『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』を無料でプレゼントいたします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-17 19:53:11

子どもの心を守っていますか?

テーマ:子どもの心を育てる



私達子育て世代は、地震のニュースを避けて、子どもの心を守りませんか?


ニュースやネットの地震の映像や音。


大人は<ココで起きている事ではなく過去の事>だとわかります。


でも、10歳以下の子どもは、<目の前で起きているように感じ心の傷となる>可能性が高いのです。


このたびの熊本・大分の地震において、被災された方々、並びにそのご親族、ご友人の皆様に心からお見舞いを申し上げます。


また、命がけで捜索や支援活動にあたっていらっしゃる方々とそのご家族に心から感謝を申し上げます。


4月14日の熊本地震から3日経ちました。


昨日16日午前1時25分に起きた地震では、熊本・大分両県に大きな被害が出ているようです。


私が住んでいる福岡は震源地から約120キロ離れていますが、14日の夜も16日午前も携帯の地震警報がなり大きく揺れました。


物が落ちてくるなどの被害は、私の家ではありませんでした。


それでも、継続的に余震が起きています。


小学6年生の次女は、「暗いのは怖い!」と電気をつけたまま眠りました。


余震が続き報道や被災地のニュースなど、心が痛んだり揺れたりする状況が続いている方もいると思います。


テレビや新聞やラジオなどの報道を流しっぱなしにする家庭や、お子さんへ地震についての説明をする方もいらっしゃるかもしれません。


でも、お子さんの健やかな心の成長のために、知っていただきたいことがあります。


繰り返し流れる震災と被災地の様子の映像を見ることで、子どもたちは大きな恐怖を感じる可能性が考えられます。


また、子どもは親の気持ちに敏感ですので、親がこのような映像を見て不安を感じることで、子どもはもっと大きな不安を感じる可能性が考えられます。


そのため、可能でしたら、震災に関しての報道はお子さんが眠った後に行うなど、お子さんのテレビの視聴を避けていただきたいと思いますが、いかがでしょうか?


アメリカの同時多発テロの際、ツィンタワーが倒れる瞬間をテレビで見てしまった多くの子どもたちは、子どもだからこそ、理解できない恐怖に包まれることになり、眠りが浅くなり、食欲が失せるという深刻な弊害を経験したそうです。


2011年3月の東日本大震災の時にも、小児科では、津波や地震の映像が原因とみられるストレスによる体調不調のため、診察に訪れる子どもが増えたそうです。

お子さんの発達や体験値にもよると思いますが、10歳以下の子どもの圧倒的な恐怖を、大人が説明して理解させて和らげるのはとても難しいことだと思います。


そして、天災は、いつ起こるか予想が難しく、まだまだ防ぎようがない部分が多いので、余計に無意味な恐怖を植えつけてしまう可能性も考えられます。


このような時だからこそ、大人が意識して、子どもの前では心穏やかに過ごすことで、恐怖から子どもを守ることができるように感じます。


また、テレビの視聴を避けることで、余震のように押し寄せる情報という恐怖から子どもを守ることができるように感じています。


そして、このような報道を長時間見ることは、大人にもプラスではない影響が考えられます。


そして、大人も、地震のニュースを長時間目にすることで、怒りっぽくなったり涙もろくなったり罪悪感を感じたりなどの、感情の起伏が激しくなるそうです。


私達が最初に守るべきなのは、家族の心と体です。


家族には、あなた自身も含まれています。


そして、あなた自身の心が安定することで、お子さんや家族の心も安定するのではないでしょうか?


未来に羽ばたく人材を育てるために、震災の報道を、どのようにご覧になるか、考えて行動をしてみませんか。


内容を不謹慎に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、子どもたちの心のケアを考え、考え抜いた結果、お伝えすることにいたしました。


熊本への支援については、色々な方法があるようです。


私は、緊急の支援物資の方法として、絵本作家ののぶみさんのお知り合いへAmazonから飲料水を送りました。


もし、何か支援をしたいと考えていらっしゃる方は、下記をご覧ください。

↓【世界一簡単な支援の方法】↓
https://www.facebook.com/nobumi.ehonnsaxtuka/posts/962469833870018?fref=nf&pnref=story


