叱咤激励して5AからゴールまでひっぱってくれたJunくん、ありがとうハート


トレランの神様がたぶん、もう少しがんばれと言ってくれたので、来年、もう一度、富士山をぐるっとしてきます。
来年の開催はまだわからないけれど、UTMFのゴールしている私というなりたい自分に向かって、できるだけのことはしていきたい。
まずは3kgやせることと走る生活を取り戻すことかな。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の夏は久しぶりに家族4人で旅行に行ったし、トレランもいろいろやった。

でも、一番のできごとは剣岳に登ったことかも。


8月の末に前からあこがれていた剱岳に連れて行ってもらいました。

出発前、毎日チェックしていた天気予報は雨マーク。

私の実力では雨だったら登ることはできない。

たぶん無理だろうけれど、とりあえず現地へ行ってみようということで木曜日の夜、東京を出発。

早朝、扇沢に着き、ここからトロリーバス→ケーブルカー→ロープウェイ→トロリーバスに乗って室堂へ到着。


ここからひとやま越えて剣沢キャンプ場を目指します。

このひとやまがきつかった。

今回、スタート時の荷物は約14kg汗

この計った時+水です。



そんな荷物を持って山を登ったことがないから、登り始めてすぐにバテバテ。

でも、ここでやめるわけにはいかないので、他のメンバーには先にいってテントを張っておいてもらうことに。


登りが終わって剣御前小屋に着いた時はうれしかったなぁ。

ここからは下り。

そしてやっと剣沢キャンプ場が見えました。



この日の天気は曇り。

もっと私が速ければ、この日のうちに登ってしまう事も考えていたけれど、遅すぎてだめでした・・・。


ビール飲んで、ランチして、ワイン飲んで、夕飯食べて、ワイン飲んで、のんびりと。

山で食べるご飯も飲むお酒もなんておいしいんでしょうワーイ


土曜日は3時半に起きる。

雨は降っていない。

登る準備をする。ご飯もいっぱい食べる。

私が一番遅いから、少しでも楽に登れるように荷物は全部持ってもらうことに。


4時半に出発する時はちょっと雨が降ってきた涙

でも、すぐに止んでくれた。


剱岳までは一服剣、前剣を越えていく。

登りはいつものようにつらい。遅い。

途中で雨がふってきたら引き返すつもりだったけれど、どんどんお天気がよくなってきた。


だんだん岩場や鎖場が増えていく。

慎重に進む。



カニのたてばいに到着。




ここも怖くなかった。

慎重に3点支持を守り、一歩一歩登る。


たてばいを過ぎたらすぐに山頂だと思っていたら、まだまだだったがーん

でも、前に前に進み続け、ついに剱岳山頂に到着!!!!!

何度も無理かなと思ったけれど、ゆっくりでも進み続けたら、登れました。



せっかくの山頂写真なのにヘルメットが曲がってる汗

遠くには槍ヶ岳も見えました。


登頂できて喜んでばかりいられません。

下りには一番の難所、カニのよこばいがあるのですガクブル

足場が見えないところがあるらしいとか、いろいろ聞いていたのでびびってました。



でも、大丈夫でした。

足場もちゃんと見えたし、狭いけれど、落ち着いて進めば怖いところもなかった笑顔

といっても写真で見るとへっぴり腰だけれどね・・・・。

こうしてなんとか最大の難所を通過できました。


その先も岩場や鎖場は注意しながら、下山します。


途中で雷鳥の親子にも会えましたよUP★a




そして剣沢小屋まで帰ってきました。

ビールで乾杯ビール

今までで一番おいしいビールだったかな。



テン場に戻り、すぐに撤収。

雷鳥沢まで移動です。

剱岳登って、戻ってきて、すぐに撤収からの移動はきつかった。

でも、がんばった。


雷鳥沢にはたくさんのテントがカラフル。

ビールが売っていないのが残念だったなぁ。


日曜日の朝、一番のトロリーバスに乗って、帰りました。

途中で黒部ダムで少し観光。






トロリーバスは50周年なんだって~。


こうして町へ戻り、夢のような3日間は終わりました。

おととし、去年と槍ヶ岳に登ってから、ずっと登ってみたいと思っていた剱岳。

今回、縁あって山のベテランの方に連れて行ってもらうことができ、願いがひとつかないました。


でも、本来ならば私程度の体力、山力で登ってはいけない山だったと思います。

ベテランが一緒で途中で何度もアドバイスしてもらい、危ないところでは助けてもらったから幸運にも登ることができたのだと思います。


山は私たちに多くのものを与えてくれます。

すばらしい景色、つらい登りの後の達成感、山頂から見える周りの山々、雲海、朝日、満天の星空・・・・。

でも、危険と隣り合わせ。

一瞬の隙をついて、簡単に大切な人を連れて行ってしまう。


先日、私たちは大切な仲間を山で失いました。

私より何倍も速くて、山力も体力も経験もあった彼でも逝ってしまった。

本当につらくて、何度も何度も「なぜ?どうして?」と思った。


それでも私は山に登りたい。

山に対する謙虚な気持ちを忘れずに、もっと山力を向上させて、クライミングも勉強して、体力も登る力も今の何倍もつけて、これからも登り続けます。


いつかまた剱に見合った登山者として、もう一度、登りたい。


2014年の夏は忘れられない夏になりました。











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8年ぶりに家族4人で旅行!
今回は初のアメリカ本土へ。

ラスベガス&アンテロープキャニオン・グランドキャニオンの旅。

マイレージ特典の関係で行き帰りは男チームと女チームに分かれて別々。
ラスベガス空港で待ち合わせ(^^)

最初の2泊はTIホテル。
海賊ショーは工事中でなかったのが残念。



2日目はプレミアムアアウトレットでお買い物。
欲しいものがお得に買えて満足。

スロットを少しやってみたけど、ダメだった^^;



3日目の朝にレンタカーで移動。
まずはアンテロープキャニオンを目指します!

