ドット模様のくつ底

奈良が好きなライターの瞬間ブッダな日々の記録。
福祉的な目線から心の問題を考えています。




テーマ:

1334361517645.jpg

↑芭蕉の句が書かれた句碑

 

本日、東大寺ミュージアムで開催された

上院院主、平岡昇修先生の講話へ行ってきました。

 

興味深い話ばかりでしたが、その中でも特に印象に残った話を一つ。

 

貞享二年(1685)、江戸幕府は徳川綱吉が将軍の頃、

大仏殿復興の立役者、公慶上人は38歳。

修二会の役職は、上から三番目の咒師でした。(修二会交名より)

そのとき、松尾芭蕉(42歳)が修二会の見学のため

二月堂を訪れて、俳句を詠んでいるのです。

それが写真の俳句。

 

水取りや 氷の僧の 沓乃音

 

※野ざらし紀行(甲子吟行)より

前詞に「二月堂に籠りて」が付きます

句碑には「籠りの僧」と刻まれていますが、「氷の僧」が正解です

 

実は、この句がきっかけとなって

修二会を「水取り」「お水取り」と呼ぶようになるのです。

 

修二会では12日の未明に、咒師が水取りを行いますが、

句碑にもなっている芭蕉の有名な句は、

公慶上人の水取りの姿を見て、詠まれた句だったのですね。

 

そう思うと何だかとっても感慨深いですね。

このあと公慶上人は、大仏殿復興のための勧進を行います。

つまり、修二会に籠るのはこれが最後の年になったのだとか。

 

まだまだ寒い日が続きそうですが、

3月には修二会がはじまります。

平岡先生は今年、和上で籠られますね。

和上の掛け声といえば、

五体投地を終えて戻りなさいの合図、

「五体打ち上げて、入りたまへ」という言葉が個人的に

印象に残っています。

↑マニアック過ぎてもう、笑

 

さて、今年も聴聞のスケジュールを立てなくては!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、京都の「山ばな 平八茶屋」で家族会がありました。

夏目漱石の『虞美人草』や『門』にも登場する老舗の料亭です。

十八代目は北大路魯山人とも親交があったそうですね。

 

【創業の歴史】
 天正年間(安土桃山時代)、若狭街道(通称:鯖街道)の街道茶屋として、御所より一里のここ山端(やまばな)の地にて、初代平八は茶店を営み始めました。
 かつて街道を行く旅人は、ここで一服のお茶を飲み、“麦飯とろろ”をかき込んで、旅路についたそうです。

※HPより

 

私達家族も、そんな400年の歴史ある「麦飯とろろ膳(造り付)」をいただきました。


 



 



丹波産のつくね芋をすりおろした

きめの細やかなとろろでした。


デザートは、白ワインのゼリーをのせたフルーツ。

 

どのお品も、なかなか家庭では味わうことができないような上品なお味でした。

 

こちらでは宿泊もできます。

伝統のかま風呂(和風サウナ)などがあり、

美味しい料理とともにゆっくりできそうな空間でした。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

宗教評論家である ひろさちや さん。

実はペンネームであることをご存じでしたか?

 

英語で哲学を意味するphilosophy(フィロソフィ)と、

サンスクリット語で真理を意味するsatya(サティア)

を掛け合わせた造語なのだとか。

 

philosophyの原語はギリシャ語のphilosophia(フィロソフィア)で、

sophia(智)をphilein(愛する)という意味なのですよね。

 

深い意味を持つのに覚えやすいペンネームってかっこいいですね。

 

私、大和真奈はペンネームですよ。

「大和をまなぶ」という意味と、

伝統野菜の「大和まな」からヒントを得てネーミングしました。

 

皆さんのペンネームも個人的にとても気になります!

何故、そのペンネームにされているのだろう?とか、

想像するもの楽しいですね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の目標は
「過去の自分を超える」こと。
 
過去を振り返ると、
結果としては成功といえることであっても、
途中経過でいろんな失敗をしたり、
なかなかうまく進まず大変な思いをしたり、
決してスムーズに事が運んだわけではありませんでした。
 
「失敗は成功の母」と考えれば
当然の経過なのかもしれません。
 
ですが、私の場合はその途中経過で
いろんな先生方からのアドバイスを
しっかり受け止める余裕もなく、
もがき苦しむうちに、次第に心をなくしていったような気がするのです。。
創ることに無我夢中で大局的な見地には立てていなかったのではないかと。
 
