メガネ内田かつのりメガネ   実践ヨガ解剖学講座
  2015年 開催スケジュール




1月


10日(土)
~12日(月) 東京  
 経絡3日間集中講座 


17日(土)  東京  
 経絡入門ワークショップ ~人体を流れる14本の川の入口へ~ 
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~骨って何だろう~ 


18日(日)  東京  
 アナトミック骨盤ヨガ 体験ワークショップ 
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~筋肉って何だろう~


31日(土)  東京  
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 上半身編





2月
 

1日(日)  東京  
 アナトミック骨盤ヨガ 体験ワークショップ
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 下半身編


3日(火)  東京  
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 上半身編


4日(水)  東京  
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~骨って何だろう~


10日(火)  東京  
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 下半身編


11日(水)  東京  
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~筋肉って何だろう~


12日(木)
~15日(日) 東京  
 アナトミック骨盤ヨガ 指導者養成講座


19日(木)  大阪  
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 上半身編


20日(金)  大阪  
 3時間ワークショップ 肩と股関節の連動
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 下半身編


21日(土)  大阪  
 経絡入門ワークショップ ~人体を流れる14本の川の入口へ~
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~骨って何だろう~


22日(日)  大阪  
 アナトミック骨盤ヨガ 体験ワークショップ
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~筋肉って何だろう~


28日(土)  東京  
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~骨って何だろう~






3月


1日(日)  東京  
 経絡入門ワークショップ ~人体を流れる14本の川の入口へ~
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~筋肉って何だろう~


7日(土)
~10日(火) 大阪  
 アナトミック骨盤ヨガ 指導者養成講座


12日(木)  名古屋 
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~骨って何だろう~


13日(金)  名古屋 
 3時間ワークショップ 膝関節セラピー
 実践ヨガ解剖学講座 基礎編 ~筋肉って何だろう~


14日(土)  名古屋 
 経絡入門ワークショップ ~人体を流れる14本の川の入口へ~
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 上半身編


15日(日)  名古屋 
 アナトミック骨盤ヨガ 体験ワークショップ
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 下半身編


31日(火)  東京  
 「怪我をしない、させない」2日間集中講座 上半身編


                
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-07 16:51:55

生きる事が罪にならないようにと

テーマ:ヨガ

あけましておめでとうございます。
今年最初のアナトミックヨガは19時~
オハナスマイル駒沢大学店になります。

写真は、去年最後のクラス後に、いつもの仲間から貰った、大事な色紙。
自分みたいな人間でも、少しは世の中の役に立てるのは、本当、有難いです。

年頭なので、皆の今年一年の、なりたい私を夢見ていきましょう。

汚れなく、嘘なく、潔癖に、
なりたい私に近づけたら…。
何も言う事はないでしょう。

だけども、
生きると言う事は、そんな簡単でなく、
泥にまみれ、仕方のないウソにも包まれ、
生きる行為そのものが重荷。
……になる時もあります。
暮らしとは、そんな繰り返し。

僕らは、当たり前の有難さを忘れ、
時に、生きる事をさぼり、
ボヤく事だけ一人前になったりしますね。

失礼な言い方になりますが、
患者さん、不健康、医療などといった場所から、
ありふれた日常の悩みを覗いていくと、
その殆どの悩みが、どうって事ないものに写る時があるのです。

実は、生を受けるだけで奇跡であり、
身体がここにあるというだけで、 
十二分に恵まれているはずなのに…。

その際に思う言葉が、

“生きる事が罪にならないように在りたい”

その強い想いは、残念ながら、弱い僕には、
実にあてにならない位、か細いものなのですが…。

“当てにならない誓いだれど、
生きる事が罪にならないように”

今日は、誓いを立てながら、
肩周りにフォーカスしていきます。
{E2827630-5384-4C67-B59F-C14057D644D4:01}

{4E60421A-E63C-4562-9337-86A2E7162A49:01}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-24 03:04:42

『Happy Christmas - War is over』

テーマ:ヨガ





12/24
(水 祝)クリスマスイブ、今年最後のアナトミックヨガ。



元々、24日のクラスがイブにあたる事から、

クリスマスソングを添えてみようかと考えたのですが…


ならば、いっそ12月全てクリスマスづくしにしてしまえと…⁈

それが今月のクリスマス特集になりました(勝手に名付けてます)。





皆さんは、戦争という、国と国との争いをどのように捉えていますか?




