2006年02月05日

【ビジネス】ブログ・オン・ビジネス

テーマ:Book Review


シックス・アパート株式会社
ブログ・オン・ビジネス 企業のためのブログ・マーケティング

 ブログの考え方をビジネスに応用するにはこうしましょう、といった入門書に近い内容。

 この本の説得力の源泉は何と言ってもブログの生みの親、シックスアパート社が編集しているところ。実際、同社代表取締役の関さんも執筆している。

 さらに、Webプランナーがある企業のWebサイトをリニューアルする経過や、ブログをビジネス活用している企業の事例などが載っていて、Webをビジネスに応用しようと考えている諸氏には参考になろう。
 ただし本文は156頁程度、膨大な資料的価値を求めている場合は不向きである。あくまで基本的なことを再認識する、あるいは思考のスパイス、読み物的に捉えるべきものである。

 そう言えば、ブログってどうやって生まれたの?誰がどうやって考えたの?といったうんちくも得られるので、ブログをやっているならビジネス応用意図の有無に関わらず一読しても良いかも知れない。酒の肴に小話として語れることうけあいである。

 実際、ブログツールは、Webというものを、HTMLだのCGIだのDBだのといったシステム開発会社主体で「おい、日本語しゃべれよ」とつっこまれてしまいそうな技術用語連発の閉鎖的な世界から、企画力、表現力、ビジネスモデルといった本来のビジネステーマ主軸の世界にぐっと引き寄せた。

 そもそもシステム開発という、作り手側の論理がこれほど横行していた業界というのも珍しい。

 システム・インテグレータは、あくまで顧客主体のビジネスプロジェクトにおける一要素でしかなかったシステム開発というものを、独立した仕事・プロジェクトにしてブラックボックス化してきた。

 そして顧客も「コンピュータは訳の分からない難しいもの」として思考停止状態になり、本来考えるべき領域までまとめて、あるいは満足にビジネス目的を考えきらずに目的そのものをシステム化にすり替え、システム・インテグレータに丸投げしてきた。

 昔はインターネットというインフラやWebといった「自ら標準化され拡張化されていく」革新的なソフトウェア基盤もなかった。全てにおいて、技術者が何かしらの手を入れなくてはならない。確かにそんな時代だったからこそ技術者集団というのは重宝されわが世の春を謳歌していた。

 もはや現代では顧客自身が「なんだ。私でも出来るじゃん」ということに気づく土壌が出来、条件が揃ってしまった。
 そのことを一番分かっていないのはシステム・インテグレータ自身かも知れない。

 いま、システム・インテグレータに人材が集まりにくくなってきている。

 また、SEは3K職業だ、と言われて久しいが、これらのことはブログの台頭と全く無関係という訳ではあるまい。しかしSEという言葉すらも、単なるソフトウェア技術者のことを指してSEとくくられることも多く、この辺の定義の曖昧さがプロフェッショナル欠乏症に陥っているIT業界の問題点と言えなくもない。

 こういう本を読むと、つくづく「ソフトウェアは単なる道具。要はどう作るかじゃなくてどう使うかでしょう!」ということを再認識させられる。


他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■祝blog復活。読みますた。

いいこと書いてますね!

「出社時間が少しずつ遅くなってきた」

やばい!半徹で泊まった時以外はかなりあてはまりまする。反省せねば。

1 ■ご挨拶

デキるビジネスマンを目指すブログを書いておりますアッキーです。
永い間、更新をお休みしておりましたが今回復活致しました。
大変お待たせ致しましたが、改めてこれからもよろしくお願い申し上げます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。