横山歯科医院

http://yokoyama-dental.info/


テーマ:

[軽井沢スキーバス転落事故 の原因考]

<結論>
乗客のペットボトルかアルミ缶の飲料がブレーキペダル下にはまってしまい、
ブレーキペダルを踏み込めなかった。



<本文>
   軽井沢スキーバス転落事故は、2016年1月15日1時55分頃、長野県
   北佐久郡軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近(軽井沢駅
   約2kmの群馬県・長野県境付近)で、定員45人の大型観光バスが
   ガードレールをなぎ倒して道路脇に転落した交通事故である。
                           (Wikipedia)
当初、マスコミは事故原因について
 (1)運転が難しい軽井沢バイパスを通過した選択ミス
 (2)エンジンブレーキを使用していないフェード現象
 (3)大型バスに慣れていない運転手
 (4)事前の計画書と違うルートを走行した違法性
等の的外れな論調を繰り返しました。

もし、軽井沢バイパスの西行き(登り勾配)を運転できない技術力であれば、
首都高速の銀座近辺は運転できないことになりますし、上信越道の軽井沢
インターチェンジ付近の走行も困難になります。
仮に、どか雪が急に降って来たような状況では、優先的に融雪剤が散布される
上信越道の方が安全かもしれません。
  (逆に、大量の雪が積もってしまえば、登坂車線を徐行通行できる軽井沢
   バイパスの方が安全の可能性が高い)
しかし、事故当日は積雪がなかったので、軽井沢バイパスを通ろうが
上信越道を通ろうが安全性に大差があるとは思えません。

真冬の深夜に下りコーナーを3〜4個曲がっただけでフェードするような
ブレーキは車検を通りません。
全輪ドラムブレーキの骨董品のボンネットバスでもフェードはしません。
ギヤが何速に入っていようが関係ありません。
ギヤがニュートラル位置でも関係ありません。
何km/hからでもブレーキを踏めば車は減速し停止します。

大型バスと中型バスとでは車両感覚以外にも、ロールセンター(重心)や
ロールスピードの違いがありますが、高速道路や軽井沢バイパスの登り勾配を
無難に運転できているので、大きな問題があるとは思えません。

事前の計画書はあくまで事前の計画なので、余程遠回りでもしない限り、
高速道路を走ろうが一般道を走ろうが、ドライバーの裁量の範囲内だと
思います。(建前法規上は問題ありなのでしょうが)
東京/新宿〜佐野間の路線バス・マロニエ号の場合、佐野プレミアム・
アウトレットでイベントがあると東北自動車道まで大渋滞するため、手前の
館林ICで降りて一般道の抜け道を利用します。
この際に、ドライバーが携帯電話で会社に連絡するのですが、ヘッドセット
使用で法規上は問題ないとしても、注意力が低下するのは確実です。
そうではなくて、事前に会社側が「今日はイベントがあって渋滞する可能性が
高いので、渋滞情報が出たら館林ICで降りても構わない。判断はドライバーに
一任する」と言えば事足りる話だと思います。
ドライバー(運転手)にもっと判断権限を委譲すべきだと思います。


私は学生時代に何回か夜行スキーバスを利用したことがあります。
社会人になってからも数回夜行高速バスを利用したことがあります。
かなりの頻度でペットボトルが床を行ったり来たりするのを目撃しました。
座席前の網ポケットやホルダーにペットボトルを入れておけば、そこから
飛び出すことはまずありません。
手に持っているペットボトルが、眠りとともに床に落ちる現象は珍しく
ありません。
バスが加速すればペットボトルは後ろへ転がり、最後列の乗客の足下に
当たって止まります。
バスが減速すればペットボトルは前方に転がりますが、曲がりながら移動する
ため、バス中央付近の椅子の土台部分に当たって止まることがほとんどです。
加減速に伴って、この前後移動をエンドレスで行います。

