シン・ゴジラ感想(ネタバレあり)

テーマ:
久々にブログを書こうかと思うくらいに、ここのところ映画「シン・ゴジラ」について考えてました。

まだ鑑賞一回ですが、自分なりの感想をまとめておこうかと。

非常に見応えがあり、エンターテイメント系作品としては傑作だと思います。
特に、バランス感覚が素晴らしかった。

作品全体としては、強い社会的メッセージを持っていると思います。

東日本大震災及び原発事故を経て、日本人が、核とどう向き合っていくかという事は、ゴジラという大破壊を伴う作品を扱う上で避けて通れません。

しかし家やビルが倒壊すればそれだけ人の命や生活が奪われる事を知ってしまった後では、大規模破壊場面を純粋にエンタメで楽しむ事はできない。これは、ハリウッド版ゴジラを観た時にも感じました。ならば、興味本位や映画的興奮の為だけに破壊シーンを描くのではなく、心の痛みや恐怖を感じるだけの意義を持たせなければならない。この作品を作るにあたって、そこは覚悟したのだと思います。

ただ、余りに社会派に振り過ぎても、興行的に大きな意味を持つ夏の大作としては敷居が高くなる。ゴジラ映画でやる意味も薄れる。あくまでもエンターテイメント系枠として、多くの人に最後まで観ていただき、そのうえで、考えてもらいたいからこそ、いわゆる映画的快楽や、特撮ファンが興奮する場面も用意した(スタッフも“折角のゴジラなんだから”という気持ちはあったと思う)。この辺りがこの作品の評価を多様にする要素かな。

でも、言いたかったのはやはり、日本は核にNOと言うべきというか、日本人は言っていいという事ではないかと。世界で唯一核爆弾を二発も都市に落とされた国として、核の恐ろしさ、残虐性、その後の痛みを肌身で知っているはずの日本。にも関わらず核を甘く見て失敗を繰り返した。それだけに罪深い。ゴジラの業火が首都を焼いたのはそれ故ではないか。

核の落とし子の怒りを鎮めるのは、核の火ではなく、無人の機械でもなく、最後は人の智慧と理解によって用意された凝固剤と、命をかけて最前線に立つ人間達。実に地味で厳粛な作業。

人間はひとたび暴走すれば手に負えない、核という物を手にした。その怒りを放たせず、葬り続ける事が、いかに危うく険しい道か。ラストカットの言いようの無い不安は、それを表している。

それでも、その険しい道を行くと、日本人は堂々と世界に言う権利と使命を負っているのではないかという強いメッセージを、この作品は発しているのではと思います。

で、最初に戻りますが、すごいのはバランスです。これだけ特撮趣味全開演出の場面をやりながら、エンタメ界が諸々忖度し躊躇してきた強い社会的メッセージを発する事を両立させ、興行的にも成功するという業をやってのけたこの作品。

「やられたーッ」って感じです。ゴジラというコンテンツの力もあるので、何にでも当てはまる訳ではないけど、
取材、配役、製作に、そして趣味的コダワリにも出来るだけ妥協を少なくする事で、荒唐無稽な題材も社会とリンク出来、多くの人に何かを伝える作品が、邦画で製作出来るって事を証明した意義も大きいと思います。

しかし、何度も何度も聴いたゴジラのテーマが、エンドタイトルとしてあんなにも胸に突き刺さるとは…

長々と失礼いたしました。
AD

きついな

テーマ:

松来未祐さん


きついなぁ…


勝手なイメージだけど


不幸が似合わないんだよ


美味しいもの食べてる時の


あの幸せそうな顔


また見たかった


あまりにもあっという間で


心がかき乱される


安らかに


って言えないなぁ、まだ


でもとっくに逝っちゃったんだよね


ただ手を合わす事しかできません


ちくしょう!


ご冥福をお祈り申し上げます


でも旨そうなもの見つけたら


食べにきて





AD

サンダーバード ARE GO !!

テーマ:

大変ご無沙汰しております。

Twitterはじめたら

つい、そっち中心になって


さて、盛夏!…本当に

残暑お見舞い申し上げます

そんな暑い夏に

50年ぶりに

熱い想いを込めてはじまる


新番組「サンダーバード ARE GO」!


天才エンジニア ブレインズ役です!

この仕事してて

子供の頃熱狂した番組に関わって

夢を届ける側に回ることほど

嬉しいことはありません

僕は再放送・再ブーム世代ですが

プラモデル作ったりしましたよ~

2号はみんな大好きですが

僕のお気に入りは1号!

今回人形劇からCGに進化しましたが

メカ、人物ともオリジナルを大事に

作りあげています

背景や、救助シーンは

ミニチュアセットでも撮影する凝りよう

サンダーバードを愛するスタッフが

製作しています!

ビッグタイトルに緊張しますが

吹き替え陣も全力で取り組んでます

どうぞよろしくお願いいたします❗

いよいよ明日、明後日

1話、2話連続放送

NHK総合テレビで18時10分からです!






AD

攻殻機動隊 新劇場版 試写会

テーマ:

昨日開催された

「攻殻機動隊 新劇場版」

完成披露試写会

御来場くださいました皆さん

誠にありがとうございました~。


私も朝に出来立ての攻殻新劇を

試写室で見せていただいて

色々な思いで胸がいっぱいに

なりました。

壇上でも申しましたが

この作品を新たな形で製作する事は

スタッフ、キャスト一人一人

大変な光栄であると同時に

常に重圧との闘いだったと思います

質も人気も非常に高い前作品群

新作で何をどうやっても

批判されるのではと

心のどこかで引っ掛かりながら

作中のキャラクター達と

同じように

ぶつかり、悩み、挫折し

また挑戦

その作業の繰り返しが

ついに一つの作品となって

実を結びました

新生9課誕生の瞬間は

この作品に関わった全てのひとが

真のチームとなった瞬間



と同時にARISEからの卒業のとき

様々な空を海を地をさまよい

たどり着いた一つの到達点

それがこの新劇場版です



あと10日で出動

より多くの方々の心に届く

作品となりますように









シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

テーマ:

明日6月3日リリースの

「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」

共同監督・共同脚本・共同主演?の

タイカ・ワイティティ演じる

ヴィアゴの吹替をしております

トロント国際映画祭

メルボルン国際映画祭  等数々の映画祭で

「観客賞」を総なめにしたという

超オモロイホラーコメディです


ドキュメンタリータッチで撮影されていて

編集とか わざと雑にしてあるので

吹替収録の手間は大変でしたが

ま~真面目な顔して

ドアホなことばっかりやってるので

本番中笑いをこらえるのが必死

ニュージーランド映画ってことで

独特のローカル感も手伝って

とっても面白い映画です

僕らもその雰囲気を大事にしましたが

仕上がりが楽しみです

みんなでツッコミ入れながら

見てください♪

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア公式