【注目!】
ちょっと普通じゃない山本直史ストーリー

⇒ 激動の9年


「食べる社会貢献ドリベジプロジェクト」を議会で質問しました。

⇒  議会の「質問」と「答弁」


街の駅オークヒルのオフィシャルホームページ

 街の駅オークヒル


議会質問により行政を動かし新聞報道された事例

⇒ 新聞記事はコチラ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-29 22:51:44

舛添都知事はなぜ辞職しないのか?

テーマ:時事ニュースに思う
山本直史です。

政治資金でさまざまな疑惑が浮上している舛添東京都知事の
3回目の会見が開かれたことが報道されているが、この
まったく誠意に欠け、姑息で、ここまで居座る“潔い悪さ”は
一体何なのか・・・。

「心臓に毛が生えている」とはこのことを言うのかはわからないが、
よく、ここまで意味の無い記者会見を重ねられるのかが謎だ。

舛添都知事が原因で明らかに都政が停滞していることは事実だ。

少なくとも「私が話すことは信頼されていない」と自らが、そのように
認めるのであれば、有権者からの信頼の上に成り立つ都知事という
職務を続けることは出来ないはずだ。

まさに、今の状態では明らかに「死に体」だ。

現職の都知事として何としても都民からの信頼回復を図りたいので
あれば、とにかく、信頼を回復するためにどこまでも誠意ある対応を
すべきタイミングなのに、それを果たさないで居座る感覚がまったく
理解できない。

このパターンは結果的に都政の停滞が続くだけでなく、時間の経過と
共に都民の怒りが収まるどころか、激しくなるのではないか?

この東京都知事を選挙で選んだ人はどのように考えているのだろう。
また、二元代表の東京都の都議会議員は、この状況を放置するのか?

これこそ、政治家独特の様々な思惑で動くような、いわゆる内輪の
論理ではなく、まともな感性をもった議員が何かしらのアクションを
起こすことが健全な考えだろう。

仮に議会として都知事の一連の疑惑に関する”チェック機能”が
働かないとしたら、都議会自体の存在意義も問われかねない。

ということで、今後は良識ある都議会議員の皆さんの活躍に
期待したい。







行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-28 23:32:27

オバマ大統領の広島訪問

テーマ:時事ニュースに思う
山本直史です。

歴史的な日に映像を見ながら自然と涙が出て来ました。

オバマアメリカ大統領は現職のアメリカ大統領として、米軍が1945年8月6日に原爆を投下した広島を訪問しました。

僕はそのオバマ大統領の凛とした姿を見て、そして戦後71年目を迎える広島の地で「核兵器のない世界」を将来に渡って追求してゆく必要性を全世界に訴えるスピーチを聞いて、自然と涙が溢れて来ました。

また、日本のリーダーである安倍総理とアメリカのリーダーであるオバマ大統領が並んで、平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花し、オバマ大統領は声明を発表した後に被爆者である坪井さんの手を握りしめて話を聞き、言葉を交わす姿にリーダーとしての強い決意を感じとりました。

人類で唯一の被爆国である日本と、唯一原爆を投下したアメリカが71年という時間を経て、日米の同盟関係はさらに強く深いものに進化したと感じました。

同時に、今後日本と「中国」「韓国」「北朝鮮」との関係がどう微妙に変化するのか、それとも変化しないのかも気になるところです。

今の率直な感想としてG7サミット開催から、オバマ大統領の広島訪問実現まで、まさに世界が注目している一連の段取りをしっかりと対応した日本の政府関係者のことをねぎらいたいです。

「関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。」




行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-27 19:07:36

「正直者がバカを見る社会」にするな

テーマ:熱き想い!
千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

安倍総理が再度「消費税増税延期」を決めたという報道がなされている。

個人的には今後ますます増大する社会保障費の財源確保と国のプライマリーバランスを改善させ、現時点で1000兆円をはるかに超える国の借金に関して、少しでも将来へのツケを残さないために、「財政再建」は必要だ。

しかしその手法として、消費税を8%から10%に増税することがベストな選択肢なのかどうかは、正直に言ってわからない。

消費税を増税できる環境という視点で考えると、確実な景気回復傾向が鮮明になり、それを裏付けるような各種経済指標の改善や消費者物価の上昇などにより、国民一人一人の肌感覚として景気が良くなってきたと感じられることが大切だ。

