1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月14日

「名島亭」のチャンポン

テーマ:グルメ

 

 午後JRJP博多ビルの「駅から三百歩横丁」で取材があったので、その前に「横丁」内の「名島亭」に入りチャチャッと昼食。ラーメンを食べようと思って席に着いたのだが、メニューをみるとラーメンと同等の扱いでチャンポンが載っている。むむむ。チャンポン好きとしてはこれは見逃しがたい。ちょっと迷ったが、きょうはチャンポンでキマリだ。出てきたチャンポンはこちら。なんとラーメンのチャーシューがのっていて、ピリ辛のタレがかかってる。珍しい。 


 

 

 そして野菜をかき分けて麺をたぐると・・・・なんと麺がラーメンの麺ではないか。

 

 

 ひぇー。いや、これはこれで「野菜ラーメン」とかいうメニュー名でたまにみかけるしいいんだけど、脳内がすっかりあの中太のチャンポン麺になっていたのでちょっと驚いた。味はもちろんいい。トンコツスープは名店「名島亭」のラーメンのスープだから間違いないし、たっぷりの野菜の炒め具合も文句なしだ。しかしこれを注意書きもなく「チャンポン」とメニューに載せると誤解されたりしないのだろうか。ぼくはこれはこれでいいと思ったが、なかには「これはチャンポンじゃない!」と憤慨したりする人は・・・いないんでしょうね。

 などと思いつつ、ネットを見ているとこんな記事が。

http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/27/noodle/

 なるほど。「福岡ラーメンショー」でのコラボメニューで人気を博したメニューなんだね。あのイベントには行ってこのメニューにも惹かれたものの、せっかくだから他の地方のラーメンを食べようと思って、これは食べなかったんだよな〜。それをいつでも食べられるっていうのはラッキーだ。また博多駅方面に行ったら食べよっと。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年11月11日

Pizza Rocco→イル・フェ・ソワフ→ile

テーマ:グルメ

 昼は清川の「モナラ」でヌードルカリー。そういえばこの前聞いたんだけど「ツナパハ」(ヌワラだったか?)の持ち帰りカレーは、店で食べるより断然量が多くてお得だとか。知らなかった〜。てか、真空パックみたいなのがあるのは知ってたけど、テイクアウトがあることすら知らなかった。

 

  夜は少し前に警固にできた「Pizza Roccoからスタート。石釜があって、薪で焼きよんしゃあ。オーダーしたのはハーブ鶏のマリネとラザニアと水牛モッツァレラを使ったマルゲリータ。ピッツァは想像よりやや小さめの印象。計ったわけじゃないからわからないけど。ビール1杯で真っ赤になるので、明るいお店が苦手です。

 

 

 その後「イル・フェ・ソワフ」へ。肝とつくねと若鶏もも。焼き台の目の前に座ったら、ちょっと暑かった。付きだしで出てくるサラダの野菜、うまし。もちろん焼鳥もね。

 

 

 

 3軒目は「ile」へ。最初はカウンターに女性客が1人だけだったんだけど、瞬く間にテーブルまでいっぱいに。シマ姐、てんやわんや。とどろき酒店が作ったワイン「ストゥディオ・ゴー・ゴー ローズボッサ2016」を1杯。これは福岡の葡萄で作った地産地消ワイン。ノンフィルターで瓶詰めしたものだそう。その後は赤を2、3杯。あ〜、記憶があいまい。ここでもアトリエブラボーのカレンダーを売ってたけど、ぼくはすでに別の人から購入済みなので買わず。皆さん、お薦めですよ〜。

 

(写真:とどろき酒店のウェブより)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年11月09日

またあった、“近所に欲しい店”

テーマ:グルメ

 西新の「食堂ニコラ」へ。開業時は食堂という感じだったけど、だいぶ前から料理や業態を酒場的に変えていて、めちゃくちゃいい! 料理はどれもうまいし、日本酒も相当ある。この席数でこんだけ日本酒揃えるって、お客さんも多くて回転してるってことだろうなぁ。「開放弦」に続いて“近所に欲しい一軒”だなぁ。西新はぼくの生活エリアからちょっと遠いだけに、“近所にほしい店”がけっこうあるんだよね。もちろんその筆頭は「コキンヌ」。あと「熊猫食堂」とか「じゅげむ」とか担々麺の「潤」とかね。

