【注目!】
ちょっと普通じゃない山本直史ストーリー

⇒ 激動の9年


「食べる社会貢献ドリベジプロジェクト」を議会で質問しました。

⇒  議会の「質問」と「答弁」


街の駅オークヒルのオフィシャルホームページ

 街の駅オークヒル


議会質問により行政を動かし新聞報道された事例

⇒ 新聞記事はコチラ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-01 17:07:48

「どうすれば実現できますか?」という未来型の質問

テーマ:山本直史の活動記
山本直史です。

僕は「千葉から日本を元気にする」ために行動しています。

そして、僕が「元気にしたい!」と考えている対象はやはり
「人」であり「企業」であり「地域」であり、いわば地域経済
であり、都市としての全体の雰囲気でもあると考えています。

もちろん、僕が一人で頑張っても限界は当然ありますが、
地道にあきらめず一歩一歩前に進んでいるところでも
あります。

しかし、結局は「元気」の根幹はやはり「人」ですから、一人ひとりの
「人」が元気な状況にならなければ、なかなか地域全体が元気な
状況にはなりません。

そんな時、コーチングの手法を学ぶことで、人を元気にし、自ら
気づいて動くキッカケを作るための「質問の仕方」を学んでいます。

例えば、「目の前にやらなけれならないことがありながら、
なかなか実現出来ていない人がいる場合」の質問として、
二つの質問の仕方があるわけです。

「なぜ出来ないのですか?」という質問と、
「どうすれば出来ますか?」という質問です。

前者の「なぜ出来ないのですか?」という質問は、過去に
出来ていなかったことに対する原因を追究する形になっています。

それに引き換え、後者の「どうすれば出来ますか?」とか
「実現するには何が課題になっていて、その課題を解決するには
何が必要ですか?」という質問は、実現に向けて未来への選択肢を
聞く質問になっています。

「出来ていない」という現実があるのであれば、その原因を
質問するより未来へ向けた質問の方が、これからの結果が
変わりやすいということだ理解しています。

これは「コーチング」的なアプローチだと思いますが、考えて
みれば「千葉から日本を元気にする」という言葉を冷静に考えて
みると、僕が何かの「対象物や対象となる人」を元気にすると
定義した場合、その「対象物や対象となる人」は山本直史に
よって「元気にされる」という関係性になります。

特に「人」が対象の場合には、僕が一方的に「人を元気にする」
ことには限界がありますし、人それぞれによって「元気という定義」
も異なると考えれば、この関係性には限界があると考えられます。

つまり、人が「自発的に元気な状態になる」ためには、誰かに
一方的に「元気にしてもらう」のではなく、何かのキッカケによって
「自発的に元気な状態になる」ということが大切だと感じます。

ということは、例えばコーチング的な手法で考えると・・・。

あなたにとって「元気」とはどのような状態ですか?
「元気な状態」になることを望んでいますか?

そして、望んでいれば、

あなたが考える理想的な「元気な状態」になるには
どうすれば良いですか?

または、「元気な状態」になることを妨げている課題を
解決するにはどうすれば良いと思いますか?

というような質問が大切なのかも知れない・・・。
そんなことを感じました。

「質問」はとても奥が深いということも学んでいます。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-30 17:30:01

「ブログ更新」まもなく2500回

テーマ:ブログ
山本直史です。

いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

ふと、今は何回目の「ブログ更新」なのだろう?と感じたため電卓を片手に月別の更新数を数える形で計算しました。

すると、今日で「2492」回目の更新でした。
あと8回で2500回になります。

6年前から自分が市議会議員のうちは「ブログを毎日更新する」と決めて、ほぼ毎日実践してきました。

本来自分が「三日坊主」の性格なのを良くわかっているので、それを克服するのが大変でしたが、まさに「継続は力なり」を信じて継続してきましたし、これからも継続して行きます。

まだまだアイデアベースですが、今後の展開も考えています。

例えばもっと「山本直史のキャラ」が伝わりやすい記事を書くことや、ブログ記事をブラッシュアップしてホームページに反映させることなども考えています。

お陰様で毎日頑張ってブログを更新し続けてきたので、僕が読者の皆様にお伝えしたい考えや想い、そして市議会議員としての活動や議会質問内容など、「ブログ記事」によるコンテンツが充実して来ました。

