食べるものも人間も基本的にクセがあるのがお好きなんですが…
この度この季節にもってこいなジビエを楽しめる居酒屋さんがあるとのことで
炉とマタギ 新宿店さんに行ってまいりました

モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル。
シャンパーニュの品揃えも思ったより豊富でビックリ
じゅるー
安定のモエ様で乾杯~
シャンパン

桜刺しの盛り合わせ。
付け合わせのお野菜もいっぱい
クローバー
薬味もわさび・生姜・にんにく・胡麻・あさつき・辛味噌だれ
といっぱいあってうっかりウキウキしちゃう
!!*
左から赤身(モモ)・コウネ(タテガミ)・フィレ。
赤身タテガミを一緒に頂くとおいしさ倍増なことは
皆様周知の事実かと思いますが…
うーん!!うっまきゃぁ~アゲ

中トロ(ロース)
あぁ…でも個人的にはこちらの中トロが一番お好きでしたハート
焔の焼玉葱。
淡路島産の玉葱…本当にデザートみたいに甘くてジューシーだわぁキラキラ

楯野川 純米大吟醸 美山錦 中取り。
ちょっと日本酒に合うお料理が続く感じだったので日本酒へ
スキップ
とっても芳醇だけれど後味がスッキリしていて美味でございまするー冷酒

岩魚の原始焼き。
新潟の貝掛温泉以来??まさか東京の新宿で岩魚が頂けるなんて…
嬉
本当に身がホクホクしていて骨までまるっと頂け
日本酒との相性も抜群でした


麦味噌をお好みでつけて頂くのは
猪バラの炉端焼き。
待ってました、ジビエ様

全然臭みもなくかなり豚肉に近いけれどそれ以上に濃厚なお味
スマイル

ジリバルディ バローロ 2011。
イタリアで現地買い付けされているというワインは2011年のバローロなのに
4500円というコストパフォーマンス赤ワイン
えっと…シャンパーニュ・日本酒・赤ワイン
もう完全にチャンポンコースですてへ

鱈のカダイフ ビーツのソース。
ワインに戻ってきたのでちょっとおしゃれな逸品を。
和洋折衷なお料理を楽しめるのが居酒屋さんの良い所だよね
花
どどーんとやってきたヒグマのお肉を入れて頂くのは

熊鍋。
お野菜もいっぱいで嬉しい
e913

さすがに熊肉は野生のお味がするわーきゃ
でもとってもまろやかなお味で脂部分も濃厚。
個人的には大好きなお味でしたハート

土佐鴨 治部煮。
甘辛テイストに山葵をつけて頂くのが乙
キラキラ
ゆかゆかさんが大好きな石川県の特産物
車麩もついてきてモチモチオイチーsss
おふくろの漬物。
お漬物があると基本的に注文するわたくし。
本当に店長さんのお母さまの糠床で作られたぬか漬けらしく食べやすかったぁクローバー

土佐鴨 南蛮うどん。
柚子たっぷりで優しいお味
>w<

石鍋ごはんに

カルボナーラをかけてまぜまぜして頂く
石焼カルボナーラリゾット。
これが想像以上のおいしさ
なっ・・・なんと!
おかわりしたお焦げ部分もまた美味でちた
ご飯

マタギのサングリア(山グリア)
チャンポンついでにサングリアにも手を出しました。
自家製サングリアはとっても飲みやすく
ジビエ料理の後にお口をサッパリさせてくれたよーシャンパン

バニラアイス 蜂蜜雪山仕立て。
バニラアイスにパルミジャーノチーズをかけて頂くと
こんなに美味しいんだね

なんで今まで気づかなかったんだろう。。。
おなかいっぱいでもサッパリペロリなデザートでした
ソフトクリム

居酒屋さんでこんなに新鮮で美味しいジビエ達が頂けるなんて
思ってもみなかったからびっくり&大満足スマイル
チームニューオーリンズで飲兵衛撮影~カメラ

特に熊鍋はなかなか食べられる所がないので
お肉好きジビエ好きには是非訪問して頂きたい
新宿で見つけた野生あふれる新形態な居酒屋さん
うっかりうまうまご馳走様でした~

AD

コメント(1)