過日行った
この日は再訪。


先日はツケメンだったので、今回は普通のラーメンを。
(寒くなってきたしね!)


相変らず小奇麗な店内。
カウンター席は10席ほどしかなく、
ちょっと団体?さんが来るとすぐ満員だ。


新しい店だけに、お客がワタシだけだと不安になるけど、
この日は満席になってたので、一安心。余計なお世話か。

しかし毎回、店内のBGMが世紀魔Ⅱなのはどうなんだ?(笑


デーモン閣下の歌声を聞きながら、


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ-D1000379.jpg

「クロガツオソバ」
いただきました。(この日も温野菜トッピング)

麺は中盛りで。(大盛りまで無料なのだ)


うーん、魚介の味ガッツリ!やはりちょいと塩分が強いかな?
しかし魚介系好きな人にはお勧めです。
そうでない人はやめといたほうがよい。

それだけハッキリしたカツオテイストなのでした。



次回は
「ラーメン厨房 麺バカ息子 徹」  さんに行ってみようと思う。

しかし強烈な店名だね(笑


AD

トミーボーリン tribute

テーマ:
12/4(もう昨日か)はかのJAMES GANG~DEEP PURPLEのギタリストだった

トミー・ボーリンの命日。(知りませんでした^^;)

非常に洗練されたセンスのギタリストで、ジェフベックよりも早い時期に
フュージョンロック的なクロスオーバーな音楽性を持っていたのですが、
ドラッグのオーバードーズで他界してしまった悲運のギタリスト。
(多額の保険金をかけられていたとか、オーバードーズに見せかけられたとか
まだ謎があるのだが。。)

私が初めて彼を知ったのは勿論DEEP PURPLEの「COME TASTE THE BAND」
なのだけど、実は好きなアルバムなのです。

リッチーブラックモアが脱退した後唯一(今のDPは別として)製作された
アルバムだけに、賛否両論の作品なのだけど、私は好き。
だってカッコいいんだもん。

よく言われるのが、「ボーリンは下手」「ブラックモアほどの技術がない」
と失笑してしまうようなもの。これは保守的なファンの言いがかりと
腕が動かず(打ちすぎ!?)ステージに上がった際の音源
「LAST LIVE IN JAPAN」による風評によるもの。

ボーリン、実際は名手中の名手です。
まあ今更私が言うまでもありませんが。

丁度そのCOME TASTE THE BANDアルバム、リマスター再発になったばかりで、
なんとケヴィンシャーリーによるリミックスCDがついてくるという。
これは聴いてみたい!!



て検索したら↑がヒット。これだ!
引っ込んでいたボーリンのギターもかなり上げられてる。
ここでもトレードマークのランピッキング多用してるし、カッコいい!

っておもったら唐突に終わる展開^^;わざとなの?ケヴィンさん??

この時期のパープル、HR、ファンク、ブルーズ、R&Bが混在した音で
非常に興味深い音楽性。なにせDRのイアンペイスのグルーヴ感ったら。

もう少し続けていたら、と思わざるを得ないけど、仕方ない。

早速、このアルバムを入手してボーリンの音に浸るとしよう。

Come Taste the Band/Deep Purple

¥2,893
Amazon.co.jp

AD

アイスバイン完成!

テーマ:

過日、ピックル液(塩・砂糖・ローリエ)に漬け込んで
冷蔵庫に放置した豚肉。

6日経過したし、そろそろ。。


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


やっちまうか! (笑


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

デーン。少し血が沁みだしてる。

なんだか標本みたいだ。




yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

ピックル液から恐る恐る取り出して、よーく洗う。
これまたローリエの良い香りで熟成している。。いい感じ!?



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


鍋に水をはって(まだ火はかけない)漬け込んでた中にいれてた
ローリエを一枚投入。
彼にはもうひと頑張りしてもらおう。
香料代わりに長ネギの青いとこもいれちゃう。



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


せっかくなので、玉ねぎもゴロッと入れちゃおう。
茹で汁が勿体ないので、この時点でポトフ風にしちゃおうと決断。




yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


まずニンジンを入れてひと煮立ち。
沸騰するまでは強火で、沸騰してきたらすぐ弱火にしてコトコト。
味は様子を見ながら、塩、コショウ、コンソメで整える。


灰汁が出たらひたすら取る。モモ肉じゃなく、肩ロースにしたせいか、
脂が半端じゃなく出てくるので、これも取っていこう。
じゃないと表面に油膜張っちゃうほどなのだ(汗


3時間くらい煮るように、とかレシピには書いてあったけど、
実際はそんなにしなくてもよいと思う。。





yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


さて、だんだんいい感じに煮えてきたので、
今度は白菜、ジャガイモ投入。

なんだかトン汁みたいになってきたなあ^^;;;
(実際具材はトン汁と同じだ)



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


結局煮込むこと二時間強!完成てことにしちゃおう。
ジャガイモはすっかり煮崩れしてしまった。。
もう少し後に入れれば良かったのか。


煮えた豚肉を先に取り出して、スライスする。


ヤバイ、やわらかくて上手く切れないほど!成功の予感。


どれ、ひと切れ味見。


美味い…旨い!
自画自賛したくなるのは、時間かけてるせいもあるんだろうな。


適当な皿がなく、ちょいとしょぼく見えるが(苦笑


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

アイスバイン完成!!




yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

茹で汁を利用したポトフの上にのせて、粒マスタードと。

う~ん、美味しい。。。ビールがすすむ~




それにしても、ほのかに主張するローリエの香り。


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


こんなたった一枚の葉っぱなのに、なかなか存在感のある奴だ。立派!

