高崎の『だるま工房やなせ』 ~やまおとこのブログ~

~普段は高崎でだるまやさんをしている 山岳登山が大好きな写真家のブログです~
darumakoubou.yanase@gmail.com
お問合せはこちらまでどうぞ。

NEW !
テーマ:

一般社団法人日本鳩レース協会のレース規定を準用した、平成28年度第11回ジャパンカップレースが開催され、表彰式が6月26日(日)浦安ブライトンホテルで開催されます。


総合1位から10位まで賞状賞杯が授与されます。最多帰還鳩賞に賞状賞杯、連盟1位に地区優勝奨励賞が授与されます。


今回は、賞杯の代わりに優勝、来年は頑張るぞの心を込めた必勝のだるまが送られます。だるまは達磨大師の心を持つといわれ、だるまを漢字で書くと、「達磨」です。


「達」は届く、成し遂げる、高い水準や地位を表し、道が通じる等の意味がある。熟語でも、到達、達成、達観、達人等に達がある。


「磨」は磨く、道理を極める、練習を積んでうまくなる、上達相と訓練する等の意味がこもっている。


この達磨大師の心にあやかり、達磨を飾り日日努力すれば、必ずや目標・願い事を叶えることができるというわけで、夢をかなえる縁起物になっております。















AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月8日から五月場所が両国国技館ではじまる。日本の国技である相撲。10年ぶりに日本力士琴奨菊の優勝で、今年は日本力士の活躍が楽しみである。


昨年4月、30年ぶり大相撲が群馬県高崎市に来たが、今年4月16日に昨年より2年連続で大相撲が来た『平成28年春巡業高崎場所』である。横綱白鵬をはじめ力士180人、役員を含め総勢260人が高崎に来たとの事である。


開催前日突然タクシーから降りてきたのが、木瀬部屋・徳勝龍誠力士です。身長182センチ体重180キロの巨体が工房狭しと言った感じで工房の入り口から体を斜めにしながら入り口をくぐり、特注でだるまを注文したい。とのことである。



背もたれのある椅子を出したが、これではだめと直ぐ分かり、丸椅子を二つ出したら、大丈夫大丈夫とおそるおそる背もたれつきの二つに座ったようである。


しばらく目的の特注達磨の打ち合わせをした後、出身地や仲間の話、特注だるまのアルバムを見ながらだるま談義をした。


徳勝龍はだるまがとても気に入っているようで、これからも注文したいので注文書を用意してほしいとの事。


大きなだるまを持って写真を撮ったが達磨が小さく感じました。


とてもやさしい徳勝龍の一面を覗かせ、5月8日母の日に、奈良市にいる母に感謝の気持ちを贈る為、高崎場所に来たので、高崎の特産品だるまをと考えていた。


電話で注文ではほんとの気持ちが伝わらないので、直接みて、自分でどんなデザインにするか考え、注文したかった。


おかあさんにはいつも心配かけているので、後ろに感謝の気持ちを書いてほしい。祈願文字も、何時までも元気で居てもらえるようにと 無病息災、感謝と決めた。



いつもありがとう、いつまでも元気で!!  誠  と指定。



「だるま工房やなせ」の工房内で最後に記念写真"ハイ  ぱちり。

工房主もかなりメタボだが、力士と並ぶとスリムに見えます。これからも、工房スタッフ一同、徳勝龍を応援し続けます。がんばって下さい。機会あったら又来てください。


高崎駅まで私の車ランクルで送りましたが、後部座席も入り口も体を斜めにヨッコラショ。

5月場所が楽しみです。又楽しみが増えました。


AD
いいね!(11)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

だるま一段落で日頃の運動不足解消のため、リフレッシュ登山をしました。今年は特に春と冬が交互に入れ替わる日替わり天気。でも、天候を見ながら、少しの時間ですが山に入ると気分爽快。




車坂峠からまもなく木立の中の急な下りをわずか過ぎ、再び砂礫の急なのぼりを過ぎると浅間の岩石が散乱する斜面に出る。此処だけは雪解けして岩がむき出し。後ろに篭の登山方面が美しく見える絶好の休憩場所に出る。ここでコーヒータイム。


