もっと自分をたいせつに生きられるようになるメンタルホスピタリティ・カウンセリング

いつも自分よりも他人(ひと)のこと、会社や仕事、家族を大事にする方々が、自分のこともたいせつにし、もっと気持ちが軽く生きられるようになるサポートをしています。
また、コーチ・カウンセラー・セラピストなど、人を支援する方々自身の心の癒やし・ケアをしています。


テーマ:

今日の内容は、

 

・研修講師

・セミナー講師

・士業を含むコンサルタント

 

の方々と共有することだと思います。

 

 

今は土・日に関係無く、

1週間の内 4~5日は研修登壇する日が

ずっと続いています。

 

研修講師を始めて2年ぐらい経ちますが、

始めてからいきなり、ずっとそんな感じです。

 

感覚的には「ほぼ毎日登壇」で、

しかも私の場合は、

 

・毎日の登壇時間は半日~まる一日、

 まるまる 2日間のプログラムも多い。

 

・登壇先により毎日テーマも内容も違う。

 

・同じテーマに見えても、レベル感や

 求められていることは研修先によって

 全く異なる。

 

という状況の毎日です。

 

 

そして、研修の登壇時間だけではなく、

 

・研修会社によっては集合時間のルールが

 開始の1時間前。

 

・現地への交通アクセス手段も時間もかなり

 限られている。

 

・登壇の1回ごとに、それなりの分量の

 報告書の提出が義務付けられている。

 

等、報酬の対象外で自分の時間と労力を

取られることが目に見えない部分で

ものすごくあります。

 

 

これは講師や会社にも拠るんでしょうが、

その他にも、無報酬(=講師料に含むという

建前になっている)で

 

・事前の打ち合わせ

 

・研修会社の営業同行依頼

 

・振り返りへの同行依頼

 

等々があります。

 

カウンセリングやコンサルティングは

その日や時間の合間を縫って

対応させていただいています。

 

 

そんな中で、これは、

 

”自分の意識としてそうしている”

 

というよりは、

 

”自然にそうなってしまっている”

 

という感が強いのですが、

 

 

どんなに人前で話すことに慣れても

準備に手を抜くことだけは絶対にできない、

そして、

絶対にしない

 

 

ということです。

 

 

私は、元々の根っこが、

 

研修講師、セミナー講師

 

と言うよりは、

 

ファシリテーター

 

です。

 

 

 

なので、実際のところは

どんなに準備を入念にしていっても、

 

「みなさん、おはようございます!」

 

と言った瞬間、

 

準備したことを全てを捨てています。

 

全て手放します。

 

 

自分が準備した通りに進めようとすることは、

自分がこちらの意志で場をコントロールしようと

していることになると思っているからです。

 

場の意志に合わせて進めて行くのが

ファシリテーター。

 

だから、自分が入念にして来た準備は、

参加者の前に立った瞬間

全てを捨てて、

場の意志に合わせて行きます。

 

 

でもそれができるのはなぜか?

 

それは、

 

入念に準備していく

 

準備には決して手を抜かない

 

からです。

 

 

矛盾しているようですが、

 

入念に準備していくから

全て手放せる

 

んです。

 

 

 

そしてもう1つ。

 

 

もともと人前で話すのが苦手で、

 

誰も全く信じてくれませんが、

実は今でも極度の人見知りで(ホントです!)、

 

初めての登壇先には毎日ビクビク

しながら伺っている私ですが、

 

そんな私でも、人前で話すことに

少しずつ慣れて来ました。

 

 

でも、

 

話すことに慣れてきた

 

ことと、

 

準備の手を抜くことは全くの別問題

 

だと思ってます。

 

 

だって、

参加者の方々やお客様にとっては

初めてのことで、

一期一会のことも多いから。

 

 

こちらが人前で話すのに

慣れてる・慣れてないとか、

 

いつも同じ事話してるとか

初めての話とか

 

そんなのは来てくださる

参加者やお客様にとっては

全く関係の無いこと。

 

 

人前で話すことに慣れてる

とか、

 

自分のプレゼンテーションスキルで

どうにでもできる、

なんてもし自分が思ったら、

 

その時の自分は

 

完全な驕り・傲慢

 

の中にいると思っています。

 

 

まあ、周りのたくさんの方々、

特にコンサルタントの方々や

この道の大先輩方からは、

 

特に「報酬額に比して」という視点からに

なるのですが、

 

「準備に時間をかけすぎ!」

 

とはしょっちゅう言われています。

 

 

でも、私はやっぱり不器用なんだな~。

 

 

あるいは、生来の「人見知り」気質が

抜けてないため、コワいんだと思います。

 

しっかり準備していかないと。

 

自分の”その場の対応力”を

自分で信じられてないのかもしれません(汗)。

 

 

でも一方で、

 

自分なりの「講師」「コンサルタント」としての

そんなポリシー

 

というか、

 

実現したいお客様への譲れない想い

 

で突き動かされている自分がいます。

 

 

なんだ、ホテル時代と全く同じじゃん・・・(笑)。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やろう、やろうと思っていつつ・・・

 

いつか決めなければならないとは

わかってるんだけど・・・

 

このままでいいはずはないと

自分でも思ってるんだけど・・・

 

 

 

先延ばしにしていることは

ありますか?

