相手の立場に立つ

テーマ:

時に望まないサービスを受けることがあります。

私のことを考え、良かれと思ってやってくださることは非常にありがたいことですが、

そうゆうときに

 

自分がされてうれしいこと=相手がされてうれしいこと

 

ではないと改めて感じます。

 

接遇研修でも相手の立場に立って物事を考えるように言われることは多いですが、

このときの相手の立場に立つというのは

自分を相手に置き換え、自分基準で考えるのではなく、

自分が相手になったつもりで相手基準で考えるということを

しっかり説明すべきだなと感じます。

 

相手はどう思うだろうか?と判断に迷うときは、

行動する前に、「どうしますか?」と

相手に意見を伺ってみるのもいいのではないでしょうか。

AD