sukekiyo 本格始動!






[ライブサポート予定]

2016年7月3日(日) [GOTCHAROCKA]
会場:新宿BLAZE
OPEN 16:30 / START 17:00
ADV¥4,000 (+1D)


2016年7月14日(木) [GOTCHAROCKA]
会場:名古屋E.L.L
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥4,000 (+1D) / DOOR¥4,500 (+1D)


2016年7月15日(金) [GOTCHAROCKA]
会場:金沢AZ
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV¥4,000 (+1D) / DOOR¥4,500 (+1D)


2016年9月18日(日) [AKIRA]
会場:「イナズマロック フェス 2016」風神ステージsupported by Eggs
OPEN 12:00 / START 14:00
ADV¥9,200 (FREE AREAは入場無料)


NEW!2016年11月8日(火) [セッション]
会場:荻窪RoosterNortheside
OPEN 19:15 / START 19:45
ADV¥3,600 (+1 ORDER)


NEW!2016年11月9日(水) [セッション]
会場:荻窪RoosterNortheside
OPEN 19:15 / START 19:45
ADV¥3,600 (+1 ORDER)


※LIVE詳細につきましては、各会場までお問い合わせください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
August 31, 2016 12:27:47

爽やかな朝。

テーマ:ブログ
8月も終わり。
今日で終わり。


でも夏が終わりってわけじゃないです。
まだまだ暑いです。
今朝は涼しくて若干、秋を感じたんですけどね。


台風も関東からは去って、カラッと爽やかな朝。



爽やかな朝はなんだか目覚めもスッキリです。
だもんで朝から曲作り。
{92F991DF-2342-44C7-839A-8725751537B1}


まったく爽やかな曲じゃないですが(笑)。
でも今日は不思議とサクサクと進んでます。


さあ完成まであと少し。
頑張るっす☆



裕地
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
YUCHI(ユチ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
August 30, 2016 09:14:52

2枚目、FAKE STAR

テーマ:ブログ
昨日、LUNA SEAの「STYLE」が初めて買ったアルバムだって書きましたが、
人生史上、自分が2枚目に買ったアルバムは黒夢の「FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜」だった。

{9A4EC2FC-BFBA-414D-9CE9-9830163DB68F}
Amazonより

当時初回盤をゲットできて、写真集が付いてきたりしたな。
ジャケットもカッコよくて。


このぐらいまではやっぱり覚えているもんだ。



このアルバムは黒夢のメジャー4枚目の作品で、
LUNA SEAの「STYLE」の2か月後にリリースされました。

黒夢に関しは僕は先行シングルの『ピストル』を買っていて、
これはその流れで買ったアルバム。


当時、黒夢はアルバムに先駆けて発売したシングルに関しても、アルバム用にマイナーチェンジを施して収録したり、
今作もメジャーデビューしてまだ2年しか経ってないのに4枚目のアルバムだったりで、
かなり製作意欲が高いバンド、っていうイメージでした。

しかもこのアルバムにはインスト含めて17曲も収録されていて、
当時の僕は子供なりにそのボリューム感に胸がワクワクしたのを覚えてます。


黒夢はLUNA SEAとほぼ同世代のバンドにも関わらず、メンバーが2人しかないなかったり、
サウンドや雰囲気も全然違っていて、かなり尖った印象でした。
ボーカルの清春さんのファッションやヘアスタイルも衝撃的でした。


LUNA SEAが徐々に少しずつ進化してゆくバンドだとすれば、
黒夢は短いスパンで激しく変化してゆくバンド、って言うと正しいのかな。

兎にも角にも、LUNA SEAとはまた違ったかっこよさを感じてました。
当時、中学1年生の僕は。



話をこのアルバム「FAKE STAR」に戻すと、
冒頭からかなりパンキッシュで攻撃的に飛ばしてた作品、っていう印象。

しかも『BEAMS』や『SEE YOU』だったりのヒットシングルも入ってて、
パンキッシュなんだけど聴きやすさもある、絶妙なバランスのアルバムでした。


比較ばっかりするのもなんだけど、LUNA SEAがバンドサウンドを中心にアレンジを構築しているのに対して、
黒夢は楽曲は激しいんだけど、ギターよりもシンセや打ち込みのサウンドを意欲的に盛り込んでいて、子供ながらに衝撃的でした。


あとから知ったけれど黒夢はもともとはギタリストを含めた3人バンドで、
2人になってから、ベースやシンセを全面に押し出したサウンドに変化したんですよね。
でも、とっても面白い変化。



「STYLE」に続いて、このアルバムにも僕は夢中になりました。

楽曲もとっても入りやすかったし、でも攻撃的なサウンドで、あとは単純に清春さんの声がすごく好きでした。
歌詞や雰囲気も含めて。
カリスマティックだったなあ。


あと当時、ボーカルとギターの2人組って結構いたけど、ボーカルとベースってバンドはいなかった。
なんか、そういうとこもカッコよく写りました。
僕がベースを選んだのもこういう部分からきてると思います。



