R-1ぐらんぷり 準決勝東京大会(2/9)

テーマ:

雪降る中、準決勝見てきました。MCはここにきてやっとはりけ~んず!


・アントキの猪木。コント『猪木がドライブに行ったら』。最初だけは沸いていましたが。4分間あのネタだと「現金ですかー!」しかウケないようになるのね。
・アップダウン阿部。コント『小慣れたいらっしゃいませ』。併せ技はズルイ(笑)。何度か見たけれどまだ面白いです。
・友近。コント『自動車教習所に通うおばさん』。いるいるこういうおばさん、と思わせるような細かいところまでの描写は流石。ですが、笑えるところが少なすぎて、オチも微妙すぎて、がっかりした声が客席から漏れるほど。
・鳥居みゆき。『紙芝居→嫁姑』。生で見たのは初めてでしたが、すごいインパクトですね。ウケも上々。
・エド・はるみ。『エクササイズ』。エドさんがこんなに受け入れられるようになるなんて56じで初めてみた時には思いもしませんで。鳥居みゆきが置いていったマラカスでアドリブしたのは良かったなあ。
・黒沢かずこ(森三中)。『エクササイズ』。女芸人4連続、エクササイズ2連続(笑)。ちょっとBGMが大きすぎて声が聞こえづらくて残念。


・ランス39号。フリップ『漢字』。広島吉本の方だそうです。もちろん初見でしたが、面白かったー。漢字を絵に見立てていくネタで、多少強引なところもいいですね。
・星野卓也。フリップ『地名でボケツッコミ』。2回戦までは大阪受験だったこともあり、なんとなく範疇外にしてました。それが・・・思いのほか良いネタで!かなりウケていたし、フリップネタでランス39号とどちらかは決勝いくのでは?個人的にはほしたく押しです。
・芋洗坂係長。『替え歌ダンス』。普通のおっさんなんですけど、多分普通の方じゃないですよね?あのネタの作りこまれた感は一体・・・。洋楽に日本のギャグを詰め込んで歌って踊っていて、めちゃくちゃ笑いました・・・。
・チャンカワイ。コント『恋愛風紀委員』。宴人の「ほれてまうやろ」の方。滑ってたかな・・・。前も後ろも大ウケだったので余計に。
・COWCOW山田よし。フリップ『ごろうさんといっしょ』。さすがの安定感でどっかんどっかんでした。
・長州小力。漫談。小力はなんで出たんだろうと思うくらいの・・・。


・ユリオカ超特Q。漫談『ハゲの嘆き』。面白かった!ハゲをあれだけ掘り下げて笑いに変えられるとは。
・オードリー若林。漫談『野球のスイング』。2回戦より受け入れられてなかったかなあ。オチの面白さがうまく伝わっていなかったようなのが惜しい。
・増谷キートン。『義兄弟』。ピン祭りの時と同じ演歌を。ただの下ネタなんですが・・・大笑い。
・狩野英孝。コント『同窓会』。はまらなかったなー。ざんねん!
・たいがー・りー。『男子をドキドキさせる』。ささっと冷たい空気が。愛想笑いでなんとか。
・あべこうじ。漫談『好きな子の鼻毛が出ていたら』。あべさんらしい滑らかなしゃべり全開で良かった!この前はちょっと中だるみしていた部分もすっきりとなっていて。やっぱり漫談はあべちゃんだわ。


・いとうあさこ。『朝倉南』。すごいなー、37歳でしたっけ?
・井上マー。漫談『矢がささる』。突出するほどではなかったけれど、やっぱり2回戦に一度落ちた理由は分からないですね。。
・ウメ。紙コント『ガラクタ』。シュールさが増したように思いました。その分盛り上がりには欠けてしまったかな?
・大輪教授。『数字の1は』。2回戦と同じネタでした。うまいけど今年は決勝はないなあ。

・マナティ。コント『姑の通夜』。なんか凄かったです。。上品そうな女の人⇔下ネタキャラを行ったり来たりで、なんともいえない空気に。
・岸 学。コント『FBI』。FBI捜査官がいろんな人からの電話に答えていくというもの。岸さんは本当に上手いなあと思います。


・大西ライオン。コント『冬のキャンプ』。ピン祭りと同じでしたが、途中から展開変わっていて、よく考えてきたんだなあというのが見える感じでした。会場受けもなかなか!
・世界のナベアツ。『3がつく数字と3の倍数』。ナベアツが出てくるだけで会場から期待感が感じられるような雰囲気でした。さすがに大盛り上がり。
・徳井義実(チュートリアル)。コント『ラジオ・堺太一のしゃべってなんぼ』。ベテランミュージシャンが小学校のお昼の放送をするというコントだったんですが・・・正直ほとんど笑いなし・・・。あれ?
・どくろ団。コント『校長先生のおはなし』。思いのほか良かった!器用な人なんだなあ。
・ネゴシックス。『保育園』。オチが微妙すぎてなんとなく拍子抜け。
・博多華丸。コント『ゴルフ』。博多弁のおじさんのネタ。うまいけどそこまで笑いは・・・。


・やまもとまさみ。コント『ジェイソン』。去年のような爆発力はなかったものの楽しかったなー。
・バカリズム。コント『総合医者』。大盛り上がりはしなかったけれど、よく練られたネタでよかったです。
・若井おさむ。漫談『モビルスーツでの損得』。久しぶりにこんなに受けている若井さんを見た気がしました(笑)。
・板倉俊之。コント『ことわざの試験』。大喜利っぽいネタだったなあ。もっとコントっぽいかと思っていたのに。
・佐久間一行。コント『ハンター』。神保町があるから遅い方の出番だとは思っていましたが、まさかトリだとは!!例年以上の緊張感に見舞われながら・・・。ネタは便利棒でした。ひらがなの辺りがさらっとなりすぎてしまったのが残念でしたが、終始さっくんらしい楽しい雰囲気で良かったんじゃないかと思います。


全体的に今年はレベル高かったですね。去年より手放しで笑える人が多かったです。知名度と笑いが全く一致していなかったのも意外性があって楽しめました。特に2ブロック目!ほとんどの人が期待感ゼロだったのではないかと・・・。逆に徳井さんも友近も不発だったのはびっくり&がっかりでしたが。ほとんどの人が滑っていなかっただけに・・・。

私が見た感じでの東京からの決勝予想は↓


確定?→世界のナベアツ


ここから半分くらい?→鳥居みゆき、星野卓也、ランス39号、芋洗坂係長、あべこうじ、COWCOW山田よし、バカリズム


次点?→増谷キートン、いとうあさこ、どくろ団、佐久間一行


ナベアツ以外は正直分からないところもありますね。鳥居みゆき、芋洗坂係長、キートンさんはもし決勝行ったりしたら、審査がとても難しいだろうしどうなんだろう?

とりあえず12日の発表を楽しみに待とうと思います。大阪も盛り上がるといいなあ。

AD