私的には、生ハムより満足度高かったアイスバインなのでした。

ホントに簡単なので、是非お試しください!



いつもいろいろ料理を楽しませてくれる豚肉さんに、




yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

敬礼!!


AD

隠遁生活中のワタシ(笑)唯一の楽しみは食事。。。


なわけで、地元鶴見・川崎周辺で再発見しよう、てな具合に

お店巡りをするのだ。


今日は食べログ(便利だよね)で見た、


「クロガツオツケメン クロガツオソバMAX BET」



に行ってみる事に。


確かに最近は魚介系ラーメンが多いけど、店名に


クロガツオ


なんて謳うのはこの店だけだろう(笑


お店を探す。。ああここのマンションの1Fなのか。(国道15号から少し入ったとこ)



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


支配的鰹 …て^^;;; 


飲食店が数店舗並ぶ場所なんだけど、この店はのぼりの類を出していない。

通りすがりに見てもラーメン店と気づかないかも。


せっかく液晶ディスプレイを使った個性的なエントランスなのに、惜しい!



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


で、このディスプレイをみてるとこんな感じで表示が変わっていく。

(このフォントと色使い、絶対エヴァンゲリオン好きだろ、店主。。)


なるほど、麺の量が無料で増やせる(BET?)わけね。


初めてなので、2BET 250gにしてみよう。



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

最近?オープンしたようで、非常に綺麗な店内。

「きたなシュラン」には出れそうもないな^^


カウンターと、厨房を隔てるものがないので、非常にオープン。

調理している場面、トッピングの場面もつまびらかに。

(ちょっと落ち着かないと感じる人もいるかもね)



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


さて、クロガツオツケメン2BET + 温野菜(¥50)


いただきます!


その名のとおり、カツオ味全開のつけ汁!!まさに支配的鰹だ(笑


つけ汁は粘度が高く、麺に良くからみつくので食べやすい。

店主さんがいろいろなつけ麺を食べて研究したであろう事が、つぶさに感じられる味。


ちょっと味が濃いかな、という気もするが、つけ麺という性質上OKとしましょう。


そうそう、きれいにお皿に盛られた温野菜を、粘度の高いつけ汁にいれてたべると



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


なんとなくバーニャカウダ的な食べ方もできる。

支配的カツオ味だけどね^^;



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ

なるほど、ドロッとした食感は野菜由来なのか。



あっというまに感食。


次行ったらクロガツオソバを食べてみようかな。



食べログは↓

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1402/A140210/14037739/

10年以上前かな?中学の同級生と久々に会ったときに

ラーメンの話になって、どこが美味しい、なんて話題になった。


そのときに、「アホーメンて川崎にあるんだけど…」なんて友人が言っていた。


なにアホーって?!なんて話で盛り上がったのだけど、なかなか行く機会もなく。


川崎区にある「萬楽」てお店だって事は知っていたのだけど、

いつか行こう、なんて思ってはや10年。


いつか、なんて絶対に来ないんですよ。

いつか=今!にしないと!!


なんてラーメン食べるのに意気込んで、

他にやる事あるだろ、ってツッコミは無しの方向で。



なわけで、思い立ったが吉日、早速店へと足を運ぶのだ。


アホーメンの正体とは一体…





yoshi様の気ままなる日々@アメブロ-道下







yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


いきなりネタバレ!(泣


まあ要はニンニクラーメンて事ですな。。。



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


気を取り直して、突入!!


結構普通の中華料理店、て雰囲気。

座敷もあるし、家族や団体さんOK的な、下町の雰囲気。


決してスペインかぶれではない。


さて、当然頼むのは

アホーメン。


友人も絶賛してたのを思い出す。


昼時なので、結構混んでくる。

近くで道路工事をやってるので、その作業員達も押しかける。

極めて庶民的な店でなんかいいな。


待つこと数分。



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


きました、アホーメン!!


正直、予備知識でどんな雰囲気かは知っていたものの、


ニンニク半端ないです^^;;;


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


いきなり遭遇。


これ、人と接する仕事の方は食べるの覚悟した方がいい。

もうね、ニンニク一株入ってますよ、多分。




yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


麺は割りと太め。家系ラーメンの麺を想像してくれればOK。


具は、玉ねぎ、ニラ、にんじん。非常にヘルシー。


スープはおそらく、鶏がら系かな?トンコツではなく。

なのでサッパリしてるのだけど、香辛料が効いていて、ちょいと辛い。

(辛さ増し、ニンニク増しもオプションでありました)

辛いな~と思うと、今度は野菜由来の甘みを感じる味で、これは美味い!


yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


そしてなにより、ニンニクが本当にガツンと効いたスープなのだ。

こんな塊がゴロゴロ。


いやー、口臭どころか体臭に左右するんじゃないかと不安になるよ(笑



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


不安とかいいながら、

スープまで完食。


いやあ美味しい。ニンニク好きな人にはたまらないんじゃないかな?



空いた丼を呆然と眺めていると、店員さんが、

「お口の臭いを消すお茶です~」


と、ミニペットボトルをサービスしてくれる。



yoshi様の気ままなる日々@アメブロ


こういったホスピタリティは有難い。

(逆に言えばそれだけニンニクが効いてるのだ)


味は普通のストレートティのような感じだが、特別なお茶なのかな??

口のなかを漱ぐようにして飲んでみる。


確かにサッパリする。

ただ、臭うかどうかは

もはや自分じゃわからないが。


とにもかくにも、美味しいラーメン、というかニンニクでした!?


川崎にお越しの際は、是非!!


食べログ

萬楽