遠方より友来たる

テーマ:
インドのマイソールで知り合った友人が、はるばるロンドンから訪ねて来てくれました。

約1週間ここに滞在し、一緒に旅行に行った以外、どこにも行かず、ずっと家で過ごしていた彼女。

彼女はマイソールで友人であり、鍼灸の患者さんでもありました。

今回、私の鍼灸を受けるためにわざわざ来てくれたのだという。。。

有難いような、信じられないような。

二人でご飯を作ったり、ヨガをしたり、庭掃除をしたり、のんびりゆっくりいい時間を過ごしました。

お陰様で、英語でコミュニケーションを取ることにストレスをあまり感じなくなりました。

最初の2~3日はかなりきつかったんだけど、それを超えたら楽になりました。

言葉で通じるというよりは、気持ちが通じて来たのかもしれません。

この先長く、姉妹のように付き合って行けるといいなぁ、と思っています。

今朝は彼女を送り出し、急に家の中がシーンとして寂しくなりました。


iPhoneから送信
AD

セカンドレッドクラス 

テーマ:

名古屋のhaano yoga studio で1年以上ぶりにセカンドレッドクラスを受けました。

 

更科有哉先生のWSの中のクラスで、有哉先生のカウントです。

 

毎年インドに行って修行されていているので、カウントも本場のシャラーと先生に近いはず。

 

参加者は9名。

 

専門家のビデオ撮影もありました。

 

2列にマットが敷かれ、最初は後ろの列にいたのだけれど、

もう一人前に、ということで私のマットが前にだされ、

 

いつも練習見てもらっているばん先生と、たまに練習を見てもらうヒロ先生の間というなんともホットなスポットに。

 

しかもスペースあるのにマット感覚狭い。

 

この密林の中ような感覚が本場の練習に近いのかも。

 

お隣は滝汗、次第に私の身体もすごく暑くなってきました。

 

マットに自分の汗が滴り落ちるなんて本当に久しぶりでした。

 

しかし、汗でマットがこんなに滑るとは想定外。

 

たんたんとしたカウント、周囲から聞こえる呼吸音、全体との一体感、

 

ギャラリーの方に見られていることも忘れ(コンタクトをしてなくて顔が見えなかったのがよかったかな?)、高い集中とリラックスが同時に味わえる心地よい練習となりました。

 

全国的にも貴重なセカンドレッドクラスがここ名古屋で参加できるのは、本当にありがたいなとあらためておもいました。

 

 

 

AD
バラタナティアムとは南インド発祥のインド古典舞踊です。
 
去年まで習ってました。
 
今回マイソールに行くことになって、プラナヤマを習う予定のシャラで
バラタナティアムのクラスがあるという。
 
しかし、いつあるのか?  
 
10回で5000Rpというけれど、滞在中に何回クラスがあるのか?
 
問い合わせても情報が入ってこない状態でした。
 
行ってみると1回500Rpで何回でもよいという。
 
クラスは他の生徒がいないようで、1回終わるごとに次回を約束するという感じでした。
 
ルームメイトの中国人とロンドンから来た女性に話すと、
 
なんと彼女たちが飛びついてきました。
 
そして2回目から一緒に行くことに。
 
彼女たちは初めてなので、基本ステップを、
 
私は経験者なので基本ステップをやった後、少しずつ曲を教えてもらうことができました。
 
久々に踊って、踊る楽しさ思い出しました。
 
短い滞在のせいか、先生都合のつく限りクラスを設けてくれ、
 
ほとんど毎日のようにレッスン受けてました。
 
時には先生の教えている大学のクラス見学。
 
マスターコースの生徒たち、さすがにレベル高かったです。
 
先生や生徒たちに少しだけ鍼灸してあげたり、
ここでも鍼灸が役立ちました。
 
 
 
AD