出発前に個人でアンテロープキャニオンへ行くことについて調べたけど、情報が少なくて、見つけても古いものだったりするので、ちょっと不安。
とりあえず行ってみよう!

ラスベガスから車で、途中でのランチ時間を含めて6時間くらい。
距離は450kmくらいかな。
途中、私も少し運転しました。

12時30分にアンテロープキャニオン着。
最初、アッパーに行こうと思ってたけど、次のツアーは15時30分まで空いてないと言われ、ロウアーへ。
少し待って、13時30分のツアーに参加できました。



ロウアーは勝手に見学できると書いてあるサイトもありましたが、今はツアーでしか入れないようです。
ツアー料金が20ドル+navoba族へ払う入場料が8ドルで4人で112ドルでした。

ツアー会社はふたつあります。
私たちは並んでいる列が少し短く見えた奥のツアーへ。

クルマに乗って移動するアッパーと違い、ロウアーは歩いて行きます。

3分くらい歩いて、階段の上に到着。
ここから階段を降りて、キャニオンの中へ。
前のツアーがのんびり階段を降りていたので、ここでちょっと待たされました。

実はアンテロープキャニオンが地面の下にあるって知らなかった私
結構、下ります。

下るとそこにはガイドブックやネット、テレビなどで見たあのアンテロープキャニオンが!
ずっといつか見てみたいと思っていたアンテロープキャニオンがありました。
太陽の差し込む加減で色が変わったり、いろんな形があったり、人の顔のように見えたりします。
{AF9CE2B7-A7D3-4E48-AD00-74F55EC23932:01}

{17139BEB-1926-4C0C-BC6A-F6B03CAE879B:01}

{417F521C-D16F-41EF-A7B5-96791FC8284D:01}

{EAC17977-4384-4C10-A487-393DA7FE16C8:01}



ふたつのツアーが15分ごとに入ってくるから、中はけっこう人がいます。
ゆっくり写真を撮りながら見学。
途中でガイドのエリックがiPhone貸してと言うので渡すとベストポイントで写真を撮ってくれます。
貴重な家族写真も撮ってくれました!

ツアーは1時間30分くらい。
最後のほうは子供たちは飽きてたな^^;
地上に上がってくると曇ってて風が強くて、遠くに雷が見えてびっくり。
ツアーの前は晴れていたのに。

急いで車に戻り、今夜の宿泊地、グランドキャニオンへ。
ここからまだ200kmあります。
間に合えば夕日が見たいなぁ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



本当はサポートしたUTMFのこと書きたかったけれど、一生懸命書いた文章が行方不明なので京都のことを・・・。


ずっと走ってみたいと思っていた京都トレイルへケロケロ隊で行ってきましたけろけろけろっぴ

京都へ行くのは10年ぶりくらい。
10年前はランナーじゃないし、京都トレイルのことなんて何もわからない・・・。
ただ、途中にある「はせがわ」のハンバーグがおいしそうってことしか知らない。

関西在住の健太さんや数ヶ月前に京都トレイルを走っていたさいちゃんにいろいろ
教えてもらいました。

土曜日は北大路まで地下鉄で行って、そこから鴨川沿いを走ってスタート。
ちょうどレースが開催されていました。
鴨川は東京なら多摩川かな?

ロードを4kmくらい走って、ゴルフ場を横切って、トレイルへ。
五山送り火の舟形を通ります。



まず、目指すのは「山の家 はせがわ」




山の中なのに車や自転車でたくさんのお客さんがいました。

ハンバーグとエビフライとプリンをいただきました。



はせがわを出て、貴船神社を目指します。
気持ちのよいトレイルを登ったり下ったり。
登りもそんなに長くないから助かる。


途中、ロードもあります。
ロードになるととたんにゆっくりになるケロケロ女子。
でも、階段になるとなぜか走りだす

貴船口駅からロードを上がっていきます。
この道沿いはもみじがいっぱい。
新緑の今もきれいだったけれど、紅葉の時期はすごくきれいなんだろうな。
行ってみたいです。

貴船神社に到着。





ここは水の神様ということで水みくじが。
私は小吉・・・。



貴船神社は縁切り&縁結びの神様でもあります。
ひとりだけ熱心にお祈り・・・・。
ご利益ありますように。

本当はこの後、鞍馬まで走っていく予定だったけれど、時間がなくなったのでここ
で終了。

夕食はお好み焼き。





どのお料理もおいしい。
さいちゃん、教えてくれてありがとうね。

2日目は京都トレイルの東山コースへ

伏見まで電車に乗り、まずはたくさんの鳥居で有名な伏見稲荷へ。
山の上のほうまで鳥居が続いていて、とても素敵な場所でした。



伏見稲荷からそのまま京都トレイルへ行かれます。
清水山を越えて、大文字山を目指します。

途中でUTMF2014のTシャツを着ているご夫婦に遭遇。
偶然が重なり、お友達になりました。

本当は大文字山を越え、銀閣寺降りる予定でしたが、時間がなくなり平安神宮のあ
たりで下山。
祇園まで走り、おいしいカレーうどんを食べました。



おいしかったハート


2日間で45kmくらい走って、おいしいもの食べて、たくさん笑ったねにこにこ♪


京都トレイル、病み付きになりそうです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。