2007年04月01日

【小説】行きずりの街

テーマ:Book Review


志水 辰夫
行きずりの街

 シミタツ節を初体験。「このミス」1992年国内1位だったり、テレビドラマ(主演:水谷豊)になってたりして、結構有名らしい。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
内容(「BOOK」データベースより)
 女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった…。日本冒険小説協会大賞受賞作。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 いったりきたりする東京の街中の描写が東京在住でない読者は???という感じでしょうけども、それなりに「行きずり」感というか、場末っぽいリアリティが感じられ、雰囲気はいいです。

 が、プロットとキャラについてはちょっと不満。ご都合主義っていうか、漫画チックじゃないすか?
 学園ものだからなのか、教師が主人公だからなのか、ビミョーに立ち回りが良くて出来すぎなキャラ達と、これまた綺麗過ぎる展開に、予定調和を感じたりもする。

 確かに、ストーリーにはミステリ要素がちりばめられていて「どうなるんだろう?」感をかもし出しておりそれなりに楽しめる。ただ、本格ミステリによくある「どんでん返し」はなくて、予想の範囲内でした。

 文体は割と馴染めるほうですがね。

 Amazonの書評には「短編がいいよ」と書いてあったりしたので、今度は短編を読んでみます。


人気ブログランキング ラストは往年の大映ドラマ並のベタな展開!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。