韓国江原道 公式ブログ

ようこそ、韓国江原道公式ブログへ^^
魅力満載の江原道(カンウォンド)について発信する、公式ブログです。江原道に是非!いらしてください。


アニョハセヨ~晴れ


韓国・江原道(カンウォンドウ)の公式ブログですアップ

江原道の最新情報をお知らせしています~ ベル


江原道は、ドラマ「冬のソナタ」でも有名になった「南怡島(ナミソム)」

「2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック」の開催地です!!



海、山、自然に恵まれた江原道富士山



一度訪れたらきっと、お気に入りの場所が見つかるはずキラキラ


遊びにきてくださいね~音譜


江原道でお待ちしておりますアップ




NEW !
テーマ:

2017年5月27日~2017年6月3日江原道江陵で開催される「江陵端午祭(강릉단오제)」

 

ユネスコ世界無形遺産に指定され、朝鮮時代からの風俗をそのままの形で保存してきた、世界的にも類をみない祭りです。イベントは陰暦4月5日の神酒造りをスタートに、大関嶺国師城隍祭、迎神祭などさまざまなイベントが行われます。

 

今回は江原道名誉記者のカヨンさんが 「江陵端午祭」の最も重要な行事と言われる大関嶺山神祭大関嶺国師城隍祭のレポートですよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年の江陵端午祭강릉단오제は5/27~6/3
※旧暦で行う為 毎年日程が変わります

さて この前アップしましたが 旧暦の4/5(今年は4/30)には江陵端午祭の神酒作り신주빚기を行いましたね

 

あれから10日が経ち あの神酒(マッコリ)も美味しく出来上がりました♪
そこでその神酒を持って大関嶺대관령デグァンリョンへ登ってきました~

大関嶺にある山神堂산신당サンシンダン
幼少の頃この辺りで花郎화랑として活躍したキム・ユシン将軍김유신 장군は大関嶺の守り神だったんですね!!!

 



いよいよ山神祭산신제サンシンジェが始まりました
伝統衣裳に身を包み厳粛な雰囲気です

 



今年は平日だったので観客が少なめでした

 



そして 次はすぐ隣にある大関嶺国師城惶대관령국사성황(山の神様)への祭事をします

 



約1年 ここで山を守ってきた神様を端午祭へ案内する為の重要な儀式なんですよ

 



黒い雲が迫ってますが…
なぜか今まで雨は降らないだそう

 



最後に巫女무당ムーダンが祈祷굿グッを行います
映画『結界の男』で見たことがあります

 



伝統楽器の演奏に合わせて~♪

 



かなり賑やかです(^_^;)

 



別の巫女ムーダンが悩みを聞いて神へ伝える儀式をしてます
こんな狭い部屋の中で紙に火をつけて飛ばすのですが天井に届く前に消えていきます
ホッ…

 



端午祭の為に作った神酒とお餅を配ってます

 



実はこんなに長い列

 



なんと홍길동ホンギルドン発見!!!
テレビ局の取材だそうです
江陵出身の作家が作った物語なのでホンギルドンの格好をしてきたんですね(*^-^*)

 



祭事を終え 神酒で喉を潤します

 



私も1本頂きました!
普段はコップで貰うのですが…今回は太っ腹~(^〇^)
しかし飲みすぎると この後の儀式が大変になるんですけどね…σ( ̄∇ ̄;)

 

 

レポートは②③と続きますよ~

 

***************************************

ランキングに参加していますラブラブ

ポチっとなどうかどうか!ポチッとしてください!お願いします!

一度でいいのでポチッとお願いします!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
NEW !
テーマ:

江原道公式ブログで記事を書いていただいている人気ブロガーりゅぬさんが、羽田空港に新しくオープンして韓国観光広報館を紹介しています~音譜

 

どんなものがあるのでしょうか!? ぜひ!参考にしてくださいね!!

 

 

***************************************

ランキングに参加していますラブラブ

ポチっとなどうかどうか!ポチッとしてください!お願いします!

