横浜嚥下障害症例検討会

私たちは横浜、湘南、横須賀の医師、歯科医師、コメディカルの有志で作られた会です。嚥下障害の臨床を追求し、より質の高い臨床を患者さんに提供出来ることを目指しています。


テーマ:
嚥下障害と誤嚥性肺炎について有名な論文がありますのでアブストラクトだけですがご紹介致します。
アメリカのSTで高名なスーザン・E・ラングモア博士の書かれたものです。

Predictors of Aspiration Pneumonia: How Important Is Dysphagia?

Susan.E.Langmore

『誤嚥性肺炎の予測因子:嚥下障害はどれくらい重要か?』 

abstract

Aspiration pneumonia is a serious problem for the elderly institutionalized person, often requiring transfer to a hospital and a lengthy stay there.
誤嚥性肺炎は施設に入っている高齢者にとって深刻な問題であり、しばしば病院転送の要請や、そのまま長期入院となる

 It is associated with a high mortality rate and is very costly to the health care system. 
誤嚥性肺炎は死亡率が高く、ヘルスケアシステムにおいては医療コストが非常にかかってしまう。

The current study sought to determine the key predictors of aspiration pneumonia in a nursing home population with the hope that health care providers could identify those residents at highest risk and focus more efforts on prevention of this serious disease. 
本研究は誤嚥性肺炎の予後予測因子を決定しようとしており、保険医療提供者(医療従事者)はこの深刻な疾患の可能性があるナーシングホーム全入居者を同定するため、高いリスクと予測因子に注目をし、その予防の効果を期待するものである。

A cross-sectional, retrospective analysis was done, using the Minimum Data Set (MDS) nursing home assessment data for three states (New York, Mississippi, Maine) from 1993 to 1994 (N = 102,842). 
断面、後向き分析は、1993年から1994年(N数 = 102,842)まで3つのナーシングホームで(ニューヨーク、ミシシッピ、メイン)最小限のデータセット(MDS)を使用して評価された。

Nursing home residents were aged 65+. 
ナーシングホームの入居者平均年齢は65歳+であった

Standardized MDS summary scales and their component items were used, including: the Activities of Daily Living (ADL) scale, the cognitive performance scale (CPS), and the Resource Utilization Groups (RUGs). 
標準的MDS尺度とその構成要素を用いて解析している(含まれた要素:ADL尺度、CPS尺度、RUGs)。

Results of these analyses showed the prevalence of pneumonia among this population was 3% (n = 3118). 
これらの分析による結果、この集団の間は3%(n=3118)の肺炎罹患率を示した。

Results from the logistic regression models indicated 18 significant predictors of aspiration pneumonia. 
ロジスティック回帰モデルからの結果、誤嚥性肺炎の有意な18の予測因子が示された。

The strongest to weakest predictors of pneumonia were, respectively, suctioning use, COPD, CHF, presence of feeding tube, bedfast, high case mix index, delirium, weight loss, swallowing problems, urinary tract infections, mechanically altered diet, dependence for eating, bed mobility, locomotion, number of medications, and age, while both CVA and tracheotomy care were inversely predictive of pneumonia.
肺炎の予測因子として強いものが、吸引使用、COPD、CHF、経管の存在、寝たきり、high case mix index(適切な訳不明)、せん妄、体重減少、嚥下障害、尿路感染、ミキサー食、食事介助、ベッド上運動能、移動、複数の内服薬、年齢であり、CVAと気管切開管理は互いに肺炎の予測因子として弱かった。

 The emergence of these significant predictors suggested a different pathogenesis of pneumonia in the elderly nursing home resident from the acute care patient or the outpatient. 
これらの有意な予測因子は、ナーシングホーム高齢入所者から急性期治療患者または外来患者まで肺炎の異なる病因を示唆した。

Nursing home residents have chronic medical conditions that gradually lead to “decompensation” in functional status, nutritional status, and pulmonary clearance. 
ナーシングホーム入居者は、栄養状態と肺クリアランスが段階的に低下、代償され、慢性的な病状に陥るようだ。

Dysphagia and aspiration are common complications of their medical conditions and may slowly worsen as their status deteriorates.
それらの状態がゆっくりと悪化するにつれ、嚥下障害と誤嚥により一般的な合併症と全身状態低下を引き起こす可能性がある。

 Alternatively, a sudden adverse event may dramatically increase the amount aspirated or the ability to resist infection and lead to sudden decompensation. 
あるいは、突然ではない有害事象で劇的に誤嚥の量が増加する、もしくは感染耐性能力低下と突然の代償障害に至るのかもしれない。

Clinical staff must identify residents with dysphagia and aspiration and work to prevent decline in functional status in all residents.
医療従事者は嚥下障害と誤嚥を同定し、入居者すべてに対し機能的状態の低下を予防しなければならない

 They must be aware of the dangers of adverse events that lead to sudden inactivity or illness and increase the risk of aspiration pneumonia. 
彼らは危険な有害事象による突然の不活性化や病気の増加により誤嚥性肺炎に至るリスクを理解しなければならない

Prevention of this disease whenever possible will reduce costs, improve health outcomes, and improve our quality of care.
この疾患を予防するのはどんな時でも可能であり、医療コスト削減への寄与、入居者の健康改善や私たちのケアの質を改善する


*This work was supported by Program Project Grant DE-09142 from the National Institute of Dental Research.
Correspondence to: Susan E. Langmore, Ph.D., Audiology & Speech

Pathology Department (126), VA Medical Center, 2215 Fuller Road, Ann Arbor, MI 48105, USA

of 19.98 in a logistic regression model that excluded tube-fed patients.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