関西陸っぱり総合情報サイト

【カンパリ】

投稿ポイントで商品をゲットしよう!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-21 23:01:13

ロッドケースはTPOで使い分けまひょ♪

テーマ:投げ釣り

毎度ですほっこり

 

 

 

 

 

前回からの続きです!!

さてさて、バックと同じく投げ釣行に欠かせないアイテムがロッドケース

これもダイワが投げ釣り専用に設計した『サーフロッドケース』の各種を愛用しているオッサンですリンゴ

 

 

振り出し竿を釣り場まで運ぶ場合に選択するのは、リールをセットしたまま収納できる大容量がメリットの「138RW」。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、リール収納部の仕切り板を取り払い、上着や雨具などを入れるスペースとして活用しているのが中本流でっかなにやり

 

 

 

 

 

 

本体にはMAXで振り出し竿6本+玉の柄が入り、幅広で90㌢長の大型サイドポケットには三脚×2、19㌢の水汲みバッカン×2、50㎝四つ折玉枠までを収納可能でっから重量は増えますが機能的なパッキングが可能でっせおーっ!

 

 

 

 

 

3本継ぎで仕舞い寸法が148㌢と長いPTや並継ぎ竿を入れる場合には、仕舞い寸法160㌢までのロッドが収納可能なストレートタイプの「160PW」を選択クラッカー

 

 

 

 

 

 

収納力はPT及び通常の振り出し竿ならMAXで6本+タマの柄が入り、並継ぎ竿なら4本+玉の柄を納めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

三脚が入るサイドポケットはもちろん、タマ網や水汲みバケツを収納できる上に黒字に輝き系の赤でDマークがカッコよくデザインされたバックが付属しており、ケースに装着しての携行もOKなんでっせ音譜

 

 

 

 

 

 

138RW」、160PW」いずれも表面は水と汚れを弾くPVC素材だからメンテナンスが簡単にでき、なおかつ痛みの激しい底部はハードプロテクターでしっかりガード。だから、磯や岩場といったハードな釣り場への携行もノープロブレムですわウシシ

 

 

 

 

 

てなことで、釣行の脇役といえるリックやロッドケースといったバック類ですが、チョイと張り込んで便利機能を満載した専用アイテムを使って一度でも釣行すれば、スタンダートなバック類やロッドケースでは物足りなるってモンですぜラブラブ

 

 

AD
2017-05-15 22:29:26

投げバックは”リック”でしょ~ォ!!

テーマ:投げ釣り

毎度ですおーっ!

 

 

 

 

 

あまり目立たない存在ですが、釣行するために無くてはならないのがバック類でんな。とくにナニかと荷物の多い投げ釣りでは、背負えるリックタイプが便利ですほっこり

 

僕はといえば、ダイワが投げ専用に設計した『システマサーフバック』を初代アイテムから長らく愛用してまんねんわ音譜

 

 

 

 

 

現行モデルは数えて四代目となりますが、それだけに投げ釣りに使いやすい数々の機能が追加されてまんねんで!!

 

まず、テンビンオモリがタテに納まる大型のサイドポケットや、容量の増えたフロントポケットが便利さをアップ。さらに荷室の開口部が広がり、収納品の出し入れも容易になり、雨飛沫をシャットアウトする上蓋カバー付きでっせ星

 

 

 

 

 

しかも、そのカバーには黒字に輝き系の赤でDマークがカッコよくデザインされていますキラキラ

 

 

 

 

 

もちろんリール収納の下部とバックの上部に分かれて荷物が取り出しやすい2分割方式や、トップに装備された持ちやすい樹脂製ハンドルといった便利な機能・装備は今までどおりで、リック単体としての背負い具合も申し分がおまへんラブ

 

 

 

 

 

しかも、上部の重量でヘタリやすかったリール収納部の四隅には、補強パーツを入れることで強度と耐久性のアップを図っている使用者の目線に立った設計がウレシおますわ笑い泣き

 

 

 

 

 

近いうちに投げリックの買い替えを予定されているキャスターの皆さん、このダイワ『システマサーフバック』はイチ推しでっせグッド!

 

てなことで、次回に続くでっせラブラブ

 

 

AD
2017-05-13 00:56:32

大田裕美は永遠に不滅です!!

テーマ:ブログ

 毎度です音譜

 

 

 

 

今日13日は本来ならば、和歌山県 海南市にある和歌山マリーナシティで開催される予定だったダイワ主催のDYFCフィッシングスクールにコーチ役で出撃する予定でしたが、大雨&強風の天気予報が出たことから「子供さんの安全第一」という理由で中止になりました!!

 

 

 

 

今回はチョイと気合を入れていただけに、残念無念ムキーッ

 

次回のDYFCフィッシングスクールでお会いしまひょなグッド!