残念ながら、今、この瞬間にも多くの人の命が、何の価値もないように、

しぼんでいっている現実があります。




少し残酷で、少し冷たい僕らは、

他人事のような毎日と、他人事のようにクリスマスに浮かれているのも事実ですね。



今日の曲の1行に、次のような言葉があります。

The world is so wrong(世界は間違っている…)



不思議な事に、John Lennon より年下だった昔と、年上になった今では、捉え方が丸っきり違うのですね。





戦争なんてものは、無いに越した事はないのですが、

人という馬鹿で、愚かな生き物が滅びはしない以上、

戦争は必要悪で、無くなりはしないのだろうなぁ…と。

感じてしまいます。





例えば、


皆は苦手な人は一人もいませんか??


そして、その苦手な人に不満や怒りを持った事は一度もありませんか?


その方に罵りを浴びせた事はありませんか?




ヨガの八支則があるから皆さんは、本当に、何の問題もありませんか??




僕は全然ダメです。


幾ら、少しばかりの八支則を学んでも、苦手な人は無くならないし、

怒りや怒りに似た感情は日々生まれては消えの繰り返しの愚か者です。




仮に、僕個人が、国だと捉えたならば、

毎日のように、争いは後を絶たないのだろうと思ってしまいます…


The world is so wrong…』 

それを、英語が苦手な僕が訳すならば、




“まだまだ、僕らは、過ちを犯し続け、


間違えだらけの毎日に、とっぷりと浸かっている”
 

となるのです。



だからこそ…




せめて、今夜と明日だけでも、

その間違えを遠くから眺め、

つらくあたった仲間や家族達にむけて、

Happy Christmasという、

心からの一言が言えたならば、


無意味で、利己的な争いが少しは少なくなるのではないかと…

(佐野元春さんは、この唄にインスパイアされたのがよくわかります)




今日のクラスは、一年間の頑張った私を称えて、ハイランジではなく、悶絶ハイランジで、今の私を浄化していきましょう。

キ・ツ・イですから、覚悟のある方だけ参加してくださいね~




John Lennon

Happy Christmas - War is over


https://www.youtube.com/watch?v=yN4Uu0OlmTg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-17 15:33:59

『Christmas time in blue』

テーマ:ヨガ

17日 オハナスマイル駒沢大学店でのアナトミックヨガ。
クリスマスに絡めて第3週目になります。

“穏やかさ”と言う言葉について。

“穏やかさ”という佇まいが、周りすべてをご機嫌にしてしまう。
そんな人、皆さんの周りにもいませんか?僕は無条件憧れるんです。


何故ならば、自分自身とは、遠い場所にあるものだから。


ひねたり、ささくれ立たないと、成り立たなかったり…
譲れない小さな想いにしがみついたり、


それを守る為には、尖んがならないと、居場所がなくなってしまったり…。


その生き方が良いか悪いかは解らないけど、『俺、なんで、一年中怒ってんだろ??』

そんな時、この人に惹かれ、魅せられたものでした。
自分が好きになるタイプからは、かなりかけ離れていたからこそ、余計に入れこんだものです。


ちょっと疲れた23の春、有り金全部持って、

『帰って来てからの家賃どうしよ…うーん、知らねぇよそんな事、どうにかなるだろ‼︎』
と、自問自答をしながら、N.Yに遊びに行き、マンハッタンをウォークマン片手に歩きながら、リズムに、言葉に、メロディーに酔いしれ、

『安奈とは、甲斐バンドとは確実に違う、違う種類の心地よさが何かあるぞ!』

10代から聞いて知ってはいたけど、その頃は、まぁ好きなほうかな‼︎
なんて、すましていたけど、N.Yの街のスピード感にマッチしていて、これいいなぁ~となりました。

その年の暮れに、コンサートに連れられ、生でこの人を聴けた贅沢さは、忘れられません。
やっぱり“穏やかさ”を、持って僕らをハッピーにしてくれました。

レゲエ調のこの曲は、“痛い世の中”を痛くないように、だけども、ただのファンタジーでだけでは終わらない響きを残しながら、ご機嫌にしてくれます。

『お金のない人も ありあまってる人も…メリークリスマス』って……

“バカヤロ~金もないのに、メリークリスマスなんていえるかよ”