被災地に食糧や薬品や生活必需品などの物資がスムーズに届くことを、心から願っています。


被災地では、食べ物や薬品やその他の物資が少ない中、協力しながらがんばっていらっしゃる方がたくさんいます。


一人でも多くの命が助かり、1日も早く余震がおさまり、ライフラインが復活して、みんなが心穏やかに生活できることを、心から願っています。




―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html




・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-30 23:53:42

台湾から帰国しました

テーマ:次女の成長



小学5年生の次女が台湾から帰国しました。


次女は、アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)が主催の、<日本人としての国際人を育成する1年半のプログラム>であるウイングキッズを受講中です。


最後を締めくくるプログラムのスタディーツアーとして、3月26日から4泊5日で台湾へ行っていました。


台湾の台南市を中心に訪れましたので、2月26日に台湾南部地震が起きた際にはとても心配をしていました。


しかし、その後の調査で、大丈夫と判断をされましたので、予定通りに出発をしました。


台湾では、ホームステイや学校体験、文化交流や日本と関係の深い場所の見学などを行ったようです。


21時過ぎに福岡空港へ到着し、その後帰国式が行われ、帰りに食事をしましたので、帰宅は23時を過ぎました。


ちょっとだけ話を聞いたり写真を見せてもらっただけですが、とても充実して楽しかった様子が伝わってきました。


日本の事を学び、海外の事を学び、実際に行って体験する。


それは、とても貴重な体験だと思います。


思春期のこの時期にこのような貴重な体験ができたことは次女のこれからの人生の糧になると思います。


娘たちのスタディーツアーのために、APCCの事務局やボランティアスタッフの方達や台湾の方達など、多くの人のお世話になりました。


心から感謝しています。


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-29 23:28:17

83歳、母の誕生日

テーマ:母のこと

今日は母の83歳の誕生日でした。


私は母が30代後半の時に生まれました。


今は30代後半や40代で出産する人も多い時代ですが、私が子どもの頃、お友達のお母さんは母よりも10歳くらい若い人が多くて、母の年齢を友達に言うのが嫌でした。


しかも、若い頃の母は気性が激しく言いたいことをズバッと言うので、姉も私も傷つくことが多かったのです。


でも、仕事をしている姉と私の子ども達6人の面倒を見てくれた母は、今は年齢よりもうんと若く見えますし、とても元気で食欲もあります。


今、母の年齢を人に伝えると、「若いね!」「元気ね!」と言ってくれます。


そして、私もそう思います。


さらに、最近は、少しだけ素直に話を聞いてくれるようになりました。


あまり素直になり過ぎると、この世でのお役目が終わってしまうのではないかと不安になるので、今のままの母がちょうど良いのかもしれないと思っています。


私の母が元気なのは、食べたいものを食べ、言いたいことを言い、比較的好きなことをしていることだと思います。




ケーキに飾るプレートは、「おばあちゃん」でも「おかあさん」でもなく、「名前」を書いて頂きました。


私は小学2年生の時に父を亡くしました。


父が亡くなった時の母と同じ年齢になった時、夫を亡くした母の不安や悲しみを想像し、それを乗り越えて、私達姉妹を育ててくれた母に感謝の気持ちをとても感じました。


<元気で長生きするのは子ども孝行の1つ>と私は思います。


美味しそうにケーキを食べてくれる母の姿を見ながら、ずっと元気で長生きをして欲しいと願い、仏壇の父の御位牌にお願いをしました。


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com




小学5年生の次女は海外へホームステイ中ですので、高校1年生の長女と一緒にケーキと昼食を持って実家へ行ってお祝いをしました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-28 23:55:22