今後はより多くの方にお伝え出来るように引き続き努力して参ります。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-29 12:05:48

全国初「指定廃棄物」解除申請@千葉市

テーマ:千葉市について
千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

昨日、千葉市が現在新港清掃工場で一時的に保管している約7.7トンの「指定廃棄物」についての「指定解除申請」を環境省に対して行った。

千葉市の指定廃棄物(ばいじん及びゼオライト)とは東日本大震災の際に起きた福島第1原発事故により飛散した放射性物質が、その後に落ち葉や草木などと一緒にゴミとして焼却されたものの、その焼却灰の濃度が8000ベクレル/キロを越えるものを指している。

幸いにして千葉市の指定廃棄物は放射性物質の濃度が低かったため指定廃棄物とされる8000ベクレル以下に減衰する時間も短かった。

またその総量も7.7トンと、10トントラック1台分であったので、今回の環境省に対する迅速な指定解除申請は的確な対応と言える。

現在一時的に保管している指定廃棄物の放射性物質濃度が再測定の結果8000ベクレルを下回っていることが確認出来たため、理論的に既に千葉市には「指定廃棄物」は存在していないことになるが、あらためて環境省に指定を解除を受けるための申請を行った。

つまり、ボールは環境省の側にあるので、あとは「指定解除」を待つだけとも言える。

環境省から正式に「指定解除」を受ければ、千葉市には指定廃棄物が存在しなくなるので、当然のことながら千葉県内の他の自治体が保管している指定廃棄物の長期保管施設(最終処分場と呼んでいる方もいます)を千葉市内に作るという案自体が見直されるべきだろう。

引き続き環境省の動きを注視していきたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-28 22:51:56

リアルに熱い 

テーマ:つぶやきと雑感
山本直史です。

本来は前向きな事を書きたいのですが、昨日から久しぶりに発熱し体調が悪化してきました。

一日経過すれば治るかな…とも考えておりましたがあまり状況は変わりません。

「病は気から!」と自分自身に気合いを入れ、こんな時こそ「自然治癒力だ!」などと薬を飲まずにひょうひょうとしていたら、だんだん体が熱くなってきたので体温を計ると39度を超えていました。

そりゃ、熱く感じるはずだ….。

最近は気合いでは治りにくいのかなぁ…などと…ふと考えながらも、ここは自分自身の管理能力が問われているので適切に対応しようと思います。

「たまにゆっくり休め」というメッセージだと受け取り、素直にお休みさせていただきます。

それではまた明日。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-27 16:09:02

本日の読売新聞朝刊に「てっぺん」の名

テーマ:家族のこと
山本直史です。

たまには長男が頑張っている様子もブログにアップしようと思います。

昨日のブログで、長男(小6)が所属している少年バレーボールチーム「NK千葉バレー塾てっぺん」が千葉県大会で優勝したことで、8月に開催される全国大会に出場するご報告をさせていただきました。

この大会は全日本バレーボール協会だけでなく読売新聞も主催者に入り、大手コンビニチェーンのファミリーマートが特別協賛として入っているため「ファミマカップ」とも呼ばれているようです。

また36回を数えるほどの大会でもあるため、昨日の千葉県大会の結果が早速今朝の読売新聞に掲載されただけでなく、決勝に進出したチームは事前に「チーム紹介」としても掲載されています。

8月に向けて、子供たちだけでなく保護者たちまでも新たな気合いが入って来ている感覚です。

そりゃ、こんな機会は滅多に無いので親としても嬉しいです。

頑張れー!
そして、我々も頑張るぞー!




いずれも読売新聞です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-26 23:56:54

快挙!「NK千葉バレーボール塾てっぺん」県大会優勝

テーマ:家族のこと
山本直史です。

やったぁ、凄いぞ!!