と突っ込んでも、この陽気なレゲエ調の曲は、全く鳴り止んではくれません。

少し鼻にかかる甘い声で、
『世界のチルドレン Ring a ring s Roses』
と、ring ringって何だ?英語が苦手な僕を、更に混乱させながら、

『Sha la la la la la la Sha la la la la』とステージからマイクを向けられてしまうと、
『Sha la la la la la』と…。

“あっ、俺、一緒に口ずさんんでる…リズムを身体で刻んでる…
お金ないけど、クリスマス楽しいなぁ~”

見事に、この人の世界に引き込まれてしまうのです。

『大切な人も  離れてゆく人も よく働く人も 働かない人も 

 うまくやれる人も  しくじってる人も メリー・メリー・クリスマス Tonight's gonna be alright』
 

割とシリアスな内容を、軽く唄いあげながらも、心の奥にある大切な何かと向き合わせてくれる。この人。
いったい、この人は、どんな毎日を過ごしるんだろうか?

働かない奴のクズぶりを、嫌という程知っているはずの僕からしたら、
いつもしくじってばかりの自分からしたら、

えっ、えっ、えっ…の連続。

ディズニーランドなんてバカらしいよ、絶対mickeyの被りものなんてしないからなぁ~と、言いながら、いつの間にか、被りものに身を包みPEACEしてしまうかのような魔法が、ディズニーランドと言う夢の国にありますよね。

この人にも、この唄にも、そんな魔法があるんです。

人の数だけ、今日というドラマがあるかと思います。
毎日、穏やかな人も、そうでない人も、
明日の夜は、少しの時間だけでも、アーサナの中に更なる“穏やかさ”を探していきませんか?

佐野 元春 『Christmas time in blue』
https://m.youtube.com/watch?v=C-EsqjkAxqU


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-09 06:26:13

12月10日〜安奈〜。

テーマ:ブログ


歌謡曲がオールターゲットで世代問わず、時代の背中を映し出してた
昭和の時代に、ふざけるなよ!!歌謡曲のエリアに、この歌を入れてくれるな!!
と、
私や、我を、主張するニューミュージックなんてジャンルもあり、
時代と凌ぎを削り合いながら、やがてそれはJポップと名付けらました。

ヒット曲は、世代を超え、誰もが、日本中何処であっても、
口ずさめた、皆の宝箱の役割をしていた時代。
テレビと共に、ラジオというより身近な情報源が、大きかったのでしょう~。

当時、僕の家は裕福とは言えず、どちらかと言えば貧乏な部類であり、大工の父は、酒に溺れ、母親が身を削り、死ぬ想いで、その日、その日を、やりくりしてくれたものです。

クリスマスプレゼントや、ケーキなんてものは、口が裂けても言えない雰囲気でした。

未だに、母親はこの時期になると、静かな口調で、昔話を蒸し返し、僕と姉とを咎めるのです。

年末のラジオでは、クリスマスの時期になると、恵まれない人へのチャリティー募金というものがあり、ラジオから欽ちゃんが、恵まれない人に愛の手をと!懸命に捲し立て、煽るように、募金を募っていました。

その声をコタツの中で、姉と聞いていた僕は、母親の死ぬような頑張りさえ省みず、家中のお金を集め得意満面。

お菓子箱を重ねた、二重の箱の底に忍ぶように隠された
母親のなけなしの小銭までにも…。

仕事から帰った母親に、褒めて欲しくて、頭を撫でて欲しくて、最上級の顔で、チャリティーを説いた瞬間…。
優しい母親は、鬼にような顔に変わり、

『どんな想いでお母さんが働いてるか…分かってるのか!!』

『こっちがチャリティーして欲しい位だ!!』

呆然と固まる…姉と僕。そして、暫くすると、これ以上ない程に、母親は悲しい顔に変わりました。

大人になってこそ、わかるのですが、当時は、親戚や、近所の方が、何度となく、それとなく、生活保護を勧めていたようです。
それに対して、頑として受け入れない母。そこには、人としての意地と軸の貫きがありました。

