やまはびより

やまはとの楽しい日々を綴っています。
(最近はヘルス関係の備忘録です)


テーマ:

11月17日(金)、やまはの年1の健康診断と予防接種。

 

体重は、11.09lbs(5.03kg)

 

体重については、このぐらいを維持すること。

 

その他で指摘があったことは、眼。

左目にIris atrophy(虹彩萎縮)が見られるとのこと。

この原因は、加齢によるもので仕方のないこと。

これによって生じることは、若干、眩しさを感じるようになる可能性があるとのこと。

(瞳孔で光の量の調節がしづらくなる)  

 

虹彩  角膜と水晶体の間にある薄い膜。

     動向をカメラレンズの絞りのように大きくしたり、小さくしたり眼球に入る

     光の量を調節。

     虹彩の働きにより、暗い所ではたくさんの光が眼に入り、

     明るい所では眼に入る光の量が少なくなる。

 

この1点の他には問題なし。

予防接種等すべて行い、今回の合計金額は、$134.23。

AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

備忘録

 

10月22日、夜10頃。

 

私が寝室のベッドの上で電話をしていると、

ケージにいたやまはがベッドの上に上がって来た。

 

その時、やまはが、軽く、よくあるくしゃみをした直後に

物凄い大きな声で泣き叫べ始めた。

(声の調子は、誰かが誤ってやまはの足を踏んだりした時に起こる感じ)

 

全く泣きやまないため、慌てて電話を切り、

その声を聞きつけた夫が現れ、事情を説明。

 

夫が泣き叫ぶやまはを抱っこしながら室内を歩き、

しばらくすると落ち着く。

 

下に降ろすと、やまはは、家の中をウロウロと徘徊。

(お腹の音がギュルギュル鳴った時によくやる行動)

 

とりあえず、フードの3回目を10時ちょっと過ぎに出すも完食。

その後問題なく就寝。

 

23日 朝7時30分 問題なくフード完食。便も問題なし。

心配なので獣医に電話し、一連のことを相談。

ドクターに伝言を頼む。

 

9時前頃にドクターより連絡あり。以下ドクターの見解。

「今に至るまで食事や便に問題なく、足を引きずる等の行動がないのならば、

考えられることは、くしゃみをした際首の筋かなにかを捻った可能性がある。

これは人間でもよくあることで、今の段階では様子を見るだけでいい。

本当に痛みがあれば、フードを食べる際や、またくしゃみをしたら、

その泣き叫びがあるに違いない。

又、首や頭があまり動かないだろう。

 

そういうことが見えたら、連れてくるように。

とりあえず、安静がいいので、激しい動きはさせないように」

 

との指示だった。

 

追記  これ以降、今日10月30日に至り、特に問題なし。

     本当に、今回1度きりのものだったよう。

 

 

AD

テーマ:

歯のクリーニング 備忘録(前回は2015年9月18日)

2017年9月29日(金)

 

獣医から事前に簡単な書類をもらう。(要点は以下。)

(サインをして提出したため、覚えてる範囲で)

 

①獣医へは朝7時30分から8時までの間に到着。

②食事は前日12時AM以降よりストップ。水のみOK。

③麻酔を必要とするため、事前に血液検査をする。

④もし、問題のある歯が見つかり抜歯が必要な場合は、医師の判断に任せ、

 抜歯OK 又は、 電話連絡にて相談後どうするか決める。

 その際、電話でコンタクトが取れない場合は、医師の判断で抜歯する。

⑤迎えは3時30分

 

当日は、7時30分に到着。

万が一、血液検査等で問題があった場合は電話連絡するとのこと。

なければ、そのままクリーニングを行うとのこと。

 

こちらからは、麻酔から覚めたら、電話連絡を希望とお願いする。

 

10時AM     麻酔から覚めたとの連絡。

           やまはの体調は良好だが、右の下の歯が1本グラついていたため、

           抜歯を行ったとのこと。

           痛み止めが必要かどうかドクターの判断を仰ぐとのこと。   

           なお、迎えは、2時に来て良いとのこと。

 

2時PM      やまはを迎えに行く。

           前回同様、眠たそうではあった。

           抜歯については、既にグラついており、抜歯そのものは

           非常に簡単に問題なく終わったとのこと。

 