長男が所属している少年バレーボールチームの「てっぺん」
本日開催された「第36回全日本バレーボール大会」の
千葉県大会(船橋アリーナ)で見事に優勝し千葉県の代表
として全国大会に出場することになった。


「少年バレーボールチームてっぺん」は創部6年目で今年度の
大会において千葉県のてっぺんになった。


長男の佳之介だけでなく、チームのメンバー、そして保護者も
一丸となってこれまで厳しい練習を積み上げて
来たことが
見事に結果につながった形だ。


黒澤崇監督をはじめ、コーチの皆さんには心から感謝したい。

もともと本日の大会が終わった後に、子供たちと保護者、
そして監督らと懇親会を予定していたのだが、結果的に
千葉県大会優勝の祝勝会と、全国大会へ向けた壮行会の
ような会合になった。

僕も含めて多くの保護者の目は自然とウルウルと
していた・・・。

それもそのはずだ。

本日開催された決勝大会はこれまでなかなか勝てなかった
チームにもチームが一丸となって勝ち、本人たちもおそらく
感じていたであろうプレッシャーをしっかり乗り越え、予選
大会を勝ち上がって来た強豪8チームがひしめき合う
大会で
一発勝負のトーナメント戦を勝ち
切った末の輝かしい栄冠だ。

いやぁ、本当によく頑張った。

全国大会は8月上旬に開催される予定だが、まずはお互いに
ねぎらい、そして新たな気持ちで更なる高みを目指して欲しい。

今年の夏は子供たちだけでなく、我々保護者にとっても
間違いなく熱い夏になる。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-25 10:17:50

イギリスEU離脱の衝撃はこれから始まる

テーマ:時事ニュースに思う
千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

昨日イギリスで行われた国民投票によって予想に反して
イギリスのEU離脱が決まった。

当初予想では「残留」と「離脱」が拮抗していたものの、それでも
ギリギリ「残留」するのではないかという予想の方が多かった
印象であったが、蓋を開けてみると結果は
逆の「離脱」となった。

それに反応し為替相場も急速に円高が進みドル円で100円を
切り、一時は98円台に突入し、日経平均株価も1200円以上も
下落し
14000円台に突入した。

まだ投票の結果が出る前に、仮にイギリスがEUから離脱する
ことになれば、相当な経済的な混乱が起こる可能性は指摘
されていたが、
本当にそのような情勢になっている。

この混乱はしばらく続くことが予想されるため、来週からの
世界経済や為替相場の動向がどうなるのかが注目される。

今回の「国民投票」について次のような指摘があった。

ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民
投票は
予期せぬEU離脱という結果になり、経済悪化の
懸念から、
欧州のみならず世界的な危機を招く深刻な
事態となった。

政治手法として国民投票や住民投票(レファレンダム)を
使うことへの危険性が改めて浮き彫りになっている。

どうやら「残留派」にとっては少し楽観視していたような
様子もあったようだ。

それは「本当にEUを離脱した場合に想定される経済環境への
悪影響度」についてちゃんと伝われば、さすがにイギリス国民は
EU離脱という判断をしないのではないかというという現政権の
読み違いがあったようだ。

その責任を取る形で既にイギリスのキャメロン首相は「辞意」を
表明したと報道されているが、イギリスのEU離脱によって今後
様々な側面から派生してくる衝撃波は、「首相が辞任する」レベル
ではなく、かなり大きくなるのではないか。

それは、今回の国民投票によってイギリス国民が自らの意志で
EU離脱を選択し、正面からEU統合を否定したという「意思表示」に
対し各方面へ大きな衝撃が走っている。

これを受けて、EU残留派が多いとされるスコットランドのニコラ
首相はイギリスからの独立を求める意向を示したとされる。

イギリスがEUから離脱したことで、いきなりEUが瓦解することは
無いと思うが、
イギリス国民による国民投票による「EU離脱」と
いう決断を下したことが、今後他のEU加盟国に広がりを見せる
可能性も否定できない。

加えて、今まで日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国、ロシアなど、
これまで微妙に安定していた世界経済のパワーバランスが変化
する上、日本企業の多くがイギリス拠点としてEU向けの輸出拠点
としている日本経済にも大きな影響が生じるリスクが高い。

また、「EUの国民投票」に少しだけ関連するが、現在国内では
参議院選挙が行われている。

これにより改憲派が躍進し、国会議員の三分の二を占めると、
現行ルール上はこれまで一度も改正されたことのなかった憲法
改正案の「発議」ができることになり、国会において正式に発議
されれば、手順的には国民投票が行われることになる。

今回のイギリスにおける「EU」に残留するか離脱するからの
国民投票と、日本国憲法の改正とは同列には比較できない
ものの、「国民投票」というものは有権者一人ひとりが、国が
進むべき未来の方向に対し「どちらの道へ進むのか」を責任を
持って意思表示する「大きな決断」になることは間違いない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-24 14:36:27