依然として残雪30センチ位で登山口車坂峠からアイゼン装着のまま、やや風が強かったが、心地よい。



槍が鞘まで、あと10分くらいの最後ののぼりで、樹林帯の間から浅間山を覗き見ることが出来る場所である。


非難小屋を過ぎコメツガの林のなかを急登すると、独標(2296m)の槍が鞘に到着。ここ右後方に牙山の稜線が望まれる。ここからトミーの頭までは5分。黒斑山(2414m)までは20分のコースである。




二人で満足な記念撮影。ハイポーズ。

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

品質にこだわり、お客さんの満足する特注だるまを完成させるだるまづくりは、お客さんの希望するデザインに対し、更にだるま職人としてのセンスと技量により、より完成度の高いデザイン提案をしながら最終デザインを決め、完成させます。


だるまは、売るための商品ですが、そこには特注品としての品格と美しさが求められ、ひとつの作品として製作するので特注品になるのだと考えます。


アミティエ・スポーツクラブ京都のユニフォームに如何に近づけるか、ロゴマークそしてチームのエンブレムをどこまでデザインとして取り込めたのかで、だるまがチームメンバーとしての存在感を発揮します。


このだるまは今日からアミティエ・スポーツクラブ京都のメンバーとしてチームを見守り、より高い水準に向かって頑張り、応援します。


だるまは、達磨大師がモデルとなっていますが、大師いわく、達磨の「達」は・・・・高い目標があり、届く、成し遂げる、高い目標や地位などを表し、道が通じるなどの意味があります。

・・・到達、達成、達観、達人、等の熟語に使われています。


達磨の「磨」は・・・・磨く、道理を極める、練習を積んで上手くなる、上達しようと訓練する、等の意味が込められています。


達磨は、自ら高い目標を設定し、絶え間ない不断の達成努力家になれと教えています。


達磨大師の教訓から、『転んでも心配することはない、又立ち上がればよい』『それより心と技を磨いて、磨きの達人・・・達磨になれ』そうすれば今度こそ必ず上手くいくだろう。自分を高める努力をしろ。と教えています。



今日はそうしただるまに、一人ひとりが目標と信念を持ち、達成努力を誓い、目を入れました。



アミティエSC京都は、トップチームのJリーグ参入へ向け、体制を強化し、株式会社アミティエ・スポーツクラブ京都を設立し、スポーツを「する」「観る」「支える」ことを通して、世代を超えた

総ての人がふれあい、京都の総ての人と人を豊かにすることを活動理念にしているようです。


堀込孝二代表取締役は、Jリーグ入りを目指すのは勿論、京都府のみなさんに愛され、京都になくてはならないクラブを作る事が使命だと語り、京都のみなさんと一緒に歩んでゆきたいとコメントしております。


アミティエ・SC京都は、昨年の全社会人選手権大会では準決勝敗退であと一歩のところでしたが、今期は、JFL昇格を目指し、必勝祈願のだるまを製作し、心をひとつにしてこの辛苦苦難を乗り切る覚悟だと決意を新たにしました。


みなさん、この固い決意と一体になって、一緒に応援し、一緒に戦いましょう。遠く群馬県高崎の地から『だるま工房やなせ』 も応援し続けます。





いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

だるま工房やなせが品質にこだわっていますが、お客さんはそれ以上にこう出来ないものか。と特別なデザインにこだわってくる。


でもそれが嬉しい。なんとか希望にこたえようと、デザイン・アイディアを提案しながら納得のいくだるまの製作に専念する。


結果的には、本当にお客さんの満足した声に、職人としてのやりがえや満足感を覚える。





















いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2006年6月よりスタートした高崎市教育委員会の高崎市やるベンチャーウイークを、開始当初よりボランティア活動として受け入れて11年目を迎えた「だるま工房やなせ に学研の取材が入った。



