関西陸っぱり総合情報サイト

【カンパリ】

投稿ポイントで商品をゲットしよう!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-10 00:45:44

暑い!

テーマ:ブログ

毎度です あせる

 

 

 

 

暑い、暑い、熱ぅ~いワイムキーッ

 

 

 

 

なんやねん、この暑さは!!

 

 

 

 

やはり、この季節は夜釣りに限るおーっ!

 

 

 

 

 

・・・ってことで、今週末は出撃だぁ~い!?

 

 

AD
2016-08-02 18:27:09

お久しぶりネ

テーマ:ブログ

毎度です ラブラブ

 

 

 

 

 

 

原稿の〆切に追われたり、チョイと家族に病人が出たり、仕事上でのトラブルが続いたり、公私共に忙しさが爆発して、しばらくブログが更新できてまへん笑い泣き

 

 

 

 

 

 

ホンマ、えらいすいまへんあせる

 

 

 

 

 

もう少し、落ち着いたら更新させもらいますので、堪忍しておくんなはれおーっ!

 

おもろいネタも仕込んでまっさかいにネほっこり

 

AD
2016-07-17 10:31:21

新連載を、始めましたぁ~♪

テーマ:投げ釣り

毎度です

 

 

 

 

ちょっと報告が遅れましたが、オッサン、ありがたいことに関東の釣り雑誌からオファーがあり、先々月から新連載を始めました キラキラ

 

(アマミヤの「冷やし中華、始めました」みたいでんなゲラゲラ )

 

その釣り雑誌は前回でも紹介した月刊『磯投げ情報』で、これまでも特集記事なんぞでお世話になってきた釣り雑誌です。その『磯投げ情報』後半の投げ釣り研究室」というコーナーに掲載されるモノクロ1ページのコラム記事がオッサンの担当でっせやしの木

 

 

 

 

 

題名は『投げっぱなしジャーマンスープレックス(GS)で、これは“投げ釣り”と昭和の時代に新日本プロレスで危険な投げっ放しのスープレックスを得意技にしていた全米アマレス王者“ゲーリー・オブライト”をリスペクトして命名したタイトルで、さほど深い意味がないところは単細胞なオッサンの面目躍如でんな音譜

 

 

 

 

 

 

まっ、関東圏を情報誌でもある『磯投げ情報』ですから関つりやめられまへんのように釣行記を書くこともできず自ずとエッセイとなる訳ですが、これまでに波乱の釣り人生を送ってきたオッサンだけに話のネタは腐るほど持っていますウインク

 

 

 

 

 

 

…といっても、半分以上は公の出版物の誌面で書くことは絶対に許されないBuBuw~の禁断ネタになりまんねんけども、まっ、許される範囲で書けるネタを中心にボチボチと連載していこうと思いますので、よろしくお願い申し上げますラブラブ

 

ちなみに、西日本(関西圏)の書店の中にも月刊『磯投げ情報』を在庫している店舗が結構ありますので、大きな書店を中心に探してもらえれば購入できるハズですガーン

 

 

 

 

 

 

まっ、最終手段はネットで購入するって奥の手もありますが、よろしければ是非ともお手に取ってオッサンの投げ釣りウダ噺を読んでおくれやすほっこり

 

あっ、立ち読みは現金、イヤさ厳禁でっせぇ~!!

AD
2016-07-06 18:16:05

暇つぶしに釣行すれば…

テーマ:投げ釣り

毎度です







このピーカン天気の連続に恵まれた平日に、何を思ったのか急遽の半夜釣り!!


南紀の芳養漁港でこんなん釣れましたニコニコ


ケッコウ引きましたでぇ~得意げ











予期せぬ暇ができて、家にあった冷凍エビのエサをもって3時間ほどの短い釣行を敢行すればこんなもんですわ音譜




これが気合を入れて準備をして、高価な極太マムシを山ほど仕入れた釣行に限って貧果が続きよりますから、釣りってホンマにむつかしいでんなぁ~むっ







来週は淡路~徳島エリアで7月例会。クラッカー



年に一回の大ギス1匹長寸を競う例会ですメラメラ


ひとつ頑張ってきまっさラブラブ









2016-06-30 21:44:21

休日もお仕事、お仕事です❤

テーマ:ささめ針

毎度です

 

 

 

 

 

 

先日、㈱ささめ針で僕の第4代目担当者であるクソ真面目人間の伊藤くんと「中本スペシャル」の新製品の開発セッションを行いましたおーっ!

