vivienne sato

official blog


テーマ:

美術館とホテルの亡霊を介しての奇妙な関係

『グレート・ミュージアム ハプスブルグ家からの招待状』が始まりました。
ウィーンにある美術史美術館は同敷地内の自然史博物館と対になっており、双子の美術館と言われている。
1871年フランツ・ヨーゼフの命により1891年に完成したネオ・ルネサンス様式の建築は世界で最も美しい美術館とも言われている。エントランスファザードにはドーリア式、イオニア式、そしてコリントス式の柱が一階から三階まで並ぶ。あたかもギリシアローマからヨーロッパ文明を継承し、引き受け全てを貫き網羅しているかのように。


しかし、この美術館の歴史としては125年で、「美術館ミュージアム」という制度ができる遥か昔の中世末期から近代にかけての「芸術の部屋クンストカンマー」や「驚異の部屋ウンダーカマー」と言われる王侯貴族の私的所有の芸術蒐集室が元となっている。
2012年に改装事業が行われ、その際の工事模様から、内部の経営事情や、修復、様々な会議、オークション、保管庫の様子、展示方法、退職、イベント、、、など美術作品の紹介というより各部署のスタッフの奮闘の模様をインタビューや説明字幕は一切なしでダイレクトシネマの形で行われている。
美術館スタッフへの配慮と尊敬が画面から伝わる大変真面目なドイツ的な感性の監督だということが分かる。

さて、本題に移るが、監督はドイツ人気質なためかカメラワークやレンズも割と凝っている。無駄なカメラワークがほとんどなく、美術館内の移動はステディカムで素晴らしい広角レンズを使用している。フェティッシュ感満載だ。
スタッフの背後をピタリと追ってのバックヤードの狭い回廊、部屋から部屋へのときには直進ときには曲がりくねる移動は、さながらキューブリックの『シャイニング』のカートシーンを思わせる。


昨今の部屋と部屋の開口部が大きく空いたホワイトキューブ型の美術館建築ではなく、ネオ・ルネサンス様式の建築は貴族の宮殿か城内そのものである。展示室と展示室の開口部は狭く絞られており、その開口部の連続がホテルでいうところの廊下の構造にもなる。空間の連続が廊下の役割にもなっているのだ。

ホテルとは人間が宿泊、ときには住まう場所であるが、美術館とは作品がそこに一時的に置かれたり壁面に掛けられたりする作品のためのホテルのような場所である。
今回のリニューアルからアイスランドのアーティスト オラファー・エリアソンのシャンデリア「スター・ブロック・シャンデリア」が使用されている。


今年6月にエリアソンは、自らを太陽王と称したルイ14世のヴェルサイユ宮殿の内部と庭園で大きな個展を開催した。エリアソン自身の作品は光に関連するものが多い。それはその場のサイト、固有のトポスに呼応するような、もしくはその場でしか派生しえない、あるエネルギーを違ったものに変換させるようなインスタレーション作品である。太陽王であるルイ14世がいま現在生きていたらどのような内装にするのか、どのような作品を発注するのか。空間からルイ14世の考えや哲学を慎重に掬い取り作品にしていくのである。それは言ってみればその場にいる亡霊に関与し耳を貸し、一体化していく試みでもある。
キューブリックの『シャイニング』においても、大雪に閉ざされ一家族のみの越冬空間で、そのホテルで過去に時間を過ごしていた亡霊たちとの対話、もしくは同化の物語でもある。良い霊と悪霊とに同化と対立をくりかえしていく話である。
そもそもホテルとは、ボールルームで時間を過ごしたり、ときには宿泊をする場所である。多くの人間模様のドラマが派生した固有の場所である。その過去の時間たちが内包された空間内に一時自分の肉体を預けることである。
このウィーンの美術史美術館の建物は125年前、そして絵画作品をはじめオートマタと言われるからくり装置や宝飾品、馬車や制服など古くは800年前のものが展示されている。その歴史や時間が折りたたまれた空間に対峙すること、包み込まれることは、そこにいる亡霊との対話に他ならない。王位を失ったあとのいわば持ち主であるオーナーや制度といった後ろ盾を喪失したものたちは、権威という父性を発揮することはない。奇しくも美術館の総館長や絵画館館長など、女性の活躍が目立つ。


