1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-05-28 10:41:29

順子かあさんの天才育児と次女魂

テーマ:子育て
 陸奥新報紙でしばらくの間、スイッチ母さんの母さん。
「順子かあさん」の天才育児についてお送りしているのですが。
今日はちょっと、順子母さんについてお届けしたいと思います。


順子かあさんの天才育児……。

スイッチかあさんの母さんである順子母さんは、
三人の娘と二人の孫を持つおばあちゃんです。


週に二度ほど師匠を預けると、
アダモを歌いながらティッシュをちぎって投げる 
などの、独特な遊びを考案します。

そしてそれが師匠のツボにはまるらしい……。

♪雪は、ふる~~~~ あなたは、こない~♪


二歳児に歌われると驚きを隠せないアダモ。

 そんなわけで。
 順子母さんなのですが。


 3人も子供を産んで育て上げた人っていうのはやはり、
育児に対する構えがどっしりしているというか、何事にも動じないところがあります。
 先日、師匠がプラスチックでできた子供用のいすをひっくり返し、
そのひっくり返ったいすに座ろうとしていた時のこと。私が、


「師匠、いすは逆さまにしたら危ないんだよ?」

と言うと、順子かあさんが言いました。


「それくらい!男だもん、転んで痛い思いさせながら、
自分でわからせればいいのよ!」



「何~!?」
「お母さんはアンタ達を育てるとき、そんな細かいこと言わなかったよ?
だから度胸のいい子に育ったんじゃない
!」


そうなのですか……・。


実を言うと5月は、
実家に姉が二歳半になるケーマ君を連れて、一ヶ月ほど遊びに来ていたのですが。
(それでここの更新が遅れたりもしていたのですが…。)
二歳児同士。しかも、両者長男では、
分け合うことを知りませんね。


しかし、師匠は次女であるスイッチ母さんの息子。
なんというか、魂としての次女次女魂を持っているようです。
いとこのケーマ君は半年上なので、言葉が達者。

「師匠、かしてちょーだい!」

と言って、すべてのオモチャを奪っていきます……。

それに対して、「あい。」「あい。」と
オモチャを渡していく師匠…。
そして、ケーマ君の見ていないところで、
ケーマ君の大事なオモチャで遊ぶ師匠……!


次女だ!! 

魂の上の、次女だ!! 次女魂だ!!!!    



そんなわけで。
今月は「次女について」、相当考えた月だったのですが。
二番目に生まれるという苦難というか、
生まれた時点で自分より偉い人がすぐ側にいるというか、
おさがりで当然で当たり前であるというか。


やはり、ファミレスでハンバーグライスを頼めるのは、
根っからの長男・長女なのではないかと。

 次女はやっぱり、盛りそば辺りを頼んでしまうのですよ。


二番目に生まれると、貧乏性になりませんか……?


ならない?
私は、小学生の頃おばあちゃんが服を買ってくれると言って、
2900円ほどの洋服を見せられたときに

「そんな高価なものは買わないでくれ。私には、お下がりがあるから!!」と
全身で断ったそうですよ。


新品で2900円だなんて、きっと
恐れ多かったのでしょうね……。


とりあえず、次女として生きるコツなら、
スイッチ母さんに任せろ!!師匠!!




見た目は、師匠の方が「三歳児か!?」って感じなんですけどね。(でかい)


天才・順子かあさんの育児方針は、
子供同士は放っておくこと。
ケンカしても野放しにされたケーマ君と師匠は、
次の週には二人で手をつないで勝手に外に出るほど仲良くなっていました。
(だけど、二歳児は勝手に外に出るな……)
 


骨休めに、(本当に足の指の骨を折って北海道から来た)姉は、
「やれ、洗濯を干せだの、車でどこどこまで送れ」だのと。
いいようにコキ使われていました。


さて、育児ですが。

 昔のお母さん方はどうしてこの大変な育児を四歳までこなすことができたのでしょうか。
 育児というものは、一番ストレスの溜まる仕事だと思います。


 私は今まで生きてきた中で、一番大変な目にあっていると感じるのが、この
育児です。これを言ったら、順子かあさんは答えました。


「3歳までは、この子に捧げるって気持ちでいればなんとかなる!」


スイッチ母さん「だけどさ、我が家は娘3人だったじゃない。3×3で9年も捧げていなきゃいけなかったんでしょ?」


順子かあさん下の子を産んだら、上の子が育てるもの。
ラクよ。アンタは働いているから大変だろうけどさ。
それにおんぶすればいくらでも家事はできる!