 おでん盛りとかよだれ鶏とかとともに「おばんざい4種」というのを注文したら「お2人でしたら8種の方がいいと思いますよ」と言われそちらにしたところ、これがなかなかのボリューム。左党ならこれだけでかなり呑めそう。しかも4種と8種って200円しか変わらないんだよね。なら、やっぱ8種だよな〜。でもそうすると、他のうまそうな料理が入らないんだよな〜。むむむ、悩ましい。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年11月06日

続・深夜食堂→とり田→二○加屋長介→魔灯路場amber

テーマ:グルメ

 きのうから始まった映画「続・深夜食堂」を鑑賞。腹が減る映画だね〜。これを観たら赤坂の「あかりや」と行きたいところ。「あかりや」は元々東京にあった店で、その店は「深夜食堂」の作者の安倍夜郎氏のお気に入りだったそう。そんな縁もあり、「あかりや」のロゴは安倍氏に書いてもらったものなんだよね。店には作者公認の「深夜食堂の豚汁」っていうメニューもあるし、漫画の151夜(話)にはその「あかりや」の実際のメニュー「山芋のソテー」も出てくる。だけど、日曜定休〜。残念。

 

 

 んで、JRJP博多ビル、駅から三百歩横丁の「福岡屋」改め「二○加屋長介」へ。オープン半年での店名変更。その秘密はウェブで・・・・(うそうそ、どこにもありません)。

 

 

 実は映画の前に隣のKITTE博多「とり田」で担々麺を食べていたので、そんなには入らない。ピリ辛こんにゃくとか雲仙ハムカツとかホルモン鉄板とかを。シメのうどんはわかめうどんを2人で1杯。

 

 

 その後大手門まで足を伸ばして「魔灯路場amber」へ。店主は毎週末のバーベキューイベントで少々お疲れ気味のよう。「名古屋の店から出張バーベキューやってよって言われてるんですよ〜」と真剣に悩んでいる(笑)。バーベキューマスターの資格を取ろうと思ってるという話も。さて業態変更はいつかな〜(なんつて)。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年11月03日

「くらしのきほん」のカルボナーラ

テーマ:グルメ

 2年ほど前から月に最低2回は自炊をするようにしている。この自炊というのは、ごはんと味噌汁とおかずというスタイルで、ワンプレートのパスタやチャーハンはカウントしない。やはり仕事柄毎日外食していると、ときどきそういう和定食的なものを食べたくなる。居酒屋にもそういうメニューがあるところもあるし、定食屋もあるけれど、そうではなく、1人でテレビでも観ながら家で食べるという時間を欲することがある。そして、そう思う頻度が以前より増えた気がする。いつまでこの外食まみれの仕事、続けられるかなぁ。以前は健康なうちはできると思っていたけれど、健康だけでなくそのモチベーションを保つことも簡単ではないということに気づきはじめた。アスリートと比べるのは恐れ多いけれど、アスリートが引退を決めるのも体力(技術)だけではなく精神的なものもあるしね。

 で、昨晩は家で食べたけど自炊にはカウントできないカルボナーラを作った。以前「くらしの手帖」の編集長だった、松浦弥太郎氏が現在はクックパッドのウェブメディア「くらしのきほん」に移っているのはご承知の人も多いだろう。その「くらしのきほん」に載っていたレシピ(動画付)で作ってみた。特徴はマヨネーズを入れることかな。具はベーコンだけだとさびしいので、先週の残りのほうれん草とエリンギも入れてみた。味はまあうまくできた。実は先週も作ったのだ。そのときはレシピどおりにボールの中でゆでた麺とソースを和えて皿に盛ったのだが、懸念してたとおり若干温度が下がった気がした。なので今回はやはりいつものようにフライパンで少し熱を加えながら和えた。きょうはちょっと熱を入れすぎて玉子が少し固まり始めたけど、こちらの方がいいかな〜。それかボールを少し温めておくかだろうな。写真がブサイクだ。当初ブログにあげる予定じゃなかったから適当に盛ったんだけど、トングで盛りつければよかったな〜。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。