ただし、これも経験あるのみ。
今年はひたすら経験を重ねて、スキルアップしていきたいです。
 
特に自分が超えたいものは、初出版作品となった『僧力結集』です。
出版社の社長が「もう二度とこんな作品は創れない」といいます。
 
確かにインタビューさせていただいた方々が凄すぎて、
今考えても、よくこんな企画が実現できたものだと驚くばかりです。
 
今は亡き法華寺の御門跡、久我高照尼公、そしてご住職となった樋口教香様
薬師寺執事長だった村上太胤様は管主に、
唐招提寺執事長だった西山明彦様も長老にと、
一介のライターが簡単に取材できる方々ではなかったので、
大変貴重な取材でした。
 
これも皆様のお力添えあってのことですので、
この作品を超えるというよりは、
過去に学び、より良い作品を目指してひたすら頑張りたいと思います。
 
 

僧力結集―奈良のお坊様に会いに行こう! (あをによし文庫)
僧力結集―奈良のお坊様に会いに行こう! (あをによし文庫)
1,404円
Amazon


※ご存じない方のために貼り付けていますので、クリックしなくていいです!
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:



明けましておめでとうございます。

親戚の集まりがおわり、
コタツでゆっくりと過ごしているところです。

今年は色んな意味で試練の年になりそうな予感。
いや、毎年試練ばかりです。。
だからこそ人生は面白い!と言える人でありたいなあ。

すべては「自分で植えた球根」なのだから。

「自分で撒いた種」というテンプレートをあえて変換してみました。

「泥中の蓮」(でいちゅうのはす)という言葉を思い出したので何となく。

(おや、蓮って球根でいいのかしら。
思いつきで失礼しました)

意味:泥中の蓮とは、汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きるさまのたとえ


出典:維摩経

汚れた環境なのか?
汚れているのは自分の心なのかも。

心を清く保つために、私には仏教が必要みたいです。

さて、新たな気持ちで勉強だ!









母作↑


それでは、皆様にとって
良い一年となりますように。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
小林麻央さんのブログで今年の一文字について書かれていたのを拝読し、
私も今年を振り返ってみようと思います!
 
私の今年の一文字は「忘」です。
 
自分の意志で心をなくしていたように思うので。。
 
奈良のお仕事から一転、大阪の会社でコピーライターをしていたときは、
スケジュールと向き合い、〆切に追われ、新しいことにチャレンジする日々でした。
仕事に慣れてきたと思ったら、それとはまた別の新しいことがはじまり・・・・・・。
 
この状況を有り難いと思えばそうなのですが、
余裕がなく、苦しみとプレッシャーで押しつぶされそうでもありました。
 
でもそのおかげで、全国誌に自分のコピーが掲載されるという
今までになかった経験もできました。
 
そして、心をなくしていたおかげか、
忘れたかった過去もすっかり忘れることができました。
 
だから今となっては今年の出来事に感謝できるのですよね。
 
奈良を離れたことによって、
いい意味で熟成期間が得られたのではないかと今となっては思えます。
 
「忘」は一見すると、マイナスイメージがつきまとう漢字ですよね。
でも「忘」は、行き詰った心に余裕をつくり、
新たなパワーに替えることができる大切な心の活動であると思いました。
 
よくもまあ、こんな当たり前のことをつらつらと言えたものだなと
思った方は、恐れ入りますが、すぱっと忘れてください!笑
 
それでは良い週末を!
 
 
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

大和真奈です。
 
今日は想像の世界のお話。
 
私はお寺の取材をしているとき、
お坊様と、ゆかりの仏様をフレームインさせて
考えてしまっていることがあります。
不思議なものでそうすると、自分が今置かれている状況が
妙に納得できたりするのですよね。
 
何故自分が今、このお坊様とご縁をいただいたのか。
そして自分がここに呼ばれたことには何か意味があるのではなかろうか。
などなど良くも悪くも、想像の世界が広がってゆくのです。
 
わかりやすい例としてはですね、
先週の取材で、ご本尊を撮影する時のこと。
取材対象はご本尊ではなく、他のお堂に安置されている仏像で、
すでに撮影済みでした。
ですが、念のためご住職にお願いして
ご本尊を撮影させていただこうとしたら、
お供え物を乗せている台でコツンと頭を打ったのです。。
ご本尊にやめておきなさいと言われた気がしました。
 