軽井沢の事故では、軽井沢バイパスの登り坂の間、転がったペットボトルは
最後列の乗客の足下にあったと想像します。
峠を越えて下り坂に入ると、ペットボトルは前方に移動します。
その時、最初のコーナー(カーブ)に向けて少し強めのブレーキを踏んだと
すると、ペットボトルは最前方、すなわち運転席めがけてすっ飛んだと
想像します。
そして運悪く、ペットボトルがブレーキペダルの下に入り込んでしまったと
思います。
運転手はパニックになってブレーキペダルを何度も踏み直しますが、全く
踏み込めません。
パニックの中でハンドルを切り続けた結果が、公開されたカメラ映像だと
思います。

ミニバンにおいて、急ブレーキではなくて強めのブレーキを踏んだだけで、
小型犬がサードシート下から運転席脇まですっ飛んで来た軽減があります。
あと少しで、ブレーキ下に入りそうでした。

入門編のジムカーナやダートトライアル競技においてでさえ、ペットボトルは
もちろん、完全固定の装備品以外、全て下ろさなければなりません。
フロアマットでさえ禁止です。
フロアマットが前方にずれて、ブレーキペダルの下で折りたたまれて、
ブレーキペダルを最後まで踏めないために事故に至る可能性は低くはありま
せん。

軽井沢の事故では、運転手がペットボトル飲料を飲もうとして落としてしまい
ブレーキペダルの下に入り込んだ可能性もあります。
しかし、この場合には原因が判っているので、サイドブレーキを引きながら、
シフトダウンして、車体を左側のガードレールにこすりながら減速することが
できたかも知れません。
もちろん、運転手自身が落としたとしても、パニックになって何も出来ない
場合もありえます。
但し、あと数km進めば平坦路になり信号待ちも多くなるのに、あえて軽井沢
バイパスの区間でペットボトル飲料を飲む確率は低いと思います、



<対策提言>
軽井沢のバス事故の教訓を活かすのであれば、運転席周囲を壁で完全に覆う
ことだと思います。
最低1mは必要でしょう。
左最前にあるドアへの通路が狭くなる可能性が高くなります。
通路確保のため、左側最前列の座席は撤去せざるを得なくなると思いますが、
それも仕方のないことだと思います。

さらに安全を高めるのであれば、運転席へのペットボトルの持ち込みも禁止
すべきです。
レーシングマシンのように、ボタンを押すとチューブから飲料が出てくる
ようなシステムを導入すべきだと思います。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[ヘディングが子供の脳を壊す?]

(ニューズウィーク日本語版  2014年4月24日)


頭部への衝撃はボクサーのパンチ並み。
首の筋肉が弱い子供がヘディングを繰り返すと脳に深刻なダメージを及ぼす
恐れもある。






http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/04/post-3252.php














AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[ヘディングによる脳の損傷]

(HealthDay News  2014年2月21日)


サッカーのヘディングが、脳に深刻な長期的影響を及ぼす可能性があるという
カナダの研究グループからの警告が、「Brain Injury」第3号に掲載された。


カナダ、セント・マイケルズ病院(トロント)の神経科学研究プログラム長の
Tom Schweizer氏の研究によると、サッカーによる傷害の8.6%を脳震盪が
占めており、衝突のほか、ヘディングがその原因になっているという。

ヘディングの影響には十分な注意が払われていないが、脳震盪を起こすほど
重度の衝撃がなくても、思考力や記憶力に長期的な影響を及ぼす可能性が
ある。
脳震盪に至らないまでの衝撃が蓄積されることにより、脳震盪と同様に認知
機能への影響がみられるかどうかを検討するには、サッカー選手が絶好の研究
対象になると同氏は説明している。