「夢を語りチャレンジする子に育てたい」と思うのなら

テーマ:子育ての悩み解決




夢や願いは言葉にすると叶うことを実感しました。


「甲子園で高校野球を見たい!」


ずっと願っていた夢が叶いました。


しかも、知っている人が卒業したなどご縁のある学校を応援できたら最高!
と思っていました。


でも、私が卒業した高校は福岡県大会に出場するかできないかがギリギリの公立高校。


母や姉や甥っ子や姪っ子が卒業した高校も、甲子園出場経験は0(ゼロ)・・・。


私の娘は女子高に通っているし・・・。


しかも、今年の選抜は福岡県からの出場校は無しでした・・・。


ところが、主人の出身校が出場することになりました。


一緒に観戦してくれるのは、楽しい子育て実践会の会員で子育て絵本アドバイザーのこの方

お互いのスケジュールを調整したところ、3月28日のみ予定が合いました。


雨天順延などなく、予定通りに日程が進めば、準々決勝の4試合を観戦できます。


そして、お天気が続き、予定通りに準々決勝を観戦することができました。


一緒に観戦をしてくれた方の地元の奈良県の高校は第1試合、主人の出身校は第4試合です。





私は朝4時に起き、5時に自宅を出発し、6時5分発の新幹線に乗りました。


新大阪駅から大阪駅へ移動し、阪神梅田駅から甲子園行きの電車に乗り、9時20分に甲子園に到着しました。


選抜高校野球の公式ガイドブックを購入しました。





第1試合は始まっていましたが、途中から観戦することができました。


長女が生まれた頃に、福岡ドーム(現ヤフードーム)でプロ野球を観戦したり、

高校生の時に野球部だった甥っ子達が、福岡県大会の予選に出場した時の応援に行ったりなど、野球観戦はしたことがありました。


でも、甲子園球場での高校野球はそれとは違う感動がありました。


野球部に所属する高校生が目標にしている場所で試合をする選手たち。


各地からやってきたと思われる応援席の人達。


選手も応援する人も一生懸命です。


第1試合と第2試合は、関西の学校同士の対戦でしたので、観客も多く、応援席も盛り上がっていました。


私はガイドブックに書いてある、学校や選手の紹介を見ながら応援しました。


第1試合の智弁学園は1塁側でしたので、第3試合までは1塁側の内野席に座っていました。




第3試合が終わった後に、主人の出身校を応援するために、3塁側のアルプス席へ移動しました。


知っている人は誰もいませんが、アルプス席での応援は、ドキドキ感が高くなります。


主人の出身校は残念な結果となりましたが、打撃戦でしたしホームランも出ましたので、沢山拍手も応援もできました。


日差しが強くなったり、途中で雨が降ったり、日が沈んでライトがついたり、甲子園球場の色々な面を体験することができました。




試合が終わったのは午後6時30分。


甲子園球場で9時間を過ごしました。


途中2回ほどお化粧室に行きましたが、それ以外はずっと座って観戦していました。


4試合、それぞれに違っていましたし、真剣な選手たちに目の離せない展開でしたので、あっという間の4試合でした。


試合終了後は、梅田へ行き、食事をしながらお話をして、最終の新幹線で帰宅しました。


福岡に住んでいても、甲子園球場で高校野球を見て日帰りをしたことで、やってみると意外と簡単にできることも体験しました。


一緒に観戦してくださった方に感謝です。


甲子園での観戦で、私は次の2つの事を体験できました。


・<夢は口に出すと叶うこと>

・<やりたいと思うことはやってみると意外と簡単>


私がこの2つを体験したことで、娘たちや主人や周りの人に対しても、「夢を語ること」と「チャレンジすること」の応援をできると強く感じています。


「夢を語りチャレンジする子に育てたい」と思うのでしたら、親自身が「夢を語ること」「行動すること」はとても大切だと実感しています。


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-27 23:30:47

「早く早く」ってイライラしてしまうママへ

テーマ:子育ての悩み解決


山口理加


子育てをしているとあっという間に時間が過ぎてしまいますよね・・・。


特に外出の時は時間との戦いになってしまい、イライラしてしまうこともあるかもしれません。


お子さんの年齢や人数によって、出かける時間に余裕の時間をブラスすることも大切だと思います。


それでも、時間に遅れてしまっても、「仕方がないな~」と思うことが大切かもしれません。


イライラした分だけ時間を取り戻せるのなら、たくさんイライラしても良いと思います。


でも、イライラしても時間を取り戻すことはできませんので、せめて、気分だけでも良くすることが必要なのではないでしょうか。


先日のことですが・・・、
夕方、何気なくヤフーニューを見て驚きました!


