Yu's Cutie Dolls

リカちゃんやバービーなど
1960-1970年代の着せ替え人形のコレクション
懐かしいお人形に会いたい方へ....


テーマ:
日本のアイドル史に燦然と輝く、
ミーとケイのデュオ、ピンク・レディー

デビュー時は、主に若者層をターゲットと
していた様だが、いざ蓋を開けてみれば、
楽曲に合わせた個性的な「振り付け」
子供達に大人気を博し、日本中で知らぬ人は
いないスーパーアイドルへと転身したのであった。





当時、少女であった四十代以上の女性ならば、
ミーとケイの振り付けの真似事に熱中した
事がある筈だ。

子供を巻き込んだ人気は、正に一代ブームと
呼ぶに相応しく、その関連商品も色々発売された。

アサヒ玩具からは、着せ替え人形初め、
子供向けのおもちゃが数多く登場している。
この「おしゃれセット」はその一つ。

わたしが持っていたのは、おしゃれセットだったと
思っていたのだけれど、ランチボックス型では
なく、チューリップの形状のビニール製のハンド
バッグ型だった。



モンスターがきたぞっ♪
しかしミーちゃんケイちゃん色っぽいね〜。



お母さんの鏡台や、化粧品に興味津々の
小さな女の子にとって、テレビの中の
ミーとケイが収められたバニティケースは
とっても魅力的である。

加えておしゃれセットは、そんな
幼心をくすぐる「鍵」まで付いている。
まあ、留め具部分の突起を押せば
鍵がなくとも開くのだが、あくまで
鍵で開けて欲しいっ!


表題のピンクタイフーンの頃には、
人気も下火になってしまったが、
ピンク・レディーを超えるコンビの
アイドルはもう表れない
だろうなあ。



何代目かは分かんないけど、ピンク・レディーモチーフの
パチンコ(大一)の役モノ。なぜ家にある?


ちなみに、夢中になっていた昭和50年代は
わたしは小学生だったので、コンサートに
行く機会には恵まれず。


大分遅くなったけれど、一昨年位に
ケイ(増田恵子)のソロライブを
観に行くチャンスがあり、意気揚々と
会場である新宿のライブハウスへ
行ったのでありんす。

ケイちゃんは大人の色気が素晴らしく
魅力的な女性で、(ホント凄い綺麗っ)
当たり前ですがバックバンドも上手くて、
ピンク・レディー時代の楽曲も披露して
くれたり、生で観る事が出来て
すっっごい感激~。




大一は一昔前みたいな勢いはないと思うけど
キャラクターのデフォルメは上手いよね?




ところで、ピンク・レディーの楽曲は
レコードで聴いても面白くないと思う。
勿論当時はレコード買ってたけれど。

今でも時折Youtubeで、色んな番組の
ピンク・レディーをハシゴするのが楽しみだ。
ギターリフが暴走したり、バンドによって
アレンジが違うのが凄く面白い!



佐良直美司会時の紅白歌合戦の
ウォンテッドが好き。




そんなわたしが最近ピンク・レディーの
楽曲を聴いたのは、先日観た中日vs巨人戦
での中日攻撃時のサウスポーであった....。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
行事に沿ったテーマでブログを更新
するとは、Yu's Cutie Dollsでは
珍しい事だ!

それは今朝、こんなに可愛らしい
チョコレートを頂いたからである。





メリーチョコレート が、日本の
元祖「カワイイ」を定着させた
内藤ルネを起用して、限定で販売
したというチョコレートだそう。

残念ながら、ルネさんは故人だけれど、
今も色々なグッズとか、こんな感じで
企業とコラボレーションした商品に
お目にかかる事が出来る。



左はリーメント製、右のゴディバはバービー小物。


どの一粒をとっても、ルネっぽさを
感じさせる仕上がりで、食べるのが
勿体ない可愛らしさだよね〜。

人生はチョコレートの箱みたいな
ものである....
とは、映画フォレスト・ガンプの
台詞だったと思うけど。




ルネのチョコとの比較、ちいさい



箱に入ったチョコレートって、開けた
時の楽しみがたまらないですね。ほんと。

Happy Valentine's day!!



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

冷たい鋼に温かみを感じる、とは
おかしなものであるが、ブリキの
玩具にはそういった趣
がある。





わたしの幼少期は、どちらかといえば
プラスティック製品が跋扈する時代で
あったが、少なからずブリキ製品もまた
玩具として存在していた。


母親の趣味なのか、はたまたわたしが
好んでいたのか、プラスティック玩具
全盛期の子供時代にあって、わたしは
沢山のブリキのおもちゃに囲まれて
過ごしていた。

まあその様な幼少期を経ずとも、
ブリキ玩具にはノスタルジーを
感ずる....人が多いと思う。



この愛らしい「キッチンキャビネット」は、
怪獣ソフビでお馴染みのマルサン製。
1960年代頃の玩具かと思う。



ちょっとコワモテの女の子


パッケージがアメリカっぽいテイスト。
本体のキャビネットもモダンで、ドイツとか、
やっぱり異国を感じさせる。

(この方面の情報に疎いのですが、
輸出向けの商品だったのかも!?)

付属の食器類は、正にわたしが
幼少期に遊んでいたままごと達と
同じ性質の物。
(カラフルなプラスティックに
可愛い花等の絵付けが施されている)




天板にはレース模様が



引き戸のには、透明のプラ板(かな)が
はめられていて、ガラス扉の様に
なっているのだけれど、経年で
プラ板が縮んで、はずれています。
暇を見て、代用品に付け替えてみたい。




久しぶりに出してみたアイアイちゃん
*日本で1970年代にひっそり売られていたブライスのこと


子供のままごと遊び用サイズなので、
狭い我が家では、大きめのおもちゃに
分類されるこのキャビネット。
お人形ならブライスがぴったりでした。




ややハゲ気味の金髪嬢。でも気に入っていまーす。



まだまだ寒い日々が続いていますが、
ブリキのおもちゃでなんだか和んだ
冬の一日なのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。