……そういえば、お母さんが育児をしてた時は、うちに介護しなきゃいけない老人が2人もいて大変だった~。
(おじいちゃんとひいばあちゃんが、寝たきりでした。)
おばあちゃんはおじいちゃんに付きっきりだし。介護保険とかなかったしね。


あんた達を寝せたら、あんた達に着せる服を作って。 覚えてる? 
いつもお揃い着せてたでしょう? 


ミシンは好きだったから、いい息抜きになったわー。」



 スイッチ母さん

「……なんで、今の私たちの世代は、育児疲れで子供を育てられなくなっているんだろう。」


 順子かあさんは言いました。


「そりゃ、私たちの世代があんた達を甘やかして育てたんだもの!  そうなるわよ。」


 ……そこに答えがあったのか!?
 

 甘やかされて育った世代。それが、私達の世代なのだろうか。


 しかし順子かあさんを見ていると、確かに胆力の差を感じずにはいられない、スイッチ母さんなのでした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-05-25 20:04:33

風邪を引きました。

テーマ:ブログ
070525_1217~0001.jpg

親子で風邪ひきです。ノーモア風邪。イラストは、六ヶ所で起こったことの数々・・・っす。
見所は竹バイク(テンダー案)の、天然のサスペンション。(しなり。)竹だからね!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-24 17:16:33

速報。

テーマ:子育て
息子(2歳)がオマルでおしっこしました……!
師匠……!!!!

少し、涙が出ました。

感動でオシッコが光って見えるよ……。

親って、いいなあ!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-23 05:32:02

外国だったよー!

テーマ:ブログ
070520_1335~0001.jpg

ども!スイッチ母さんです。

六ヶ所村に行く前から言われていたことなんですが、「あそこは日本じゃねえ、外国だ!」

って噂は……本当だったんですね!
スイスみた~い!

あと、「道路に飛行機が着陸できる。」

夢の六カ所

とか、様々な情報が飛び交ったのですが。それもあり得るやもと思わせるところです。自然がいっぱい!
マジきれいなところでした!

六カ所の夕日


まるでアフリカの太陽みたいだね。こんな景色のいい場所をなんか、24歳の男子に案内されてしまった……。ふおお……!!070520_1133~0001.jpg

                             ↑24歳男性

(その正体はやっぱり、アップくん!)

超・若い男性(2歳)に慣れてるとはいえ、犯罪やわ。


超アホな話満載なので、次回をお楽しみに!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-20 11:35:40

六ヶ所村に友達ができた!

テーマ:ブログ
070520_1133~0001.jpg
友達のアップくんです。只今野辺地駅です。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-18 14:20:48

息子の寝顔

テーマ:ブログ
070518_1417~0001.jpg
あーかわいい、あーかわいい、あー本当にかわいい。……かわいくて、かわい死にしそうなスイッチ母さんでした……。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-17 15:16:37

生ゴミと夢の叶え方

テーマ:環境にやさしい
どうも。スイッチ母さんです。

生ゴミに関する文献を、読むのが非常に好きなのですが。
なんで私はこんなにゴミが好きなんだろう?と
ケンさんに聞いてみたところ、
「よりゴミに近い存在だからじゃね?」

と。非常に納得できる答えをいただいて
「そうか、なるほどー!」
と思ったけど、本当はスイッチ母さん

前世が生ゴミだったんだと思うんです。



だって、それくらい近くなきゃ
こんなに生ゴミが気になるわけないですもん。
ほら、なんか前世が見える人(江原さんとか?)
に観てもらったらサクッと言われそうじゃないですか。


ああ~。ハイハイ。わかりました。
あなたの前世は、アジですね。
でも、このアジは中骨に身がついたままゴミに捨てられたアジです。
だから、現世でもすごく生ゴミが気になっちゃう。魂が生ゴミだから……。」


って、スピリチュアル・メッセージか!???




まあ、それはさておき。
今日のお話は、夢を叶える方法についてなのですが。
スイッチ母さんは、
どうしてもかなえたい願い事があった時だけ、
今まで願い事はぜんぶ叶ってきたんです。


それは、友達と仲直りしたいなあ、とか。
奈良美智さんに、本の表紙の絵を描いてほしいなあ、とか。
アラーキーに、写真を撮ってもらいたいなあ、とか。
田口ランディさんに、一度でいいからお会いしたいなあ、とか。
松尾スズキさんに、帯コメントを書いてもらえたらなあ、とか。




