23日午後4時50分ごろ、さいたま市北区の無職の女性(80)から「だまされてキャッシュカードを渡した」との振り込め詐欺被害の届け出が大宮署にあった。

 大宮署の調べでは、女性宅に23日午後2時ごろ、「県警の警部補のサワイ」と名乗る男から「空き巣の犯人を捕まえたところ、あなた名義の口座をつくっている。『銀行協会』の電話を教えるので相談してください」などと電話があった。

 女性は約1時間後、指示された携帯電話に電話すると、「銀行協会のタカハシ」と名乗る男に「キャッシュカードを指紋認証のものにした方がいい。職員が行くのでキャッシュカードを渡してほしい」などといわれ、午後4時ごろ、自宅に現れた男に銀行の普通預金のキャッシュカード1枚を手渡した。

 大宮署によると、自宅に現れた男は30歳くらいで、身長約180センチ。焦げ茶色のレインコートと黒っぽいズボン姿だった。女性は警察官を名乗る男に口座の暗証番号を教えていたが、口座はすでに凍結されており、現金の被害は出ていないという。

【関連記事】
振り込め詐欺グループ11人を逮捕 被害総額数億円か
手渡しによるおれおれ詐欺が増加 警視庁が緊急会議
他人名義の通帳購入容疑で男を逮捕 振り込め詐欺の「道具屋」か
他人のカードで現金引き出した容疑で逮捕 振り込め詐欺指示役か
カード詐取、被害800万円以上か 容疑の2人逮捕

<JR鶴見駅>天井の部品落下 主婦背中に軽傷(毎日新聞)
陛下の発言「真剣に受け止める」=将来の皇室像-皇太子さま、50歳(時事通信)
大出さん殺害、木嶋佳苗被告を殺人罪で起訴(読売新聞)
「介護に疲れた」母の首絞める 都立病院職員の長男逮捕(産経新聞)
自民各派会長が「派閥に弊害ない」解消論を批判(読売新聞)
AD