そのように考えると、アベノミクスで目指しているいわゆる「強い経済」状況に至っていない経済環境下で、仮に政府が強引に消費税増税をすれば、結果的に将来不安から消費者心理がさらに悪化し、財布のひもが固くなり、それが消費抑制へとつながり、結果的に景気を腰折れさせるというシナリオも想定できる。

そうなれば、結果的に政府の歳入は予定通りに増えないという構図になりますので、何としてもそのようなパターンだけは避けなければならない。

つまり、残念ながら現時点においてはアベノミクス効果は限定的であったといえる。

まずは何としても強い経済を実現する必要がある。

同時に、安易に消費税を増税するという視点よりも、パナマ文書で明らかになったパナマや英国ケイマン諸島における「租税回避地」に資産を移転することにより、本来国内企業や、日本の個人資産家が納めなければならない「税」が存在するのであるば、それらをしっかりと捕捉して課税することで歳入を増やすという視点も考えられるはずだ。

何としても「正直者がバカを見る」社会にしてはいけないし、富める者と貧困層の格差がどんどん広がり、その格差が固定化する社会にしてはいけない。




行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-26 16:17:15

「公民館」「学校の消防設備」「千葉市立海浜病院」

テーマ:山本直史の活動記
千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

今朝9時前にベトナムから無事に帰国致しました。

その後自宅で着替えて一件打ち合わせをした後
市議会の会派控室で教育委員会、消防局および
病院局からレクを受けました。

教育委員会からは「公民館への指定管理者制度の導入」
についてでした。

消防局からは僕が前回の議会で一般質問を行った内容が
反映された案件でした。

具体的には市立小中学校において「消防設備」の点検を
行った結果をまとめた内容なのですが、業者による消防
設備点検の結果、「不適格」と指摘された件数と内容、
及びその是正状況についてでした。

ざっくり言うと、消防局による小中学校への立ち入り
検査を行った結果、千葉市立の全小中学校中(167校)
155校で何らかの指摘事項があり、比率にすると実に
93%に上ります。

その一方で消防設備の改修状況については全校で593件
あり、既に改修された件数は168件なので、現時点では
28%に留まっているのが現状です。

今回の消防局からの報告を受け、あらためて教育委員会と
連携しながら、学校施設の消防設備の改修を促進させる
ための支援策を考えて行きたいと思います。

最後に病院局からは「千葉市立海浜病院心臓外科手術調査
委員会報告書」についての説明を受けました。

これは平成27年4月~6月の3か月間に千葉市立海浜病院
で行われた心臓・大動脈瘤等の手術において、手術後に患者
が死亡した事例が多発したことで、外部調査委員会を設置し、
医学的な視点、専門的な立場から「問題点」の調査を行い、
この度「調査報告書」が提出されたとのことで、その内容
についての概要説明を受けました。

この件は、マスコミ各社も注目している案件である上、非常に
センシティブな内容でもありますので、報告書に
ついて僕なりの
意見をブログなどに書く場合には、
明日の午後に予定されている
記者会見が終了した後に
なります。


行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-25 19:00:55

本日深夜便で帰国します

テーマ:山本直史の活動記
山本直史です。

今日の深夜便で日本へ帰国します。
今回のベトナムは僕の人生の中で初めてでした。

ホーチミン市での実質的な滞在時間は3日間でしたが
現地の方々ととても有益な意見交換が出来ました。

現代はインターネットなどの技術が発展していますし、
様々な文献などで他国を知ることの出来る機会は多く
あります。

しかし、実際に現地を訪問し、その国方々と現地の料理を
食べながら様々な意見交換をすることで得られる情報は、
これまた価値あるの情報であると感じています。

それが、個人の知的好奇心に留めるのではなく、結果的に
その機会が両国の発展につながる具体的なプロジェクトに
つながれば良いなと考えています。

現時点では不確定要素が多く、相手方の関係もあることから
ブログに具体的なことを書くことは出来ませんが、今回のベトナム
訪問は非常に価値あるものになりました。

今回あらためて日本人として、日本国のアジアの中のポジションを
再認識したことと、今後の日本が目指すべき方向性・・・もしくは
そのヒントとなることをいくつか得られと感じています。

