横浜嚥下障害症例検討会

私たちは横浜、湘南、横須賀の医師、歯科医師、コメディカルの有志で作られた会です。嚥下障害の臨床を追求し、より質の高い臨床を患者さんに提供出来ることを目指しています。


テーマ:
本日は嚥下反射の基準であるLEDTの論文です。LEDTはメイドインジャパン、PDT(pharyngeal delay time)はメイドインアメリカです。どちらも基準を覚えておけば読影時に困りません。

LEDT:Laryngeal elevation delay time
○喉頭挙上遅延時間
・液体造影剤において、食塊先端が梨状窩に達した時点から喉頭挙上最大位までの時間を計測する。0.35秒をカットオフとし、値を超えた場合は誤嚥との相関が高いとされる。
{27239056-0EB7-4586-809F-D95462D58664}

PDT:pharyngeal delay time
○咽頭期誘発遅延時間
・下顎骨下縁と舌根部の交点に食塊先端が達した時点から喉頭挙上の開始までの時間をいう。年齢に関係なく2秒以上の経過もしくは誤嚥が起きた場合は異常として扱う。
健常成人は通常0秒-0.2秒、高齢者になると0.4-0.5秒と有意に延長することが報告されている。
{54F61F78-F849-4EED-8422-8E0CD850CD77}

title
Videofluoroscopic assessment of pharyngeal stage delay reflects 
pathophysiology after brain infarction.

タイトル
『嚥下造影検査における咽頭期嚥下反射の遅延と脳梗塞後の病態生理学』


Miyaji H, et al. Laryngoscope. 2012.

 Abstract 
OBJECTIVES/HYPOTHESIS: 
目的/仮説

The pathophysiology of dysphagia caused by brain infarction varies with the site of the lesion in the brain. 
脳梗塞に起因する嚥下障害の病態は、病変部位によって変化する。 

Patients with suprabulbar lesions have demonstrated delayed triggering of pharyngeal stage including delayed laryngeal elevation. 
中枢患者(延髄より上の病変)は、咽頭期嚥下のトリガーである喉頭挙上が遅延を示した

Patients with severe pharyngeal stage delay have a high risk of intractable aspiration to the lower respiratory tract. 
重篤な咽頭期嚥下の遅延を有する患者は、誤嚥による下気道トラブルのハイリスク群である

Despite this, few studies have compared the pharyngeal stage delay with the lesion site. 
しかしながら、ほとんどの研究は咽頭期の遅延を病変部位と比較しなかった。 

We defined a new temporal parameter of the pharyngeal stage delay to assess laryngeal elevation delay against the bolus inflow into the pharyngeal space. 
我々は、咽頭腔への食塊流入に対して喉頭挙上の遅延を評価するために、咽頭期遅延の新しいパラメータを定義した。 

This study aimed to elucidate whether this parameter of pharyngeal stage delay is clinically useful to assess the pathophysiology of brain lesions after brain infarction. 
咽頭期遅延を示すこのパラメータが脳梗塞後の大脳病変を病態分類するために臨床的に役立つかどうかを本研究は目的とした

STUDY DESIGN: Case-control study. 
研究デザイン:症例対照研究

METHODS: Videofluoroscopic assessment of swallowing examinations was performed from January 7, 2000 to March 29, 2011 at Kyushu University Hospital. 
方法:九州大学病院にて2000年1月7日から2011年3月29日までの期間、VFを用いて評価した

We evaluated the pharyngeal stage delay using motion analysis on videofluoroscopic swallowing examination in patients with normal swallowing and brain infarction patients divided into pathophysiologic lesion groups. 
我々は正常嚥下を有する患者と脳梗塞を呈した患者の病変病態群で咽頭期の遅延をVFにて評価した

Laryngeal elevation delay time and pharyngeal delay time were analyzed. 
喉頭挙上遅延時間と咽頭期誘発遅延時間を分析している

RESULTS: Significant differences in laryngeal elevation delay time were observed between each pathophysiologic lesion group. 
喉頭挙上遅延時間と病変病態群の間には有意差を認めた

However, pharyngeal delay time remained similar among groups. 
しかしながら、咽頭期誘発遅延時間と病態群では類似しているままだった(有意差を認めなかった)。

Brain infarctions of corticobulbar tract and basal ganglion were significantly associated with laryngeal elevation delay time prolongation. 
皮質延髄路と脳幹神経節の脳梗塞は、喉頭挙上遅延時間と有意に関係しているようだ

CONCLUSIONS: Laryngeal elevation delay time with low-viscosity contrast medium is a recommended parameter to discriminate the corticobulbar tract and the basal ganglion lesion. 
低粘性造影剤による喉頭挙上遅延時間は、皮質延髄路と脳幹神経節病変を識別する推奨されたパラメータである。 

Copyright © 2012 The American Laryngological, Rhinological, and Otological Society, Inc. 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。