カールマーン・イムレ

テーマ:
カールマーン・イムレ(Kálmán Imre、1882年10月24日 - 1953年10月30日)は、ハンガリー出身のオーストリアの作曲家。ドイツ風にエメリヒ・カールマン(Emmerich Kalman)と名乗り、世界的にこの名で有名である。生涯ハンガリーのバラトン湖南部のシオーフォク(Siófok)にてユダヤ系の家庭に生れる。もともとは演奏会ピアニストとして立つ意向であったが、関節炎を患い、作曲に専念した(父親が破産したためとも言われる)。ブダペストのフランツ・リスト音楽アカデミーにてハンス・ケスラーに師事、バルトークとゾルタン・コダーイの同窓生となった。初期の交響詩は好評だったが、出版することはかなわなかった。しかしながらユーモラスなキャバレー・ソングの人気によって、オペレッタの作曲に進んだ。最初の成功したオペレッタ『愉快な騎兵』(Tatárjárás、独語名は Ein Herbstmanöver )は、1908年2月22日にブダペストにおいて初演された。その後ウィーンに移り、『チャールダーシュの女王』(Die Csárdásfürstin)や『伯爵令嬢マリツァ』(Gräfin Mariza)などの作品によって世界的な名声を収めた。カールマンはフランツ・レハールとともに、20世紀初頭における「ウィンナ・オペレッタ銀の時代」の指導的な作曲家と看做されている。カールマンは、ウィンナ・ワルツとハンガリーのチャールダーシュの融合により名声を馳せた。一方、カールマンはチャイコフスキーの管弦楽法を模範としているものの、ポリフォニーの構成や旋律法においては、プッチーニを理想とした。また、新時代の軽音楽としてのフォックス・トロットを採り入れ、ドラム・セットを用いたダンス・バンドに近い響きも試みている。第二次世界大戦中はナチス・ドイツの弾圧を避けてアメリカ合衆国に渡り、カリフォルニア州に定住し、1942年に市民権を得てアメリカに帰化。1949年にニューヨークを発ちパリに渡り、同地で他界した。主要作品一覧オペレッタ作品と、初演の年・場所『陽気な軽騎兵』(タタールヤーラーシュ) Tatárjárás - ブダペシュト - 1908 Ein Herbstmanöver - Vienna - 1909 (陽気な軽騎兵のドイツ語版)The Gay Hussars - ニューヨーク- 190

廃テニスボールでユニーク座布団作製 兵庫の女子大生、森田さん(産経新聞)
山崎さんシャトル、4月に=低気温で延期-NASA(時事通信)
朝日新聞に「阿含宗のイベント」 大手マスコミ「宗教広告」増加?(J-CASTニュース)
被告供述のTシャツから千葉大生のDNA型検出(読売新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行-検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
AD