とりあえあず、今の正直な気持ちとしては、僕の学生時代、
特に高校や大学を通じてもっと英語を 勉強すれば良かった
なぁと実感しました。











行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-24 19:56:36

ホーチミン市はまさにバイクの街

テーマ:山本直史の活動記
山本直史です。

ベトナムの街並みは近代的な高層ビルが立ち並ぶエリアがある
一方で住んで家の軒先を店舗にしている古びた街並みもあります。

近年は経済発展が著しく、シンガポールや韓国などの外資が入って
来ているため、中心市街地では土地の価格が高くなって来ている
ようです。

ホーチミン市の人口は一つの都市だけで800万人を超えており、
ベトナム社会主義共和国最大の経済都市で複数の工業団地が
整備され、日本企業も数多く進出してしています。

しかし、ホーチミン市内は電車や地下鉄などの公共交通機関が
整備されていないため交通渋滞が激しく、車の数も多いですが、
それ以上に二輪車が数がとても多いです。

また、これまでの中心市街地であった「1区(ディストリクト1エリア)」は
これ以上に発展させるだけの物理的な「場所(土地)」が無いため、
サイゴン川を渡った「2区(ディストリクト2エリア)」が今後ますます
大型の開発が進みます。

ちなみにベトナムでは地震は起きないため特にこの「2区」エリアに
おいて3年以内に超高層マンションが建設予定とのことで、ドバイの
ブルジュ・ハリファと同じほぼ同じ高さ(828メートル)の建物も建設
される予定で、そのタイミングでサイゴン川を渡る形で電車や新しい
道路が出来る予定とのことで、ベトナムのホーチミン市はまさに
開発ラッシュが起きているイメージです。

日本の方がさまざまなインフラが整備され、住む都市としての
利便性や安全性、さらには快適性が高いと感じる一方で、
街全体から溢れ出てくる何とも言えないエネルギーというか、
パワーは日本とは比較にならないほど圧倒的な躍動感というか
エナジーを感じます。

成熟国家「日本」と発展著しい「ベトナム」を単純に比較するよりも、
日本が持っている技術や、ソフトパワーなどを、ベトナムの発展に
つなげることで、相互に真にWINWINの関係を構築するためには
一体何が必要なのかを考えています。








行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-23 17:12:17

ベトナムに来ています

テーマ:山本直史の活動記
山本直史です。

経済発展著しいベトナムのホーチミンに来ています。
僕はベトナムは初めてですが、今回は具体的に経済交流の
実現に向けていろいろと情報交換をする予定となっています。

今朝の9時過ぎに成田空港を出発し、先ほどホーチミンの
ホテルにチェックインしました。

日本との時差は2時間なので、こちらは15時半前後です。
また、気温は34度で今の季節は日本に比べるととてもムシムシとして
いますが、ホーチミンの街並みは都会的で比較的綺麗な印象を受けます。

先ほど、当面の小口のお金が必要なので海外銀行(HSBC)の
ATMから200万ドン(ドンはベトナムの通貨単位です)を引出しました。

ちなみに200万ドンとは・・・
2,000,000ドン=10,668円
なかなか計算が難しいです。

帰国は26日(水)の午前中の予定日です。









行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-22 23:29:38

【雑感】戦略的に判断

テーマ:つぶやきと雑感
今、僕自身が一番やらなきゃいけないな・・・と感じている
ことは、おそらく「整える」ということです。

自分がやりたいと思うことや、やらなければいけないことを
すべてを明らかにした上で、その中から優先順位をつけて、
戦略的に判断していかなければならないと感じています。

直感的ではなく、戦略的に判断する必要がありそうです。

あらためて「時間」は有限であることや、物事を戦略的に
考えることの大切さを実感しています。

さて、ということでいろいろと戦略的に判断し、動いて
行きたいと思います。











行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-21 20:40:29

小学校最後の運動会

テーマ:家族のこと
山本直史です。

今日は長男(小学6年)の運動会でした。

ついこの前まで小学校の低学年だった印象でしたが、時が経つのは早く、気づけば今日が長男にとって小学校最後の運動会でした。

最近、長男の声が妙に枯れてるなぁと思っていたら、その理由がわかりました。

彼は白組応援団の副団長だったのです。
なるほど、そりゃー声も枯れるわけだ。

朝練で朝早く家を出ていったのも、すべては今日の運動会のためでした。

僕の率直な感想として「感動で涙が止まらない…」というよりも、小学6年になった息子が応援団や各種の競技に出場し、その頑張っている雄姿を見れたことが嬉しかったです。

僕は朝から場所取りをし、妻はお弁当作りです。

応援合戦も、騎馬戦も、100メートル走も、親子競技も、そしてクライマックスの組体操やリレーも、子供たちのひたむきで必死に取り組んでいる姿にジーンとしました。

長男はもちろんですが、僕は親として「運動会」の思い出がちゃんと頭に記憶として刻まれた感じです。

親子競技はリレー形式で、まさに親子の二人三脚で障害を越えながら校庭を一周するのですが、初めて息子と二人三脚をしましたが、まずまず呼吸を合わせることが出来てホッとしています。