ベルギーのブリュッセル空港で2度爆発が起きたという記事が掲載されていたからです。


私が主宰をしている楽しい子育て実践会の会員で、ベルギーにお住いのAさんが、爆発当日の飛行機で一時帰国の予定だったからです。


私は、メールとフェイスブックのメッセージでAさんへ連絡をしました。


お返事が無いので、心配になり、近くの神社へ行って、Aさんとご主人とお子さんたちのお名前を伝え、「守ってください」とお願いをしてきました。


帰宅すると、Aさんからお返事をいただきました。


「空港に向かっていました。空港直前のハイウェイで、道路が完全封鎖になり、事故のニュースが携帯に入って知りました。今直接アムステルダムに車で向かっています。予定より出発が15分遅れたので、巻き込まれずにすみました!」
とのことでした。


その後、「無事にアムステルダムに着き、飛行機のチェックインも終えました」とメッセージをいただきました。


Aさんは、
ちょうど爆発があった日に一時帰国予定で、ブラッセル空港に向かっていました。


あと数分で到着というところで、ハイウェイが完全にストップ。何十台もの救急車、消防車、パトカーが出動していたので、何か大きな事故でもあったのかと思っていたら、まさか空港で爆発とは。。。



我が家は、ちょうどアムステルダム経由だったので、そのまま車でアムステルダムまで行き、日本に帰って来ることが出来ました!


もし、少しでも早く空港に到着していたら、、、と思うとゾッとします。完全に巻き込まれて日本には帰れなかったと思います。


朝、私が洗濯機を回すのが遅くなったことと、超マイペースな娘が、行く直前に弟のリュックにおもちゃを詰め始め、息子も靴下を履かず逃げまわり、そんなこんなで家を出るのが遅くなったのが、結果的には良かった!!


とおっしゃっていました。



出発時間が遅れたことで、アムステルダムから飛行機に乗ることができたようです。


このように、遅れてしまったことで、ラッキーになる場合もあります。


子育て中は、時間通りに行かないことが当たり前。


予定外の事が起きるのは当たり前。


だから、余裕を持って計画し、計画通りに行かない時も、自分の気持ちを良くすることは必要だと思います。


いかがでしょうか?


最後になりますが、ベルギーの空港と地下鉄の爆発で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、怪我をされた方のご回復と事故現場にいらっしゃった方の心のケアができますことを心から願っています。


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-18 23:24:16

子育て中だからこそ、セルフメンテナンス!

テーマ:子育ての悩み解決



お仕事をしている・していないに関わらず、
お母さんは家庭の要(かなめ)で、太陽だと思います。


要が緩むと、家族はバラバラになってしまいますし、
太陽が輝かないと、お家の中はどんよりしてしまいますよね・・・。


でも、多くのお母さんは、子どもや家の事を優先してしまって、
自分の事は後回し…ということも多いのではないでしょうか。

もちろん、いつもはそれでも、O,Kだと思います。


でも、時々は、休息やメンテナンスが必要です。


疲れたりイライラを感じた時は、セルフメンテナンスが必要なサインではないでしょうか。


私は、今日、整体へ行ってきました。


「時間があるときに行こう!」と思っていると、
いつの間にか、数か月経ってしまうので、
急に体調が悪くなって、
結局家族に迷惑をかけてしまうことに、
気付きました。


だから、今日は、次回の予約もお願いしました。


お蔭さまで、心も体も元気いっぱいになりました♪


ちょっとの時間や少しのお金を使ってセルフメンテナンスをすると、
お母さんの心と体が元気になります。


そうすると、また、いつものように、家庭の要や太陽になれると思います♪


お母さんが太陽だと、
子どもは安心して健やかに成長することを実感しています☆


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-17 23:58:09

四柱推命と子育てアドバイス

テーマ:子育ての悩み解決

10年以上子育てのアドバイスをしていると、
お付き合いが長くなっている方も多くなります。


その結果、
子どもが10歳を過ぎてきた頃から、
子育ての相談の傾向が変わることを実感しています。


子どもが10歳以下の場合、
子育てのお悩みは、
・身体の成長に関すること
・言葉の発達
・幼稚園や習い事の選び方
・子育てのイライラなど、お母さんのメンタルの改善
などが主なテーマです。


子どもが10歳を過ぎてくると、
どのような内容になると思いますか?