驚くほど身の程知らずな願いだったのですが。
それが、叶ってしまったのには一つだけ、わけがあるんです。


私は、それを、口に出して言ってしまったこと。
そして、本人に届きますようにと、手紙を書いたこと。
ようは、願い事って、
口に出さないと叶わないものなんですね。



今気づいたけど、
叶うという字は、口に十って書くのですね、恐ろしい。


もちろん、言った後は
「なんて、身の程知らずのダメ人間なんだ、私は!!」




と、数ヶ月間悩み、苦しむことになります。
私は、いつも「言った後に」後悔するタイプ。
でも。
言わないで後悔するよりマシだから、
言ってから、自分の身の程知らずを嘆き、
なんか横腹痛くなるまでそう、それこそ「好きになりすぎて苦しむ」
ような、状況に陥るわけですが。


その、横っ腹の痛みと引き替えに、
願いは叶うわけです。



そんな、今年31歳になるスイッチ母さんの今の願いは、


生ゴミを堆肥に変えたいなあ ってこと。


ずっと、自分の中で思い続けてきたことなのですが。
そう、中学校の時一番欲しかったもの。それが
生ゴミ堆肥バケツだったのですが。
今はもっと夢が膨らんで市町村全体の生ゴミを堆肥に変えたいなあ
と願うようになってきました。



この願いは、今まで口に出して言ったことがありません。
きっとあたしが生ゴミ堆肥バケツをすごく欲しがっていたことを知るのは、
中学時代の友達のMちゃんぐらい。
だけど、今から十年くらいかけて、叶えたい願い事なんです。



この願いだけは、
私一人だけの力ではどうすることもできません。
だけど、居酒屋チェーン店である和民とか、
環境問題に取り組む企業ではもう、自社の生ゴミを堆肥に変えたり、
乾燥させることでゴミの量を七十パーセント削減したりということは、
叶えられている夢なんですね。


環境を扱うビジネス情報誌オルタナに興味のある方は、
http://www.alterna.co.jp/こちらにウェブから申し込むと無料購読できます。ランディさんのブログでオルタナ創刊2号が紹介されています。


>いわゆる「環境問題」を扱った雑誌なのですが、切り口が「ビジネス」です。
(田口ランディさんの公式ブログより)
そんな、新しい試みの雑誌。
ぜひ興味をもってください。


さて、話の続きですが。


生ゴミは、燃えるゴミに出すとその名の通り、燃やされます。
生ゴミは水分をたくさん含んでいるので、
火力を上げないと燃やすことができません。
すなわち、二酸化炭素が大量に出る。
燃えるゴミの約30パーセントが、生ゴミだといわれます。



これを、解決するのに私は、
「市ががんばればいい」と。長年、「叶えるのは自分じゃない」と
割り切っていたので。
そりゃあ、叶うはずもない夢に終わるはずですよ。
最近になってようやく、
自分ちの生ゴミぐらいなら土に還せるなと気づいたのですが、
北国では冬、土が雪に埋まってしまうので
春から秋までの間しか、
この楽しい穴掘りをすることができません。
どうしたらいいのでしょう?



たった、40年のことなのだそうです。
生ゴミが循環しなくなったのは。




それ以前は農家に牛がいて、
余った野菜は牛や馬が食べ、それでも余った生ゴミは堆肥塚と呼ばれる、
野菜くずを盛り上げておく場所があり、
それを微生物が分解して土に還し、
畑を肥やす役割を担っていたのですが。


何千年と続いたその循環は、
近年、たった40年の間になくなってしまいました。
生ゴミは、ただのゴミになってしまったのです。



ところで、生ゴミを堆肥に変えるのに何が必要かというと、
それは、微生物の力なんですね。
微生物って一体、どこにいるの? って思っていると、
それはすぐそこ。そう、土の中にいたのでした。



畑に除草剤や化学肥料を与え続けていると、
土の中にはこの微生物が減って、だんだ力のない畑に変わってしまいます。
だけども、薬の撒かれないでは、
足下の土の中に、何億、何兆もの微生物が活動しているそうなのですよ!



そして、その微生物たっぷりの土と、
水分量を調節した生ゴミを混ぜて
二日ぐらい放置すると、
微生物の動きが活発になり、生ゴミの温度が60度くらいに上がっていきます。


そう、発酵しているのです。
その、発酵させる場所と、市全体の生ゴミを回収する
システムを作るのが、今の夢ですね。



叶えるためにはもっともっと、勉強しなければなりません。だけど、
なんてったって、前世が生ゴミですから。
それぐらいは、がんばれるんじゃないかと。笑
そして、もっともっと勉強して、伝えていきたいと思います。


参考図書



菅野 芳秀
土はいのちのみなもと 生ゴミはよみがえる


「私は農民です。」の一言から始まる、十年という歳月をかけて
山形県長井市の五千世帯の台所から出る生ゴミを百%回収し、コンポストセンターを市でつくるため、
市役所と市民団体の架け橋となり、生ゴミから作られた堆肥を四千世帯の農村地区の人々の手によって再び田や畑の土に戻すという、
「レインボープロジェクト」を、こつこつと話し合いながら、こうしたらいいんじゃないか? っていう最も穏やかで
気の遠くなるような道のりをニコニコと歩んできた農家の、菅野 芳秀さんの本。
小学五年生でも読めるように書かれています。おすすめ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-16 15:58:59

