強風で倒れ、移植された鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下)の大イチョウの幹から18日、緑の芽が出ているのが確認された。

 専門家によると、今年は幹が根付いていなくても芽が出ることが想定されており、来年の春、芽吹けば根付いたことが分かるという。根元部分からはすでに「ひこばえ」とよばれる芽も出ている。

 この日は鎌倉まつりで、ジョン・ルース駐日米大使が流鏑馬(やぶさめ)などの行事を視察。吉田茂穂宮司が移植された幹や、地面に残った根元部分に案内すると、大勢の参拝客とともに、興味深そうに観察していた。

巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)
成田貨物機炎上 原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
参院選「最後のご奉公」=地元で両親しのぶ会-小沢民主幹事長(時事通信)
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)
AD