 

 

さて、話はガラッと変わりますが、昭和50年代の太田裕美といえば、クリクリとした大きな眼が印象的な表情が可愛おましたなぁ~ほっこり

 

 

 

それと、彼女の歌では歌詞の響きが好きでしたドキドキ

(…といっても、太田裕美が作詞したのではおまへんが…)

 

たとえば大ヒット曲である『木綿のハンカチーフ』では「いいえ、星も、ダイヤも、海に眠る真珠も、きっとあなたのキスほど、きらめくはずないもの…」なんてイジらしい言葉は、若い頃の彼女のイメージにバッチリと合いまっしゃろウシシ

 

 

 

それに、『赤いハイヒール』の「ねえ、友達なら聞いてくださる…」とか、『九月の雨』の「愛がこんなにつらいものなら、私一人で生きていけない…」といった切ないフレーズも、たまりまへんでキラキラ

 

 

 

でも、オッサン的に太田裕美といえば、大阪市内は梅田にある阪急三番街の地下で一番奥にあったタルト&紅茶の専門店【COCORICO】で、昭和55年ごろにウエイトレスをしていた美しいお姉さんがメッチャ太田裕美にソックリやったことをスグに思い出しますおーっ!

 

 

 

 

ロックバンドの練習で阪急19番街の古書の街にあった「梅田ナカイ楽器」の貸しスタジオに集まり、23時間の練習時間を終えるとメンバー5名で必ず三番街の『COCORICO』へと立ち寄って、太田裕美に似たお姉さんを全員でジィ~っと観てタルトとアイスティーを頂いていました(へっ、変態の集団みたいでんな…)ショック

 

 

 

ちなみに、現在ではそのカケラすらも残っていまへんが、僕が20代前半だったそのころは身長181㌢で体重は56㌔、ジーンズのサイズは29インチという超スリムな体型で、背中まで伸ばした長髪を振り乱して梅田のライヴハウスでベースギターを弾いていました星

 

 

 

 

 

しかも、ラジオ大阪主催のバンドコンテストでは予選を通過した20数組の中で準優勝となる実力でっから、一時は生意気にもプロを目指したこともあったのですが…笑い泣き

 

とりあえず、あのときの美しかった憧れのお姉さん、現在ではもう60歳ぐらいやと思います。もう一度、「恐いモノ」見たさにもう会ってみたいような、会いたくないような…ガーン

 

 

 

 

うぅ~ん、あのときのマロンタルトとオレンジペコのアイスティーの味といえば、まさに“青春の味”でおましたなぁ~にやり

 

 

AD
2017-05-07 20:37:48

あぁ、GWが終了ですわ…

テーマ:ブログ

毎度ですにやり

 

 

 

 

楽しかったGWも終盤に入ってしまい、明日からは嫌な仕事が手ぐすねを引いて待ち構えています。

 

予定どおりGWのお小遣いも使い果たした本日は釣行も儘ならず、仕方が無いので嫁さんにお金をもらって散髪屋さんへ行って髪を切ってきましたほっこり

 

…すると、セットしてもらうとちょうど70年代のポール・マッカートニー風のような感じになり、オッサン少し機嫌が直ってニッコリですわラブラブ

 

 

 

 

 

まっ、ポールと比べれば根本的に顔の出来が違いまっから、醜男は醜男なりのちゅ~話なんでっけども…えーん

 

そして、嫁さんと近所のスーパーに買物にいくと、入り口付近で見知らぬ方から「中本さんと違いますかはてなマーク」と声をかけて頂きますガーン

 

釣具店や釣り場、イベントなどではオッサンに声を掛けて頂くことも間々ありますが、街中では珍しいのチョットでビックリしましたでウシシ

 

 

 

 

 

 

 

お名前を聞くと関つり愛読者だったY田さんとおっしゃる方で、有名な投げ釣りクラブに入っているお友達と釣行されているとか音譜

 

楽しみにしていた関つりの休刊が残念だと言われるので、すかさず現在執筆している「磯投げ情報」と「投げ釣りパラダイス」といった釣り雑誌も宣伝しておきましたクラッカークラッカークラッカー

 

 

 

 

てなことで、オッサンの投げ釣りコラム「投げっ放しジャーマンスープレックス」が掲載されている「磯投げ情報」(海悠出版)6月号が全国の書店にて発売中です!!

 

今回は「迷惑なアングラー&ギャラリーの対処法」がお題です。例によって愚にもつかない内容の駄文ですが、よろしければ是非とも書店でお求めの上で一読をお願い申し上げまんねんわラブ

2017-05-04 09:12:32

気分はウエストコースト♪

テーマ:ブログ

 毎度です音譜

 

 

 

 

 

昨日は午後から中紀の日高川河口へ行き、キス3匹と遊んできました!!

 

 

それにしても、爽やかな空気の中で青く晴れ渡った快晴の好天気。

 

まるでウエストコーストのような今日の天気に聴く曲といえば、イーグルスの「ホテル・カルフォルニア」で決まりでんなほっこり

 

(まっ、「呪われた夜」もええアルバムなんですが…)

 

 

 

 

 

 

前奏でドン・フェルダーとジョー・ウオルッシュが奏でる12弦アコーステックギターの響きと、曲の後半で聴こえてくるデストーションの効いたドラマチックなツイン・リードのハモリ旋律がとても美しい名曲です星

 

 

 

 

イーグルスといえば「デスペラード」や「ロング・ラン」といった名曲がありますが、僕が好きなのはカントリー調の「テイク・イッツ・イージィー」でっかなグッド!

 

 

 

 

てなことで、こんな春の日にはことのほか70年代のウエストコーストの曲は、心に響きまんなぁ~ラブラブ

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。