 

決断をしないで来てしまっている

ことはあるでしょうか。

 

決めないでいることで逆に

楽な状態になってしまっている

ことはないでしょうか。

 

 

そんな自分になってないか

ちょっとふり返ってみるのも

良いかもしれません。

 

 

もし

 

ホントはイヤなのに

 

ホントは苦しいのに

 

ホントは自分を変えたいのに

 

 

とりあえず生活できてる今を変えて

何か努力しなければならないのは

それまたイヤ

 

 

今を変えるために何かして

周りの人たちからいろいろ

言われるのはイヤ

 

 

何をどうすれば良いかわからないから

それが見えるようになるまでは

今を変えるのはイヤ

 

 

 

そんなふうに思い続けて来たとしたら

多分、

ずっとこのままの可能性が高いでしょう。

 

 

だって、

内心は

変わる気がないから。

 

変えたくないから。

 

変わりたくないから。

 

 

 

それは人間の脳が持つ

危機回避機能がそうしてるのかも

しれません。

 

 

あるいは

”不安の先取り”をして

自分で自分に呪縛をかけているのかも

しれません。

 

 

 

でも、

もし、

 

本当に自分を変えたいんだと

心の片隅のどこかで思っていることが

あったとしたら、

 

今はこれだけ、

この1つだけ覚えていてください。

 

 

あなたには

自分を変えられる素晴らしい力が

内在している

 

 

ということを。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人のことが嫌いだったり、

 

そんな気持ち、本当は持ちたくなんかないのに、

でも、恨んだり憎む気持ちが出て来てしまう。

 

今までずっと、

今までさんざん、

 

苦しめられてきたり、

悲しまされてきたり、

裏切られたりしてきたから。

 

 

だから、

 

いつも恨んでた。

いつも憎らしく思ってた。

どうしても許せない気持ちでいた。

 

 

そんなこともあるかもしれません。

 

苦しかったでしょう。

 

人に言えない思いを抱えて来たり、

ひどい仕打ちを受けて来たかたも

いらっしゃるでしょう。

 

 

でも、少しずつ少しずつ、

ゆっくりでいいから、

前に歩み出してもらいたいと願っています。

 

力になれることであれば、

微力かもしれないけど、

微力だろうけど、

力になるから。

 

 

こんなふうに言う理由もあるんです。

 

 

気をつけていないと人は、

 

人を憎んだり恨んだりする気持ちが

自分でも気づかない内にいつしか、

 

「自分自身を恨んでる」

 

ことになってたりするから。

 

 

人を憎んだり恨んだり嫌ってる気持ちが、

 

「自分を憎んでる」

 

こともあったりするんです。

 

 

嫌な状況を思うように変えられない自分。

 

苦しめた相手へのネガティブな感情を

手放せないでいる自分。

 

いつまでも振り回されているように

感じる自分。

 

 

”無力感”からでしょうか。

 

そんな自分自身に対しての強い嫌悪感に

とらわれてしまってたりします。

 

 

本来はとってもステキなあなたが。

 

本来は今の状況にとどまっているどころでは

ないあなたが。

 

本来は幸せを振りまいているはずのあなたが。

 

 

だから、ちょっとだけでいいんです。

 

 

今の自分はどんな状態か、

振り返れたら振り返ってみてください。

 

 

あなた自身を

自分で恨んだり憎んだりしてないか。

 

 

もしそんな自分がいたら、

ちょっとでいいので

あなた自身に優しい目を

向けてみてください。

 

「そんな必要はないんだよ」って、

あなた自身に言ってさしあげてください。

 

 

きっと、心の奥にいる本当のあなたは、

それを受け取ってくれるから。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人からいろいろ言われることって、

いろいろありますよね。

 

直接的にしろ、間接的にしろ、いろいろ。

 

いいことだったら良いのですが、

残念ながら、

いいことばかりではないこともあります。

 

 

「あなたは ~~ だから」

 

「あなたは ~~ な人よね」

 

「だからあなたは ~~ なんだよ」

 

といった言われ方、ありませんか?

 

 

 

なかには、(タチのわるいことに)

 

「あなたのためだから」

 

と、どこか懐かしいテレビCM感のある言葉で、

 

表向きは善意の言葉で、

でも善意の押し付けと、

 

それによって、

あなたを自分の意に従わせようと

コントロールしようとしてくる人もいるでしょう。

 

 

私が、企業研修やセミナーの場でも、

 

カウンセラーやコーチ、コンサルタントの方々にも

 

注意を促してお伝えしていることがあります。

 

 

人と接する際のこちら側の姿勢

「3大NG」と言えるものです。

 

1.思い込み

2.決めつけ

3.レッテル貼り

 

この3つです。

 

この力は強烈です。

 

 

組織や会社の中の「大人のいじめ」は、

こんなことから起きて来るような気がしています。

 

 