Schweizer氏は既存の研究をレビューし、サッカーで脳震盪が起こる頻度を
調べた。
ある研究では、サッカー代表選手の約63%が一度は脳震盪の症状を経験して
いるが、それを認識していたのは19%にとどまることが判明。
別の研究では、脳震盪の経験がある選手の約82%が2回以上脳震盪を起こして
いることがわかり、脳震盪を1回起こした人は、再度起こす確率が3.15倍で
あることが示された。
さらに別の研究では、サッカーによる脳震盪はスポーツ全体の15%を占める
ことが判明した。
女子では、サッカーによる脳震盪はフットボールに次いで2位であり、全体の
8.2%を占めていることもわかった。


今回のレビューでは、このような頭部傷害の長期的な結果として、記憶、
計画、知覚などに支障がみられることが明らかにされた。
ある研究では、特にヘディングを頻繁に行うプロサッカー選手は、言語記憶
および視覚的記憶のほか、注意持続時間に関する検査でも最も成績が
低かった。
別の研究では、高齢選手および引退した選手の概念的思考、反応時間、
集中力に顕著な問題がみられた。
脳画像を用いた研究では、脳震盪を起こした選手の脳に物理的変化がみられる
ことがわかった。


研究著者らは、サッカー選手を深刻な頭部傷害から保護する予防措置が可能で
あると述べている。
研究共著者の1人であるMonica Maher氏は、「ヘッドギアの利用、小児のヘ
ディングの制限または適正なヘディング技術の強調、脳震盪に関する教育の
強化などが推奨される」と、述べている。


サッカーは世界で最も人気があり急速に拡大しているスポーツで、北米では
2,700万人がプレーしているという。




http://www.healthdayjapan.com/
















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[パンチドランカー(慢性外傷性脳症)]

(Wikipedia)


パンチドランカーとは頭部への衝撃から生じる脳震盪を起因とする神経変性
疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患のこと。
また、そのような状態にある人間を指す。

ボクサーに多く見られる疾患であること、最初に見つかった発症者がボクサー
だったことから、慢性ボクサー脳症、外傷性ボクサー脳症、拳闘家痴呆、
慢性ボクシング外傷性脳損傷、パンチドランク症候群などの別称がある。


最近の研究でボクサーだけでなくアメリカンフットボールやアイスホッケー、
プロレスリングなど繰り返し頭部へ衝撃を受けることのあるコンタクト
スポーツのアスリートにも発症することが分かり、慢性外傷性脳症と呼ばれる
のが一般的になっている。


認知症や神経変性疾患とは脳内で実際に起こるメカニズムが違い、頭部(脳)
への衝撃による外傷が発症の起因となるなど異なる疾患であるが、症状が
似ている事に加え、死後に脳を解剖することによってしか最終的な診断が
できないことから、これらの疾患と混同されることが非常に多い。


ボクシングを始めてから平均して15年後ぐらいに発症する選手が多く、
ボクサーの約20%が患っていると言われている。















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[モハメド・アリ(1942年~)]

(Wikipedia)


1960年のローマオリンピック・ライトヘビー級金メダリスト。
プロに転向するや無敗でヘビー級タイトルを獲得。
その後は3度タイトル奪取に成功し通算19度の防衛を果たした。

大男たちが力任せに殴り合いをしていたヘビー級に華麗なフットワークと鋭い
左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだアリのボクシング
スタイルは、「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と形容された。

ベトナム戦争への徴兵を拒否したことから無敗のままヘビー級タイトルを剥奪
され、4年間試合を禁じられたが、復帰後、実力でタイトル奪還を果たした。

タイトル剥奪後、ジョー・フレージャーに挑戦、初めての敗北を喫したが、
3年後、フレージャーにかわり新王者となっていたジョージ・フォアマンに
鮮やかなKO勝ちをおさめ、王者に返り咲いた。
当時、一般には全盛を過ぎたと見られていたアリが史上最高のハード
パンチャーと目されたフォアマンを破ったため、「キンシャサの奇跡」とも
呼ばれる。


