横浜嚥下障害症例検討会

私たちは横浜、湘南、横須賀の医師、歯科医師、コメディカルの有志で作られた会です。嚥下障害の臨床を追求し、より質の高い臨床を患者さんに提供出来ることを目指しています。


テーマ:
臨床において嚥下障害と呼吸器合併症の予後予測は非常に難しく、何を根拠とするかは悩ましい問題です。今回は脳卒中6ヶ月後の嚥下障害と合併症を予測するというstudyをご紹介します。

title
『Swallowing Function After Stroke 
Prognosis and Prognostic Factors 
at 6 Months』

タイトル
脳卒中による嚥下障害の6カ月後の予後と因子


Abstract:要約
Background and Purpose:背景と目的

Swallowing dysfunction (dysphagia) is common and disabling after acute stroke, but its impact on long-term prognosis for potential complications and the recovery from swallowing dysfunction remain uncertain.
嚥下機能不全(嚥下障害)は急性脳卒中の後普通にみられる機能障害である、しかし潜在的合併症のための影響による長期の予後と嚥下障害の回復はいまだ明らかでない。

We aimed to prospectively study the prognosis of swallowing function over the first 6 months after acute stroke and to identify the important independent clinical and videofluoroscopic prognostic factors at baseline that are associated with an increased risk of swallowing dysfunction and complications.
我々は、急性脳卒中発症後最初の6ヵ月間から嚥下機能の予後を前向きに研究し、嚥下障害による合併症のリスク増加と関係する重要な臨床所見および嚥下造影検査を特定することを意図した。

Methods—方法
We prospectively assembled an inception cohort of 128 hospital-referred patients with acute first stroke. 
我々は病院に照会し、はじめて急性期脳卒中に罹患した128症例のコホートを前向きに収集した

We assessed swallowing function clinically and videofluoroscopically, within a median of 3 and 10 days, respectively, of stroke onset, using standardized methods and diagnostic criteria. 
我々は臨床的(ベッドサイド)およびVF(嚥下造影検査)にて嚥下機能を評価し(それぞれ中央値3日から10日の中で)、脳卒中発症様式と診断基準は標準化されたものを使用した

All patients were followed up prospectively for 6 months for the occurrence of death, recurrent stroke, chest infection, recovery of swallowing function, and return to normal diet.
すべての患者をそれぞれ6ヶ月間フォローアップしたところ、嚥下機能が回復して普通食摂取、死亡、脳卒中の再発、胸部感染(呼吸器合併症)という転帰となった

Results—結果
At presentation, a swallowing abnormality was detected clinically in 65 patients (51%; 95% CI, 42% to 60%) and videofluoroscopically in 82 patients (64%; 95% CI, 55% to 72%). 
結果を提示すると、臨床的に評価された嚥下障害は65例(51%; 95%信頼区間、42%~60%)であり、VFにおいては82例(64%; 95%信頼区間、55%~72%)が嚥下障害として検出された。 

During the subsequent 6 months, 26 patients (20%; 95% CI, 14% to 28%) suffered a chest infection. 
脳卒中後の6ヵ月の間に、26例(20%; 95%信頼区間、14%~28%)は呼吸器合併症を患った

At 6 months after stroke, 97 of the 112 survivors (87%; 95% CI, 79% to 92%) had returned to their prestroke diet. 
脳卒中後の6ヵ月に、112人の生存者のうちの97人(87%; 95%信頼区間、79%~92%)は脳卒中発症前の食事形態に戻った

Clinical evidence of a swallowingabnormality was present in 56 patients (50%; 95% CI, 40% to 60%). 
嚥下障害の臨床所見は、56例(50%; 95%信頼区間、40%~60%)にみられた。 

Videofluoroscopy was performed at 6 months in 67 patients who had a swallowing abnormality at baseline; it showed penetration of the false cords in 34 patients and aspiration in another 17. 
VFは6ヶ月の間嚥下障害を呈した67例に行った。34例は喉頭侵入し(仮声帯まで)、17例は誤嚥所見を示した。

The single independent baseline predictor of chest infection during the 6-month follow-up period was a delayed or absent swallowing reflex (detected by videofluoroscopy). 
6ヵ月の追跡調査期間の間の呼吸器合併症の独立予測因子は、嚥下反射惹起遅延もしくは嚥下反射惹起不全であった(VFによって検出された)

The single independent predictor of failure to return to normal diet was delayed oral transit (detected by videofluoroscopy). 
普通食に戻ることが出来ない独立因子は、口腔潜時延長であった(VFによって検出)

Independent predictors of the combined outcome event of swallowing impairment, chest infection, or aspiration at 6 months were videofluoroscopic evidence of delayed oral transit and penetration of contrast into the laryngeal vestibule, age >70 years, and male sex.
6ヵ月後の呼吸器合併症または誤嚥をアウトカムとした場合、VFにて喉頭侵入および口腔潜時延長、年齢として70歳以上、性別は男性が独立因子となった

Conclusions—結論
Swallowing function should be assessed in all acute stroke patients because swallowing dysfunction is common, it persists in many patients, and complications frequently arise. 
嚥下障害は急性期脳卒中では普通にみられ、すべての脳卒中患者で評価されなければならない。何故ならば、それは多くの患者で残り得るし、合併症はしばしば起こるからである

The assessment of swallowing function should be both clinical and videofluoroscopic. 
嚥下評価は臨床的な側面とVFを用いた両者の併用が望ましい

The clinical and videofluoroscopic features at presentation that are important predictors of subsequent swallowing abnormalities and complications are videofluoroscopic evidence of delayed oral transit, a delayed or absent swallow reflex, and penetration. 
嚥下障害と合併症の重要な予測因子として臨床およびVFの特徴を提示すると、口腔潜時延長、かか嚥下反射惹起遅延もしくは嚥下反射惹起不全と喉頭侵入のVF証拠である。 

These findings require validation in other studies.
これらの所見は、他の研究で確証を必要とする

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。