広島市の秋葉忠利市長と藤田博之議長は16日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相に会い、非核三原則を法制化するよう要望した。これに対し、首相は「今後も非核三原則の順守を内外に向かって表明したい。ただ、法制化するかどうかについては検討させてほしい」と慎重姿勢を示した。
 秋葉市長らは、外務省の有識者委員会が核搭載艦船の寄港・通過を日米間の「広義の密約」と認定したことを受け、三原則の厳守を要望。同市長は記者団に「被爆者の気持ちを尊重すると(三原則は)絶対に緩めてはいけない」と強調した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
8月の広島訪問、首相に伝達=国連総長
日本の核安保貢献策要旨=核サミット
アジア技術者育成へ拠点=原子力平和利用に貢献表明
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着

<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
<茨城信者に性的暴行>牧師が起訴内容を全面否認(毎日新聞)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
<千日前線>電車床下から煙 乗客避難もけが人なし 大阪(毎日新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
AD