クラブくらぶ倶楽部番外編

ワシには夢がある~~希望があるそして~~持病がある
    変形した肘  椎間板ヘルニア そして
    時々登場する エロ男爵

飛べ飛べ!!もっと遠くへ!!飛びを追求する半世紀オヤジドエ~~ス






テーマ:

BALDO COMPETIZIONE 568 DRIVER 460

試打クラブ完成です

 

見とれるほどセクシーです

 

空間を最大に活かしたデザイン

 

しかも性能、機能、美、が融合されています

 

機能だけに捕らわれてカッコ悪いクラブ作りは少なく有りませんが

 

COMPETIZIONE 568は420も460も機能を伴ったカッコ良さが最大の魅力です

 

420ccヘッドが先行した為、460のコンセプトを固めるのはかなりの労力だと感じます

なぜなら?420があまりにも素晴らしヘッドで420CCのツカマリの良さとコントロール性能

 

更に420CCの小降りな体積からは想像出来ない奥行を感じるエネルギーによるインパクト

 

飛距離性能はこれで420ccなの??と呆気にとられるほどの飛距離です

超ディープなフェースながら神経を尖らせ無くても打てる懐の深さ

 

460CCは420CCのキープコンセプトの中に、

 

更なる安心感とミスヒットへの許容量を増大しバックスピン量を絞った事でり更なる飛距離性能を狙っています

 

洋梨から少し丸みを付けて、安心感が上がっていますが、スピン量は確実に減少しています

フェースは420よりシャローに見えますが、

そこはやはり!!BALDO Magic!Umemoto Magic!440ccのLCとほぼ同じで

420CCとも実寸では大差が有りません420と460の体積比によるディープ率の違いだけなのです。

 

ですから、フェースから見たボディーバランスはbest of best!

より強い球をよりeasyに!早く打ちたい

 

ヤンチャな心を掻き立てられますが、ジェントルな打感も変わり有りませんね

 

シャフトは、LOOP GK

実は少し前にシャフトは届いていたのですが!568 -460の為に温存しておりました

 

マットブラックにメタリカルなグリーンコスメ

 

BALDO と LOOPのコラボレーション

 

最高ですね

 

シャフトの挿入はカット後のバランス位置を基準にニュートラルスパインを出して

 

重心に対して面取りして見ました

 

流石はLOOPさんは技術集団です!荷重が弱いと自力回転でニュートラルポジションが上を向きません

 

それほど360度の硬度の差が全周において少ないのです

 

安定したヘッドの挙動を約束してくれますね

 

グリップはSTM S1 PROTOTYPE グリーン

単なる色合わせでは無くホールド性能も秀逸!

 

私が作ったグラブで一番美しいグラブだと思います

 

われながら自己満足に浸ってしまいました

 

すべてがPROTOTYPEですね(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

シャフトスパインの調整??

 

スパイン挿し

 

神の領域のチューニングのように思われがちですが・・・

 

さてどうなんでしょうね~~

 

簡単にシャフトセンター硬度だけで、硬い面をヘッドの背に向けて挿して

 

スパイン調整してあります????

 

あるいは、ヘッド重心方向を基準にしてスパイン挿しと・・・・

 

まあそれはそれでシャフトロゴ基準で裏挿しとか表挿しでないのは事実ですが

 

それでスパイン調整と言えるのだろうか??????

 

シャフトには長さが有りますから・・・・

 

考え方によっては、シャフトの長さの中に縦方向の硬い部分、柔らかい部分が出てきます

 

ですからシャフトの円周360度だけでスパイン調整という考え方は踏み込みが足りん

 

と思うのであります

 

キックポイントが手元のシャフトも、センターキックのシャフトも、先調子のシャフトも

 

センターフレックスだけの数値でスパイン調整ってのは????

 

2次元の世界であって・・・3Dの世界では有りませんね

 

以前はアイアンシャフトを簡易スパインファインダーでシャフトの抵抗力を図る簡素は方法が

 

良く用いられました・・・

 

まあドライバーより短く硬くなるので縦軸のポジションの影響は少ないですが

 

まあ人には人のやり方が有りますからとやかくは言えませんし

 

メーカーがスパインポジションを一切明確にしないのは

 

用品ルールにも明記されている通り、シャフトは360度どの方向でも同じシナリでなくてはならないからに他なりません

 

ですから・・・スパイン調整というと非合法??と言えなくもないのですが

 

接着安全性さえ維持していれば、360度どの位置をヘッドの何処に挿すという決まりも有りませんから

 

要は・・・グレーと言えると思います

 

ですからメーカーさんが出来ないクラブ組み立ての手法なわけです

 

3Dなスパイン・・・シャフトの長さ+360度断面の硬度+ヘッド重心角

 

的な事を考えますと・・・・

 

キックポイントを割り出して、キックポイントの円周スパイを向ける

 

ってのが1つの方法と言えます

 