高崎市教育委員会やるベンチャーウイークパンフレットより

中学生が本物の『仕事』をやってみた! 職場体験学習に行ってきました。だるまの製造過程を最初から完成まで5日間をかけて真剣に取り組み、自分のだるまを完成させました。

本番のひげ描きでは緊張のあまり、筆を持つ手が震えましたが、だるまの眉は鶴を描き、頬ひげは亀を立派に描き上げました。


こんなに緊張し、集中したのは初めての体験。でも完成の喜びは言い知れぬ満足感と達成感でいっぱいのようでした。


職場体験学習本の表紙

中学生が職場体験学習に行ってきました⑬伝統工芸の仕事・・・の本の表紙より

この体験から学んだことは、すべてのものづくりのこころに通じるものであったと思う。伝統工芸という職場の職人のこだわり、考え方が、此れを必要とし、飾ってくれる人々の心に伝わる仕事でなくてはならない。



本の裏表紙  

職場体験学習に行ってきました⑬伝統工芸の仕事 の本の18ぺーじより




d

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

観光群馬、 高崎の魅力発信と言えば、「縁起のいいまち高崎』「味力あるまち高崎」がキャッチフレーズである。


縁起のいい町とは、縁起に特に縁の深い『縁起だるま」は日本一の生産量を誇り、「高崎を歩けばだるまにあたる」かもしれません。


今回絵付体験で紹介しているのは、今話題のセーラー服と機関銃の主演女優『橋本環奈』さんです。


1981年に公開された薬師丸ひろ子さん主演の『セーラー服と機関銃」映画の後日談として角川映画40周年記念で製作との事。


昨年の7月ほぼ全編が高崎で撮影され、今年3月5日から全国公開されるそうです。高崎では2月6日試写会が行われ、舞台挨拶に立った橋本環奈さんは、撮影の合間でだるまの絵つけ体験をしたのが忘れられない。と高崎の印象を語ったようです。


実は、昨年7月、だるまの絵付けに来られたのは 当「だるま工房やなせ」 です。とても真剣で、セーラー服を着せただるまを作り、大事に持ち帰りました。



橋本環奈さん以外の方は赤いだるまを作り、ヒット祈願と書き込みました。ひげも練習して、とても上手く描けました。


ご自分で演じる4代目組長をイメージし、どう描こうか、構想段階から真剣でした。

何とかイメージどうり 出来てきたようで、思わずにっこり場面も。



頑張って! 映画もみにゆきます。応援してます。

又、ゆっくりお出かけ下さい。お待ちしております。他の二人も、頑張って。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年で新たな目標を目指し、だるまに心眼成就のおねがいをしする。昨年一年間の無事に感謝し、だるまの供養御焚き上げにも参加しました。








全国から集まった古だるまの山は高さ5メートルにも成り、住職によってお焚き上げ供養の点火がされると、カメラマンのシャッター音が響きわたります。
















だるま供養の御焚き上げは、住職のご祈祷のあと住職を先頭に僧侶そのあとに参列者が続き、御焚き上げのだるまの山の周りを回りながら、参列者はそれぞれの反省・感謝・今年の願いを唱えながら供養いたしました。
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





もうすぐクリスマスですね。皆さんのところに、サンタは来ますか?

サンタは子供たちだけのものではありませんよ!いくつになってもサンタには来て欲しいものです(*^o^*)

そんな、サンタに来てほしい大人の方には、『オトナ★サンタ』!!

何をプレゼントしてくれるでしょうね~



さて、オトナ★サンタの役目が終われば、今年も残すところあと一週間をきってしまいます。

早いですね~

皆さん、やり残したことはありませんか?

『だるま工房やなせ』 は、ご覧の通り、まだまだやり残しだらけで、ご注文のだるま達が列を作って書かれるのを待っています(^_^;) 皆さんは大丈夫ですよね。



そうなると、もう新年の準備です!