一度でいいのでポチッとお願いします!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

江原道名誉外信記者liumeiuru84さん“コムチュィ(オタカラコウ)祭り” レポートキラキラ

【江原道・またまた楊口!ほっこりコムチュィ(オタカラコウ)祭り① 】に続きに、お次は美味しいもののご紹介!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

江原道・楊口(ヤング)で毎年5月に開かれているコムチュィ(オタカラコウ)祭りのレポートです。

前半はこちら

 

コムチュィ祭りで一番のお楽しみといえば、こちらコムチュィを使った食べ物の屋台や、楊口の特産品を販売するコーナーです。

 

 

今年はコムチュィが不作だそうで、一人一箱販売するというお知らせが。確かに今年はソウルでもあまり出回っていないなあと、そしてちょっぴりお値段が高いなと思っていたのですが、量が少なかったのですね。ちなみに一箱一キロくらいで一万ウォンでした。

 

 

ではお店をのぞいてみましょう。コムチュィのほかにタラの芽もたくさん売っていました。韓国ではタラの芽をゆでたのに酢コチュジャンをかけたり、ジョン(チヂミ)にして食べたりします。初夏の味です。

 

 

楊口のコムチュィとかぼちゃをつかったチンパン(あんまん)の箱売りも。

 

 

そして忘れちゃいけないのがこのシレギ!大根の葉っぱを干したものです。楊口といえばシレギ、今年は春先乾燥する日が続き、乾きすぎてしまい脆いと販売の方が言っていました。持ち帰るときにはあちこちぶつけないようにとアドバイス、一箱購入しました。

 

 

よもぎを使ったインジョルミ(お餅)。

 

 

地元婦人会のみなさんが忙しそうに料理をしていました。

 

 

コムチュィをのせた蕎麦(メミル)ジョンです。大胆に葉っぱを二枚、見た目も素敵です。そば粉のクレープのようなものですね。とても体によさそうなメニューです。

 

 

こちらはコムチュィを入れたキンパとおにぎりを売るコーナー。

 

 

とってもきれいでしょう?小さめなお稲荷さんサイズのおにぎりです。酢飯でおいしかったです。

 

 

こちらはキンパ(海苔巻き)です。一口食べて噛んでいるうちにコムチュィのほろ苦さが口の中に広がります。地味に主張する苦さですね。

 

 

こちらはススプクミ、コムチュィは入っていません。とうもろこしの生地に甘さ控えめの小豆餡を入れて焼いた食べ物です。たまに猛烈に食べたくなる韓国の人気おやつ。こどもたちも大好きな味です。

 

 

お昼ごはんはこちらのセルフ黒豚バーベーキューでいただくことにしました。これを楽しみにしていました!コムチュィで包んで食べると、豚の三枚肉のあぶらっぽさが苦味とうまく合ってなんとも言えない味に。

 

 

バーベキューとはいっても、テーブルにカセットコンロがセットされて自分で焼いていきます。この日はお祭りの最終日だったせいもあり、お客さんはまばら。それでもみなさん焼肉を食べながら焼酎やビールをおいしそうに飲んでいましたよ。

 

 

はい、こちらがセットです。屋台でいろいろなものをすでにたべてしまっていたので、大人一人、子ども二人で2人前をいただきました。

 

 

古漬けのキムチもついてきてました。

 

 

まさかのごはんが!三人分はありそうです。お店の人が気をきかせてくれたのでしょうか、ありがたくいただきました。

 

 

いやー黒豚です。紅色の新鮮な黒豚、分厚い皮の部分に毛が生えていますよ~

 

 

ジュージューと焼いていきます。後ろに見えるのウエットティッシュ。ティッシュもセットについてきました。ありがたい配慮ですね。

 

 

ちょっとかりっと焦げ目がつくぐらいまで焼いていきました。

 

 

こんなふうにしてコムチュィの上に肉、そして味噌をつけていただきます。コムチュィ、黒豚それぞれの食感と苦味、そして肉の甘味がうまく溶け合っています。生のコムチュィを思う存分食べられる季節は決まっているのでとてもぜいたくな気分です。あ、もちろんこれ、コムチュィの醤油漬けでいただいてもおいしいのですけれど!

 

 

コムチュィは苦味があるので子どもたちはパス。ほとんど自分がむしゃむしゃと食べてしまいました。一年分のコムチュィを食べて満足です(笑)

 

 

こちらがお値段表。私たちがいただいたのは黒豚セット(2人前)で21,000ウォンでした。コムチュィのおかわりは2,000ウォンです。野外でいただく黒豚とコムチュィ、有意義な週末のお昼ごはんでした。

 

***************************************

ランキングに参加していますラブラブ

ポチっとなどうかどうか!ポチッとしてください!お願いします!

一度でいいのでポチッとお願いします!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)