しかし、シャフトってほぼカットしますよね・・・

 

では、スイングに対してヘッドの挙動やシャフトの挙動に一番が影響するのはっていうと

 

必ずしもキックポイントでは無い

 

シャフトのキックを上手く使って打ってる場合はそれでいいのかもと思ったりします

 

フルパワーで重量級ヘッドをパンチで打ってる人は寧ろキックポイントよりも

 

クラブとしてのバランスポイントで3次元化した方が良い場合も有るはずです

 

というと3D+スイングタイプというオマケが付いてきます

 

前から思っていましたが、この理論で言いますと

 

スパインとってありますというクラブをバラしてみると

 

違ってきているものが少なくないのです

 

ワシ個人はスパインってのはあまり拘りませんが、やるときはセンターのみではやりません

 

更に言いますと・・・ほとんどの場合

 

「トウダウンしない方に挿す」のがスパイン調整????

 

でもないはずですよ・・・逆もまた真なり

 

そんなこんなで・・・・

 

プレックス調整機器も進化しています

 

アルクさんが出してくれましたね~~~

 

 

センターマルチゲージ

 

 

今までのセンターフレックス計

 

 

から劇的進歩です!!3Dスパインがかなり容易になります

 

 

グレーなチューニングはあまりおすすめしないですがね

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん・・あけましておめでとうございます

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

さて・・・ゴルファーが年頭に脳裏に描くゴルフへの思い

 

色々有るとも思います

 

1.スコアアップ(100切り 90切り 80切り)これが一番多いと思います

 

2.飛距離アップ・・・コレが2番目でしょうかね

 

 

3.苦手を克服・・・

(もう少し具体的なビジョンで言えば)

 

3-1 パター数を減らす

 

3-2 シャンク脱出

 

3-3 バンカー脱出克服

 

などが考えられますね!!

 

バンカーさえ1発で脱出できれば100が切れるのに!!

 

なんて言うゴルファーは決して少なくありません

 

目標達成の為に今まではウェッジヘッドのソールやバンスに拘っていた

 

それがバンカー用クラブ用品の現状ですね

 

これらのクラブヘッドは「エクスプロージョンショット」で旨く砂を爆発できないゴルファーの為に

 

ダフってもワイドなバンスで砂を飛ばすタイプ

 

軽撃区のフライドエッグや

 

フォーティーンから新登場した(アプローチタイプ別ウェッジ)H030

 

 

この分野では草分けのLYNX BOMBA

 

もう1つの逆パターンとしては砂にエッジが入りやすく、抜けやすくした EKB58

 

 

などが有りますね

 

いずれもボールの手前の砂を叩くバンカーセオリーに基づくクラブ達で、

 

バンカー苦手アベレージゴルファーの強い味方である事に間違いありません

 

素晴らしい機能を持っています

 

技術も伴わない3Wを抜いてもバンカー専用ウェッジを入れる人もいますし

 

スコア短縮に直結するのです

 

しかし、これはグリーン周りのバンカーとしての機能が優先されていますから

 

フェアウェーバンカーからでは十分な1本とは断言できません

 

そこに来て新境地を見開いたのが

 

コンポジットテクノさんのバンカー脱出専用シャフトというモノです

 

 

SO-SWシリーズ

 

シャフトとしてバンカー脱出を科学したシャフトは画期的です

 

重いスチールシャフトで力任せに大根ギリして達磨落としのオカワリ

 

挙句には大トップからのホームラン・・・・

 

力任せだけではバンカーは出せない

 

今時のウェッジヘッドはソールやバウンス形状が素晴らしく

 

以前のように過度にフェースを開きカット軌道に打たなくてもバンカーアウトは容易です

 

カーボンシャフトではバンカーの砂に負ける・・・

 

という考えの方も少なく有りませんので、スチールシャフトでヘッドを砂に落として止める

 

古来?の技法ではなくグリップを止める事で発生するヘッドの走りでむやみやたらと

 

力む事無くバンカーから脱出するシャフトを目指したのだと言えますね

 

やや軟調ですので、オヘソの前でグリップを止めてやると勝手にヘッドが前に出てくれます

 

ですから

 

ソールが滑った痕跡はボールの前にできるのです

 

やや大きめのウェッジヘッドで特にバンカー専用計上でないヘッドで試したいですね

 

色んな発想で2017ゴルフ上達計画を実践してみてはいかがでしょう

 

・・・・ま~こんな感じでアメブロをボチボチ書き進めてまいりたいと思います

 

昨年は震災やSNS等の投稿でブログ記事が少なくなってしまいました

 

今年は頑張るぞ!!と・・・意気込みだけはございます

 

昨夜も福島・茨城・栃木でM5.3・・・年の初めに大変ですが

 

2017年は自然災害が無い日本でありますよう

 

世界の首脳交代 アメリカ フランス 韓国・・・フィリピン等

 

世界景気復興を願います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。