 

何の話してたんでしたっけ・・・(汗)。

 

 

 

あ、そうだ、要は、

 

人はいろんなことを言い、

 

人はいろんなこと言って、

あなたを自分に従わせようとしたり、

 

自分が安心を得るために

人をコントロールしようとすることもあります。

 

 

でも、問題はここからなんです。

 

人はあなたにいろんなこと言ったりしますが、

認識しておくべき点が1つあります。それは・・・、

 

 

人は、あなたに対して、

 

言いたいことを言いっぱなし

 

です。

 

 

人は、

 

あなたに対して言ったことに責任を持たない

 

のです。

 

 

人はあなたに、

 

その時の気分や自分の状態に基づいて言う

 

ことも多いです。

 

 

そして、

 

あなたに対して言ったことをあまり覚えてない

 

ということも多々あります。

 

 

人は勝手なことを言ったりします。

 

 

 

それなのに・・・

 

言われたあなたは

その言葉に引きずられていることがあります。

 

 

人から言われた言葉で

あなたが輝くことに自分でブレーキをかけている

こともあります。

 

 

人の言葉によって

セルフイメージを不当なまでに下げている

こともあります。自分で。

 

 

人の言葉を気にして

自分を非難していることさえあります。

 

 

 

でも、忘れないでいてください。

 

人があなたに対して言った言葉に、

 

必要以上にあなたに力を持たせることはないんです。

 

あなたが自分で。

 

 

 

だって、相手の人は覚えてなかったり、

 

それゆえに、その時の気分で

 

あなたに言うことも、ころっころと変わったりもするし。

 

 

あなたがセルフイメージや、

 

自分がどうしたいか

 

自分はどうありたいか

 

を決めるのは、

 

 

あなた自身の言葉によってのみ

 

 

です。

 

 

あなたがどういう人か

 

あなたはどうあるべきか

 

あなたは何をするか

 

 

それは、

 

あなた自身が

 

あなた自身の言葉で

 

あなたの気持ちで決めてください。

 

 

あなたが自分で決めていいんです。

 

 

その他の声は、”参考情報”だと

思っててください。

 

 

そして、いつもうまくいく、とか

 

うまくいかない、とかではなく、

 

 

あなた自身から先ず、幸せになってください。

 

あなたはあなたの言葉によって生きてください。

 

あなたに人が言った言葉に対して、

必要以上に

あなたの中で力を持たせないでください。

 

 

あなたの言葉こそが

自分自身に対して最も力を持ちます。

 

 


あ、そうだ、もう一つ書いておかないと。

 

 

あなたは、他の人たちがいろいろ言う、

 

そんな次元を遥かに超えて

 

素晴らしい人、ステキな人です♪。

 

あなたらしく輝いてて。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

つらかった過去があるかもしれません。

 

パートナーシップや人間関係が

うまく行かなかった過去があるかもしれません。

 

もしかしたら今も過去の苦しみや悲しみから

抜け出せないでいる人もいるかもしれません。

 

 

 

言えることが1つあります。

 

 

 

どんなに辛い過去や経験があったとしても

 

どんなに繰り返しているように思ったとしても

 

どんなに今も苦しかったとしても

 

 

あなたの過去は未来と同じではない

 

 

ということ。

 

 

言い換えると

当たり前のようなんですが、

 

 

過去の出来事は過去の出来事

 

 

であって

 

 

「あなたの未来に起こること」を

意味しているのではない

 

あなたは違う未来を選ぶことができる

 

 

ということ。そして、

 

 

 

あなたが「今」を変えることによって

 

未来を変えていくことができる

 

 

ということ。

 

 

 

当たり前すぎることでしょうか。

 

そうかもしれません。

 

当たり前すぎる話だと思います。

 

 

 

でも、気をつけていないと

無意識の内に

 

「同じことを繰り返す」ように

思ってしまっていることがあります。

 

 

 

「どうせまた ~~ になる」

 

「どうせまたうまくいかない」

 

「私はいつも ~~ だ」

 

って、過去の呪縛を未来にかけてしまう。

 

 

 

違うんです。

 

 

 

過去の出来事や経験は、

あなたにとっては「たいせつな学び」。

 

でも、あなたの過去自体に

あなたの今や未来を決める力はありません。

 

あるように思えるとするとそれは

与えてしまっているだけ。

 

 

唯一

あなたの未来に力を持ち得るのは

方向を与え得るのは

 

あなたが何を想うか

 

だけ。

 

 

 

過去を引きずってしまうことは

あるかもしれません。

 

そしたら

それはそれでもいいでしょう。

 

 

でも

引きずりながらでも

 

 

「私はこうしたい」

 

「私はこうなりたい」

 

「私はこうありたい」

 

は考えられるし、選べると思います。

 

 

ちょっとの勇気で。

 

 

その勇気を支えてくれる存在が必要なら

 

あなたのそばにもきっと

そんな人はいると思います。

 

あなたの道を

導いてくれる人はいると思います。

 

 

 

だから

まずは一歩。

 

 

みなさまを

心から応援しています。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)