現役スポーツアナウンサーから学ぶ、京都・大阪で受講できるアナウンススクール 

野球・サッカーの実況歴は各700試合以上、競馬実況数は10000レースを超えています。数多くのシビアな現場を経験してきた現役アナが「喋るスキル」を通して、貴方の才能をアッという間にパワーアップします!


セミナーの感想はこちら



好評開講中!

「現役スポーツアナウンサー直伝!本番に強くなるアナウンス講座!」

1回体験受講 ¥14000相当⇒¥8640円
受講生の声は
こちら
毎週木曜日 午後6:45~8:45
京阪・地下鉄 天満橋 徒歩2分

*その他の曜日、時間帯も相談に応じます  阪急・地下鉄 四条烏丸


アナウンス講座の受講生の声はこちら



好評、コミュニケーショントレーニング!

現役の放送タレント、司会者、講師、ライターさんが、

コンサルで話し方をバージョンアップし、成果を出しています!


「コミュニケーション力をつけて、あなたの人生を確変しよう!」


今ならアナ講座のテキスト(全60ページ)を希望者にプレゼント!
120分 ¥21000で受付中ビックリマーク(複数割引あり)

阪急・地下鉄 四条烏丸 徒歩2分
予約・お申し込みは
こちらのフォーム

$声を磨けば、ココロがピカピカになる !あなたの声は伝わっていますか?-QRコード

※携帯からもアクセス↑





テーマ:
木曜日は大学の講義からのアナウンス講座でした。

今年から新たな競技を仕事として始めた3人が受講してくれました。

新しく取り組み始めた仕事に集中するのも大切ですが、そろそろ夏に向けての準備も必要になりました。

この内の一人は一昨年、二人は昨年、デビューした高校野球地方大会。

{E688484B-9E96-4187-9A99-45B1762E4916:01}

近年は各地のケーブルテレビが積極的に中継を行うため、この時期はスポーツアナウンサーの繁茂期です!

僕たちにとっても、まさにボーナスシーズン(笑)


ただ暑い最中、老体に鞭打って各地へ飛び回るわけにはいきません。

一人でも多くの若手に活躍してもらいたい時期でもあります!


それぞれが昨年の反省を踏まえ、新たな競技で学んだことも加味しながらレベルアップした実況を披露して欲しいものです(^o^)

新事務所も無事にネット環境なども整いました。

この日はテレビ中継を観ながら実況練習をしました。

{22709A07-311A-4B57-862F-D47A36EF3436:01}

この日、テーマにしたのは「少しでも細かい描写をする」!

「打ちました、ファール!」ではなく、「打ちました、三塁線左に切れたゴロのファール!」

「センターフライ、センター捕ってアウト!」ではなく「センターフライ.センター寺西、少し後ろに下がって構えて捕りました、シングルハンドキャッチ」

少しでも細かく詳しく描写をするクセをつける。

練習から最低限の描写しかしないようでは本番で良い描写、実況はできません。

なぜ、細かい描写が必要か?

一つは、細かい描写をするためには詳しくプレーを追う必要があり、野手の細かいプレーに気づくからです。

その細かいプレーに気づくと、突っ込んだ取材活動ができたり、解説車に深い質問ができます。

また、細かい描写をしようという意欲がボキャブラリーを増やします。

ウチの講座では「見る、聞く、感じる」感覚を養い、言語表現できるためにか「感覚トーク」をします。

細かい描写は「見えたこと」「聞こえる音」「身体で感じること」を自分の感覚を総動員して言語化するものです!

この能力はスポーツアナウンサーとして絶対的に身につけたいものです!

そして、もう一つは「本番で余裕を持つため」です。

放送は、ただ実況するだけではなく、様々な約束事があります。

映像を流す段取り、映す段取り、進行の段取り、解説者とのやり取り、お知らせ原稿、応援メール募集原稿、などなど。

放送局によって多岐に渡ります。

目の前の実況だけに集中できるわけではありません。

もちろん、中継中にディレクターからの指示も入ってきて、その対応も必要です。

描写にいっばいいっばいでは、その他の放送の約束事が疎かになりかねません。

したがって、片手間とは言いませんが、頭に余白を残して、その部分で対応する必要があるわけです。

余白を残した描写!


これを身につけるためには、普段の練習は描写に負荷をかける方がいいと思うのです。

{7533A9C6-6EA9-4149-93DB-688B2E04C50F:01}

久しぶりでしたから、野球の描写を思い出すのに苦労したでしょう!

これから夏に向け、ピッチを上げていって欲しいものです(^O^)


我こそは!と思う方はウチの講座門を叩いてください!厳しく指導します(笑)


以上、スポーツアナウンサー寺西裕一でした。

<A href="http://yousay-planning.com/">ユウセイスポーツアナウンス講座オフィシャルサイトはこちら</A>

いいね!(9)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)