今年1年を振り返るのもいいですね。

そして来年はどんな年になるかなぁ・・・どんな年にしようかなぁ・・・なんて考えるのも、この時期ならではですね。

来年はどんな年にしようか・・・と言えば、「目標」や「抱負」です。


『だるま工房やなせ』 では、そんな皆さんの「目標」や「抱負」をだるまに書き込むことにより、形にして、「目標」や「抱負」を叶えるお手伝いをちょっとだけさせていただければと思います。

(「目標」や「抱負」,「夢」などは、形にして”見える化”した方が、実現しやすいという説もある様ですよ)


これを聞いて、「早く注文しなければっ!」と、慌てている皆さん・・・安心してください!

『だるま工房やなせ』では、毎年、新年初詣のだるま市にも出店して、皆さんの「目標」「抱負」「夢」「祈願文字」「お名前」など、その場でだるまの背中に書き込んで差し上げております。




出店の日程は以下の通りですので、ご来店、心よりお待ちしております。


【新年初詣のだるま売り出店スケジュール】

 

 ① 12/31(21時頃)~1/1(18時頃まで) オールナイト!・・大宮氷川神社(埼玉県)

    場所・・・参道を境内に向かって歩いて行き、ちょうど中間辺りの左側   


 ② 1/3(朝5時頃~18時半頃)・・・川越喜多院(埼玉県) 

    場所・・・山門を入ってすぐ右側

         

 ③ 1/9,1/10(両日とも10時~20時頃)・・・グリナード永山2階広場(東京都多摩市)

 

出店場所は例年通りです。わからない方は、お手数ですが『だるま工房やなせ までご連絡下さい。




ところで・・・

 近年、「買い物」といえばインターネット通販が発達し、自宅に居ながら全国の,世界中の商品が買える便利な時代になりました。

『だるま工房やなせ』 でも、こうしてホームページを開いたおかげで、全国各地からホームページを見てのご注文を数多く頂き、本当に感謝しております。

 

 が、しかし、一方で「達磨屋」の原点・ルーツは、やはり”だるま市”でのだるま売りです!

何かの縁で出会ったお客様と、対話や値段の掛け合いの中で、丹精込めて創っただるまを気に入っていただき気持ち良く買っていっていただく・・・それが達磨屋の一番の醍醐味です。


 常連さんは一年に一度、毎年新年のこの日にしかお会いしないお客さんばかりですが、私が幼稚園の頃から現在に至るまで何十年も、中には数世代に渡ってのお付き合いをさせていただいているお客さんもいらっしゃいます。

 毎年、新年のその日、お互いに一年の近況報告をし合いながら、今年はどのだるまにしようか,何を書き込もうか,はたまた幾らに負けてもらおうか(私は・・・幾らで買ってもらおうか(*^o^*))・・・などなど、いろいろなお話をしながら、気持ち良くだるまを買っていって頂く・・・また来年お会いしましょう!と。

そんな、お客様と直にふれ合える”だるま市”でのだるま売りが私は好きです。そんなお客様との繋がりを大切にしていきたいとも思っております。

まだ、だるま市にお越しになったことがないお客様、買わなくても全然結構ですので、是非一度足を運んで、雰囲気だけでも味わってみてください!心よりお待ちしております。

                                                   (工房主息子)


いいね!(14)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

猿と聞いて思い浮かべるものといえば、「孫悟空」「サル山のボスざる」「反省ざる」「ウォークマンを聞くさる」・・・などなど、なぜかヒトに近い感じを連想してしまいますよね。


何故でしょう ? やっぱり大昔、"さる"が進化して人間になったからでしょうか。だとしたら干支のさるの年は「初心に立ち返る年」でしょうか。


"さる"は手・足・尻尾と、使えるものを総て使って上手に木登りしたり、ぶら下がったり、飛び移ったりします。片手だけでも、尻尾だけでも落ちないように。


人生にたとえれば、どんな困難や苦境にもしがみついて乗り越えていける・・・そんな"さる"に是非あやかリたいものです。


でも、ことわざにもある様に「さるも木から落ちる」ことも稀にあるようです。今度機会があったら本人にきいてみたいと思いますが、もしそれが実は失敗ではなく、新しい木登り技術を開発中で落ちたのだとすれば、それって、前向きで素晴らしいことです。
干支おサルだるま









干支おサルだるま

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。