本日は、能舞音楽劇 義経記 、鹿児島県公演!

初の九州上陸!



実は、先週、岐阜にて、恐らく信者(ファンのこと)として世界最速でデーモン閣下のニューアルバムとサインを拝受!!


もちろん、自分でも観賞用として買いました!


これは、保存用(笑)。



AD
山井綱雄、次回のシテ能公演のご案内です。

宮崎県から、はるばる茨城県桜川まで、我が子桜子を探しに多比をする、母の物語です。

満開の桜、桜川を埋め尽くす桜の花びらを我が子に見立て、網で掬い上げ佇む、母。

桜尽くしの、春を感じる桜川。母の愛。
他に、家元の能や人間国宝山本東次郎先生、先輩辻井八郎さんの能もあり、見所満載です!

我が子・桜子を次男が勤めます。

どうぞ宜しくお願いします!!

~~~~~~

金春会定期能
4月2日日曜 12:30開演
東京千駄ヶ谷 国立能楽堂
能「桜川(さくらがわ)」
シテ(桜子の母)山井綱雄
子方(桜子)山井惠登
ワキ(磯部寺の僧)福王和幸
笛 中谷明
小鼓 田邊恭資
大鼓 亀井洋佑
後見 横山紳一
地頭 高橋忍

他に、
能「巴」辻井八郎
狂言「清水」山本東次郎(人間国宝)
能「雲林院」金春安明(金春流80世宗家)

(タイムスケジュール)
能巴 12:30~
狂言清水 13:45~
能雲林院 14:15~
能桜川 16:10~
17:30終演予定

(能「桜川」 あらすじ)
 失踪してしまった我が子を九州日向国(宮崎県)から関東常陸国(茨城県)桜川まで探しに行く母の愛の物語。
 絶景の桜の名所・桜川での母の嘆きと哀しみ。そして、歓喜の再会。
 桜子は母子家庭の生活の困窮から身を売り、手紙と金品を人商人に託した。それを受け取った母は哀しみに暮れて我が子を探す旅に出る。
 それから3年。常陸国桜川では満開の桜の季節で、磯部寺の僧は弟子の桜子を連れて花見にやって来る。そこへすくい網を持った物狂いとなった母が現れ、物狂の有様を見せる。我が子・桜子と同じ名前の桜川の桜の花びらを流してしまっては、我が子を失うことと同じだと。
 やがて、僧の連れている弟子が我が子と気が付いた母はめでたく再会し、連れ立って故郷へ帰っていくのであった。
 物狂いとなった母が、見せる舞(クセ、網ノ段)が見どころ。絶景の桜と母の哀しみのコントラスト。正に、桜の季節にぴったりの春の名曲です。

全自由席 5,000円 25歳以下2,500円
お申し込み
山井綱雄後援会
TEL 070-6526-0270(10時~18時)
MAIL
tsunaofc@yahoo.co.jp
(お名前、枚数、ご住所をご明記下さい)





AD
いよいよ来週になりました!

皆様のご参加をお待ちしております!




能楽金春流・観世流 

二流派競演ワークショップ

~流派を超えた熱き魂~


3月25日土曜日

14時開演 13:30開場 17時終演予定

武田修能館

(東京都中野区中央1-26-6 東中野ダイヤモンドマンション1階)


出演

山井綱雄(金春流能楽師)

武田友志(観世流能楽師)

武田文志(観世流能楽師)

本田芳樹(金春流能楽師)


 能楽五流派のうち、観世流・金春流は、古来より芸風の違い等から、対極の位置にある流派と言われてきました。同じシテ方というパートで同じ舞台に立つことが現状無い中で、大変に珍しい異流競演です。

 流儀の違いや共通性、舞い比べや謡い比べ等、トークを交えながら、初めての方から愛好者まで、どなたでもお楽しみ頂けます。また今回は、お客様にも両方の流派の「所作」や「謡」を体験して頂き、流派の違いが現れるのか?という実験も検証したいと思います。

 果たして、どんな結果が出るでしょうか?

 実演は真剣勝負、体験やトークは気軽に楽しく、メリハリを効かせた流れに、時間を忘れて身を委ねて頂ければと思います。

 存続が容易でなくなってきた現代において、能楽界も流派を超えて団結し始めています。

 能楽を愛し、お客様を愛する男達の『熱き魂』を感じに、是非お越し下さい。


★公演後、修能館近くのお店にて、出演能楽師と触れ合える懇親夕食会を企画致しました。どなた様もお気軽にご参加下さい!


料金

公演のみ

5,000円 全席自由席(定員70名 当日券6,000円)

会食付きプラン

10,000円

(終演後に、山井武田を囲んで、武田家御用達のお店にて身近で楽しい会食。限定20名。事前予約制)


お申し込み

カンフェティ 

0120-240-540

(平日10時~18時 オペレーター対応)

お問合せ

090-8533-1556

後援

武田太加志記念能楽振興財団





AD