注意事項

  帰宅後の最初の食事は少な目に、水でフードをふやかすように。

  時間は午後6,7時ぐらいまで待つようにとのこと。

  明日になったら通常通りの量で良いとのこと。

  抜歯を行ったため、若干出血があるかもしれないが問題ない。

 

結局、食事は6時に、フードを少な目にふやかしたものに鳥のささみをゆがいたものを

トッピングした。問題なく完食し、その後の便も問題なし。

出血してる様子もなし。

 

診察料は$259.80.(内、抜歯は$13.95)

AD

テーマ:

備忘録。

 

9月20日(水)、獣医へ行き、以下2点について相談した。

 

1.お腹の調子

  お腹の音がギュルギュルと時々鳴る。(下痢、嘔吐は特に無し)

  食事後、音は止まるが、本当に特に問題ないか。

 

2.歯石の問題

  やまはの生活パターンが変わり、夜はそそくさとケージに入ってしまうため、

  歯磨きのチャンスを失い、以前と比べて、歯磨きの機会が減ってしまった。

  以前と同じ箇所の歯石も目立ってきたので、また歯石取りをすべきかどうか。

 

3.その他(ドクターから)

 

1.については、下痢、嘔吐がないのであれば、特に問題はない。

  pancreatic(膵臓)などの病気も考えられなくはないが、

  いずれにしろ、シリアスな病気の場合は、必ず、下痢や嘔吐などの

  顕著な症状が現れるので、やまはの場合はこれに該当しない。

 

  次回、同じことが起こったときは、前日に何を食べたかなど詳細を

  思い出して、「これを食べたから(したから)こうなった」という 

  パターンを見つけ出せるといい。

 

2.については、例え歯磨きを毎日やったにせよ、

  奥歯付近の歯石については、仕方がない。

  前回、(2015年 9月)の麻酔後のやまはの様子に問題ないのであれば、

  今年もう一度、歯石取りをしたほうがいい。(麻酔に関しては、低量のガスの麻酔)

  予約は、9月29日に入れた。

 

3.については、ドクターより体重について。

  現在、11.4lbs(5.17キロ)、これが多分ベストだろうから、

  これをキープがいいだろうとのこと。

  

  眼については加齢による曇りが見えるが、白内障はないとのこと。

 

 

以上、診察料、$45。

  

  


テーマ:

11月18日、年に1回の定期検診へ。

これは、備忘録です。

 

体重は、5lbs(4kg)。

体重については、これでも問題ないが、もう少し増えてもいいかもとのこと。

 

そして、聴診器をドクターがあてているとき、嫌に長いなと思ったら、

どうも心雑音(heart murmur)がする・・・と思ったけど、

違ったようだと。

念のため、次回も注意して聞いてみようということに。

 

その他の検査では特に問題なし。

 

こちらからの質問としては、

 

①歯石の問題。

去年、歯のクリーニングを行い、そこで気になる歯石は

取ってもらったものの、どうしても右側の1本(写真の奥部分)だけ、

またもやしつこく歯石が。

 

 

この歯石が、歯茎を押してるため、歯磨きすると、

歯茎から血が出るのが気になる・・・と相談。

 

もう10歳だし、また麻酔でクリーニングは嫌だな~と思っていたところ、

なんと、ドクターが自分の指でいとも簡単にこの歯石を

バリッときれいにはがしてしまった!

 

そして、「これで歯石は取れたから歯茎からの血が止まれば

問題なし」と・・・・。

 

驚きました。

怖くて私にはとてもじゃないけど出来なかったことを、

ほんの数秒で(笑)

 

ということで、これで心配の種はなくなりましたが、

いやいや、私も頑張れば、歯石取ってあげること

出来るのかな~。

 

②年に数回だが、おなかの音がぎゅるーっと鳴る。(嘔吐、下痢はなし)

 

これについては、嘔吐、下痢がないのなら、

季節の変わり目や食事の時間の間隔が大きく開いていると

こういうこともあるので、頻繁にこういうことが起こるのなら、

寝る直前にスモールミールを与えるのもいいかもとのこと。

 

最後に今回のお会計は、$140でした。

 

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。