乗客106人が死亡した2005年4月25日のJR福知山線脱線事故から5年を迎えるのを前に、被害者らでつくる「負傷者と家族等の会」が、「事故を忘れないでほしい」との願いを込めたしおりを作成。メンバーの女性2人が8日、沿線のJR伊丹駅(兵庫県伊丹市)前で利用客らに手渡した。
 しおりには青空に羽ばたく鳥の絵と「安全で安心な社会を、みんなではぐくんでいきたい」などのメッセージが書かれている。6000枚作り、メンバーが1枚ずつ水色のリボンを結んだ。
 3両目で重傷を負った増田洋子さん(68)は「月日がたっても忘れてほしくない。スピードの便利さよりも、ゆとりや安全に世間の関心を向けたい」と話した。
 しおりは、沿線のほかの駅や事故関連のイベントで配布するほか、書店などに置いてもらう予定。 

【関連ニュース】
検察官役弁護士を追加指定=JR福知山線脱線事故
元運輸部長2人、再び不起訴=JR西福知山線事故
強制起訴、来月25日以前目指す=JR歴代3社長について指定弁護士
JR西、第三者機関で監視を=賠償交渉で遺族要求
歴代3社長を強制起訴へ=検察審査会が議決-JR福知山線脱線事故・神戸

増える帰化、民団の「組織維持目標」か(産経新聞)
アナタは右側?左側?エスカレーターお国柄(読売新聞)
小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)
<スペースシャトル>山崎直子さん、物資移送責任者の重責(毎日新聞)
佳子さま、高校入学(時事通信)
AD