・受験や進路
・子どものとのコミュニケーション
・お金
・夫婦のコミュニケーション
などです。


コミュニケーションについては、
個性について学び、実践をしてきましたので、
人が持っている考え方や行動基準や感じ方などのついて、
アドバイスをできるようになりました。


ただ、もっと深い部分での個性と運勢について学びたいと思い、
昨年より、自宅から80キロ離れた北九州市まで、
月に2回四柱推命を学びに行っています。


学び始めて1年2か月経ちました。


最初は自動車を運転して通っていましたが、
最近は、新幹線で通っています。


小倉駅では、銀河鉄道999の鉄郎とメーテルがお出迎えをしてくれます♪




経験豊かで愛情深い先生と、
人生経験豊富でとても優しい受講生の皆様と一緒に学べることに感謝です。


占いは統計学の1つです。


色々な占いがありますが、
多くの占いは、
西洋の場合は「西洋占星術」
東洋の場合は「四柱推命」
の一部ということが多いようです。


だから、私は、「四柱推命」を選びました。


「四柱推命」は、
「その人が生まれ持った個性」
「両親」「先祖」「子ども」
「30年間ごとの運勢」
「10年ごとの運勢」
「1年ごとの運勢」
など、幅広い鑑定ができるからです。


今日は、昨日学んだことを活用して、子育てのアドバイスをしました。

そうしましたら、早速、メールをいただきました。

―――――――――――
山口理加様

こんばんは。今日はプラチナセッション、ありがとうございました。

Yの良い所を私が分かっていなかったです。


Yは友達とクリスマス会をしたり、今度はお花見をしたいと計画しています。

それがYのよさでもあるのですね。認めて、計画に協力しようと思います。

―――――――――――

お母さんが、
<自分自身が生まれ持っている「考え方」や「感じ方」や「行動の傾向」や「目指すべき目的」や「目的を達成するやり方」>と、
<子どもが生まれ持っている「考え方」や「感じ方」や「行動の傾向」や「目指すべき目的」や「目的を達成するやり方」>
を知って、違いを認め、見守り、困った時だけ必要に応じて手助けをすることで、
お母さん自身は安心して楽しく子育てをできますし、
子どもは伸び伸びと成長していけると実感しています。


そのためには、できれば、胎教や乳幼児期からお母さんが子育てを学ぶことも大切だと実感しています。


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


・会員制通信講座『楽しい子育て実践会』
http://1papamama.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-15 23:33:24

根っこが育つ乳幼児期を大切に!

テーマ:子育ての悩み解決

お天気が良かったので、
お花を植えました。



この春のテーマカラーは黄色!


今は隙間が多いのですが、
成長すると、丁度良い感じになると思います♪


草むしりをしていると、
なかなか抜けない草がありました・・・。


根っこが長いのです!


測ってみると、草の部分の3倍の長さでした。



植物は根っこから成長します。


根っこがしっかりしていると大きく成長します。


人の成長も植物と似ているのかもしれません。


たくさんのお母さんへ子育てのアドバイスをしていて
乳幼児期は目に見えない根っこの部分が成長している時期と実感しています。


乳幼児を育てている方は、
この時期を大切にして欲しいと願っています♪


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-14 20:34:01

2番目の子どもの言葉や発達の遅れ

テーマ:子育ての悩み解決


言葉の遅れ


お問い合わせフォームからメールが届きました。

-------------------------------

今、3歳半になる息子がいます。


言葉が遅く、まだ、一単語をポツポツ言うだけです。


プレ幼稚園にも通わせていますが園長先生からは、
「知能には問題がないと思うが、人と関わらない」と言われ、
「療育センターにも行くように」言われました。


2歳になった頃から、住環境を見直し、
話しかけや、テレビはやめるや、ハサミ、
ノリ折り紙などの工作をいっぱい生活に取り入れていますが、
こちらの言うことは理解しているようですが、話さないのが気になります。


また、2歳くらいまで、
同い年のお友達と関わる機会もあまりなかったのも原因かとも思っています。


電話させていただいたのですが、繋がらなかったので、
どうか、よいアドバイスがほしいです。


療育センターに行くことになっています。


どの教材が一番あうのか、
どのように使っていったらいいのかどうか教えてください!

家の電話は、×××○○○▼▼▼▼です。

できれば、直接お話させていただきたいです!
どうか、よろしくお願いいたします!