以降、アリはたくみに相手のパンチをかわし、空振りさせることで相手の
体力と精神を消耗させる一方、ロープを利用して自らの体力は温存するという
クレバーな作戦をとるようになる。

対戦相手のパンチを被弾することも増加していったため、後年のパーキンソン
病の遠因ではないかとする説がある。


引退後にパーキンソン病にかかり、長い闘病生活に入った。



<アトランタ・オリンピック>
1996年7月19日、アトランタオリンピックの開会式、聖火台の点火者は当日
まで秘密にされていたが、女子水泳選手のジャネット・エバンスが、点火台
まで聖火のトーチを運び上げた時アリは彼女からトーチを受け取り、病気の
ため震える手で点火用のトーチに火を点けた。
聖火が燃え上がるとともに、アリに向けて、満場の観衆から拍手が送られた。

開会式の実況をしていた島村俊治アナウンサー(NHK・当時)が「感動で、
手が震えています」と言ったが、誰も訂正しなかった。
誰が最終点火者か秘密だったので責められないが、実際にはパーキンソン病の
症状で手が震えていた。












いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[ジョー・フレージャー]

(Wikipedia)


ジョー・フレージャー(1944年1月12日~2011年11月7日)は、アメリカ
合衆国のプロボクサー(ヘビー級)。
「スモーキン・ジョー」と称される機関車のような突進力とスタミナを備え、
リズミカルに上体を揺すり、相手の攻撃を避けながらクラウチングスタイル
からの左フックを得意とした。

モハメド・アリをプロキャリアで初めて敗北させたボクサーでもあった。


1964年、負傷したバスター・マシスに代わって出場した東京オリンピックで
金メダルを獲得。

1964年~1965年頃、練習中の事故により、左目の視力をほとんど失って
いたといい、右からのパンチが見えていなかったという。


1970年2月16日、ジミー・エリスを4回KOで破り、WBA王座を吸収し、
統一世界ヘビー級王座に就く。

1971年3月8日、モハメド・アリと対戦し、15回判定勝ちで2度目の
王座防衛に成功した。

1973年1月22日、ジョージ・フォアマンに2回KOで敗退し、王座から陥落
した。


ファイター・オブ・ザ・イヤーに、3度選出された。
リングマガジンのファイト・オブ・ザ・イヤー(年間最高試合賞)にも
3度選出された。

1981年、引退。


2011年11月7日、肝臓がんのため死去。
67歳没。













いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[天下御免]

(Wikipedia)


『天下御免』は、NHK総合テレビジョンで1971年10月8日から1972年
9月29日まで、金曜日の20時より放映されたテレビ時代劇。
平賀源内が諸問題や難事件を解決してゆく「痛快時代劇」である。



<作品解説>
制作は小川淳一、脚本は早坂暁(挿入歌作詞も担当)ほか。
演出は岡崎栄、山本誠ほか。
音楽は山本直純。
タイトルバックのイラストは黒鉄ヒロシ。
ナレーションは水前寺清子。


享保年間・田沼意次時代が舞台である。

平賀源内を主人公に、江戸時代のごみ問題や鉛公害問題、受験戦争等を風刺。
視聴率平均が約30パーセントと人気を博し、1年間全46話を放映した。


時代劇でありながら、度々現代の風景が登場する。
第6回で長崎遊学を終えた源内一行が江戸に着いた際には、大胆にも
そのままの衣装で銀座の歩行者天国の人混みの中を練り歩くという異色の演出
(脚本のト書きにその指示がある)があった。
美濃部亮吉・東京都知事もゲスト出演し、背広姿で公害問題を語ったことが
ある。