僕は、こんな母に育てられた事を誇りに思いますが、当時は理解も出来ず、心無い言葉で、よく母を傷つけていた事を思い出します。

その日、
チャリティーという、良い事をしたのに、何故、こんなふうに、怒られ、悲しい時間になるのか…
姉と僕は、母親のお金を盗んでしまったのか…

コタツの中、うつ伏せのまま泣いている姉。
台所で夕飯を作りながら、背中で泣いている母。

僕らは、呑んだくれの父を恨み、更には、貧乏が憎らしくて、
どこに当たり散らしたらいいのか…それさえわらない12月を幾度も向かえたものです。

お金があれば悲しくないのか!?
お金こそが正しいのか…。
何がクリスマスだ…。
何がチャリティーだ…。

そんな時期に流行っていた曲。

『寒い夜だった 辛く悲しい 1人きりの 長い夜だった』

クリスマスは、切ないものだと、 未だに僕の中に割り切れない想いがあるのは、
この頃の体験があるからなのでしょう。その度に、リフレインするフレーズが甲斐バンドの『安奈』

人生や、青春は、甘いだけの優しいものでなく、 不平等であり、不条理で当たり前。
そこには、いつも、誰もが、何らかの傷を持ち、痛みにさらされている。

それでも、ハッピーになりたいのなら、そこから、這い上がってこいよ!と、教えてくれたのが、甲斐バンドでした。

この唄、Jポップなんて括りよりも、ド演歌ですね。ロックだとか、ジャズだとか、歌謡曲とだとか、どうでも良くて、そこに当たり前の心があるのか…
ジャンルなんて区分けでなく、貴方の心、私の心、どこまで真っ直ぐを貫けるのか…

そんな事をこの時期に、学ばせて貰えたんだと感じます。
皆の中のクリスマスはどうですか?いつも薔薇色ではないかもしれませんね。

明日は、自分の弱さと向き合って、少しセンチにアーサナをして行きましょう~。
アーサナ名はないけれど、沁みいるように、心に身体に効かせます。
あえていうなら、Σの先にあるもの、パールシュワの先にあるもの…。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-03 00:54:09

12月3日 〜恋人がサンタクロース〜。

テーマ:ブログ




高校一年の二学期が終わり、
冬休み入った僕らは、
離れのある友達の家に集まり、
夢一杯の今とバラ色の明日を楽しんでいました。

誰もが通過する当たり前の蒼い時代は、
何する訳でもないのに、
狂おしく、甘く苦く、
一年前の受験の時期とは、
丸っきり違う開放感で一杯。

深夜0時を過ぎた雪が降る中、
バイクを走らせ仲間2人が加わった時に、
初めて知ったのが…この唄。

『いくら〇〇でも、セイコには敵わないよ』
(〇〇とは、当時、僕が大好きだったバンド)
と、勝ち誇るかのように、
ラジカセのスイッチを押したのでした。

僕の好きなバンドと、
比べる事さえ無意味であるのに、
誰もが、何もかもに対して、
1番を口にしたいのが…16歳。

その日、深夜から合流した2人は、
マツダセイコのコンサートに行ってきたのでした。

恐らく、誰もが、初めて武道館に行くと、
九段下からの坂道で、
この後待っている何かにドキドキ。
ダフ屋に興奮。
あの馬鹿でかい入り口で走り出し。
二階席という異空間に酔い…。

ましてや、
アリーナEブロックなんて場合は、
チケット落とさなぬよう、
何度も確認、
盗まれないよう
細心の注意を払い、
心拍数はピークに!!

その日の2人は、
まさにその儀式を通過した直後だから
さあ大変。

東京の街、
武道館の大きさ、
ライブというものの凄さを
田舎者の僕らに、
とくと語るのでした。

平塚という街の中でも、
更に田舎にある離れで、
朝にはツララが出来るとか…
そんな秘密めいた場所で、
僕らはまるで外国の話を聞いているかのように、
クリスマスを過ごしたのでした。

深夜から明け方まで、
何度も何度も、
巻き戻しボタンと再生を繰り返し、
タッタ・タという独特のリズムを刻んでは、
笑い転げながら、
好きな女の子の話で盛り上がったものです。

どちらかと言うと、
クリスマスは切ないイベント。
そんな僕に、
こんなハッピーはどうかな?
と、
マツダセイコという届かぬ恋人は、
僕らに愛をくれるのです。

『8時になれば サンタがうちにやってくる』

ヨガスタジオにも、
クリスマスがあり、
サンタが来てくれるかも知れませんね~。

たまには、
笑い溢れるクラスを目指してみます~。

武道館と言えは、坂道。
坂道といえば大腰筋。

クラスは大腰筋にフォーカス。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。