ご住職にとっては、本来の宗派ではない仏様の取材です。
その上、ご本尊を押さえで撮影しておこうと欲を出したことが
いけなかったのではないかと。。
 
こういうときに、段取りや押さえなどと、こちらの都合だけで考えず、
何事も心で向き合わなければならないと実感します。
 
ご縁をいただくのはご住職であったりするので
一見すると「人」とのつながりなのですが、
取材では仏様を通じて、そんなことを想像しています。
 
 
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、奈良県生駒市にある長弓寺の薬師院さんで、
お斎(とき)をいただきました。

 

お斎は食事の時刻(とき)が語源。

かつては主に僧の食事のことを指しましたが、

今は法要後に僧侶や参会者へ振る舞う料理を言うそうです。

 

私は、入院していた父の退院祝いもかねて。
IMG_20161126_172634956.jpg

前菜と、生麩で見立てた刺身、胡麻豆腐↑


箸入れに


「春風を以て人に接す」

 

と書かれてありました。

 

幕末の儒学者、佐藤一斎さんの
『言志四録』に収められている言葉。

このあとに、

 

「秋霜を以て自ら粛む」

 

が続きます。

 

人には春風のように温かく接し、

自分には秋霜のように厳しくせよとのこと。


うむ…木枯らしのような冷たい風を
私から感じとったのでしょうか。。笑

 

と、それは冗談ですが、日ごろから心掛けたい教えですね。


うなぎのようなこちら↑

大和芋で作られているそうです。

茶そば↑お出汁がとても美味しかったです。

蓮根饅頭と生麩のあんかけ↑



IMG_20161126_172636651.jpg

白和え↑リンゴ入りでした。



天ぷら↑抹茶塩でいただきました。


なます↑少し酸味が強く感じられましたが、さっぱりしていました。


きのこの炊き込みご飯とお吸い物↑

もうこの時点でお腹がいっぱい。。

でもおかわりしたいほど炊き込みご飯が美味しかった~。



デザートは柿を杏子酒につけたもの↑でした。

 

私は「一汁十菜」のコースを注文したのですが、

かなりのボリュームがありましたよ。。

 

優しいお味ばかりでしたので、

皆満足していました。

 

要予約なので、ご利用したい場合はあらかじめ連絡を。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。
 
読者登録をしてくださっている方、
お久しぶりです。
 
大阪のコピーライターになって約1年。
いろんな経験をさせていただきましたが、
このたび、奈良の仕事に戻ることになりました。
 
1年前、大きな挫折感から、
逃げるように奈良の仕事を辞めてしまいました。
とにかく辛い現実から逃げたかったのです。
 
大阪の職場は〆切〆切でとにかく忙しく、
あっという間に1年が過ぎ去ったように思います。
 
傷が癒えた頃でしょうか。
このまま逃げていていいのか。
後悔しか残らないんじゃないか。
と思うようになりました。
 
挫折といっても…
誰一人、何一つ悪くないのです。私の問題です。

これからも私次第なのだから、
今ならあのとき出来なかったことが
できるんじゃないかと思えたので(勝手に)、
また頑張りたくなりました。

バージョンアップした今なら、
もう怖いもの(人も)なし!!
 
戻るやいなや、12月から
奈良の寺取材デー&執筆の忙しい日々が続くという、有難いことになりそうです。

これからディープな奈良本をつくっていきます。
 
ブログもぼちぼち書いていこうと思っていますので、
どうぞ宜しくお願いします。
 
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:
拙ブログにお越しいただきまして
ありがとうございます!

そして以前から拙ブログをご覧の皆様、
お久しぶりです。


実は私、この度転職いたしまして、
奈良のライターではなくなりました。

大阪に本社がある企業の
専属コピーライターとなりました。


全国展開しているブランドで
CMなどでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

何より私自身がこちらのブランドの
ファンで愛用していたこともあり、
こんな形でご縁をいただいたことが
まだ信じられません。


今まで奈良で良いお仕事をたくさん
させていただきました。
お世話になった皆様に感謝しています。


今年は県知事の取材をさせていただくなど、
奈良のライターとしては本当に有難い経験を
させていただきました。

これまで培った経験は私の宝物です。
今後は過去の反省すべきところは反省し、
活かせることは存分に活かしていきたいと思っています。


※奈良のライターではなくなってしまうので、
このブログをどうすべきか悩みましたが、
当面はこのままにしておこうと思います。


いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。