そのように美術館とホテルの奇妙な関係。その空間にかつて起こった事柄や空間の記憶の地層に触れること、そこに滞在し身を埋没すること、精神的な意味で宿泊するという行為。
それがこのように美術館という制度が起きるはるか前から存在する「芸術の部屋クンストカマー」や「驚異の部屋ウンダーカマー」という空間に入館すること。人間の不可思議な好奇の精神性は、一気に政治や国家というものを超えてしまうものなのだ。逆説的に見れば、美術館といういまだけのいつ終焉するか分からない制度より、更に遠い未来にも共鳴の予感を感じないわけにはいられない。

『日曜美術館』という番組があるが、たとえば「月曜美術館」という考え方は可能であろうか。休館日や夜間には果たして美術品がそこには存在しているのだろうか、、、と考えることがときたまある。もちろん物としての「作品」は存在しているはずだ。
サザビーやクリスティーズなど、この映画にも登場するドロテウムオークションハウスなどで高額に取引され、値段がつり上がるアンティークや美術作品。
アンティークや作品には金融商品としての側面も確かにある。もちろん歴史的な価値は言うに及ばず、また、金や宝石など宝飾品で飾った装身具やクラフトマンたちの賞賛する技術もある。そして権威や権力の象徴としての存在意義も過去にはあった。
しかし、いまはチケットの購入と引き換えに誰でも平等に入場し鑑賞でいるという美術館の制度がある(何かほかの形にと言って変わるかもしれないが)。この時、「美術鑑賞」というこれも政治や社会など超えた人間が人間であるための尊厳のような「鑑賞」という行為が許される。作品にナマモノとしての人間が対峙するとき、はじめてその作品は存在価値が生まれるという存在論は果たして成り立たないだろうか。
だから月曜日や休館日には、そこには美術品は存在していないのだ。その空間にいる亡霊のためだけに美術品は存在しているということになるのかもしれない。

そして、ただいま国立西洋医美術館で開催中の『クラーナハ 500年後の誘惑』のために2013に研修に行かれた国立西洋美術館の新藤淳氏とのトークショウも無事大盛況で終了。
今回のクラーナハ展でも驚くべき展示方法が展開されていた。


それは改装に併せて現代美術家のエリアソンのシャンデリアを起用する美術史美術館の態度にも類似する。
古い作品をそのままで展示するのではなく、現代、同時代的に解釈し展示する試み。
古い作品を再解釈し直し、新たな血流を流し込み生き返らせること。美術の亡霊を生き返らせることが大事でもあり、魅力的でもあるのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハプスブルグ家の財宝 『グレート・ミュージアム』トークショウ

映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』11/26satからヒューマントラストシネマ有楽町にて公開!!!
11/27sun 14:00の回。新藤淳(国立西洋美術館)×ヴィヴィアン佐藤。
噂のイケメンキュレーターとヴィヴィアン佐藤のトークショウ!!!

http://thegreatmuseum.jp

移りゆく「美術館」という制度。
現代の観光資源として美術館の立ち位置とは?

そしてオラファー・エリアソンが手がける新しい照明器具などの取り組みは何を意味するのか、、、
描かれているキュレーターや職員たちと仕事内容、美術館の運営、、、、それらの描かれているものと、この映像作品との関係性とは。。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『君の名は。』
現在、興業収入が180億円を突破した同作品。今年の東宝の一番の目玉と言われていた『シン・ゴジラ』が65億円。今年中には200億円突破するのでは、と囁かれている。
さて、こういう私も劇場で三回鑑賞。

