小さなサロンのオーナー店長ワクワク奮闘日記 | 横浜 フットケア・巻き爪サロン

横浜で行列ができるフットケアサロン&スクールを経営しているオーナーセラピストの日々を綴っています



テーマ:

横浜 フットケア|巻き爪 サロン
足の専門店PEDI CARE 桜井祐子です。

 

2017年3月26日(日)〜 4月1日(土)まで、ドイツは、ベルリン、ハノーファー、そしてデュッセルドルフにフットケアの研修に行ってまいりました。

 

今回のドイツ研修の目的の一つでもあったフットケアにおける用語についてのリサーチ。

ポドローゲ ザイプト先生が講義の中で組み込んでくださったものに、付け加えてみたものをシェアさせていただきます。

 

ドイツでの基本器具

Der Mikromotor マイクロモーター

ドイツでは、マイクロモーター内蔵型マシーンが主流。

それには、下記2種類存在する。

 

1.    ドライバキューム式:

ハンドピースの中にマイクロモーターが内蔵されていて、粉塵がその中に入り込む。吸い込むものが大前提。4万回転まで行くものがある。

 

 

2.    スプレー式:

ハンドピースの中にマイクロモーターが内蔵されていて、スプレーが出るタイプと圧でコンプレッサーでやるタイプ(歯医者のような)。4万回転まで行くものがある。

*トビーネ:40万回転までMAXいくものもある。(角化がひどい方には有効)

 



全体のフットケアマーケットの中では、上記がある。
保険組合において、ドライでなければいけない、スプレーでなければいけないという法的な決まりや罰則があるわけではない。

(ホームセンターで買った器具を使ってはいけないなどはある)

 

用語について:

 

フースフレーゲ(独) フットケア(英)

 *フスフレーゲ ×

 

フースフレーゲ ゲレート(独) フットケア マシーン(英)

 *グラインダー(削るのみ。吸引もスプレーもないものをいう)

 

ハンドシュトゥック(独)ハンドピース(英) :マシーンの手で持つところ

 

フレーザー(独) ビット(英)

 *アタッチメント??

 

ポドローゲ(独)男性のメディカルフットケア施術者(国家資格保有者)

ポドローギン(独)女性のメディカルフットケア施術者(国家資格保有者)

 →医療フットケアのプロ。特に糖尿病足病変に特化したケアが保険扱いでできる。

 

フースフレーガー(独)男性のコスメティックフットケア施術者(民間資格者)

フースフレーガリン(独)女性のコスメティックフットケア施術者(民間資格者)

 

ドイツにおいても様々な呼称があるようでしたが、日本におけるフットケアでは、英語、ドイツ語、そして日本語が組み合わさった用語の使い方が散乱しているので、混乱を招きますね。 いつか統一できるようになったらいいなぁ。

 

フットケアの専門家
フットケアスペシャリスト
桜井祐子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。