神主の独り言 Part2

雅楽と白山をこよなく愛す神主のブログです。


テーマ:
本日は平日の仏滅の日で、特にご参拝の予定も入りませんでしたので、社務の方はお休みさせて頂いております。
しかしながら、兼務地区の氏子さんから、「最近、家人が亡くなったり、良くない事が続くようなので、神棚の位置見てもらえませんか?」との依頼で伺って来ました。
 
二階建てのお宅で、一階の宅心あたりに、東向きにお祀りされており、特段の問題は無いと判断しましたが、その南隣のお部屋に家人の居間があるという事で、南向きにすることを先ずお勧めしました。
次に二階の状況をお聞きすると、しっかり生活空間となっており、上を歩く事もあると言いますので、宅心から部屋のの東隅に移す事を提案し、上をあまり歩き回る事の無いよう配慮しました。
位置はここで問題ないのですが、問題は神棚の高さです。
鴨居の上に板を敷いて設置しているお宅が多いと思いますし、こちらもそうでした。普段は年配のおばあちゃんが世話をされるとの事で、椅子かなんかに乗らないと、朝のお日供も出来ないようで(・・・実際されていなかった・・・)、そちらの方が神様に対して失礼に当たります。
神棚は出来れば目線から上の、手の届く位置にお祀りするのが理想です。手の届かない高さに神棚をお祀りしている家も多くあり、お供えを取り換えようとして踏み台や椅子から落ちて、怪我をしそうになった(または怪我をしてしまった)というお話も聞きます。タンスや棚の上でも構いません。白い布を敷いて、他のものは置かずに神棚をお祀りしては如何でしょうか?
伊勢の神具屋「宮忠」のHPにこんなのもあります。
 
近年の住宅には鴨居が無く、モダンデザインの神棚なんかを、壁に取り付けている家も多く見られます。折角鴨居が無いのに、高い所に設置されているお宅もあります。
神棚は家主の目線(概ね150cm)くらいに設けて、毎日のお世話のしやすいようにお祀りされます事をオススメいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。