韓国江原道 公式ブログ

ようこそ、韓国江原道公式ブログへ^^
魅力満載の江原道(カンウォンド)について発信する、公式ブログです。江原道に是非!いらしてください。


アニョハセヨ~晴れ


韓国・江原道(カンウォンドウ)の公式ブログですアップ

江原道の最新情報をお知らせしています~ ベル



江原道は、ドラマ「冬のソナタ」でも有名になった「南怡島(ナミソム)」

2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック」の開催地です!!


海、山、自然に恵まれた江原道富士山


一度訪れたらきっと、お気に入りの場所が見つかるはずキラキラ


遊びにきてくださいね~音譜


江原道でお待ちしておりますアップ


NEW !
テーマ:

 

こんにちは~晴れ

 

毎日も長くなってきた江原道です~キラキラ

 

liumeiuru84 さんの平昌(ピョンチャン)ツアー音譜

 

内容が充実していて、アクティブな方にはもってこいの体験ばかりのようですね!!

 

見ているだけで、気持ちが良い~爆  笑

 

さて、最初はどんな体験をしてきたのでしょう!?

 

 

 

リボン平昌のオルムチマウルでジップライン体験 リボン

 

 

その平昌(ピョンチャン)グリーン事業団主催のツアー、コンドゥレ祭りからの続きです。

※平昌グリーン事業団は、平昌にある個人経営のペンションと平昌内のマウル(村)が集まってできた団体。平昌の自然・文化の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいとできた団体で、いろいろな情報を発信しています。事業団主催のツアーに去年冬から定期的に参加させてもらっています。


昼食を食べて向かったのは、平昌の南東部、美灘面(ミタンミョン)にあるオルムチマウルという村です。こちらは村を流れる東江(トンガン)のボートくだり、カヌーなどレジャースポーツが有名で、村営のペンションと、東江淡水魚生態館などの施設が一ヶ所に集まっています。

 

 

 

 

平昌といえばマス。フォトゾーンがあります。

 

 

村に到着すると、ジップライン体験をすることになりました。ジップラインは、森や海、湖の上などに張られたワイヤーを滑車で滑り降りるもので、こちらでは東江がよく見える小高い丘から出発します。こちらの装備をつけて出発します。リュックの中には自分が滑るための滑車が入っています。

 

 

参加者のお子さんたち、準備万端。ジップラインは体重30キロ以上で、年齢はあまり関係ないそうですが、8歳以上がのぞましいとのこと。

 

 

それでは行ってきます!とやや重たい装備を背に、ポーズ。

 

 

で、滑車を背にえっちらおっちらと丘をのぼります。これが結構いい運動に。すべるところで背中にしょいたかった!と悲鳴があちこちから聞こえてきましたよ、大げさでなく。

 

 

階段をひたすらのぼっていきます。振り返ると右手に東江。眺めがよいですね。

 

 

こちらが出発するところです。ここから本当にいきおいよく行けるでしょうか。初めてなのでちょっと不安です。

 

 

自分で写真は撮れなかったので、一緒に旅行した方の写真をお借りしました。

 

 

ワイヤーはふたつあり、右側は地上からの高さが左に比べて少し低めに設定してあります。

思っていたよりそんなに怖くなくて、あっというまの10秒間くらいでしたかね。

 

こちらは1回 大人12,000ウォン こども 6,000ウォン

です。気軽に体験できる料金設定になっています。週末やオンシーズン時は混みそうですが、現地で受付できるので空いていればやってみる、でいいのではないでしょうか。

 

 

■オルムチマウル 東江ジップライン

江原道 平昌郡 美灘面 馬下里324-1

(江原道 平昌郡 美灘面 馬下キル 42-5)

033-332-1260

村のサイトはこちら(韓国語)

アクセス

平昌市外バスターミナルから美灘(ミタン)行きのローカルバスにのって約1時間

 

 

 

 

 

 

***************************************

 江原道最新情報発信中
どくしゃになってね!どくしゃになってね!


江原道の楽しい情報をお伝えしま~す
応援お願いします~  
 

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)