このように、時代劇で欠かせない時代考証の制約をある意味取っ払って
しまったかのようなドラマが『天下御免』。

音響効果においても「二日酔いの主人公が頭を振ると、ぽちゃんぽちゃん
音がする」など、実験的なドラマならではの脚本・演出があった。



<サブタイトル>
第16回:誰かが北で哭(な)いてくる
第17回:北にノロシを上るとき





天下御免〈1〉 (早坂暁コレクション)/早坂 暁

¥3,024
Amazon.co.jp

天下御免〈2〉 (早坂暁コレクション)/早坂 暁

¥3,024
Amazon.co.jp

天下御免〈3〉 (早坂暁コレクション)/早坂 暁

¥3,024
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[シャクシャイン]

(Wikipedia)


シャクシャイン(1606年?~1669年11月16日)は、江戸時代前期の北海道
日高アイヌの首長。


シャクシャインは、シベチャリ(現在の新ひだか町)以南の日高地方及び
それ以東の集団であるメナシクルの首長であった。



<シャクシャインの戦い>
シャクシャインは、蝦夷地全域のアイヌ民族へ松前藩への戦いを呼びかけた。

1669年6月、シャクシャインの指導するアイヌ軍は、松前藩へ蜂起を
起こした。
これがシャクシャインの戦いである。

蜂起は各地で発生し、砂金掘りや交易に訪れた船舶や鷹待を攻撃、和人を
殺傷した。
シャクシャインは松前を目指し進軍、7月末には現在の山越郡長万部町の
クンヌイまで攻め進んだ。

松前藩から急報を受けた徳川幕府は、東北諸藩へ松前藩に対する援軍や
鉄砲・兵糧の供与を命じ実行された。

クンヌイでの戦闘は8月上旬頃まで続くが、シャクシャイン勢が和人側の
妨害により渡島半島のアイヌと連携できなかったのに対し、松前軍は
幕府や東北諸藩の支援を受け、鉄砲を多数装備していた。
これにより戦いはシャクシャイン側の劣勢となり、シャクシャイン軍は
クンヌイからの敗退を余儀なくされた。


シャクシャインは11月16日に、現在の新冠町にあたるピポクの松前藩陣営で
謀殺された。

指導者を失った蜂起者たちは松前軍に降伏した。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[白血病治療と歯科治療]


化学療法(抗がん剤治療)に入る前に、X線検査を行い根尖性歯周炎(Per)の
確認や智歯周囲炎の発症リスクを確認します。
歯周病組織検査を行い辺縁性歯周炎(歯周病/P)の進行度を確認します。


感染病巣があれば、化学療法に入る前、骨髄移植前に治療を行います。
大きい根尖病巣や重度の歯周病の歯牙は抜歯が望ましい。
この場合には、白血球数や血小板数などに留意します。

時間が無い場合には、歯性感染病巣のリスクを下げる治療を行います。


小さな虫歯の治療や軽度の歯周病治療の際にも抗生物質を処方すべきですが、
白血病治療の主治医に確認します。



(横山歯科医院)



--------------------------------------------------


重度の歯周病に栄養失調が加わると白血病症状が見られることがあるそう
です。
栄養失調に加えて働き過ぎや運動し過ぎがあると、やはり白血病症状が
見られることがあるそうです。

身体は炎症に対抗するために白血球を増産するわけですが、栄養失調だと
出来損ないの白血球ばかり増えてしまいます。
出来損ないの白血球ばかり増えた状態は、白血病に極めて似ています。



患者革命/西原克成

¥1,944
Amazon.co.jp


がんの盲点―白血病はがんではない/大沼 四廊

¥2,037
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[娠中のコーヒーは赤ちゃんの白血病リスクを高めるとの研究結果]

(IRORIO  2014年08月22日)


最新の研究によると、妊婦がコーヒーを飲み過ぎると、生まれてくる
赤ちゃんの白血病リスクが高くなるのだという。


研究者らは、コーヒーに含まれるカフェインが胎児のDNAを刺激し、
腫瘍の成長を促してしまうのではないかと推測している。






http://irorio.jp/karenmatsushima/20140822/156240/
















いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。