Ninko Ouzou展「融合 と 狭間の最中。その先。」

テーマ:ブログ
私は、彼女の絵を何枚か持っている。
とても大切なことの記念に、
師匠が生まれたことの記念に
描いてもらったのだ。


それくらい、大切な絵を描く人なんだ。



>>>>Information


■2007' Ninko Ouzou展「融合 と 狭間の最中。その先。」

場所:東京谷中 HIGURE 17-15cas

5月19日(土)~6月6日(水)
平日  12:00ー20:00
土日祝 11:00ー20:00
月曜  休廊日

※19日の初日にオープニングパーティー19:00~21:00

※ninko ouzou在廊予定:期間中の(土)(日)予定。

変更ありましたら、またこちらでお知らせ致します。




世界を 紡ぐの。不安定な この世界で  
安心して ココロを紡いでいくの。

祈り    と   なえどころ と 融合と狭間の最中で。

消えていく 形。
追う もの  追われる もの。
残りゆく もの。

ただそこに 在りし 形。

素敵に 私の 頭の中を 支配していく。
素敵に 世の中は こうして 息づくことができる。



<期間中イベント>

去年浜松の個展でも好評だったペイントを行いたいます。
5月26日(土)27日(日)、6月2日(土)3日(日)
11:00~20:00の間(途中数時間休憩あり)

詳しくは、コチラへ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-15 18:06:16

自分の正体

テーマ:ブログ
自分の正体を探そう。


ここのところ、落ち着いてパソコンを開けない日々が続き、
落ち着いて文章を書けない日々も続いているわけなんだけど。
うまいこと、「立て直しせよ。」との誰かの計らいか、
選挙速報のおかげで締め切りが何本か減ったのを
ありがたい導きと考え、
一つ、落ち着いて考えてみたいと思う。


落ち着いて、
自分の正体を探そう。



24歳の頃、カラオケスナックでアルバイトをしていた頃、
哲学者と私が心の中で呼んでいたお客さんが
「あなたの仕事は何?」
と聞いた一瞬で、固まってしまった。


その当時、お笑い芸人を目指して日々
ネタの稽古を繰り返していた私は、


「お笑い芸人です。」


と、答えたかったのに、
答えられなかった。


たしかに、その当時私はお笑い芸人を目指して、
毎日、ネタを書いては消して、動いて突っ込んでの
繰り返しをしていた。


だけど、それで食べれているかっていうと、
全然で。
まったくで。
ナッシングで。
何で食べてるかって言ったら、
結局ここのバイト代で。


結局のところ、私はただの
アルバイトホステスにすぎないんじゃなかろうか?


そんな思いが交錯して、
本当にそのとき、素の状態で固まった。


そして、「ただのアルバイトです。」と答えたら、


「それじゃあダメなんだ。」

と、

哲学者に軽く、言われたのを覚えている。


この人は、意地悪をして
「職業っていうのは何をして食っているかを言うんだ」
なんて、言っているのではなかった。


そういう意識にかられるのは、
ものすごく、一般的で。
飛び越えた発想のないことで。
打ち破ることのない、生き方をさせてしまう考え方なのだ。



ただ、何にも定まらない状態の時、
自分は一体、何者なのか?
という問いは、一番厳しく、
つらく、苦しい。


何になりたいかとか、何になれないかとかって、
本当はない。


本当は、続けていくことが、

自分の正体だったりするわけで。
続けてきたことのすべてが、自分の正体に繋がっているわけで。
お金を稼ぐとか、そういうものが自分の正体ではないんだよ。



何をしているとき、
一番心地よいと感じるかい?



心地よく、気づかぬうちに集中し、興奮する。
それが何なのか、手探りで探る。


そうしていると、生きてること自体が、興奮するように
なっていく。
そうなっている瞬間、その瞬間の地続きが、
自分の正体なのだと。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-15 16:25:29

命の順番

テーマ:ブログ
070515_1616~0001.jpg
先日、ケンさんに「命の次に大事なTVブロスが本屋に山積みだから、買いに寄ってほしい」

と頼んだら、

「ソレは命の次でいいんずな?ちゃんと紙さ順番書いておけ」

と言われたので

順番が

1.命
2.TVブロス

だと、あまりにも命の値段が安い気がしたので、せめてもう少し大事なものがあるだろう?と、自分に問い直した午後でした。ス
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。