物語の構造が実によく出来ており、今までの新海監督の閉じられたアニメファンだけに向けた作品作りではなく、万人に向けられた作品作りだというところが最も特徴的だ。
よく注目されるところではあるが、大林宣彦作品の『時をかける少女』(原作は筒井康隆)や『転校生』(山中恒原作)のタイムスリープや思春期の男女の肉体の入れ替わりというある種お決まりの定型の設定にアニメとアニメに対して親しみやすい世代への親和性がある。物語の設定で、タイムスリープや肉体の入れ替わりは現代の日本人にとって、さほど珍しくも驚くべきことでもなく、既視感すら疾うに超えて、「物語の中で、そういう話はよく聞くし、むしろ伝統的」と思われるはずだ。「男女肉体の入れ替わり」や「タイムスリープ」は、もはやそれ以上でもそれ以下でもない、それ自体をテーマは賞味期限が切れており、寧ろこの作品はメインテーマにしていない。
この新海誠『君の名は。』が、特異なのは、もはやB級テレビドラマや亜流アニメでしか扱われないそういった要素を敢えて深掘りせずに記号として入れつつ、もっと「現代性」のある視点から物語をとらえ、また制作されているところであろう。

まず、幾つか脚本と絵作りで思ったことを挙げてみよう。
新海誠が最も得意とするところのひとつは、「言葉」である。選ばれた「言葉」たちは、ときには呟きや曖昧さを露呈する。それは感情を言語化できないという状態そのものの表出となる。これは誰しも経験したことがあるであろう言葉にならない(いまは)決定や判別できない感情である。
もうひとつ新海作品の得意とするところは風景における光や空気感の描写である。
また、実際に存在する風景や建物などが随所に登場するのも特徴だ。架空の都市や街の物語ではなく、とくに説明的な描写やセリフで言われなくとも実在の風景が使用されているのが把握できる。しかし、それが本当の意味でリアリティがあるのかどうかどうか。どこか冷たく、一度フィルターに通されたもうひとつのリアリティともいうべき印象を獲得している。実在する固有の場所でありながらどこか冷めた距離感のある、しかしとても美しすぎる風景。描写。それは映画の中で完結するものではなく、実際のモデルになった風景や街に跳ね返ってくるリアリティさである。それは映画の中だけの閉じられた体験ではなく、実際にその場所や街を知っている人物には、これから見え方を変えてしまう映画体験にもなるし、鑑賞後初めてその場を訪れる者には、新たな場所のイメージを付加させる新体験させる効果を持つものだ。どちらにせよ、鑑賞者にアクチュアルな衝動を起こしうる作品なのだ。

このふたつ要素でこの『君の名は。』は、非常に開かれた印象の作品になっているのだと思う。
特に昨今の日本のアニメでは舞台になった地方都市やスポットが、鑑賞後にファンにとって聖地巡礼という対象になる。これは、作品を共同体験することによって、何かしらの感覚が配信ダウンロードされることに近いのかもしれない。

磯崎新は ロサンゼルスに行ったときの印象から始まる「見えない都市」(1967)で、都市というものがあらゆる記号の揺れ動く波の中で埋められ始めている、と述べた。19世紀まで行われてきた都市の認知の仕方や、見る視線をそこに貫通させて作られた空間構造は解体してしまった。それは「実体的な都市空間の体験のため」だと。
また、イタノ・カルヴィーノは『見えない都市』(1972)で、マルコ・ポーロはフビライ汗に自分が廻ってきた世界中の諸都市のことを語る。とても修辞的に視覚のみならず臭覚や触覚までも刺激するような文体で艶めかしく、その都市の幻想的な断片を語るにつれて、我々は入れ子構造の迷宮の都市に入っていく錯覚に襲われる。

昨今のアニメ映画と聖地巡礼の曖昧な関係性は、この『君の名は。』において、最も現代的で感覚的でありながら、実体験に基づく都市論への昇華寸前の状態になったといってもいいのかもしれない。


