むちうち症とは

テーマ:
今回は、事故後によく見られる症状のひとつ、むちうち症について

説明させて頂きたいと思います。



むちうち症

胴体の上にやや不安定な状態で乗っている重い頭部が、強い衝撃により、体とは別の

鞭を振り回してしなったときのような、S字形の動きを強いられ、

それによって、首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・

食欲不振などの不定愁訴など様々な症状が出現する疾患です。


むちうち症では、事故にあったその日はほとんど症状が出ず、

翌日あたりから様々な症状が出現することが多いです。


首・肩のこりや不定愁訴に対しては、鍼灸が著効を示すことがあり、

健康保険による鍼灸治療が認められている6つの疾病のうちの一つです。



むちうち症は人それぞれ様々な症状が現れますので、その方に応じた治療をさせて頂きます。

AD