 

この伊藤くん、京都府出身で水産大学卒ということからお魚の生態には詳しく、そっちの方面からイロイロなアドヴァイスをしてくれる本当に心強い担当者なんでっせニコ

 

 

 

 

 

さて、今回は新仕掛けとパッケージデザインについてのセッションのため、ささめ針本社に近い独身寮から遠路遥々と大阪までやって来てくれた伊藤くん。

 

まずは「新・投げ仕掛け」について喧々諤々と討論し、パッケージングやセールス文の打ち合わせを済ましてから新しい「投げ専用バリ」の打ち合わせにと、ハッと気が付けば3時間半もの時間が流れてますやんか…(なんて仕事熱心な二人なんざんしょ)えーん

 

 

 

 

 

 

ちなみに、僕担当の前任者だった高木くんと開発したのが『ブレイドサーフ』と市販仕掛けの『紅マダイ』で、ブレイドサーフはそのフォルムを決めるのに相当の時間とテストを要しました。そのおかげで大物用投げ専バリ、とくにマダイ・クロダイからコロダイ・マゴチといったターゲットを狙うキャスターから好評を得ているみたいですわチョキ

 

 

 

 

そういえば、関東の陸っぱり釣り雑誌である月刊『磯投げ情報』の最新8月号でも、伊豆大島で70㌢オーバーの大型マダイを釣った投げ釣り記事が載っており、使用されたハリがブレイドサーフの(M)とのことで、その記事を目にしてナンや自分の子供が手柄を立てたようなウレシイ気持ちになりましたでクラッカー

 

 

 

 

 

そォ~う、なんや『磯投げ情報』を読んでいると関東のキャスター諸兄にもケッコウささめ針の投げ専バリを使ってもらっているようで、記事に付属する仕掛け図にはSURF真鯛や改良カレイイレグ、大キスという投げ専バリのラインナップが掲載されていますからネゲラゲラ

 

 

 

 

また、市販仕掛けの『紅マダイ』で採用したノンストレスパッキング(早い話が折りグセが付かないようクルクルと丸めて市販仕掛け幅のパッケージに納めた製品)は聞くも涙、語るも涙の試行錯誤の連続で出来上がった苦労の賜物なんでっせキラキラ

 

確かにいままでも仕掛けを丸めた形態の市販製品はありましたが、いずれも少し大きめな正方形の台紙にパッケージングされたモノばかり。これだと釣具店の店頭にある投げ仕掛けを吊るす定形のスペースに合致せず、従ってお店で置いてもらえる確率がガクッと減ってしまうという「裏事情」がありました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、オッサンが無い知恵を絞り出して考えたのが『紅マダイ』で採用したノンストレスパッキング。これまでの市販仕掛けで定番だった台紙に引っ掛けて巻き込む方式ではなく「市販投げ仕掛けの台紙サイズに2組の仕掛けを丸めて入れた2小袋を貼り付ける方式」のノンストレスパッキングは、これまでの市販仕掛け方式の泣きどころであった“折りグセ“から解放され、より自作仕掛けに近づいたスペックで快適に投げ釣りができるってことになります。オッサン的には「コロンブスの卵でなかなかのアイディアや」と自画自賛しているのですが…にやり

 

 

 

 

 

まっ、いちど使ってもらえればそのメリットは十分に感じて頂けると思いまっせラブ

 

さてさて、話は回り道の横道で脱線してしました。とりあえず、本日の開発セッションで酷使して煙を吹き出さんばかりの頭を冷却するために、頃合いをみて近所のイタリアンへ出向いてランチを食べると本日のお仕事は無事終了ですウシシ

 

 

 

伊藤くん、休日にも関わらずご苦労様でした

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。