具体的に固有の場所について述べるとしよう。
この映画は新宿から、四谷、千駄ヶ谷、代々木、六本木、、、あたりが都内での主な舞台である。あとは飛騨や広島とのこと。筆者は東京新宿在住なので、都内に絞って場所性を考えてみたい。都内ではJR新宿駅、JR四ツ谷駅、JR千駄ケ谷駅を結ぶトライアングルの中で展開する物語であり、それはJRという「電車」で囲われた「徒歩圏内」という最も身体的な単位であることが特徴的だ。


地下鉄や他の交通機関は出てこず、東京ではあるがとてもシンプルに空間を面でと捉えているところが、より一層巨大彗星が横断する天空と対比されている。都内のビル群は摩天楼として出てはくるが、それらは千年に一度の天空ショウに比すれば、微々たるものだ。(岡崎乾二郎は複雑に地下鉄が絡み合う赤坂見附の駅の特徴に注目し、様々な用をが重なりあっても透明性を保つ「意味の透明性」をコンセプトに彫刻作品を展開した。これはコーリン・ロウの『コラージュシティ』の考えである。)
そのトライアングルは最近の岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』にも登場する疑似家族の出会いの場でもほぼ同じであることが興味深い。岩井作品の場合は紀尾井町から四谷、そして新宿だったが、、、。(岩井作品は面というよりより点的で都市を捉えている)
東京の中で「四谷」という場所の持つイメージはとても透明性があり、浄化しやすいイメージがある。それは意味の透明性やガラスや鏡、パンチングメタルなどの建物が多いなどの物質的なものとも異なるものだ。この物語で根底にある「神道」的な気の透明性ではないか。「水」に関する透明性とも言えるのかもしれない。四谷にはその類の透明性が確かにあるのだ。太田道灌から徳川家康の都市計画を下敷きにされた大都市東京は、古来から水都とも言われ、水路や堀、上水道が発達してきた。また武蔵野台地からの岩盤が幾つかの場所で断層として露出する。四谷という場所はそれらが一堂に交わる複雑な場所でもあるのだ。


半蔵門から続く新宿通りはJR四谷駅を縦貫し、新宿駅南口を通り、甲州街道へと続いて行く。ここは地形でいえば尾根で、特に四谷近辺は北側も南側も崖地形となっている。江戸時代初頭紀尾井町あたりの外堀を拡張するためにこのあたりの起伏のある高台に寺院群が移ってきた。


新宿通りから文化放送があったあたりから急激に下坂になり、劇中終盤に象徴的な場面で登場する須賀神社の大階段に突き当たる。階段下の部分は、江戸期から明治にかけて夜鷹などが数多くいた地域の鮫が橋へと続いている。このあたりの断層の一番の下層地域である。
断層を一跨ぎする装置として須賀神社の大階段がある。それは古層から高台の新層までの層を一気に見せる断面であり、古い時間軸から新しい時間軸までを乗り越える、いわばこの映画の「切断」や「亀裂」によって出会う主人公たちの場面そのものの象徴の場所となる。
そういう意味でこの映画の時間に関する考察は、この断層を持って見事に視覚化され、固有の場所性の意味を獲得する。
そして須賀神社とは四谷一帯の産土神で、稲荷社と牛頭天王社の二つの神社の合社。稲荷神社は鮫が橋と権田原の鎮守で、牛頭天王は四谷地区の鎮守として崇敬されている。
劇中登場する「むすび」という概念もまたその土地に関わる氏神を指し、この須賀神社の土地との有り様と重なることに気づかされる。

