2006年05月21日

ダ・ヴィンチ・コード

テーマ:ブログ

 数々の派生本や類似本、映画公開にあわせた文庫化、TV番組タイアップなどの派手なプロモーション、数々のキリスト宗派との非難合戦、あげくのはてには盗作騒ぎと、実はネガティブキャンペーンも作戦の一環だったんじゃないか?とすら思わせるくらい、バブル的盛り上がりをみせている、このダ・ヴィンチ・コード。
 小説は一応楽しく読ませてもらったし、割と乗りやすい性質なので早速観てしまいました。

 先ずは、よく小説の内容を2時間半におさめたな~と素直に褒めたい。
 映像的にも、数々の欧州の宗教的、歴史的建築物や、たまに出てくる中世のシーンや暗号が語りかけるイメージの合成CGなどが秀逸で、"映画"として楽しめます。


 ネットでは酷評しておられる方もおりますが、インディ・ジョーンズとかナショナル・トレジャーばりのハリウッド的アクション超大作を期待していたのでしょうか。
 確かにそういった分かりやすいカタストロフィはありません。ひっくりかえるような大波ではなく、分かりにくーい小波が連続しつつ、2時間半が過ぎていく感じですね。

 また、小説ではあんなにワクワクした暗号解読のシーンの数々が、かなり淡白になってしまっており、そのあたりも"サスペンス"にもなりきれていない中途半端さはあります。

 カーチェイスも格闘も銃撃戦もラブシーンすらも、全てがどこか控えめでお上品な感じ。

 この作品の核心中の核心、聖杯、キリストにまつわる謎解きと歴史論争も、説明的に、大学の講義のように、進んでいきます。
 NHKスペシャル?とまでは言いませんが、ヒストリー・チャンネルのスペシャル番組か?と見紛うような…


 おそらく辛口評価のパターンは以下でしょう。

 欧米の観客:「こんな出鱈目トンデモ発想のキリストを歪曲した映画はケシカラン!」
 日本の観客:「話がよくワカラン!もっと説明を減らして絵的に分かりやすくするように!」

 小説を読み込んだ人か、キリスト教や欧州の歴史に興味があったりする人じゃないと、展開についていくのは辛いです。
 映画館でとなりの席にいたオバチャンは???マークが10個以上ついてるようでした。

 世界史の教科書の中でしか知識を得ていないであろう、多くの日本人にはやっぱりなじみがない世界なのでしょう。



 あと、トム・ハンクスがこの役というのがどうしても納得がいきません。知的さは確かに感じますが、終始しかめっ面の困り顔。髪型もかなりビミョーだし、なんだかメリハリと自己主張がないんですよね。

 流石にハリソン・フォードとかニコラス・ケイジはありえないとしても、ヒュー・ジャックマンとかラッセル・クロウとか、もうちょっと艶っぽい俳優でも良かったんじゃあ…
 ほかの配役(ジャン・レノ、オドレイ・トトゥ 、イアン・マッケラン、ポール・べタニー)がそれなりにハマってただけに、残念!
#但し、存在感は全員とも出し切れていない。ポール・べタニーだけはサイコっぷりが期待通りでしたが!


 個人的には、同じキリストの血脈に関するフィクションだったら、勇午「マグダラのマリア編」のほうが現代的でどきどきしちゃいますけどね!
 主人公が日本人ということ以外は殆どが海外で展開する話なので、ハリウッド映画化もしやすいのでは?
今後は、日本の漫画→ハリウッド映画化、が増えそうな気がしているんですが…根拠のない、タダのカンです。




人気ブログランキング「勇午」の映画版も観てみたい人はクリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■ごぶさたお米ですみませんです

Basetta@満腹昼寝寸前 様:
 ギバちゃん、確かに!
 踊る~のヒットでしかめっ面の役しか似合わなくなってしまってそうですよね。

杉原 啓史 様:
 秘密結社というだけでアヤシイ響きがあり、それが時代を経ていろんな尾ひれがつくのでしょうね。
 秘密結社で想像するのは、昔やってたアニメ"装甲騎兵ボトムズ"です。ある種のリアリズム(主役メカが不恰好でいかにも兵器っぽい)があり結構スキでした。
 マニアっくですみません。

7 ■無題

初期キリスト教成立までの間にはいろいろあった・・・それが暴露されると。

しかし、シオン修道会はなんとも胡散臭いですね。

6 ■無題

yokさん、こんにちわ(* ^ー゚)ノ
トラックにお米板抱きましてありあとぅござまーすm(__)m
世界・ふしぎ発見共感組って事で、スーパーひとし君差し上げたい勢いでありますが、ヤメときます(笑)
ちなみにトムのしかめっ面より、ギバちゃんのしかめっ面の方がステキです...(´З`)

今後ともやらしくです(* ^ー゚)

5 ■謎と謎の間

が秀逸だったんですよね。小説だと。
これが映画になると、考える間もなくどんどん進むので…実は映画向きではなかったのかも知れませんね。

4 ■yokさんコメント&TB有難うございます

yokさんコメント&TB有難うございます
映画はhideの好きな俳優さんばかりで、案外楽しんだのですが。
20日のフジテレビの特集番組は結果的にこの映画のネタバレ番組だったですし、実際の映画の謎解きは駆け足でしたし、この映画の結論は『義経が大陸に渡ってジンギスカンに成った』のような伝説のような感じはしました(笑い)
背景など知る為にも、原作など観て見ようとは思いました

世界同時公開と銘売ってる映画は、確かにhideは不安を感じます(笑い)

3 ■migros様、naopeach様、コメントありがとうございます

migros様:
ですよね~
自分もトム・ハンクスでいいと思ったのはプライベート・ライアンのみです。しかしあの映画も驚愕の映像と音、渋い隊員達に助けられてのものですからね…
アメリカ人って結構ああいう「どんくさそうなダサ目の秀才」みたいな男が好きですよね。言いすぎ?

naopeach様:
ミュンヘンなんかでも感じましたが、ヨーロッパの街はやはりいいですよね。アメリカとは違った奥ゆかしさがあります。
きっと欧米人にしてみたら東京と京都みたいな感じなんでしょうね。
目玉のルーブル美術館ロケは、最初と最後にちょっとづつです。席が前のほうだったので映像美が若干堪能しきれず不満でした。

2 ■観たい!読みたい!

はじめまして。
美術館好き・ヨーロッパ好きの私には、久しぶりに見たい映画がでました。
原作で少しだけ歴史のこともお勉強して、観にいきたいと思います。
読書も好きなので、書評もちょくちょく見させてくださいね☆

1 ■トムハンクス・・・

彼が出ている映画で、好評の割りに私が個人的に「ダメ」なのいっぱいあります。ダビンチコードでも、「なぜ、彼を?」でした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。