-------------------------------

そこで、お電話でお話をしました。


メールを送ってくださったのは、
12歳年の離れたご長男と3歳のご次男をお持ちのお母様でした。


下の息子さんは生まれた時から手のかからない子だったので、
「子育てが楽だな~」と思ってたそうです。


1歳くらいまでは喃語が出ていたけれども、
ご機嫌だったのでほったらかしにして育てていたそうです。


2歳検診で「言葉が遅い」と指摘を受けたということでした。


「バナナ」を「なな」というけれども、あとは、「あわわわ・・」という感じの発語だったそうです。


昨年の4月に、ご主人の転勤で県外へ引っ越しをし、公園に行くようになると、
同年代の子ども達は言葉が話せていることに驚いたそうです。


プレ幼稚園へ通い始め、
園長さんに、
「知能には問題がないと思うが、療育センターへ行かれてはいかがでしょうか。
そして、療育センターの先生と幼稚園でのこの子の対応を決めたいと思います。」
と言っていただいたそうです。


ある調査によると、1人目と2人目以降の子どもを比べると、
親が手や言葉をかける時間は、1人目は2人目以降の6倍だそうです。


つまり、2人目以降の子どもは
<「1人目の6分の1」しか手や言葉を親からかけてもらえない>
ということなのです。


ただ、少しでも早く親が気付いて、家庭環境を改善したり、
言葉かけや絵本読みなどをすることが必要です。

子どもの発達は追いついて言葉も出るようになることが多いようです。


子どもの1日は大人の30日分の価値があります。


私がこれまで相談を受けた中でも、
「2人目以降の子どもの発達や言葉の遅れ」も少なくありません。


過去にも、東京都にお住いのA子さんのお子さんのB君は、
3歳でIQ85の結果が出ました。


育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』を実践して3ヶ月程で、
二語文三語文を話すようになり、
幼稚園入園の頃には、他のお子さん方と全く変わらない
語彙力となっていました。


1年後の4歳の時にIQ110となりました。


小学校4年生で、塾のテストを受けたところ、
授業料免除の特待生になったそうです。


今回、お問い合わせメールを送ってくださりお電話でお話をした方は、
育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』をお申込みになりました。


これからの息子さんのご成長が楽しみだと感じています。


妊娠中、乳幼児期の過ごし方は子どもの一生の土台を作ることを、
さらに実感しました。

―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-13 22:11:02

【全盲のお母様】からのメール

テーマ:天才児を楽しく育てる9つの習慣ご感想


全盲のお母様

楽しい子育ての教材は、
全て、テキストとテキストを私が音読しているCDをセットにしています。


それは、乳幼児を子育て中は、ゆっくりとテキストを読む時間は無いけれども、
家事や自動車の運転や通勤中などに、
音声を聞く=耳が空いている時間はあるからです。


先日、<育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』>の教材を購入された方から、
メールをいただきましたので、紹介します。


↓ココから

こんにちは。初めてメールします、○○県のI.Mと申します。


私たちは夫婦で視覚障害があり、
私は全盲、夫は光を感じられる程度のやはり全盲です。


子供は目が見えていて、
中学一年生の女の子と、2歳になった女の子の2人です。


結婚した時から自分たちだけで暮らしていて、
今も4人家族です。


9つの習慣のテキストを購入したのですが、
テキストをCDに読んで下さっているので、
音訳や点訳に出さずにすぐに内容を知ることができてうれしいです。

ありがとうございます。


テキストにある冊数の絵本に点字シールを貼ること、
それを会話のスピードで読む事はかなり難しいと感じますが、
テキストの内容は勉強になることが多く、
童謡のCDやモーツアルトや考え方や接し方など、
できるところからやってみています。

↑ココまで


ゆっくりテキストを読む時間の無いお母様のためにと思って作成したCDが、
視覚障害のあるお母様のお役に立てて良かったと感じました。


ご夫婦で視覚障害があって目が見えなくても、
できる所から実践していらっしゃるのは素晴らしいと思います。


私達は、どのような状態であっても
「<やらない理由」を探す>と<いくらでも見つける>ことができます。


反対に、私達はどのような状態であっても、
<「やる」と決める>と<やる方法はいくらでも見つける>ことができます。


教材を実践してくださっている上に、
ご感想のメールもいただけて、とても嬉しいと感じています。


I.Mさん、ありがとうございます♪


―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書『天才児を楽しく育てる9つの習慣』
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s/





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>