染のオーダー専門店 四季彩

伝統的な技法によりご注文を頂いてから
白生地よりお好みのデザインに
染め上げ質の高いものを創り上げております。


テーマ:

四季彩が運営しているサイトです。
どうぞ、ご覧下さい

●染のオーダー専門店 四季彩
 http://www.shikisai.jp
●のれん専門店 山本染匠
 http://www.y-noren.com/
●風呂敷専門店 山本染匠
 http://www.y-furoshiki.com/
●オリジナル商品通販サイト
 http://noren.ocnk.net/

 

 

樋渡さんの「祝い膳」は


ここから、

更に進化しました。


昨年、

頂戴し
感動した「鱧」の「骨切」の技


今年は、

皮目をさっと炙り
半生状態の淡路産「鱧」


口へ運ぶと
ふわっと溶ける「身」


骨切の腕が良くないと
ここまで柔らかい食感には
絶対無理なのが「鱧」


京都の人間が
祇園祭までに何度鱧を食すか
分からない程
鱧好きです。


そんな我々が
「もう、ここでしか食さない」とまで
言い切る「鱧」


絶品の一言です。


それを、今回は「淡雪塩」という
米粉とブレンドした
絶妙の「塩」で頂戴しました。


笹柄の青磁皿も
涼やかです。


次は、

樋渡さんの
お祝いへの「心意気」が
芯から感じられる
入手困難な逸品


1ヶ月近く前から依頼し


家内の誕生日に旨味が出るように
届けられた


琵琶湖産の

「天然物」の「鰻」


希少価値の高い鰻は
皮はしっかりとした弾力


身は、

脂ののった深い味わい


そっと、

軽めの味付けを
わさびで食べる「至福」


これだけでも
大感動なのですが・・・


次も素晴らしい品が
登場!


笹の燻された香りと共に
天然物の「鮎」


焼き方も、この日のために
かなり、悩まれたようで


炭火焼ながら
頭は「揚げ」たように
身は「柔らかく」
尾は「干物」の味わいになるように


と、

計算された焼き加減


丹念に焼かれた「鮎」は
おっしゃる通り
三層構造の味わい


someyomeのお祝いに
何を食べてもらうべきか・・・


本当に「心」から
考えて下さったことが
我々にしっかりと届く
鮎でした。


普通なら「お凌ぎ」は
飯蒸しのところ


「魚が続きましたので」と
蓮の器の中には


樋渡さんの故郷から
届けられた「佐藤錦」


最上級の佐藤錦は
甘味もふくよか


取り分け皿も
アンティークの味わいある品


器からも
好みを一つ一つ考えて下さってます。


次の可愛い椀物の器には


再度「鱧」の登場


焚き合わせに「鱧」という
贅沢さ


小芋と合わせた椀には
茗荷と実山椒が添えてあり
ピリリとした食感が残ります。


いつもの樋渡さんなら
土鍋のご飯物


本日は「涼やかなものを」と
お選び下さった
「稲庭素麺」


稲庭うどんの製法で出来た
お素麺


そこへ、ご出身の山形で
食される「ダシ」を
薬味に見立てた品と
温泉卵が添えられています。


器は、

夏場なら「これ!」と
京会席なら定番物


数日前も、骨董屋のショーウインドーに
飾ってある
アンティークバカラの
金彩ガラスが欲しいと
眺めていたsomeyome


お気に入りの器の登場に
更にご機嫌です。


付け合わせも
湯葉や鮪の佃煮など


小さな一皿にも
毎回、楽しみです。


〆には
温かな出来たての
黒糖葛饅頭


中はずんだ豆の緑あん


お抹茶を頂戴し
至福の祝い膳に
我々、大感動


大将も、

同じく
一生懸命に献立を
この日のために考えられ
喜ぶ姿に、感動なさっていました。


こうした「おもてなし」の心と
しっかりした「技」を持つ名店こそ
真の「懐石料理」だと思います。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。