2006年09月05日

【読み物】ニッポンの単身赴任

テーマ:Book Review


重松 清
ニッポンの単身赴任

 イヤ別に、自身が単身赴任しそうだ、とか、することになった、とかそういうことじゃあないんですが、なんとなく手にとってしまいました。

 日本の端から端へ、青ヶ島や上海、はては南極!など、さまざまな地に単身赴任するお父さん20人を、小説家として数々の受賞歴を持つ著者がきめ細かくルポ。
 さすが小説家、文章は巧くて読みやすいです。

 取り上げられている20人に共通する特徴は、皆明るく、前向きであるということ。そして、単身赴任を良き経験、思い出として捉えていること。
 また、皆さん対人能力に長けているな~と感じた。単身赴任組を集めてコミュニティを作ったり、毎週赴任先の仲間達とイベントをやったり、従業員に日本語を教える代わりに中国語を教わったりと、皆さん、気持ちいいくらいに社交的です。

 そりゃ、ふさぎこんだりして、途中でめげたり、問題起こしました、なんて失敗例を集めるよりは、成功例を集めたほうが読むほうは明るくなるに決まっているけど、ちょっとは挫折例も取り上げてよかったような気もします。

 一応、出張中に不倫!だとか、中国で文化の違いに冷や汗!なんてのも紹介はされていますが、今ひとつ「どろどろ感」がなくさらっと美化されている感じがします。

 現実はもっといろんな葛藤や紛糾があるだろう?なんて思ったり。

 なんといっても、戻れている人達は幸せな部類ですよね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
内容(「BOOK」データベースより)
 転勤族の息子だったシゲマツが、北海道から上海、南極まで、単身赴任の仲間20人をルポルタージュ。「単身赴任について考えることは、そのひとにとっての幸せのかたちを探ること」と言う著者が、彼らを訪ね歩いた結果、見えてきた「仕事」と「家族」と「自分」の新しい関係とは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
 重松 清
 1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。1999年『ナイフ』で第14回坪田譲治文学賞、『エイジ』で第12 回山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で第124回直木賞受賞。話題作を次々発表するかたわら、ライターとしても、ルポルタージュやインタビューを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



人気ブログランキング全盛期の商社マンは軍隊でも入れないようなキケンな地域にも出向いたそうだ。先人達のサラリーマン魂に乾杯!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。