心を込めてお墓づくり。川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です

お墓について疑問に思われていること、心配なことはありませんか?
どこまで情報発信できるかはわかりませんが、お墓についてや石についてなど、
石屋だからこそわかることや思うことを綴っていきます。

こんにちは。このブログを訪れていただきありがとうございます!

弊社は江戸時代寛政年間より200年以上にわたり、川崎登戸にて地域の石材店として仕事に励んでまいりました。

ともすれば無機質な存在に思われがちな『石』。 しかし大地の贈り物である石には一見しただけではわからない魅力があります。

幾星霜を経ても朽ちにくい強さを持ちあわせるだけでなく、同じ石でも加工の具合によりさまざまな表情(かお)を見せてくれます。

そんな魅力あふれる素材『石』の本当の良さをブログを通じて皆様に少しでもお伝えできればうれしく思います。

また、あわせて石を使った一番身近な存在である『お墓』についても思うことを色々とお話ししてみます。

どうぞよろしくお願いします。

なお、ここのところでホームページ を作成しました。そちらでもブログ を書いていますので、ぜひご覧ください。

テーマ:

こんにちは。

 

川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

 

朝一番で九段の靖國神社に参拝してきました。今回は昇殿参拝です。

 

特に8月15日に決めているわけではないですが、吉澤家では祖父と大叔父二人の三名が戦没しているので、ここ何年も必ず参拝しています。

 

 

朝一番の昇殿参拝を待つ人々を見ていると、遠く地方からおいでの団体の人もいれば、一人、あるいは家族で参拝の人もいるようです。中には小さなお子さんを連れた人も。

 

おそらく遺族であろう人たちが多く目につきした。

 

色々な意見があるとは思いますが、私は、靖國に関して言えば、ごく近い家族や先祖を戦争で亡くした人たちが、その魂に会いにくるところであると感じます。

 

お墓とはまた違った意味で、一つの心の「よりどころ」でもあるのかなと思いました。

 

 

お盆として仏教的な行事。今日は送り火を焚いてご先祖様をお送りする日です。

 

その一方では、こうして靖國神社に戦没した家族の霊に会いに行く。

 

海外の方には理解しづらい部分があるのでしょうが、そこには日本人が感じる祖先への思いが確実に存在しているのだと思います。

 

終戦の日は、先祖を大切にしたいという「思い」を感じる一日でもあるように感じます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。