梅雨が明け間近

テーマ:
なが〜い梅雨もようやく明日あたりに明けそうですね。夏本番、高校野球も甲子園出場高校が続々決まりつつあります。夏らしいこと何かしたいですね〜。

8/7のお子様連れのお客様限定day、後半の18時半はあと僅かですが、前半の16時はまだお席に余裕ございますので、是非ご利用下さい。よろしくお願いします。

栗田
AD

今週の一品料理

テーマ:
こんにちは、田山です。

夏休みモード全開ですね!床島では、毎月第一日曜日焼き鳥くりちゃんと屋号を変え子供の日と題してお子様連れ限定の日を開催しております。夏休みのお子様を連れて是非ご来店お待ちしております。小学生以下のお子様で赤ちゃんも大丈夫ですよ!
ご予約受付中です!8月7日開催です。

今週の一品料理です。

オクラとみょうがの梅肉味噌和え

ナスとアスパラの焼き浸し

いちぢくのごまソース

今週もご来店お待ちしております。
AD

野菜その9

テーマ:
ポケモンGOやっている人見かけますねえ。

というか、歩きスマホしている全ての人がポケモンGOやっている
ように見えてしまいます。

その姿のフォルムが美しくないと思ってしまいます。
そう思う人が増えれば、歩きスマホする人が減るのではなんて思います。



さて、肥料の話。

植物が育つ土はもともと地中のマグマが地表で固まった岩石です。

この岩石がそのままあるだけでは、生物のいない月の表面と同じく
土にはならないですね。

簡単にいうと、このような岩に最初に発芽した植物は非常に苦労して
乏しい養分をまわりからかき集め、生長し一生を終える。

そして、自分の体の中に蓄えた養分をあとに残し、やや恵まれた環境に
次の植物が根をおろし、やがて蓄えた養分を残し一生を終える。

こうして植物が必要な窒素、リン、カリが集められて土がつくられて
いきます。


人類が狩猟から農耕へかわった時、簡単な道具しかもっていなかった
であろう人類は森林を切り拓く方法として樹の皮をはぎ乾燥させ、
枝を落とし、燃やすことで植物をそだてる空き地をつくり、このこと
で植物の中に蓄えられていた養分が灰となって土に供給され、
さらに人間が育てようとしている植物と競合する雑草の種子も死滅
させるという合理的なものと考えられています。

これを何回か繰り返して満足な収穫が得られなくなると別の場所に
移動してふたたび火入れを行う。

この焼き畑民とは別に遊牧民も現れたとみられます。
彼らは草食動物を飼いならし、家畜にし、この家畜に植物を食べさせ
そこから食料や衣料を得るという暮らしをしていた。

焼き畑民は繊維が少なくデンプン、たんぱく質の多い、根のもの、
穀物、果実、柔らかい葉などを選んで利用するのに対して、

遊牧民は反すう胃を持つ動物に人間が消化できない繊維質に富んだ
草などを食べさせ乳や肉に変えて利用し、

焼き畑民が土地の肥沃度が衰えたとき、遊牧民は動物の食べる草が
不足した時同じように別の土地へ移っていったのです。

この段階では完全定住にはいたっておらず、人口の増加がおこってから
森林が再生し再び焼き畑が可能になるのを待てなくなったため、
再生中の森林に(肥沃度の未熟なところ)栽培しなければならなくなった。

その為に土をやわらくする鍬をつかい落ち葉などを土にすきこむようになり、
さらに人口が増えると、土地の休閑期間を短縮せざるを得なくなり、
土を掘り起こして草の根を切断するための犂がうまれた。

さらに土地の地力を維持するために落ち葉や家畜の糞を集めて土に
すきこむ労力がくわわるようになったのです。


次回につづく。

7月も終盤、来週は都知事選挙。梅雨明けも間近でしょうね。
暑さに負けずがんばっていきましょう!


床島
AD