横浜嚥下障害症例検討会

私たちは横浜、湘南、横須賀の医師、歯科医師、コメディカルの有志で作られた会です。嚥下障害の臨床を追求し、より質の高い臨床を患者さんに提供出来ることを目指しています。


テーマ:
『知ってますか?高齢者の
     飲み込みと誤嚥(ごえん)』

来年度開催される市民公開講座のご案内です



{D87ED025-4AC1-4ACA-B659-C17C88C230DD:01}

皆様の記憶に新しいとは思いますが、平成23年の厚労省統計にて肺炎が日本の死因第3位に繰り上がってしまいました。これは日本が本当に高齢社会になってしまったことを実感させる出来事だと思います。
最近マスコミなどでも誤嚥性肺炎、嚥下障害、胃瘻といった言葉は随分と取り上げられるようになりました。ただ、これらの言葉の十分な理解はまだまだ得られていないのが現状だと考えます。
そこで横浜市南区医師会主催の下、当会の各職種が一般の方にわかりやすく嚥下障害を解説し、市民皆さまの健康に少しでも寄与出来ればと思い今回の企画をさせて頂きました。
人生の最後まで口から食べる楽しみ、喜び、美味しいという気持ちを大切にすること。その一方でキチンとした医学的根拠のもと患者さんの置かれた状況(コンディション、環境など)を見極めるのも私たち医療者の重要な役割だと認識しています。
今回は現実的な話として、日常から病院、医院、施設、在宅で嚥下障害を扱う耳鼻咽喉科医の話、リハビリテーション病院で嚥下リハビリテーションを扱う言語聴覚士の話、老人施設で実際の食べ物を提案、提供する管理栄養士の話とかなり濃厚です。テレビでは聞けない話も沢山あるのでご期待下さい。

多忙な時期だとは思われますが、是非ご参加頂ければと思います。

横浜嚥下障害症例検討会会長
西山耳鼻咽喉科医院  西山耕一郎
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード