2011-11-19 13:34:56

映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』感想(舞台挨拶含)

テーマ:イベント
映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』公式ブログ 11月19日(土)富山先行初日舞台挨拶決定!

本日から「RAILWAYS」富山先行ということで、ファボーレの
舞台挨拶回に行ってきました。

映画のネタバレ感想は、ネタバレなのであとで書くとして、
まずは映画開始前と、舞台挨拶について

朝9時前にファボーレにつくとすでに長蛇の列で、
とにかくすごい人の数でした。
間違いなく「RAILWAYS」の舞台挨拶回目当てだと
思ったんですが、皆さん当日券で入られる方が
大いようですごい列でしたね。

私は、すでに先日ネット(vit)で購入してたので問題なかった
んですが、もしかすると入れなかった人もいる感じに見えました。

上映後の舞台挨拶ですが、ゲストは
 ・阿部秀司 エグゼクティヴ・プロデューサー
 ・蔵方政俊 監督
 ・中尾明慶 さん(小田友彦 役)
ということで、お三方が登場されて挨拶をされました。

話の内容で気になる点としては、この映画の
クランクインは3/11だったんですねぇ・・・
そんなタイミングでの撮影とは知りませんでした。
映画の風景を見る限り、では確かに3~4月の
富山の風景&天気という感じで、雲が多くてって
感じが見受けられたのでそうかなぁとはおもいましたが。。

あと、中尾さんは、H2やらROOKIESやら、まぁ
すごい数のドラマ映画に出演されてますが・・
もともと印象いい方ですが、かなり砕けたしゃべりを
される方で^^;個人的に少し印象が違いましたw
役のしゃべりとは若干違いましたが面白いしゃべりも
されるしかなり好感のもてる挨拶でしたね

舞台挨拶ですが・・途中で・・・

なんか出てくるんじゃないかと思ったんだよなぁ^^;・・

石井富山県知事登場^^;w
久々に生で知事見た^^;w

結構石井知事って砕けてるよなぁ^^;
という個人的な感想ですw

舞台挨拶の最後に写真撮影がありまして、明日の北日本新聞の
朝刊には確実に出るようです^^;
観客席と一緒に撮ってるので・・・
「私も写ってる可能性があります」
まぁ・・そんなはっきりわかるレベルではないでしょうw

北日本放送も来てたので今日の夕方か来週頭の夕方のニュースかは
わかりませんが、TVでも舞台挨拶の模様は出るかもしれないですね^^;

さて・・じゃあ映画の感想でも・・・

★ネタバレなので改行します★


  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

映画の感想ですが・・率直な私の感想としては

まぁいい映画だと思いました♪

そうですねぇ・・・今回の個人的な点数としては・・・

80点という所でしょうか。

ただ、そもそも舞台挨拶の際にも言われていましたが、
これは富山県民が見るのと他県の人が見るのとでは
たぶんかなり印象が違うきがします・・

あまりにも知ってる所が出すぎるw
というか、かるく5割以上は見たことのあるような
場所が出てくるので、そもそも舞台挨拶でも言われましたが
映画の前にそちらの方が気になって仕方がない感じです。

あとは、富山が舞台の映画ということでやっぱり
端々で出てくる富山弁ww
これが気になって気になって仕方がなかったですw

出演者の中に富山県出身者は、2人
立川志の輔師匠と、西村雅彦さん!
志の輔師匠は、ほんのチョイ役、
西村さんはかなり出てたんですが・・
役柄上か?、富山弁はほとんど出ず^^;
ある意味この2人が一番富山県人離れしてる印象も^^;
でも・・なんか違和感はなかったかもなぁ^^;

やっぱり、今日の観客席、富山弁で面白いのが出てくると
ドッカンドッカンではないですが、かなり笑いが漏れてて
何かがやっぱり気になるようなお客さんが多い印象でしたw

いや、富山弁は問題ないし、各俳優さんいい感じではあったんですが・・
・・・なにかが面白いんですよねぇ^^;・・・

映画のメインストーリーは、熟年夫婦の離婚危機的な話に
富山の呉東のきれいな山岳風景を合わせた感じで、
夫婦間の溝とそれに絡んだストーリー展開はかなり王道な
感じで、それほどびっくりするものではないかとは思うんですが
王道ゆえに結構普通に人間ドラマとして楽しめるところは
ありましたね。

あとは中川家礼二などが、うまく細かい笑いを入れてくれてて
ズンと暗くなる展開でもなく時々笑いも入る感じがよかったです。

個人的には、一番のクライマックスの場面での、結構かなり
ご都合展開的なところが若干気になったんですが・・
まぁ映画だしなぁ・・たぶん狙ってるコアターゲット層の
人たちには結構問題なく受け入れられれるかもなぁとか
思ったので、まぁいいかなぁとか思ったりもしました。
(でも、やっぱひとこと言わせてください・・・
 あの体調で・・岩瀬からライトレールで地鉄で山は・・・どうだろうなぁ^^;
 まぁ・・・やっぱ映画だからか^^;・・)

映画の風景ですが、かなり綺麗にとられていました。。

まぁどこかで聞いたセリフではないですが・・・
『田舎には、「何も無い」がある』
というのを思い出しました。

富山は個人的には何もないと思ってるんですが・・
あの風景の映像は、なかなか良かったです。
映画で、富山地鉄使った観光客が増えるといいですねぇ(^^)

だいぶん感想がまとまりのないものになってきたので
この辺で〆ますが・・・

最後にちょっとまとめると
・富山県民が見ると、結構ストーリー以外の部分で楽しめる気がします。
・富山県外の人でも物語はなかなかよいので楽しめる気がします。
・映画の内容としては、たぶん熟年夫婦向けの感が強い気もしますが
 若い人が見てもたぶん普通に見れる内容のような気もします。
・富山の風景は綺麗にとられてていい感じです。
・あと忘れてた・・・富山地鉄の車両が出まくりですw

ハリウッド対策のような派手なところはないですが、
気になる方は見られてもいいかもしれません^^;

------------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

楊(やん)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。