vivienne sato

official blog


テーマ:

⭐︎物、部屋、町、肉体に宿る幽霊譚『知らない町』 6/11より公開⭐︎

『知らない町』がいよいよ今週末からシアター・イメージフォーラムにて公開です。大内伸悟監督の長編第三作目。昨年の「東京国際映画祭」にも出品。「TAMA NEW WAVE」コンペティション部門では特別賞(準グランプリ)を受賞。
地図調査員の優二の部屋に、ある夜その部屋に以前住んでいたという亮子が訪ねてくる。ゴトウという男に会いに来たという。その後、優二の友達の西田がその部屋で幽霊を見たと言い出す。ゴトウはもうこの世にはいないと告げられ、、、
ソファ、部屋、町、そして自分の肉体に宿る過去の記憶。たとえば誰かが自分の目を通してこの景色を今眺めているとしたら、、、
現実の世界には整合性は存在しない。何かしら物語を捏造して人は生きている。
この整合性のない、最も現実に漸近した世界観の創造は驚くべき才能かもしれない。。。
公式コメントを寄せました。そして6/15wedにトークショウに出演します!

http://unknowntown.com/
https://www.youtube.com/watch?v=94didPsBCi8

⭐︎「知らない町」。
果たして私たちは「なにか」や「だれか」を本当に知るということはできるのだろうか。「自分」自身さえも。。。
輪郭はぼやけ、虚ろい、存在は曖昧になる。世界は知られることを欲していないのかもしれない。
ヴィヴィアン佐藤(美術家/ドラァグクイーン)

案1:
地図調査員の男が主人公である。地図とは一枚の写真のようなものであり、世界はけっして線分で固定され得ないはずだ。揺れ動き、ぼやけ、虚ろい、不安定で逸脱していくものである。
一匹の蟲や椋鳥、人間や町さえも毎秒みずから地図を描きつづけている。幽霊さえも。。。

案2:
「知らない町」。果たして私たちは「なにか」や「だれか」を本当に知るということはできるのだろうか。「自分」自身さえも。。。
輪郭はぼやけ、虚ろい、存在は曖昧になる。世界は知られることを欲していないのかもしれない。

案3:
生者も亡者も固有の場所や使用していた道具といったものに憑り代を求めている。それは肉体を持っていること。その喪失に抗する顕われなのだろうか。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
⭐︎6/12sun 『誤読のススメ』  我妻マリ×ヴィヴィアン佐藤@青山スパイラル⭐︎

6/12sun、東京・青山にて、講座「誤読のススメ」を開催。
日本のファッション界で多彩な活動を展開してきたモデルの我妻マリ氏と映画評論家はじめ多彩な顔を持つヴィヴィアン佐藤氏が登場!
開講日:6月12日(日)15:00~16:30(14:30開場)

・会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
・受講料:3,000円(税込)

https://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1895.html


株式会社ワコールは、スパイラル(※)と共同で推進するエデュケーションプログラム、「Spiral Schole(スパイラルスコレー)」(http://spiralschole.com/)を2015年4月からスタートしています。ワコールとスパイラルがこれまでに培ったノウハウとネットワークから選び抜いた、経験豊かなプロフェッショナルを講師として迎え、様々なニーズに合わせた講座を実施しています。
この度、「美しさとは何か?」をテーマに、日本のファッション界で多彩な活動を展開してきたモデルの我妻マリ氏が、多角的な視点から自分本来の魅力を引き出し、磨きをかける方法を伝授する連続講座「いつも輝いている私でいるために」を開催します(7月1日~、全5回)。
その連続講座に先駆け、特別講座「誤読のススメ」を6月12日(日)15時から開催します。内容は、我妻マリ氏と映画評論家はじめ多彩な顔を持つヴィヴィ アン佐藤氏のトークセッションで、映画『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』を題材に、世の中の「女性はかくあるべき」を疑い、ポジティブに 読み替える=誤読することで、自己肯定のヒントを見つけていきます。
“悩みが尽きない”“ネガティブに捉えがち”といった女性はもちろん、ポジティブでパワフルな生き方をしたいと思っている方にもおすすめの講座です。

【開催概要】
・開講日:6月12日(日)15:00~16:30(14:30開場)
・会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
・受講料:3,000円(税込)
・共催:株式会社ワコール、株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
※スパイラルは、株式会社ワコールの国内関連会社である株式会社ワコールアートセンターが運営する複合文化施設です。

【講師 プロフィール】
〇我妻マリ 氏(モデル)
1967年資生堂デビュー、イヴ・サンローラン等のオートクチュ―ルショー、ファッション誌、広告モデルで活躍した後 ‘77年にパリコレで三宅一生、ティエリ―・ミュグレ―、J・Pゴルチエ 等のショーに出演。その後はショーの演出、スタイリングやカラーコ―ディネイタ―として活動。現在は自然の中で暮らしながらモデルの仕事に重心を置いている。


〇ヴィヴィアン佐藤 氏(美術家、文筆家、非建築家、映画批評家、ドラァグクイーン、プロモーター)
ジャンルを横断していき独自の見解で何事をも分析。自身の作品制作発表のみならず、「同時代性」をキーワードに映画や演劇など独自の芸術論で批評/プロ モーション活動も展開。野宮真貴、故山口小夜子、故野田凪、古澤巌など個性派のアーティストとの仕事も多い。元四ツ谷婦人会会長。2012年からバンタン デザイン研究所で教鞭をもつ。各種大学機関でも講義多数。青森県七戸町の町興しコンサルタント担当、広島県尾道市の観光大使。 【講座の詳細やお申し込みはこちら】
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1895.html ※ご参考
<報道関係の方からのお問い合わせ先>
株式会社ワコール 広報・宣伝部
(東京)TEL:03-3239-1117 FAX:03-3239-1118 (京都)TEL 075-682-1006 FAX 075-682-1103 <一般のお客様からのお問い合わせ先>
Spiral Schole(スパイラルスコレー)担当 03-3498-1171




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
2005年。
《PHILIP ON FILM『美女と野獣』『魔人ドラキュラ』》(フィリップ・グラスが日本の無声映画に合わせて演奏するというライブ)@BUNKAMURAオーチャードホール。
このときに冊子に文章を寄せました。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。