堺市議会は23日、3人のうち2人空席になっている副市長の選任について、市財政局長の五嶋青也(ごとうせいや)氏(40)と、市総務局長の芳賀(はが)俊洋氏(59)の選任に同意した。就任は3月1日。昨年9月の市長選で初当選した竹山修身市長は、副市長に民間企業出身者を1人起用する方針だったが、人選が難航し、民間起用を断念した。

 五嶋氏は東京大法学部卒。旧自治省に入省、鳥取県米子市助役、総務省公営企業経営企画室理事官を経て現職。芳賀氏は神戸商科大(現・兵庫県立大)経済学部卒。堺市福祉推進部長、人事部長を歴任した。

 堺市では竹山市長が就任する前日の10月7日、3人の副市長が全員退任した。昨年の市議会では、田村恒一・元大阪府土木部長だけが同意され、副市長2人の空席が続いていた。【山田英之】

<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)
国母の東海大ひっそり「みなで応援したかった」(読売新聞)
「お家芸復活、素晴らしい」=メダル獲得で鳩山首相(時事通信)
上司の「退職」発言でうつ悪化=日通に330万円賠償命令-大阪地裁(時事通信)
未明の西武新宿線踏切事故、高校入試も遅らせる(読売新聞)
AD