【重要】本日、千葉市に「指定廃棄物が存在しない」ことが確定

テーマ:千葉市について
千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

これまで千葉市が保管してきた「指定廃棄物」の放射能濃度を
環境省から指定された方式で厳正に測定した結果、これまで
「指定廃棄物」とされていた、すべての指定廃棄物が、その要件
である8,000ベクレル以下になったことを確認した。

千葉市としては指定基準を下回っていることが確認できた
ことから、来週中に環境省に「指定廃棄物の指定取り消しの
申し出書」を提出する予定とのことだ。

当面は現状通り新港清掃工場内での保管を継続し、適正に
管理し、その後の処理についても処理方法や処理先を検討し
適正に処理して行く予定とのことだ。

以上、取り急ぎのご報告でした。
まずは良かった…。

※指定廃棄物の放射能濃度測定結果
ばいじん→4,020ベクレル/キロ
ゼオライト→6,100ベクレル/キロ 







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-23 21:55:16

プレッシャーからの解放

テーマ:つぶやきと雑感
山本直史です。

お陰様で無事に質問を終えることができました。

当選して以来、毎議会での連続質問記録はまだ続いています。

今回は特に、何としても千葉市の地域経済を活性化させたい!という想いから、さまざまな視点で質問させていただきました。

自分の中では、限られた時間を活用しながらも当局とはしっかり噛み合ったやりとりが出来たと考えております。

議会は明日で最終日なので引き続き頑張ります。

また、今回行った一般質問と答弁については、このブログ上で分かりやすくお伝えして行こうと考えておりますのでブログをご覧になっていただければ幸いです。

質問を終えた後の、この何とも言えぬ、目には見えないプレッシャーからの解放は、とても気持ちがとても楽になります。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-22 18:51:01

「間違い」指摘×2回

テーマ:山本直史の活動記
山本直史です。

明日の質問に向けて準備作業がいよいよ佳境に入って
来ています。

これは一般的な話ではありますが、議会質問で当局の
「考え方を聞く」場合には、比較的答弁も言葉の「表現」に
よってその答弁を受け取る側も一定の「幅」があります。

その一方で、「数字」を用いて質問したり、逆に数字を答弁
してもらう場合には、曖昧さが消え、白黒がはっきりします。

今回5つのテーマで質問準備をしていますが、その過程で
既に公開している市の計画の中に記載されている「数字」に
いくつかの間違いを見つけてしまいました。

どう考えてもあり得ない数字だったので、念のために議会で
質問するために問い合わせたところ、その数字が「凡ミス」と
判明したわけです。

まぁ、人間には誰でもミスはありますし、その間違いだけを
指摘して議場で明らかにすることは、決して建設的な質問とは
言えません。

ただ、その後に「修正版」が示されたのですが、その修正版が
出された後に、僕が、また別の新たな間違いを見つけてしまった
ので、再度問い合わせをしました。

すると、それも「凡ミス」だとわかりました。

一度ならまだしも、立て続けに二度は無いよな・・・と感じながら、
いろいろと考えました。

仮に今回の件を議場で「経緯と事実について確認する」という
趣旨で質問を行った場合、数字と経緯を確認しながらの質問
であれば、「白黒」がはっきりするので、質問を行う効果としては
高いものの、結局のところ質問の目的が当局側の「凡ミス」を
指摘しただけではあまり意味が無い質問になるのでやめました。

しかし今後千葉市が力を入れて推進していく「計画」であり、
当然のことながら役所内部だけではなく外部にも正しく伝えて
行かなければならない「計画」の中身の数字が連続して、誤記載
されている状況は決して好ましいことではありません。

まぁ、しかし、これは担当者だけが悪いわけではありませんし、
すでに議員にも配布されている「計画」です。

本来であれば取った時に中身をチェックするのが議員の役目
だと思いますし、その時はまったくチェック出来ていませんし、
今回の質問を準備中する過程でたまたま偶然発見しただけ
なので・・・。

今回はそのことをしっかりとお伝えだけして、引き続き質問
準備を続けることに致しました。

「千葉から日本を元気にする」目的のために頑張ります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba政治家ブログ

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み