大人になってから、ベーシストの人時さんと対談させて頂いたり、
リミックスで参加して頂いたりした時は感動したなあ。
まさか子供の頃はこんな風になるなんて想像もしていなかったから。


「FAKE STAR」。

未だにライブで演奏される楽曲も多く収録された名盤。
本当に何回も聴きました。

久々に聴いてみようと思います。



裕地
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
YUCHI(ユチ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
August 29, 2016 10:30:10

初めて買ったアルバム、STYLE

テーマ:ブログ
僕が初めて買ったアルバムって何だっただろうか。


先日、とある音楽誌のアンケートに答えていたらふと思った。
自分のルーツって何だったかって。



僕が初めて買ったアルバム。

そう、あれは中学生1年生の時。
LUNA SEAの「STYLE」だった。
LUNA SEA、5枚目のフルアルバム。

当時は、もう中学生なんだしCDぐらい買っとくかっていう生意気なお洒落心からなんとなく買ったんだと思います。


かと言って、CDアルバムは3,000円。
当時の僕の小遣いは確か、月に1,500円。

そう。
アルバム1枚買うのだって大金が必要でした。

2か月分の小遣いを使うのを我慢して、友達の遊びの誘いも断って、ようやく買える代物だったんです。


もう20年も前の話。
当時LUNA SEAは『DESIRE』『END OF SORROW』とシングルヒットを飛ばし、
満を持してニューアルバムをリリースした状況でした。

CDを大量に売り上げるアーティストは当時たくさんいましたが、中学生ながら、LUNA SEAはその中でも他のミュージシャンとは違った雰囲気で勝負しているように見えて、とてもかっこよく映っていました。
僕にはね。


僕の地元にCDを売っているお店がなかったので、隣町のレコード屋さんまでチャリンコかっ飛ばして買いに行きました。


いま思うと変だけど、初めてCDをレジまで持っていく時は緊張したなあ。

なんかね、自分のプライベートを店員さんにさらけ出してるみたいでとっても恥ずかしかった。
馬鹿だよね、店員さんからしたらそんなことどうでもいいことなのに。



そんなこんなでやっとこさ手にした人生初のCDアルバム、「STYLE」。


家に帰って母ちゃんにただいまも言う前に開封してラジカセにCDを入れて再生ボタンを押したのを覚えています。


今でも忘れない、1曲目の『WITH LOVE』。

楽曲の途中、アレンジの意図で大量のノイズが聴こえる箇所があるのですが、
自分の買ったCDがひょっとしたら不良品なんじゃないかと、一瞬焦りました。
こんな風に思ったの、僕だけじゃないんじゃないかな。



その後もアルバムの楽曲群は休むことなく流れていきましたが、正直なところ、当時の僕にはいまいちピンときませんでした。


先述したシングル曲の『DESIRE』や『END OF SORROW』はアルバム11曲中の8、9曲目。

そこに至るまでの楽曲はまだ音楽やロックを聴きなれていない当時の自分には少し難しく感じました。
歌詞もなんだか深くてなかなか中学生の思考の浅い脳ミソには理解に時間がかかるというか(笑)。


でも何度も何度も時間をかけて聴き返すうちに、
このアルバムが素晴らしい革新性、芸術性、そして衝動を秘めていることに気付きだしました。
中学生なりに(笑)。

聴けば聴くほどに深みを増す音楽、楽曲。
もう気付いた頃には僕は彼らの生み出したこのアルバムに心を鷲掴みにされていました。



朝起きてアルバムを聴いて、学校では頭の中でアルバムを鳴らして(笑)、
部活サボってアルバム聴いて、多分もうこの頃から自分はミュージシャンになるんだって漠然と思っちゃってたと思います。


このアルバムを買ったか買わなかったかで、
ひょっとしたら自分の人生変わってた可能性ありますね(笑)、本気で。





今でもこのアルバムは時折聴いています。
そしてその度に素晴らしい作品だって、未だに思います。

色褪せることないこの名作、きっと僕だけじゃなく数えきれない人がこのアルバムに夢中になったはず。





裕地
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
YUCHI(ユチ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>



Music Video - aftermath 2014.1.1 release

iTunes Store



RECENT WORKS


NEW!
2016.1.27 release

AKIRA 「X -Crossing-」

M5「CALLING」
ベースで参加

CD/SME Records/SECL-1838~40



2015.1.21 release

AKIRA 「キリエ・トロイメンの調べ」

M2「エスケイピズム」
ベースで参加

CD/SME Records/SECL-1628~30


2014.10.15 release

弾丸 NO LIMIT
「ブラック・ポジティブ」

M4「願うのなら」
プログラミングで参加

RIOC-006


2014.7.30 release

AKIRA 「蒼き月満ちて」

M2「CHECKMATE」
ベースで参加

CD/SME Records/SECL-1536~40


Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み