そして、千年に一度の巨大彗星の来訪は紛れもなく3.11の貞観地震の周期と同じで東日本大震災の地震と同義となっている。
巨大彗星が落下する光景を「それは夢の景色のように、ただひたすら美しい眺めであった」と主人公たちは語っている。巨大な人智を超えた災害は恐ろしく思い出し宮内ことでもありトラウマになる契機でもあるが、それは単純な善悪を超えた超越した神々しいものとして人間の前に立ちはだかるものだとするならば、災害を引き起こす圧倒的な人間の想像力を超えた力は、ただひたすら美しい眺めでもあり得るのである。
芥川龍之介の『地獄変』では、火に包まれる自分の妻子を凝視し地獄を描き切った絵仏師の境地。芸術は善悪未分化の場所に唯一存在でいる根源的な媒体であり行為だということが時にはある。
そんな巨大彗星や常軌を逸した出来事があるから奇跡のきっかけがあるのではなく、何も特別なことが起きなくとも物語は存在するのではないか。奇跡はいつでもどこにでも存在するのではないのか、、、という仮説を立ててみる。シモーヌ・ヴェイユのいうように、この世の中に存在すること自体が既に祝福されていることだとしたら、特別な非日常が起きることだけが物語や奇跡なのではないのではないだろうか。


主人公たちの部屋を舞う埃や窓から差し込む光は宇宙の在り方そのものを示し、引き戸やサッシの敷居の執拗なアップはさまざまな人間の日常の結界を示す。これは宇宙と人間のあいだの調停の話でもあり、和解の話でもある。というより人間は宇宙の一部でもあり、人間によって宇宙が規定されているのかもしれない。
また、記憶喪失という仕組みが使われているが、私たちは常に記憶を喪失しており、また同時に歴史や自分自身の過去を書き換え、語り直しているのである。災害を逃れた別の有り得たかもしれない別の人生の奇跡は誰にでもそこにでも存在し、その平行に走っている線路への路線変更はあり得るのではないか。

もしかしたら死んでいるかもしれない三葉という女性とのやりとり。
東日本大震災後にも時々話題にもなる太平洋側に起きる幽霊の出現。
柳田国男『遠野物語』の九十九話でも出てくる幽霊たんも同じで、幽霊という形を借りて、生前できなかった告白や赦しなど、いわゆる語り直しという精神浄化行っているとも考えられる。
死んだことすら気づいていない死者との対話や逢瀬は誠に甘美である。ある意味不健康な主題を大変爽やかに現代若者たちに見せる手腕は見事で、ふたりは喪失感 に取り憑かれているが、記憶喪失症によりある人物に入れ替わる体験は、モノローグ映画の鑑賞体験そのものではないか。体験しなかった「記憶」や「体験」ということそのものを問いているようでもある。そして過ぎ行く忘却していく青春の体験そのもが記憶喪失的である。
口噛み酒という触媒で、時間や空間を跳び越え、大災害の死傷者をなかったものにするというめでたい話ではなく、人は幾つもの可能性が あった人生を並行して生きている(死んでいる)。特別な奇跡の実例の物語ではなく、我々の世界も様々な時間が捻れ、連なり、絡まり、戻っている。
そして、終盤に世界を救うためにたったひとり奔走する女子(中身は滝であるが)に対し、勅使河原という友人もまた宮崎駿作品に出てくるようなの登場人物で、友情や仁義を重んじ、しかし退屈な日常に異物を挿入したいと願う男子。映画『シン・ゴジラ』を劇場で何度も見に行くタイプである。本来女性性こそが非日常で非予定調和の塊である。
映画の中でもあえて辻褄の合わないところが数多く出てくる。
例えば、瀧と三葉は四谷須賀神社で最後(最初)に出逢うことになるのだが、彼らは彗星落下直前の片割れ時に御神体のある山頂の縁では会ってはいないのではないだろうか。勅使河原は三葉に自転車など貸してはいなかったからである。

そしてこの物語の終盤に体験する(しない。二人は御神体の加工付近で出会っていないのかもしれない。前述した通り、勅使河原は三葉に自転車など貸していなかったから。)「黄昏時」は、映画においてはエリック・ロメールの『レネットトミラベル 四つの冒険』におけるチャプター1の「青い時間」に呼応する。(こちらは明け方なのだが)
それは夜の生物が眠りにつき、昼間の生物が目覚めるまでの一瞬の間。
その時世界は、青の沈黙に包まれるのである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。