また、組体操は昨今安全性の観点から問題が指摘されている「ピラミッド」で高さを競うものではなく、人と人とがつながり、音楽に合わせて、ダイナミックで流れるような組体操による「表現」をしたものでした。

観ている側にとっても本当に素晴らしい運動会でした。














行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-20 18:48:19

舛添東京都知事の会見がひどすぎる

テーマ:政治と議会と時々選挙
千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

政治資金に関して数々の疑惑が浮上している舛添東京都
知事の定例記者会見の様子を見た。

本当にびっくりした。

政治家としてのご本人の説明責任も一切果たすことがなかった
だけでなく、世の中からこれほどまでに注目されている一連の
疑惑について、本日の会見で少しでも明らかにしようとする
姿勢がまったく見られなかった。

まさに、誠意のかけらもないという印象だ。

都知事が一貫して発言されていたのは、「政治資金規正法に精通し、
厳しい目で判断していただける第三者の弁護士による調査に委ねる」
ということだけだ。

都庁にテレビ局や新聞記者などの多くのマスコミが集まった中で
行われた記者会見において、記者からの質問に対して、誠実に
説明責任を果たそうとする姿勢がまったく見受けられなかった。

これが日本の首都であり、世界に誇る東京都のリーダーなのか。

記者会見の冒頭や、会見中にも「多くの都民にご心配とご迷惑を
おかけして申し訳ありません」という謝罪の言葉はあったものの、
まさに言葉だけだ。

自らがこのような状況を招いたことに対する「責任」についての
言及がまったく無かった。

記者会見によれば、今後早急に知事自らが選任する「第三者の
弁護士」に調査していただくとの一点張りだったため、結果的に
現時点で自らに降りかかっている数々の政治資金に関する疑惑に
対する都知事自身による「説明責任」はすべて先送りをすると
いうことになる。

舛添都知事がここまで当事者意識が欠落しているとは思わなかった。
(これは、何かの作戦なのか・・・?)

また、出処進退は政治家自身で決めるものだと発言した上で、
現時点において都知事の職を辞任することには言及をせず、
「都民から信頼回復していただけるよう、これまで以上に都知事
としての職務をしっかりと全うする」という発言だったが、これでは
都民の誰も納得しまい。

また、個人的に不思議だな・・・と感じたのは、一連の疑惑のある
政治資金に関する調査を、舛添知事自身が選任する「第三者」の
弁護士に調査をお願いするという構図だ。

都民の代表者である東京都議会が、第三者的な調査機関を
立ち上げるのであれば理解できるが、自らの政治資金の支出に
関する疑念がかけられている現状においては、まずは都知事
自身がすべての疑問について、当事者として疑念を晴らすための
説明を誠意を持って行うことが先決だ。

そして、都知事の説明に対して、客観的な立場の第三者の
弁護士がコメントをするという順序であれば、まだ理解出来るが
ただただ「第三者に調査をお願いする」ということであれば、
今日の記者会見は何のために開催したのか??

まさに謎だ。
都民をバカにしているとしか思えない。

仮に、舛添都知事の発言をそのまま受け止めると、今回のケース
では疑惑をかけられている人から依頼される「第三者の弁護士」が
行う調査とは、一体、何を、どう調査し、どう公表するのかが不明だ。

加えて、調査の結果として「仮に、疑念を持たれている案件に関して、
完全に疑念を払しょくすることはできない結果になった場合には
知事を辞職します」など、どのような責任を取るのが示していない。

このような態度では決して「都民からの信頼回復」など到底見込めない
事を考えると、知事を担うだけの責任能力が欠落しているとも言える。

今回の記者会見をそのまま受け止めれば、少なくとも「調査結果」
が出るまでの期間は都政は停滞するのは明白なので、自身の事で
都政が停滞し今よりもさらに大きな迷惑をかけることになる。

こうなると舛添都知事は結果的には「しっかりと説明責任を果たす」か、
責任を取って「都知事を辞職」するか、リコールなどによって周りから
「辞めさせられるか」の3択になるだろう。

行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba政治家ブログ

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み