アートと哲学の人生羅針盤

哲学&アートを活用しながら、抽象思考を鍛えていきましょう。
なぜなら、細かなノウハウは時間がたてば役に立たなくなるからです。
世の中の原理原則を追及する哲学と世の中の本質を追及するアート。
そこにはビジネスにも、人生にも役立つ知恵が満載です。


テーマ:

今日はダリ展に行きました!やはり人気で入場10分待ちでしたが、中は広々してて、ゆっくり見れました。

 


 

ダリと言えば、グニャリと曲がった時計やあり得ない風景とか、奇想天外な幻想的な作家と思われがちですが、今回の展覧会で私は非常に古典的な趣向をもつ作家だという印象を強く持ちました。
 
実際、ダリはルネッサンス期のラファエロなどをリスペクトしていたと解説にあり、やっぱり!と思いました。
好き勝手描いてるようでいて、描くものは変わったものを描いてるのに、絵描き方は非常に正統派。

本人も「自分は天才!」というブランディングをここ、そこで行っていたので、天才=変わり者というイメージが、見る人に作品がすごく変わったものであるかのように思わせてる部分もあるのかな。
 
何にせよ、正統派の高い画力と手法があってのダリなわけで、
好き勝手、自分の頭のなかの空想を描き散らしてるのではないわけです。
 
彼の言葉があります。
“わたし自身の発見した[...]パラノイア的=批判的な活動は、シュルレアリスムのイメージにおける物理的、心理学的、形而上学的、哲学的問題のいくつかを分析するのにしばしば役立った”
(図録より引用)
 
イメージというものが、ただ単に空想の、夢物語の、自分の内面を写し出すだけのものではない。ダリのイメージは非常に理知的です。

シュルレアリスムはどらかというと言語の枠組みから脱しようとしたものですが、ダリはそれとは違うように思います。
 
ダリが解釈したシュルレアリスムであって、シュルレアリスム運動の中心人物のブルトンとはちょっと違う解釈だと思います。
 
でも、ブルトンはダリのやり方も認めてたんですよね。
まったく言語の力を否定したイメージ論もありますが、そうでもない言語の力を利用したイメージもあります。
 
それは言語を無視してるものではなく、言語についてよく理解しているものなのです。
言語を理解してないと、絶対にイメージは操れない、と私は思います。
 
 
ーーーーーーーーーーーーー
昔からダリは好きで特に彫刻が好きなんですが、今回は彫刻は1点だけだったのが残念。
初期の作品から時間を追って作品を眺めることが出来て良かったです。
絶対、平日の空いてるときにまた行くぞ!
 
◆メルマガ:世の中の闇と光を哲学とアートで暴け「楽園の毒蜜信書」
https://www.mshonin.com/sp/?id=545445107
◆アートロジカル東京
http://www.artlogical.com/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ひかがみ【膕】=ひざの後ろのくぼんでいる所・・・。
らしいです。知りませんでした。

「おしりとひかがみ展」を浅草のギャラリーでやっているようです。
http://news.mynavi.jp/news/2016/08/18/112/

結構、女性が見に来ているようですね。
でもまあ、十代の男の子たちが一生懸命ギャラリーで、盛り上がりながら写真撮ってもいるらしい。


私としては
妄想ゼロの女性と妄想100%の男の子が、女性のお尻やひかがみのドアップ写真を前に、小さなギャアリーでわさわさしている情景の方が興味あります。



きっと、鑑賞女子と妄想男子はおなじ空間にいたとしても、全く違う世界をその時生きてるんですよね。
同じお尻の写真を観ているの、面白いものです。
と言うより、意識して無視するんでしょうね。


満員電車でセクシーグラビアを隣で平気で読んでる男性を無視する心境です。
男性に悪気は全くないのも似てますね。


写真と同じお尻は近くの女性鑑賞者のお尻とたいして変わらないかもしれない。
でも、妄想男子は実在のお尻ではなくて、虚構の写真のお尻に妄想すると。


鑑賞女子はクールに鑑賞しながら、生々しい自分のお尻のことがどうしても頭に浮かびながら、「生々しさはここには必要ない!」というルールをもちこみ、徹底的にものとして写真のお尻を観ようとする。
そして、自分自身も生ものではなく、物質になろうとする。


ある意味、妄想渦巻いてるんだけど、
そういう妄想はこの世にない!というルールを守って、
お尻の写真を楽しむ人間って面倒くさいものです。


でも、そういう二重三重にねじ曲がった、欲望とルールがアートそのものです。

欲望とルールのじれじれした感じを楽しむのが、大人のセクシーです。

アートほど、イヤらしくて、高尚な物はないですね。
だから、好き。


いっしょに、展覧会にいきませんか?
9/27(火)「宇宙と芸術展」アート鑑賞会&フレンチコース
http://www.artlogical.com/#!pop4/vs9r7




◆メルマガ:世の中の闇と光を哲学とアートで暴け「楽園の毒蜜信書」
https://www.mshonin.com/sp/?id=545445107

◆アートロジカル東京
http://www.artlogical.com/
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
リオ・オリンピックが盛り上がってますが、実はオリンピックと芸術・文化は非常に関連が深いのです。

オリンピック憲章には「スポーツを文化と教育と融合させること」「短くともオリンピック村の開村期間、複数の文化イベントを計画しなければならない」と記されています。

リオ・オリンピックの文化プログラムでは日本人現代アーティスト森万里子さんの作品が公式文化プログラムになっています。

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2016/05/marikomori_rioolympic_veudanoiva_ring.html

日本では不思議な「文化系」対「体育会系」という分類の仕方がありますが、無意味ですよね。
というか、有害です。

身体能力が高ければ、文化的な感性や知性が無いなんて、ナンセンスです。

しかし、日本では、
スポーツ=体育、競争。
なんですよね。

しかし、ギリシャ時代にルーツをもつオリンピックのおけるスポーツとは、人間の素晴らしさを称える祭典です。
多くのギリシャ彫刻にはスポーツをする選手が彫られています。

スポーツも芸術も人間の素晴らしさ讃え、間接的に神を讃えるものでした。

人間の同士の競争が目的ではないんですよね。

日本ではアートや美術は特別な、特殊な人が興味をもつものというイメージがまだまだ強いのでしょう。

アートは人間のすべての活動(政治、経済、科学技術、身体など)にアンテナを張って、それに対するアンチテーゼや問題提起をします。

スポーツをするということは、身体を使った一種のアート活動ともいえるのです。

身体的な能力も高くて、文化に造詣の深い方もいます。
トライアスロン世界チャンピオンでもあるジョン・C・ウェバー氏は日本美術のコレクターで有名です。

パフォーミングアートなどは、人間の身体表現自体がアートとなっています。

「体育会系」or「文化系」など二者択一的な見方は人間の可能性を狭めます。

「理系」or「文系」などもそうですね。

現代はすべての分野が混ざりあい、影響を与えあい、色んな方向に拡散しつつ発展しています。

意味のない枠組みにとらわれず、他の分野に目を向けることこそ、新しい突破口を開く方法です。

◆メルマガ:世の中の闇と光を哲学とアートで暴け「楽園の毒蜜信書」
https://www.mshonin.com/sp/?id=545445107

◆アートロジカル東京
http://www.artlogical.com/



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。